4320691
胡蝶蘭のいろいろ掲示板 園芸相談、胡蝶蘭自慢など
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File(jpgかgif)
暗証キー (英数字で8文字以内、内容修正時使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

寒さにやられてしまいました。 投稿者:ぽぱい 投稿日:2016/01/29(Fri) 18:52 No.17104   
はじめて投稿します。

先日の寒波のせいで、部屋に置いていた胡蝶蘭の葉が凍ってしまったようです(すぐそばに置いてある水槽の水が2ミリほどの厚さで凍っていました)。

月曜(25日)には葉もまだ緑色でしたが、だんだんと茶色に変色していき、本日(29日)現在は写真のような状態です。

昨年3月にいただいたもので、7月の下旬に花芽を根元から切り、12月には新しい花芽1つが5センチほど伸びてきていた状態でした。

この子がよみがえる可能性はあるのでしょうか。
よろしくお願いします。


Re: 寒さにやられてしまいました... - ぽぱい 2016/01/29(Fri) 18:53 No.17105
(画像その2)


Re: 寒さにやられてしまいました... - ぽぱい 2016/01/29(Fri) 18:57 No.17106
(画像その3)


Re: 寒さにやられてしまいました... - 日照効率 2016/01/29(Fri) 21:35 No.17107
もうだめかもしれませんけど、保温と昼間は日に当てることでよみがえる可能性はあるかもしれません。部屋の温度が0度以下というのは問題外です。

ここのサイトのお教えをコピペしておきます。

http://www.kochoransodatekata.com/112.htm
■温度
最低温度を15℃以上保てれば成長を続けます。18℃以上が理想です。日中は窓際でレースのカーテン越しに光を当てますが夜間は寒くなりますので家の中央に置きます。最低温度が15℃以下になる場合は、段ボールで全体を覆ったり、ホットカーペットなどで加温する必要があります。加温する場合、火事には充分注意してください。15℃以上が保てないとつぼみができてもそのまましおれることがあります。


Re: 寒さにやられてしまいました... - ひろし@小南部 2016/02/01(Mon) 16:27 No.17109
傍の水槽が結氷する気温では胡蝶蘭は耐えられないですね。
助かる確率はほとんどないと思いますが、だめもとで、あまり高温にならない場所(13℃〜18度程度)で様子を見てください。20度以上にすると腐敗が進みやすくなります。
水も与えないでください。


病気の葉 投稿者:かおる 投稿日:2014/08/27(Wed) 01:50 No.13543   
胡蝶蘭の株をいくつか育てているのですが、一番大きくなってくれた株がどうやら様子がおかしいのです。
葉の裏がシミと言うか、見た目が少し汚く、
これは広がる一方です。が、かなり時間をかけて広がっていっています。そして最近一番したから2番目の葉が黄色に変色しました。
蘭の他にも育てている植物があり、ハダニやカイガラムシがいない環境ではないのでもしかして移ったのかもしれません。
この株を元気にする方法はありますか?


Re: 病気の葉 - かおる 2014/08/27(Wed) 01:52 No.13544
上からです


Re: 病気の葉 - かおる 2014/08/27(Wed) 01:54 No.13545
拡大です


Re: 病気の葉 - ひろし@小南部 2014/08/28(Thu) 11:21 No.13559
ハダニ被害の症状に思えます。薬剤を試す前に一度株を次の方法で洗滌してみてください。

台所用中性洗剤を2リットルの水に1ccを溶かし込んで泡立てた液をつくります。柔らかい布に浸して葉裏を中心に葉を丁寧に洗います。鉢に液が入っても構いません。

その後洗剤液を清水で洗い流します。鉢内に流れ込んだ洗剤液も洗い流すように灌水します。

簡単な作業ですが注意事項があります。

中世洗剤成分表示を確認して、PG(プロピレングリコール)が入っているものは使わないこと。薬害があります。

作業時間は午前10時から午後1時までの間に終えること。この時間帯ならほぼ確実に葉は気孔を閉じていますので界面活性剤による薬害のリスクは小さくなります。

洗滌作業で悪化は止められると思いますが被害を受けた部分は元には戻りません。

黄色になった葉は半分だけ葉元も変色しているので病気/寿命の判別がつけにくいのですが、黄色になった部分の縮み具合から病気のリスクは低いように思います。


Re: 病気の葉 - かおる 2014/09/21(Sun) 00:31 No.13715
ひろしさん、ありがとうございます。

コメントをいただいてから、早速アドバイス通りに葉っぱを拭きました。
ハダニさんは、いなくなってくれたようです(o^^o)
それにしても、少し気付くのが遅すぎたのか、三株ほどやられていました。他の株に移らなければいいのですが。。
黄色の葉の株はあのあと、またその下の葉が一枚黄色になり落ちました。
なんなんですかね…
寿命?にしては、一番したの一枚だけは残ったままです。
まずはこのまま様子を見てみます。


Re: 病気の葉 - ひろし@小南部 2014/09/21(Sun) 22:16 No.13723
育ちの悪い葉や虫害を受けた葉は光合成能力が通常の葉より劣るので、寿命は短くなる傾向があります。その残った葉はハダニ被害を受けなかったのでは?

軟腐病? 投稿者:三蝶咲き 投稿日:2014/10/05(Sun) 01:24 No.13813   
胡蝶蘭の一番新しい葉の付け根に黒い点(画像1)が突如出現。
とりあえず、特に何もせず様子を見ていたのだが今度は反対側が黒く変色(画像2)してきました。

これは軟腐病やウィルス性の病気なのでしょうか?
8月に植え替えてここ最近になり根が良い感じに成長してきており失いたくありません。
ご教授お願いします


Re: 軟腐病? - 三蝶咲き 2014/10/05(Sun) 01:26 No.13814
こちらが画像2
うっすらと黒くなっている部分です



Re: 軟腐病? - ひろし@小南部 2014/10/05(Sun) 21:03 No.13820
何らかの感染症と思います。
ベンレートやエムダイファー、ビスダイセンなどの殺菌剤を規定倍率無視で濃く(水彩絵の具程度)溶いたものを筆で黒変した部分とその周囲に塗りこめてください。
それで進行はとまるだろうと思います。


Re: 軟腐病? - 三蝶咲き 2014/10/06(Mon) 01:27 No.13822
返信ありがとうございます。
こちらとしては黒くなっている部分を切り取り消毒しようと考えていたのですが殺菌剤を塗るだけでも大丈夫でしょうか。

また切り取る場合茎と成長点を切ることになりますが大丈夫なのでしょうか


Re: 軟腐病? - ひろし@小南部 2014/10/06(Mon) 09:23 No.13825
切り取る前に殺菌剤の塗布で進行が止まる可能性があるのでまず塗布を優先してください。
切り取るとなると葉と成長点を切ることになるのですからその後の回復には脇芽の発生を待つしかなく、時間がかかります。病気の進行が止まればもうけものですから、、、
なお、付け足しますと、進行の早い軟腐病であれば病変部は「ただちに切除」しか正解はないのですが、そうは見えない、雑菌の感染症であるという見立ての上での判断です。見立ては間違う場合がありますがアドバイスを聞いて納得できないのであれば、最終的には現物をまじかに観察できるご自分で判断なさることになりますね。


Re: 軟腐病? - 三蝶咲き 2014/10/07(Tue) 18:55 No.13841
ご連絡ありがとうございます。
今回のような症状は切り取り以外助かる方法がないとばかり思っていたのでびっくりしただけですので。

今回は上記の農薬ではなく「ナノ銀ヘルパーA」を使ってみることにします(画像は殺菌中のものです)。

これでダメでしたら上記の農薬。更にダメなら切断という方法を試していきたいと思います。

本日はありがとうございます。また何か進展がありましたらこちらに返信いたします。



Re: 軟腐病? - ひろし@小南部 2014/10/08(Wed) 17:38 No.13845
銀イオンはバクテリアに対して抑制効果はありますから細菌性軟腐病の予防には効果があると思いますが、ほとんどの黒斑の出る病気は細菌ではなくて真菌(カビ類)によるもので、銀イオンの効果は限定的と思います。真菌類にはベンレートやダイセン系のほうが効くと思いますよ。
害菌に内生されていれば何を処方しても効果は限定的ですが。




Re: 軟腐病? - 三蝶咲き 2014/10/09(Thu) 01:15 No.13851
返信ありがとうございます。
貴重な情報ありがとうございます。
とりあえずジマンダイセンを上記の方法で塗布してみました。
また何か変化がありましたらご連絡いたします



Re: 軟腐病? - ひろし@小南部 2014/10/09(Thu) 18:51 No.13857
薬剤を塗布した画像に見えたラベルからすれば原種ビオラセアなんですね。メリクロンか実生かはわかりませんが、交配の進んだいわゆる胡蝶蘭よりは難度の高い種です。高めの気温と湿度の高い風が通る場所、直射光ではない明るい散乱光線が好みですから一般家庭では難しい部類ですよ。

Re: 軟腐病? - 三蝶咲き 2014/10/10(Fri) 01:13 No.13859
そういえば品種を書き忘れていましたね。
ビオラセアのトリラベロタイプになります。

確かに原種系は一般的な胡蝶蘭より難しいみたいですね。
でも個人的には上記でも記載していますが、8月に水苔から現在のコンポストに変えてから目に見えて調子が悪くなったりせず、9月に入り根を出し始めていたのでそこまで難しいとはあまり感じていないんですよね(病気が出ているんだからお前の育て方が悪いんだろ!と言われたらそこまでですが…)。

今現在、栽培スペースの関係上栽培場所や環境は今まで通りの栽培になりますが大事に栽培していきたいです。


Re: 軟腐病? - ひろし@小南部 2014/10/10(Fri) 09:31 No.13863
ビオラセアで花弁が唇弁化したタイプということですね。珍しい個体ですからクローンでしょうね。偶発的な変異個体ですからかなりの規模の生産者でないと実生の中から発見するのは難しいでしょうね。

私なら貴重な種は特にですが、順調に育っているものをコンポストを変えるという冒険はしないと思います。というのは無菌培養で発芽/増殖されたものでもフラスコ出しされてから何らかの菌に感染し、それがラン菌であれば幸いなわけですが、その他の雑菌であれば腐敗消滅するものもありますね。ラン菌はほとんどの場合リゾクトニア属ですが菌株により性質が異なるわけですから、せっかく順調に育っている(おそらく相性の良いラン菌コロニーができている)コンポストを変え、新たなラン菌株にさらすのはリスクが大きいと思っているのです。
共生菌とはいえ本来病原性をもつリゾクトニアの一族ですから新たな菌株と折り合いがつくまでは食うか食われるかの主導権争いが細胞レベルであるはずですからね。

私は基本的に素焼き鉢にミズゴケ植えを好みますが、植え替える場合も育ちの悪い株は別として育ちの順調なものはミズゴケの一部は必ず残してまた同じ菌株のコロニーができるようにしています。


Re: 軟腐病? - 三蝶咲き 2014/10/18(Sat) 01:46 No.13928
お久しぶりです。
ジマンダイセンを塗布後経過観察を行ってきましたがどうも結果は良くなく、病気は進行しているようです(農薬によって目視での判断不明ですが葉を引っ張った時ちぎれたため)。

次の対処方法としては患部を切除し、傷口に農薬散布でしょうか。
この場合幹部はどれくらい切断すれば良いのでしょうか



Re: 軟腐病? - ひろし@小南部 2014/10/18(Sat) 21:31 No.13934
あ、これはクスリが効いていませんね。菌が内生しているか、細菌性のものであるかのどちらかです。細菌性の軟腐にしては溶けたように腐る症状がなく、進行が遅いのでカビ性の可能性が強いと思いましたがカビ類も内生したものが病原性を発揮すれば外部からの薬剤塗布では効果が期待できないです。患部の切除しかないかな、、、
成長点がなくなるので脇芽で再生を期待するよりなくなりますが、、、

ご存知のようにフラスコ出しの際に多様な菌類に遭遇するわけですがそのときすでに害菌に内生されている場合は多いです。


Re: 軟腐病? - 三蝶咲き 2014/10/20(Mon) 01:30 No.13941
本日切断しました。
今後のことを考えたら切断後に再度ナノ銀で消毒後に植え直しをし傷口に農薬散布なのでしょうが、今回時間がなかったので黒い部分がなくなるまで切り取りをし、傷口にジマンダイセンを塗るだけにしました(葉の一部が切れているのは切断中に誤って切ってしまったため)

後はここから復活するのを祈るだけ



Re: 軟腐病? - ひろし@小南部 2014/10/20(Mon) 08:40 No.13942
断面を見ると成長点から腐敗が進行したもののようです。細菌性ではなくてやはり真菌性の、病原性の強いリゾクトニアによる腐敗の可能性が高いのではないかと思いますので、処置は適正と思います。健全な葉が残っていますから復活できる可能性は高いですが、長期戦ですね。

初めてご相談いたします。 投稿者:プップ 投稿日:2014/07/20(Sun) 12:47 No.13289   
初めまして、プップと申します。
胡蝶蘭を育てたく、いろいろ調べていると御社のHPにたどりつき、大変丁寧なご説明があり興味深く拝見しました。
つきましては、私もアドバイス頂けますと幸いです。

[胡蝶蘭の様子]
今年の5月上旬に会社にファレノプシスを頂き、7月に自宅に3本立てを3鉢持ち帰りました。
花はあと数輪残っているので、終わり次第花茎を切るつもりです。
3鉢ともバークにて透明なポリポットに植えられています。
@の写真の鉢ですが、2株はすでにお花が終わったので根元より花茎を切りました。葉が元気がある様に見えます。
AとBの写真の鉢のものは花茎を切って取りだした2株の状態は良くない様に見られます。うち1株は葉が一枚しか付いておりません。株のサイズもバラバラです。
Cの鉢のものは、会社のゴミ置き場によれよれになって捨ててあったものを拾ってきました。葉がずっと垂れ下がってしなびている様です。

[ご相談]
・@の鉢は花が終わり次第、花茎を切って化粧鉢から取り出し、1株ずつ育てるべきでしょうか。また、植え替えは必要でしょうか。
・AとBの鉢は葉が一枚しかない株と根がぎっしりになっている株は植え替えが必要でしょうか。また、花が付いている株は新しい葉が見えていますが、今後どうしたらよいでしょうか。
・Cの弱っている株たちの対応はどうしたらよいでしょうか。
・植え替えが必要な場合、バーク(プレサブ)は園芸店にて販売されている洋蘭用バーク(はなごころ等)とマグァンプKで良いでしょうか。また、透明なポリポットの再利用はやめた方が良いでしょうか。ポリポットの小さいものと大きいものが混在しております。

本日天候が良く、午前中にお水をあげました。植え替えが必要ならば数日中に行いたいと考えております。
お忙しいところ申し訳ございませんが、ご指導賜れますと幸いです。

@の写真添付いたします。

Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2014/07/20(Sun) 12:49 No.13290
失礼いたしました。
@の写真です。



Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2014/07/20(Sun) 12:50 No.13291
Aの写真です。


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2014/07/20(Sun) 12:51 No.13292
Bの写真です。
AとBで1鉢でした。



Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2014/07/20(Sun) 12:53 No.13293
Cの写真です。
捨てられていたのがかわいそうで、拾ってきました。



Re: 初めてご相談いたします。 - hiroshi@小南部 2014/07/21(Mon) 22:21 No.13296
連休中家を空けておりまして返信が遅れましたことお詫びします。
@は問題なさそうです。植え替えるとしても9月で秋風が吹いてからですね。
Aで花がついていて葉が成長を始めたものは、できれば花は切り花にして葉を伸ばさせることに集中させた方が良いです。植え替えは9月になって秋風が吹いてからのほうが良いでしょう。葉が切り取られているように見えますが、切り取らなければならなかったは何があったんでしょうね。
B葉が一枚のものは水やりをやめ一度乾かしてくださいその後9月までは葉水だけを夕方と就寝前に与え、ポット内は湿らせないようにしてください。そのうちに新根が出たり、新葉が出始めたら助かる可能性があるので、その時点で植え替えます。
Cそんな悪い状態には見えませんが、、、Bと同様に管理してください。植え替えも「成長を開始したら」で良いと思います。


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2014/07/22(Tue) 08:43 No.13298
お忙しいところお返事下さいましてありがとうございました。
全くの初心者で、いろいろ調べたのですが混乱してしまい。
ご指導頂けて本当に嬉しいです。
植え替えするなら9月ということですね。
Aは早速切花にいたしました。
葉水のやり方はこの掲示板やQ&Aに載っていたので、
勉強させていただきます。
もう一点疑問ができてしまいました。
新しい葉ですが小さい葉が4株から出ています。
そちらには、二回に一回液肥を与えるべきでしょうか。
お時間のある時にご指導賜われますと幸です。



Re: 初めてご相談いたします。 - hiroshi@小南部 2014/07/25(Fri) 17:50 No.13309
間に必ず水やりを挟んで薄めの薄めの液肥(3000倍以上で)を水やり替わりに与えると良いでしょう。

診断がむずかしいです。 - プップ 2014/07/27(Sun) 13:54 No.13320
ご指導ありがとうございます。
すぐにお礼が申しあげられずにすみませんでした。
というのも、元気だと思っていた化粧鉢から出していなかった株の下の葉が2枚、
黄色くなってしまい、この掲示板を読みあさったり、薬を買いに行ったりしておりました。
写真を添付いたします。
右にも黄色くなった葉がありました。


診断がむずかしいです。 - プップ 2014/07/27(Sun) 13:56 No.13321
Aの写真


診断がむずかしいです。 - プップ 2014/07/27(Sun) 13:58 No.13322
フザリウムかと思い、黄色い部分は切り取ってエムファイダーを塗りました。


診断がむずかしいです。 - プップ 2014/07/27(Sun) 14:15 No.13323
Aの株の処置は昨日の夜に行い、一緒に化粧鉢に入っていた他の2株には、
今朝、エムファイダーを株全体に霧吹きし、ポリポットにも与え、10分くらい浸しました。
この2株も葉が黄色くなってきている様に見えますが、他の処置が必要でしょうか。
この2株は水やりの頃でしたが、エムファイダーを与えただけで水やりはしておりません。

また、平日は昼間不在になるのでエアコンをつけておりますが、問題のAの株は他の株たちと一緒の部屋に置いても大丈夫でしょうか。
説明がわかりずらくて申し訳ございません。



Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2014/07/27(Sun) 21:27 No.13326
エムダイファーを処置されたということですが、発症したフザリウムは茎内部の病気なので効く殺菌剤がありません。けれども真菌(カビ)性の病気には効きますのでその予防効果として働くはずです。見た目はフザリウム症に見えません。またフザリウム症は根から感染する病気なので共通の鉢に寄せ植えなどされている場合を除きうつる心配はありませんから隔離しなくてもOKです。

Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2014/07/28(Mon) 18:29 No.13332
ありがとうございます!
フザリウムには見えないということと、隔離しなくて良いとのこと、
少し安心しました。
ですが、茎まで黄色になっていた株はフザリウム確定なのでしょうか。
見た目は葉が元気に見えるので処分する決心がつかず…


Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2014/07/28(Mon) 21:42 No.13333
茎まで黄色になった株はプップ さんの画像では見当たらないように思いますが、、、5枚目のAの画像のことでしょうか?
葉が黄色になって茎を取り囲んでいる葉の付け根がたしかに黄色になってますが、その葉を付け根ごと切除したのがその下の6枚目の画像と思ったのですが、フザリウムの確率は高くないように見えますが、、、?
前回お答えしたのは、
>フザリウムかと思い、黄色い部分は切り取ってエムファイダーを塗りました。
というプップさんのコメントに対しての「フザリウムだった場合に外から殺菌剤を塗布しても効果はない」事実を申し上げただけです。

表現が紛らわしかったかもしれませんが5枚目6枚目の画像は私には全くフザリウムには見えませんでしたから「けれどもカビ性の病気の予防効果はありますよ」と続けているのです。フザリウムになっってしまった株に他のカビの感染予防のお話は蛇足以外のなにものでもないですからね。


そうだったのですね。 - プップ 2014/07/29(Tue) 18:52 No.13340
失礼いたしました。
私のとんだ早とちりでした。
おっしゃるとおり、5枚目の写真の株をフザリウムと思い込み、黄色の部分を切り取った後が6枚目の写真です。
そして、7枚目の写真の株の葉も黄色がかっているから感染していたらどうしようと思って投稿した次第です。

良かった〜とは思いつつ、診断は難しいものだと感じました。
なんとか株たちが病気にならない様に育ててあげたいものです。




Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2014/07/29(Tue) 21:53 No.13341
私も言葉が足らなかったようで誤解を招いたものと思いますので気を付けます。
胡蝶蘭の生態を理解した上での通常の管理をし続けていれば病気にはそんなに罹るものではないです。ただ、病原菌類とのめぐりあわせや相性などもあって、絶対にかからないという保証はありません。
ある日突然発症することがあるのは人間の病気も同じですが、フザリウムや突発性の軟腐などを除けばエムダイファーなどの殺菌剤で処置できるものが多いので、早期発見を心掛けるべく、毎日株の様子を確認するのが良いですね。


勉強になります! - プップ 2014/07/30(Wed) 19:54 No.13347
エムダイファーなどで処置できるのもあるし、適切な管理で病気もそんなに罹らないとは。
胡蝶蘭の生態について勉強していこうと思います。
水やりでさえ手探りですが、観察は毎日しつづけます。
是非またご相談させてください。


管理のご相談 - プップ 2014/08/13(Wed) 00:02 No.13426
お世話になっております。
胡蝶蘭が我が家に来てから1カ月以上たちますが、どうも成長が遅いように感じています。
何を改善したら良いのかご指導下さい。

今までの管理を申しあげます。
・胡蝶蘭の置き場は、南向の部屋で窓から2m程離れた場所に置いてあります。日照不足かと思い、ここ2週間は朝の一時間は窓際の明るい場所に移動させています。(直射日光は当たりません)
・平日昼間は不在となる為、朝8時より16時くらいまでエアコンを付けております。
・温度は25℃〜30℃、湿度は60%〜70%(百均にて購入したものなので精度は不明です)
・リビングに置いてある為、夜の暗い時間が4時間以下な日も多くありました。ここ2週間は改善させるべく、夜は薄暗い場所に移動させるなどして、6時間以上は暗い時間を保っています。

あわせて写真を添付いたします。
どの写真か解りやすくする為、最初の投稿時から通算の番号で添付したいと思います。
よって次の写真はG〜とします。


管理のご相談 - プップ 2014/08/13(Wed) 00:15 No.13427
Gの写真です。

こちらは花茎を切ってから3〜5週間の株です。
3株とも新葉がでていますが、遅い気がするのですがこんなものでしょうか?小さい新葉に気づいてから3週間たっています。
一番右の株は、出ている葉が変形したまま成長が止まってしまい、更に新しい葉が見え始めました。
3株とも8月の3日から液肥をはじめております。
水やりはここ2週間は週に2回あげています。
根腐れが怖く、バークが乾いてから与えています。



管理のご相談 - プップ 2014/08/13(Wed) 00:21 No.13428
Hの写真です。

撮影の仕方が悪くわかりにくいですが、一番右の株は小さな新葉がでています。
一番右の株だけ8月10日に始めて液肥を与えました。
他の2株は新葉が見られないので、普通のお水をあげています。こちらは週1の水やりで、バークが完全に乾いてからです。



管理のご相談 - プップ 2014/08/13(Wed) 00:31 No.13429
Iの写真です。

こちらの3株は真ん中の葉が一枚の株と、以前に載せたCの写真のうち、葉が垂れていた2株です。最初のご相談の後から葉水にしています。
そのうち1株は葉が上向きになったので(一番左の株)8月10日より葉水をやめ、水やりに変えました。
この3株は全く新葉がみられません。


G〜Iの写真は全て8月10日に撮影したものです。
間違った管理をしているのかも判断できず、ご指導いただけますようお願い申し上げます。



Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2014/08/13(Wed) 14:31 No.13432
新しい環境に来て、それも会社からご自宅へと環境変化が激しかったのですから「死ななかっただけまし」と考えた方が良いくらいのものですし、かつ冷房でやっと30度未満を維持しているという酷暑環境ですから、「成長が遅い」としても已むをえませんね。

胡蝶蘭の自生環境、亜熱帯の山地で午前中は木漏れ日に当たり、午後序章気流で発生する雲の中となり、高い確率で夕立のような降雨があってその後涼風が吹く、という環境と比べてみてください。

秋の風とともに成長は回復できると思いますよ。

なお、バーク植えの場合、葉の成長している株にはバークが完全に乾いてから、よりはバークの空隙やポット内側に結露の水滴がなくなったら次の水やりで良いと思います。(3日に一遍くらいになるでしょうか?)水やりはできれば勢いのよいシャワーで与え、中の空気を入れ替える要領でしてください。成長の見られない株も、冷却という意味では同じような水やりの仕方で行ってください。
今全く成長の見られない株も酷暑から解放されれば新根や新葉の成長が期待できます。


管理のご相談 - プップ 2014/08/14(Thu) 08:32 No.13435
そうなのですね。
確かに環境の変化は大きかったと思います。
暑さには強いとも思い込んでいました。
水やりについては、シャワーを使うことができませんが、勢いよく空気を入れ替えるイメージで与えられる様にしていきたいです。
そして成長中のものは、乾く前の、水滴がなくなったらですね‼︎

胡蝶蘭自生環境のご説明の部分で、午後は夕立〜
とありますが、我が家の胡蝶蘭に夜に水やりをしてもOKののでしょうか?
今まで、あえて午前にあげていました。


Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2014/08/16(Sat) 11:14 No.13457
朝の水やりは平地の日光に強い地生の園芸植物には有効ですが、着生蘭や山野草の水やりは夕方が良いです。酷暑の期間中は株の冷却もかねて全体ずぶ濡れにするくらいの水やりをしてください。

国産の山野草もそうですが、山地産の植物は午前中の日光を好み午後は雲の下、霧のなかという環境になれています。朝の雨はないことなないでしょうが、山地では上昇気流で発生する雲の影響で午後には曇り、あるいは霧の中、あるいは降雨というパターンが多いのです。
で、山野草愛好家は「山野草は西日に弱い」という表現を使いますし、登山家は「早立ち、早着を心掛けるべし」という表現になるのです。


ありがとうございます。 - プップ 2014/08/17(Sun) 23:43 No.13470
夕方に水やりができるようにしていきたいです。
(夜になってしまうかもしれませんが)
今日、株を観察していたとこら、前にご相談した黄色に葉が変色した株(Eの写真)の一番下の葉が根元の方から黄色になりかけていたので、エムダイファーを塗って様子を見ようと思います。
その株は新葉が出ていないのに、バークが乾く前に間違えて水やりをしてしまったので、そのせいかもしれません。


ご相談させてください。 - プップ 2014/11/03(Mon) 17:23 No.14022
ご無沙汰しております。
改めてご相談させてください。

やっと全ての株から新葉が出たのでバークに2週間ほど前にバークに植替えをいたしました。
しかし、根を傷めるのが怖くて植え替えが揺るすぎたのか、ぐらぐら安定せず、傾いたりした為、1週間前に再度植替えをいたしました。
今度は、しっかりバークを押し込んだ為、根を傷めてしまった様です。茶色く枯れてしまった根が見える株があります。
2週間前に植換えした日から水やりはしておらず、夜に葉水を行っております。
室温は20度〜25度くらいでしょうか。
まだ最低気温が19度以下にはなっておりません。

Jの写真です。



ご相談させてください。 - プップ 2014/11/03(Mon) 17:25 No.14023
Kの写真です。




ご相談させてください。 - プップ 2014/11/03(Mon) 17:26 No.14024
Lの写真です。


ご相談させてください。 - プップ 2014/11/03(Mon) 17:39 No.14025
Mの写真です。

Mの写真はLの写真の右の株の葉です。
黄色にまだら模様が出ているのが気になります。病気でしょうか。

本日より水あげを開始するつもりです。

全8株ですが、植替え前より葉が元気がなくなりました。今後の対処方をご教示ください。





ご相談させてください。 - プップ 2014/11/04(Tue) 08:32 No.14026
もう一点。

新葉は出たのですが、新根は我が家に来たときから既に出ていた一株以外、一本も出てきませんでした。(もしかしたら、これは根かも⁉︎というのはありましたが、本当に小さいまま成長しなかった株はあります)
何か問題ありますでしょうか…


Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2014/11/04(Tue) 14:54 No.14027
根に損傷の疑いがある場合、水やりを控えますが、当然のことながら葉の水不足症状が出ます。それで元気がないということになるわけですが、あまり気にしないこと。対処法は消耗を防ぐために毎日夕食後と就寝前に葉裏中心に葉水を与えるくらいです。

新根は乾かし気味にしないと出さないことがあるのですが、出かけたけれども成長が止まったという場合は植え込み材料を嫌ったとも考えられます。
最初にお答えすべきことを忘れていたようなんで申し訳ないのですが、バークは品質がピンキリで、あく抜き不十分のものや発酵の仕方によっては根が嫌って成長できない場合があります。ランに共生菌はつきものなのですがあくの成分や他の菌類の存在を共生菌がきらって根の成長点でトラブルを起こすことがあるのです。
今後の根の発生状況いかんによってはまた植え替えしなけr場ならない場合もあるかもしれませんので観察を続けてください。


ご相談させてください - プップ 2014/11/05(Wed) 08:38 No.14029
ご返答ありがとうございます。

水苔の方が管理が難しそうに感じ、バークなら根腐れしにくいのかと安易に考えていました。
バークは「数年間堆積し発酵させ〜タンニンや塩分を含まない〜」と記載があるものを選んだのですが…

観察を続けます。やはり植替えが必要だと判断するのはどのような場合でしょうか⁉︎


Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2014/11/05(Wed) 22:21 No.14033
バークがなんの木の樹皮を原材料にしているのかわかりませんが、樹皮には通常フェノール化合物(ポリフェノール類)を多量に含みます。タンニンはその一種で、水溶性ではあるのですが意外に溶出しにくいので長く残留することが多いのです。
バークにしてもココヤシチップにしても水に一晩つけておいて水が茶色になるようであればタンニンが溶出していると考えられます。
あともう一つの要因は雑菌です。植え付け直前に植え込み材料を殺菌剤溶液につけておくとか、煮沸消毒するとかして殺菌しておけば根の成長停止を防げる可能性があります。

再度植え替えは来春で良いでしょう。吸水不足で葉が垂れてくるなどの症状が重篤であれば緊急に植え替えする必要がありますが、新根が全くでなくても葉水励行で冬越しは可能と思います。温度湿度環境が良くなってからの植え替えがベターです。


ご相談させてください。 - プップ 2014/11/07(Fri) 13:41 No.14036
そうなのですね。
4日前に水あげしましたが、葉の症状は悪化してなさそうです。

これから初めての冬を迎えるので、温度対策や水やりなどを考えていきたいと思います。
夜の葉水は水やりとは関係なく毎日、春まで行うのがよいでしょうか。


Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2014/11/10(Mon) 11:42 No.14044
葉水の必要性は置かれた環境によります。
生育順調な場合日本海側など湿度のあまり下がらない場所では必要ないばあいもあります。関東地方などの雪の無い地方で空っ風の吹く地域では湿度は下がりますので必須ですね。加湿装置の無いスチーム暖房などの効いたオフィスビルでも必須となります。
また根の不足で吸水不足気味のばあいは湿度如何にかかわらず葉水をしたほうが良いです。


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2014/11/11(Tue) 08:41 No.14047
ありがとうございます!
となると…
我が家では葉水の必要性がありそうです。
(根も心配ですし)
現在の部屋の湿度60〜70%を保っておりますが、
地域は埼玉県で冬場は乾燥します。
毎年、風邪予防に加湿器を使用して60%を目指していました。
今年は胡蝶蘭の為にも、せめて人がいる時間帯は湿度を高めにしていこうと思います。



Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2014/11/11(Tue) 09:34 No.14048
そうですね。喉粘膜の保護のためにも夜間60%は欲しいです。
そうすれば胡蝶蘭へは夕食後の葉水やり一度で良いでしょう。


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2015/02/05(Thu) 18:19 No.15293
お世話になっております。
またアドバイスお願いいたします。

花芽が一向にでてきません。
何故か、2株が12月くらいから新根が出て、他の2株からは12月.1月から新葉が出て(ほとんど成長していませんが)、他の株は11月くらいから出てきた新葉が大きくなったかな⁉︎くらいです。
温度は最低12〜15度、最高16〜19度くらいでしょうか。
湿度は40〜70ほどかと…
気温が低いので水やりはカラカラになってから。
葉水をさぼってしまっていたので反省しています。

今年、花芽は出ないのでしょうか…。


Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2015/02/06(Fri) 20:48 No.15300
ちょっと花芽が遅れているだけではないかな?
最低気温12度から15度くらいというのはほとんど問題にならない程度ですが、最高気温が20度を超えないので株の充実に滞りが出ているのかもしれません。3月に入ってから花芽を出す場合もありますから、あきらめるのはまだ早いです。

最低気温もそんな低いというほどのものではありませんから、水やりは乾いたら、で結構です。カラカラにまでする必要はないと思います。10度を切ることがあるのであればカラカラにしなければなりませんが。
水やり頻度をちょっとだけ上げて様子を見てください。

冬至を過ぎて葯ひと月半ですからそろそろ太陽高度が上がり始め日差しが強くなりますのでガラス越し直射光が入る場合は日焼けに注意する必要が出てきます。




Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2015/02/09(Mon) 00:01 No.15312
ありがとうございます。
今のところ10度を下回ったことはないので、早速水やりをしました。
次回から乾いたらにしようと思います。
日光はカーテン越しにあたる様な場所に置いていたはずが、日が高くなってきた為、直接当たらなくなっています。
置き場所をずらす必要があるかもしれません。
ちなみに、雪の日や特に寒い日などは、低温になるのを避ける為カーテンを開けずに外出しておりますが(週に1回くらい)良くないでしょうか。
特に寒くなる日にカーテンを開けて外出してしまうと、10度を下回ってしまうと思います。


Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2015/02/09(Mon) 09:20 No.15313
日中のやや低温、遮光による光線不足が原因なんでしょうか。

植物の生理として夜間光の無い時、より昼間光のある時のほうが温度が上がることが望ましいですから日中光が当たってかつ温度が保てる工夫をしたいところです。

ポリプロピレン製乳白透明の衣装ケースに納めて光のある窓際に置いておくという方法が考えられます。光の強さによっては密閉だと蒸れてしまう可能性があるので、少し隙間を開けておくなどの微調整が必要となります。


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2015/02/09(Mon) 13:37 No.15315
衣装ケースとは思いもつきませんでした!
確かに、帰宅後の夜間の方が温度が高い日も多くありそうですし。
現在、8株あるので、納まるケースをなんとか見つけられれば。
休日にでも探してみようと思います!


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2015/02/19(Thu) 08:40 No.15392
ご報告が遅くなりました。

その後、胡蝶蘭の置場を床の上から変更し、台の様な物の上へ。
夜間は部屋奥で、朝から昼間は窓際へ移動し、レースカーテン越し日光が当たる様にしました。
朝の最低温度と夜帰宅時の温度は15度です。
朝と夜の暖房時は20度で、昼前の温度はよくわかっていません。

衣装ケースを探して一店舗目、ポリプロピレンの深さがあるタイプが在庫切れで購入出来ず、急遽ニ店舗目で購入したケースは素材の記載がないのですが、プラのマークがあるので、プラかもしれません。
昨日の外の最高気温の予報が5度でしたが、厚手カーテンを開けてケースにキツキツ収納し窓際へ。
入りきらなかった2株は部屋の奥の方へ。
帰宅時の温度は、どちらも13度でした。

こんなものでしょうか?


Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2015/02/20(Fri) 12:02 No.15393
「プラ表記」ですかポリエチレンPEか塩化ビニルPVCでしょうかね?
衣装ケースに使われるプラスチック素材はほとんどがポリプロピレンPPです。稀に高密度ポリエチレンHDPEが使われる場合がありますが見た目での区別は難しいですね。透明度や強度はPPのほうが高いです。PPもHDPEも燃焼性は良く、溶けながらきれいに燃え、ビニル(塩化ビニルPVC)とは異なりダイオキシンなど有害物質を出しません。

使う側にとって、また廃棄や資源として再利用する際にも「プラ」表記だけではどのように分別して良いかわからないので、「プラ」表記は問題があると私は常々思っているのです。唯一しっかり区別されているのがポリエチレンテレフタレートPETで、これは積極的に再利用されていますね。
皆さんが区別しない、(できない?)低密度ポリエチレンLDPEとビニールPVCは取り扱いが厳密に異なるべきなのに区別されず「プラ」なんです。
あ、つい胡蝶蘭ではないことに時間を費やしました。

帰宅時の部屋の温度は陽光がなくなってからでしょうから一旦上がった温度が室温と同じまで下がったのではないでしょうか?明るい環境で何度まで上がった(あるいは期待したほど上がらなかった)かを確認するためには実際日中温度を確認するか、あるいは最高最低温度計で確認するしかないですね。
休みの日にでも出勤時と同じようにして昼間にチェックするのが手軽かもしれません。


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2015/02/20(Fri) 17:48 No.15394
いつもありがとうございます。
購入した衣装ケースは透明度は高いのですが、厚さが薄いので効果が不安です。
やはり実際に測ってみるべきですよね。
休日も外出しているか、窓をあけて掃除してるかなので、最高最低温度計を探してみようと思います。

置き場を床から台の上にしたことで、最低温度は上がっているように思います。
衣装ケースは狭い空間な為、葉が重なってしまったりしますが、日中は必ず入れると考えてよいでしょうか。


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2015/02/21(Sat) 10:36 No.15395
今日は天気が良いので、測ってみると現在21度です。
衣装ケースには入れていません。
午前の方が暖かいのでこれが今日の最高気温だと思われます。
観察すると、また新しい小さい小さい葉が出てきていました…。


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2015/02/21(Sat) 10:45 No.15396
失礼いたしました。
21度は最高気温(大気)ではなく、最高温度(室内の胡蝶蘭付近)のことです。


Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2015/02/21(Sat) 18:06 No.15397
透明度が高くて薄い、ですか。
透明度が高い順にアクリルPMMA、ポリカーボネートPC、ポリスチレンGPPS、塩化ビニルPVCとなり、PPやHDPEはせいぜい乳白透明ですから、普通に考えればPVCでしょうかね。断熱性は薄い分PP製に比べれば悪くなりますね。透明度が高い分放熱も早いです。またPVCには可塑剤などの添加物が咥えられる場合があり、それらがすこしずつ空中に放出される場合があるので、衣料品にも植物にもあまり勧められないんですが、、、PP製が最も安心です。

衣装ケースに入れるのは保温のためです。冬季、出勤される場合暖房を落としますから日中気温が低く、帰宅されてから暖房を入れると夜間温度のほうが高いという昼夜逆転現象になり、植物の生理には良くないのです。その後就寝時にまた暖房を切れば夜間の低温はOKなんですが昼間の低温は避けたい、そこでいくらかでも熱が籠るように、乳白透明の衣装ケースに入れて置くのが良い、ということなんですが、

衣装ケースに入れずに21度であれば入れなくてもOKではあると思います。天気や外気温の変化で変動はあるでしょうから必要ないとは思いませんが。


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2016/04/12(Tue) 19:40 No.17460
ご無沙汰しております。
以前、何度もご相談させていただきました。
その節はありがとうございました。
経過を報告させていただきます。

昨年、住居の引越を機に、東向きのバルコニーに胡蝶蘭たちを5月〜9月まで出しておいたところ、根と葉が沢山出てきました。
今年の1月から花が咲きはじめ、遅く咲いた花はまだ綺麗に咲いています。
花数は5〜6輪ずつと少なめですが、3ヶ月近く長く楽しめているので満足しています。
ただ、引越の際に倒してしまったり、根が沢山出たり株が傾いたりで安定していないので、植え替えが必要かと思われます。
また根を大量に傷めてしまいそうなのが悩みです。

次も咲いて欲しいな、もう少し花数増えないかな〜と欲が出ています。
写真を載せられず申し訳ございませんが、無事に咲きましたの報告です。



Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2016/04/12(Tue) 20:40 No.17462
ご自分で咲かせた花を楽しめてよかったですね。
一度咲かせることができれば、何年でも続けて咲かせられるようにできると思います。楽しんでください。


花芽について 投稿者:kimura 投稿日:2014/10/06(Mon) 07:39 No.13824   
みなさんの投稿を参考に育てています。凄く助かります。
質問ですお願いいたします。窓際で育てています。最低気温が20度を割らないのに花芽が8鉢から出てきました。大輪の白、ピンクです、どうしてでしょうか、6月に植え替えしました。おねがいします。
青森県陸奥湾沿い


Re: 花芽について - ひろし@小南部 2014/10/06(Mon) 09:25 No.13826
胡蝶蘭の花芽分化は通常15度くらいのやや低温が必要だというのが通説ですが、相対的な気温低下でも分化する、と私は観察しています。もちろん個体差もあるとは思いますが八鉢も、ということであれば個体差の問題ではなさそうです。
最近の夏は暑いので、20度チョイの温度でも真夏の最高気温に比べれば15度も低下していますね。教本の想定は「真夏最高気温30度、15度低下で15度くらいが目安」ということなのでしょう。
同様のことはセッコク交配デンドロにもあり、秋冬は5度近くまで下がらないと花芽分化しないのに、梅雨時12〜13度くらいの相対的低温で花芽ができてしまいます。梅雨寒の時は花が真夏と初春に半分ずつ咲くことが多いです。


Re: 花芽について - kimura 2014/10/06(Mon) 10:05 No.13829
早速のご返答ありがとうございます。納得しました。でも
お盆まで咲いて根元で花茎を切ったのもう花芽が10センチくらい伸びています。ビックリです。株が休まる暇がありませんね、1株だけ去年の9月、今年1月、8月咲いて、そして今花芽が見えてきました。大丈夫なんでしょうか、これは中輪で葉6枚です。台風で船を頑丈に係留してきて今一息いれてます。
これからもよろしくお願いします。


Re: 花芽について - ひろし@小南部 2014/10/06(Mon) 19:02 No.13833
株にも個性があって葉に蓄えをため込むわりに花数が少ないかぶやら、葉の枚数もあまりないのに景気よく花を咲かせたり、年に2回咲いたりするなど様々ですから、株の個性と考えてよいのではないでしょうか。でも年に3回はすごいです。それで葉の数が減らないのなら大変良い株をお持ちですね、としか言いようがないですね。

台風は東海上に去りつつありますが風は現在の北東風から吹き返しの北西風に変わっていきますね。強い台風の場合吹き返しのほうが強くなる場合がありますので何分にもご注意を。


Re: 花芽について - kimura 2014/10/07(Tue) 14:21 No.13838
株の個性ですかわかりました。よく花を長く咲かすと株が弱ると聞きますが新しい葉が完成したら体力は回復しているのでしょうか。葉と花が同時に生長している場合消耗はあるのでしょうか。花芽がちょこっと出たときリン酸分の多い液肥を与えたら花数が増えますか。質問がいっぱいで申し訳ありません。今朝外の気温10度割りました窓際18度寒くなってきました。

Re: 花芽について - kimura 2014/10/09(Thu) 17:48 No.13855
朝晩めっきり寒くなってきました。そろそろ暖房を入れなくてはと思っています。葉とか根は最低気温何度くらいで生長が止まるのですか、青森だともうレースのカーテンなしでお日様にあてて大丈夫でしょうか?窓はLow-eガラスです。今日お昼頃カーテンを開けて太陽に10分くらいあてました、葉が熱くならなかったです。ひろしさんも青森県内とかもしかして近く?よろしくお願いします。


Re: 花芽について - ひろし@小南部 2014/10/09(Thu) 18:39 No.13856
Low-eガラスもスペックは何通りかあるようですが、基本的に可視光線の約半分、紫外線の8割をカットしますので、ガラス越し直射でも葉焼けの惧れはないと思います。
今日のような天気であればガラス越しではない直射光は時間制限したほうが良いです。葉が熱くならなければOKの場合が多いですが、紫外線は確実に細胞の一部を破壊しますので目に見えない障害が後ほど現れる場合があると考えてください。

健全な葉の枚数が胡蝶蘭の体力と考えてよいですから葉が増えれば体力も上がったと評価できます。花を咲かせていればその間葉の成長を休むのがふつうですのでその間体力アップできないのは必然ですね。その間葉を消耗したりする場合がありますので、この場合は体力を損耗していることがわかります。
葉と花芽が同時進行で成長する場合もありますがたいていは花の数は単独で成長させた花芽ほどは多くはならないですね。

理論上リン酸分は花の肥料として花数を増やしたり大きくしたりする効果を期待できそうに思いますが、株の感受性の差もあるのでいわく言い難いです。そのリン酸分の存在によって残留している窒素分を合わせて吸収して花芽を飛ばすこともないではないですから、ちょっとだけリスクもあると思います。カトレヤで何度も試しましたが成果は不明としか言いようがないです。胡蝶蘭では過去何度か試したのですが、花芽を飛ばしたことはないものの効果は感じることができなかったので今は与えていません。
私は青森県内東部の市部のやや山沿いです。


Re: 花芽について - kimura 2014/10/10(Fri) 17:16 No.13866
詳しい説明でわかり易くありがとうございます。居間に並べる所がなくなり寝室の窓辺にも並べています。この前まで鉢に白っぽいカビが生えていましたが緑っぽいカビも生えてきました。これもリゾクトニア菌の仲間でしょうか、表面にふわっと付いた白いかびから胞子は飛ぶのでしょうか?人体に影響はありませんか心配です。ほとんどの株はホムセンで花の終わったあと店長さんと交渉して安く買いました。十和田、八戸にでたとき店に寄るのですが売れなっかった株はかわいそうです。
厳寒の冬があるから育てる人がいないんだね。


鉢のカビ - kimura 2014/10/11(Sat) 17:17 No.13880
お世話になります。鉢の表面に付いているカビは水苔内部にもすんでいるのでしょうか?鉢を洗って綺麗にしたいのですがバリアが崩れて変な病気になるリスクがあるのでしょうか?

Re: 花芽について - ひろし@小南部 2014/10/12(Sun) 21:46 No.13885
緑色はどんなものでしょうね。ちょっと画像を拝見したいです。いずれにせよコロニー本体はミズゴケ内部にありますから表面を洗ってもランの生活には影響がありません。ただ、洗うときは洗剤を使用しないでください。ぬるめの水で古歯ブラシやたわしでこすり落としたあと水洗いします。

リゾクトニアは無胞子不完全菌に分類され胞子を形成しません。菌糸のかけらが付着することによって増えるしくみですが、らんの栽培家がリゾクトニアによる健康被害を受けるということは効いたことがありません。

それでなくても、空中には多種多様な菌類、シダ類の胞子や花粉、ハウスダストなどの粉じんなどが浮遊しています。その空気をこれまで吸い続けていながらこれまで生きている人体ですから、その中にリゾクトニアの菌糸のかけらが紛れ込んでいても大勢に影響はありません。花粉症やハウスダストアレルギーなどの方はアレルゲンとして心配かもしれませんが、ランにつきもののリゾクトニア菌糸でラン栽培家のアレルギー症が増えた話は聞いたことがないですね。

人間に利をもたらす菌も少数、害をなす菌も少数で、圧倒的多数は無益無害であるので考える必要がないのですだれも健康上の問題にしないのです。


Re: 花芽について - kimura 2014/10/13(Mon) 17:44 No.13888
回答見て安心しました。早速ぬるめの水で洗って綺麗にします。今日は、ほたての施設を台風の影響の少ない海底近くまで沈めてきました。疲れたから洗うの明日にします。いつも、ありがとうございます。

Re: 花芽について - kimura 2014/10/16(Thu) 14:09 No.13913
花茎がぐんぐん伸びてきたので支柱を立てました。前のほうはお盆に切り花にした株です。花数13でした。いくつ付くか楽しみです。


Re: 花芽について - kimura 2014/10/16(Thu) 14:25 No.13914
お盆前の満開の写真です。

Re: 花芽について - kimura 2014/10/16(Thu) 14:27 No.13915
写真もう一度


Re: 花芽について - ひろし@小南部 2014/10/16(Thu) 15:06 No.13916
これは見事ですね、、、開花数も十分ですし、花軸の誘導が巧みです。花も正面がそろっている。
プロは透過光とはいえ全天光下の温室で栽培しますから花軸の誘導は容易ですが片側だけからの光線しかない一般家庭でこのように整形の花軸でかつ花をすべて正面に向けられるのはある意味プロ以上の技かも、、、脱帽です。


Re: 花芽について - kimura 2014/10/16(Thu) 17:21 No.13917
褒めていただきありがとうございます。家内は、こんなに手をかけるんだもん綺麗に咲かなきゃねって言います。ピンクの花は蕾が出てから裏側に厚紙を添わせて綺麗に整えました。花茎は毎晩少しずつクリップで修正してあの曲線を出しました。冬場 蓄熱暖房最低23度設定だと電気代がかなりかかります。もし夜中15度まで低下した場合根と葉どちらがダメージを受けやすいでしょうか、生長の止まる温度はどのくらいでしょうか、よろしくお願いいたします。いま太陽は朝早くから3時ころまでぐるっと回って部屋の中まで入ります。花が好きでこういう作りにしました。


Re: 花芽について - ひろし@小南部 2014/10/16(Thu) 21:06 No.13919
朝から3時までの陽光は理想的ですね。私の栽培室は敷地と隣地建物の関係で11時から夕方までと本当は望ましくない光環境なんですが、それでもなんとか咲かせてはいますが、、、

夜中15度まで下がっても、私の経験ではなんの異常もありません。花芽の伸長速度が若干遅くなる程度はあるかもしれませんが、、、なお私の栽培室は真冬の最低気温10度で設定しています。ここまで下がっても日中20度を超す程度の気温になれば葉や根の被害は皆無です。ただし花芽の伸長はほとんど止まります。最低気温12度もあれば緩慢ながらも伸長を再開します。

3年半前の3.11の停電で栽培室は最低5度まで下がりましたが、私は冬は乾かし気味にしているので、胡蝶蘭もセントポーリアも凍害とか根傷みなどの被害はありませんでした。毎朝5度ではつらかろうと思いますが比較的短時間であれば最低10度もあれば特に問題になることはないと思います。


Re: 花芽について - kimura 2014/10/22(Wed) 17:19 No.13961
こんなに伸びてきました。いつ咲くかな!質問ですお願いします。ru(^^)mi さんの関連で普通は咲いた花芽の上の葉から新しい花芽が出ますが、下の葉から出ることがあるのでしょうか?花茎が伸びて5節あたりに枝をかけますが出さない方法はあるのでしょうか、ラン園では見かけないのですが



Re: 花芽について - ひろし@小南部 2014/10/24(Fri) 13:45 No.13968
いつ咲けるかは越冬環境(温度湿度)にかなり左右されます。
15度以下にならない環境ならあと2か月〜3か月というところかと思います。正月に咲かせられればいいですね。

一度開花した軸の下から別な花芽がでることはかなり稀だと思います。胡蝶蘭とは30年も付き合ってきましたが2度しか経験がありません。たていは潜芽として非常時に備える役割になつかと思います。
枝打ちしたがる株は多いですが中小輪を多数咲かせる性質の株なら株任せで構わないほうが良いのですが、白の大輪など枝が増えすぎるとつぼみが満足に育たないことがあるので、状況いかんですが早いうちに切除するのが良いと思います。
本来枝打ちしにくいはずの継投での花軸の枝打ちは光環境に左右されることが多いかもしれません。理想的な光量より若干足りなめの場合に枝打ちが発生しやすいのではないかと考えているのですが、施肥、その他の影響もあるだろうと思っています。


Re: 花芽について - kimura 2014/10/26(Sun) 17:31 No.13983
また疑問が湧いてきました。根に付いて、これから暖房を入れると湿度が40%くらいになることがあります。葉は夜気孔を開け水分蒸発します。あの空中にのびのび出ている根は湿度が下がった場合やっぱり水分が蒸発するのでしょうか?以前根が緑のまましわしわになったことがありました何月か思い出せません乾燥時期かな緑だから光合成しているし、また一つ私のしわが増えました。よろしくお願いします。今日は風一つない快晴で暑かった、もうすぐランと私にとって辛い冬がきます。



Re: 花芽について - ひろし@小南部 2014/10/27(Mon) 21:25 No.13987
空中に出ている根の保護層はコンポスト内に潜り込む根の保護層よりはしっかりした構造の場合が多くそんなに水分を蒸散させるほどのものではありませんが、それでも長期にわたって露出し、湿度の低い環境では次第にしわしわと縮んでいくことがあります。
それを防ぐには空中湿度60〜70%を維持できれば良いのですが、暖房を効かせた室内では50%を割ることもあるでしょうね。葉水をあたえるときに露出した根にも時間をかけて保護層が緑色に見え始めるまで霧水をかけてやることを1日にいっぺんでも心掛けていればしなびることは
避けられます。
根の保護層は若いうちはむしろ水をはじくのですが、時間の経過とともに水になじむようになります。

私の場合は年齢を重ねるごとに日月の経過が早くすぐに嫌いな冬が巡ってきてしまうというのが「高齢者」になっての実感でね。


Re: 花芽について - kimura 2014/11/29(Sat) 17:35 No.15020
ご無沙汰しております。開花しました!綺麗だね!!
水やりで悩んでいます、蕾が膨らんでいるときにとくに心配なのはミズゴケが乾いたらやる 表面が乾いていても鉢底がちょっと湿っています。完全に乾くまで待つかなんですが蕾が落ちるか心配です。どのへんであげたらいいのか?
水をやったときを100カラカラに乾いたときを0とした場合どのあたりまで下がったら水やりしてもよいのでしょうか?
蓄熱暖房入れています。日中は22〜25度くらい朝方16〜18度くらいです。湿度50〜70%くらいです天気がいいと50ないときもあります。お願いいたします。



Re: 花芽について - ひろし@小南部 2014/11/29(Sat) 21:35 No.15026
色彩が濃くかつ深みがある上に花弁が大きく見栄えがする花ですね。

乾いてから次の水やりで良いです。最低気温が15度を割らない環境なら、5/100くらいが適切なタイミングでしょう。
そのときの温度条件にもよりますが、最低気温が18度を割った状態で乾く前に与えるとなると根に負担を与えかねません。かといって最低気温が高めで水が豊富だと花の寿命を縮めることになりやすいです。

最低気温が10度近くまで下がる環境ならば0まで待ってさらに一日おいての水やりでもちょうどよいくらいです。
経験上ミズゴケがからからに乾いてから一日二日ほど置いての水やりでもつぼみが乾きのために落ちることはまずないです。
あるとすれば空中湿度不足の場合が多いです。


Re: 花芽について - ひろし@小南部 2014/11/29(Sat) 22:32 No.15029
補足です上記は「葉が成長中ではない」状態を条件に書いています。
通常花時には成長中の新葉が無いものですが、時に新葉の展開と花時が重なる場合があります。そのような場合は成長中の水やりと同じと考えて15/100から10/100くらいのときに与えた方が良いです。


Re: 花芽について - kimura 2014/12/27(Sat) 17:32 No.15154
質問に答えていただきありがとうございます。
おかげさまでこんなに綺麗に咲きました。

いま、蕾が膨らみ葉も少しずつ伸びています。
根の先が綺麗に伸びているのと、このごろ白く止まったのがあります。違いはなんでしょうか、この場合の水やりはどのようにしたらよいのでしょうか、水やりが難しい。日中は23度湿度40〜50%朝方16度湿度70%くらいです。凄く乾燥してて2〜3日の水やりです。



Re: 花芽について - ひろし@小南部 2014/12/27(Sat) 21:06 No.15161
見事ですね。濃ピンク冴えた色彩もなかなかの発色ですね。

根の伸長が続くのと止まるのが混在する理由は私もいまだに法則性をつかんでいません。伸び続けるか止まるかは、ランダム、気まぐれなのだろうと考えています。必要があるものは伸びるし、これでOKとなったものは止まる、株全体として必要な根の量を確保できればOKということでしょう。
もちろん何らかの障害があればその障害のある根の成長を止まるでしょうけれど、障害が無くても株自ら止めてしまうことがありますね。
水やりは根の伸びのためには乾かし気味のほうが良いわけですが必要にして十分な水やりをできるのであればむやみな根の量は植え替え時の困難をもたらすだけの場合もあります。
水やりで迷う必要はあまりありません。根の伸びに惑わされることなく乾いたら5/100で与える、でOKです。気温が15度を割る環境なら0/100、あるいはさらに一日おいて、ということになりますが。

明方16度で湿度70%ですか。夕方22度で50%を切らないようにしたいですね。できれば60%。そうすれば16度の明方は80%前後になります。


Re: 花芽について - kimura 2014/12/30(Tue) 12:05 No.15163
いつも、 わかり易い回答ありがとうございます。花茎と新葉の同時生長中はちょっと湿っているときに水やり薄い肥料はやってもいいのでしょうか?また花数はいつ頃決まるのでしょうか、花芽がでるときだいたい決まってるのか茎が伸び切ったときなのか、90センチの支柱が短いくらい伸びても花が7輪と少ないのもあります。期待していました。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。ありがとうございました。


Re: 花芽について - ひろし@小南部 2014/12/30(Tue) 20:38 No.15166
葉が成長中であれば、花軸がのびている最中でも施肥はしたほうが良いですが、できれば窒素過多にならないよう、6:6:6なら3000倍以上の薄めにするか、セントポーリア用2:5:5などの窒素の少ないものを2000倍で与えるなどの配慮が必要になります。窒素過多による弊害は花芽が高芽に化けたり、花が萎縮気味になったりします。

花数はいつ決まるのか、難しい質問ですね。
確実かどうかは確かめようがない部分もあるのですが、私の感覚では、株が花芽を出すときに花数はほぼ決めている、だろうと思っています。
株も生物としての自律性があるのですから、自分の持っている資産をどれだけ花に回せるかは、凡そは決めてから花芽を作るのだと思うからです。
花軸を伸ばしている段階で条件がよさそうだから、あるいはリン酸肥料が多めだから、といって花数を増やす可能性はあるとは思いますがせいぜい1〜2輪のものではないかな?一応用意した花数を咲かせて余力があると判断される場合、また花軸の先端を伸ばすなり枝芽を伸ばすなりして咲かせることはありますが、これは株の「錯覚」であることが多く、葉の消耗につながりやすいです。
花軸がむやみに伸びる場合その個体にとって若干光が足りないのかもしれません。授粉を担うコウモリや昆虫の目に留まりやすいように明るい(開けた)場所で開花したいわけですから暗めだと花軸を少しでも伸ばして光に近づこうとするものです。

花いっぱいの、良いお年をお迎えください。


Re: 花芽について - kimura 2015/01/27(Tue) 17:43 No.15218
お世話になっております。そろそろ満開です。
ひろしさんのご指導でこんなに綺麗に咲きました。
誘引中に花茎を折った株、いま花芽と新葉が出てきました。花芽は1つ下の葉からです。それから上質の水苔のほうが根の成長がかなりいいです。鉢底から何本も出ています。
根を観察していると何本も凄く生長しているのですが、突然死ぬ根もあります。気になります?



Re: 花芽について - ひろし@小南部 2015/01/27(Tue) 22:06 No.15219
豪華絢爛な雛段飾りですね。見事です。
kimuraさんの丹精のたまものですよ。

拙宅は越冬温度を低めに設定しているのでまだ胡蝶蘭の開花株は皆無でカトレヤ類とセロジネ、スペキンなどが咲いてます。

突然死ぬ根があるとのことですが、成長停止ならまだわかるのですが、、、物理的な接触、ラン菌以外の雑菌のコロニーに接触したとか、肥料の濃縮スポットに触れたとか、、、などで突然成長停止することは経験ありますが、、、
もう少し具体的に症状をお知らせいただけますか?


Re: 花芽について - kimura 2015/01/29(Thu) 12:04 No.15236
お願いいたします。右から2番目の根が古くないのに柔らかくなり今は乾燥しています。株は元気で花は満開です。何が原因でしょうか?


Re: 花芽について - kimura 2015/01/29(Thu) 12:16 No.15237
凄く元気な株です。画像のように根が元気に生長しているように見えます。しかし隣で死んでいく根もあります。これも根腐れでしょうか?それとも根の更新しょうか。プレサブ植えですが植え替えのさい素焼き鉢と水苔にしたいのですがどうなんでしょう根が水苔になじんでくれるでしょうか。お願いいたします。


Re: 花芽について - ひろし@小南部 2015/01/30(Fri) 09:31 No.15240
原因がなんであるかは私も確実には特定できないのですが、このように健康に育っている個体でも数ある中の一〜二本がこのように死んでしまう現象は私も経験しています。

胡蝶蘭の根は芯でありほとんど物理的な構造物と化している導管部と生きた組織であるスポンジ状の保護層からなっているのですが、保護層とそれを形成する先端の成長点はかなりデリケートな存在で、当たる光の量、触れるものの物性(形状、化学的な性質)や菌相(どのような菌が先住しているか)によってくっついたり離れたりするのですが、時には成長をやめたり死んでしまうことがあるのです。

根が死んでしまう原因で最も頻度が高いのは高濃度の肥料で次に高いのが雑菌や病原菌の菌叢に当たった場合だと私は推測はしているのですが、証拠はありません。その他の原因もあり得ますし。

いずれにしてもkimuraさんの画像2枚に関しては総合的に「何の問題もない」と思います。
私の経験から言えば、ミズゴケ育ちでプレサブや軽石などの植え込み材料を拒否する個体はありますが、逆にバーク、プレサブ植えの個体で素焼き鉢/ミズゴケを拒否した個体は皆無です。胡蝶蘭に限らず、デンドロ、リカステ、カトレヤでも同様です。



Re: 花芽について - kimura 2015/02/01(Sun) 14:06 No.15256
ご回答ありがとうございました。
安心しました。満開を過ぎたのは切り花で楽しんでいます。
40鉢全部から花花で雪国の楽園です。捨てられる一歩手前(お店で隅に寄せられていた)のラン達がこんなに綺麗に咲くなんて嬉しいです。適切に疑問、質問に答えていただいたおかげです。ありがとうございました。
全部の部屋が空気の流れがあって(ドアとか下が隙間がある作り)加湿しても昼30〜50夜60〜70しかありません、毎日の加湿どこへ行っているのだろうと思います。細い根が皺っぽくなってきました。花の終わった株たちには夜だけ薄いビニールシートを被せています湿度が上がります。


Re: 花芽について - kimura 2015/03/05(Thu) 11:28 No.15484
お世話になります。またまた花芽が出てきました。それも4鉢からです。去年のお盆、今年の正月に咲いた株からです。開花中に花芽分化したのでしょうか。ちっちゃい葉も見えてきました。あまりにペースが早くて戸惑っています、葉を増やしたいので芽を取ったほうがよいのでしょうか、葉は6枚です。他の株は植え替えをしました。バークから水苔にはまだしていませんちょっと不安です。

Re: 花芽について - kimura 2015/03/05(Thu) 11:36 No.15485
追伸  1月末に切り花にした株です。毎月一回メネデールを与えています。10月頃花芽が出てきたときリン酸分の多い液肥を1回やっています。

Re: 花芽について - ひろし@小南部 2015/03/05(Thu) 17:41 No.15486
元気な株達ですね。やはりkimuraさんの丹精のたまものでしょうね。
早々に切り花にされたということですから、株は「まだ花を咲かせる力がある」と自己評価した可能性があります。リン酸分の多い肥料を数か月前とは言え与えていたのもあと押ししていると思います。

仮に、葉の成長を考えて花芽を切除しても、状況があまり変わらない間にまた別の花芽を分化しかねません。
私なら花芽はそのままに葉の出始めた株に窒素分の入ったバランスの良い肥料をN:P:K=6:6:6を2000倍(ミズゴケ植えなら3000倍)でメネデールと併用して、あとは株任せしようかと思います。

窒素分の刺激で、出始めの花芽の成長を自主的に止めて葉の成長のほうに集中する株が出ることを期待しての措置ですが、、、その通りになるかどうかは株の勢いとか個性にもよるでしょうけれど、切除よりはどちらに転んでも結果が良いのではないか?と思います。


Re: 花芽について - kimura 2015/03/05(Thu) 18:02 No.15487
早速のコメントありがとうございます。液肥を与え葉が増えるのに期待して実行してみます。同時進行も期待できるかな、今年2枚葉が増えるといいなと思っています。


Re: 花芽について - kimura 2015/05/07(Thu) 16:49 No.15756
お世話になります。花茎は順調に生長中です。葉を増やすために花芽を取った株、違う場所から花芽がでてきました。3株取って3株からどうしても咲きたいみたいなので咲かせます。
2週間前に植え替えた株5鉢から花芽が出てきました、まだ生長に入ってなくて体力が心配です、どうなんでしょうか。
光が足りないと葉の色は薄くなるのでしょうか、また、空気中に広げた根、かりに湿度50%水分を吸収しているのでしょうか、よろしくお願いいたします。


Re: 花芽について - ひろし@小南部 2015/05/07(Thu) 19:20 No.15757
>葉を増やすために花芽を取った株、違う場所から花芽がでてきました。

結局「株は花を咲かせたい」ということなんですね。これはもう株任せのほうが良いでしょう。
植え替えた株からもですか、、、植え替えのタイミングがちょっと早かったのかも、、、健全な葉の枚数が6枚以上あれば体力の心配はいらないと思います。
光が足りな過ぎて補償点を割ると葉の色は薄くなり、その後どんどん弱って死に至ります。
光が弱めだが補償点は超えていて成長できる光の量の場合葉の緑色は濃くなります。紫外線の量も少なくなるので紫外線から身を守る赤紫や黄色の色素を省略するので、葉緑体の緑だけが鮮やかに見えるということです。
光が強くなると紫外線から身を守るため、黄色や赤紫の色素を増やすので、白花株の場合葉色は黄緑色が強くなり葉の色が薄くなったような印象となるでしょう。ピンク花の場合赤紫色素を増やすので黒っぽい印象になりますね。
露出した根は湿度50%では吸湿はできないでしょうね。90%を超えないと積極的な吸湿はできないのでは?主に霧(特に乾期の)が狙い目なのだと思います。


Re: 花芽について - kimura 2015/05/10(Sun) 11:42 No.15763
ありがとうございます。
凄く参考になります。特に補償点、今まで聞いたことないから
調べて納得しました。育てているピンク系は葉裏が濃い赤紫色になっていますが、店で売られているのは色素が出ていません緑の葉です花数は多い、どうなんでしょう自宅で育てるのに、もう少し弱い光でも大丈夫ということなんでしょうか?
お願いします。


Re: 花芽について - ひろし@小南部 2015/05/10(Sun) 21:06 No.15765
生産者の遮光は強めです。その代り育成用温室ですから日の出から日没まで明るいですね。弱めの光を時間でカバーしているという状態ですから葉は紫外線の心配はあまりしなくてもよくなり葉色は美しい緑になります。

窓面積が限られる家庭内ではそうはいきません。人工照明は私たちの目にはかなり明るく見えますが明るいオフィスでやっと補償点くらいの照度しかないのです。窓から入射する太陽光は強めでも明るさを確保できる時間は温室よりは短くなります。ですからご家庭では時間の短さを強さでカバーしなければならないので、ご家庭では色素がたまるくらいのほうが花つき、花色ともよくなると考えた方が良いでしょう。

成長期に戸外の庭木の下など木漏れ日が当たる環境にぶら下げておけるのであれば遮光は他多少強めでも花はきちんと咲くと思いますよ。


綺麗に咲きました。 - kimura 2016/03/16(Wed) 13:11 No.17340
ご無沙汰しております。わかり易い答えでこんなに綺麗に咲きました。ありがとうございます。
水やりのことですが、完全に乾いてからやっていますが下葉がなんか黄色っぽくなってきます、でも新葉、新根は生長しています。なにか生理障害でもあるのでしょうか、どの株も年に2回今とお盆頃咲きます。



Re: 花芽について - ひろし@小南部 2016/03/18(Fri) 21:21 No.17349
また見事に咲かせてますね!
同じ個体のクローンでなら同じ環境同じ管理なら同時に咲くのは普通ですが、色違いの株を含めてこのように開花期が揃うのはプロ級の技と思います。私の栽培環境と管理方法では開花期はばらつきます。


水やりは葉の成長期以外は乾いてからにします。開花期も同様です。下葉が黄色くなるのはこの時期にはよくあることです。続けて何枚もそうなるのなら病気ですが、一枚だけ色が変わり縮んで薄くなっていくのなら寿命である場合が多いです。
胡蝶蘭は偽球茎(バルブ)を持たないので葉に養分水分を蓄えます。成長期には新葉を増やしますが、貯蔵用分も増えるわけです。そして効率の悪くなった古い葉からは養分水分を回収し開花、根、新葉を増やすために使うので、通常は下葉から順に枯れ縮んで落葉します。
落葉する葉より増えた新葉のほうが多ければ株は大きくなっていくわけですが、環境条件の良し悪し、株の個性で同じ育て方をしてもばらつきがあるのが普通です。中には新葉と落葉が同数という場合もあるでしょう。株は大きくならないにしても毎年花を見られる分にはそれで構わないと思います。


ミズゴケを剥がしてみました。 投稿者:トミー 投稿日:2014/05/03(Sat) 06:32 No.11364   
ミズゴケを剥がしてみました。こんなもので良いでしょうか。
以前は葉の下部まで目一杯ミズゴケで埋まっていましたが、少し根を出してみました。下にあるのが根です。また、黄色い葉の根元の部分の白い点々は問題ないでしょうか?黄変の進捗度について葉全体を写真に撮りました。また、もう1つの株についても写真をアップしますが前にお話しした株と同じように黄変になってきております。最後に朝、日が当たらない時間に少々風が吹いていますが、お外に出しておいてもよいですか?直射日光が当たる前(出勤前)に家に入れようかと思っております。


写真その2 - トミー 2014/05/03(Sat) 06:34 No.11365
葉全体です。


写真その3 - トミー 2014/05/03(Sat) 06:37 No.11366
もう一つの株です。こちらは、葉っぱが6枚です。(前のは4枚です。)追伸:ミズゴケの入れ具合ですが、鉢を逆さにしても落ちませんでした。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/04(Sun) 21:22 No.11370
植え付け深さはそれでよいでしょう。
葉の基部の白い点々はカビの菌糸や胞子嚢などの集合体、つまりカビそのものに見えます。
ちょっと不思議な症状ですが、進行の早いフザリウム症ではないですね。
脱落しそうなこの葉は取り去り、カビの生えた葉の基部も茎から剥がして殺菌剤を規定倍率で溶いたものを鉢に灌注っし、茎基部には濃く溶いた殺菌剤を筆で塗布しておいて様子を見た方が良いでしょう。
灌注の仕方は水やりの要領で一度かけ、10分ほど間をおいて再度たっぷりと鉢内に薬剤がくまなく回るようにかけ流します。

葉が6枚のほうの葉の黄変は生理的なものに見えますが、念のためにこちらにも殺菌座を灌注しておいたほうがよろしいでしょう。
戸外に出すのはOKですが、今時の太陽光の直射光にさらすとすぐに葉焼けしますのでご注意ください。


約1週間経ちました - トミー 2014/05/11(Sun) 21:53 No.11497
ひろしさん。5月6日にオーソサイド液を600倍にして500mlを2鉢に分けてあげました。茎基部にも綿ぼで塗りました。約1週間が経過しました。大丈夫そうだと自分では思っております。今の気がかりは水遣りのタイミングです。ミズゴケの中に指を突っ込んでみています。根元辺りはなんとなく湿っているかなという感じです。当然に素焼鉢は元の色に戻っております。本日で6日経過していますが、水遣りは今週末土曜日にしようかと思っております。(感覚的にです。)水遣りは上からじゃぶじゃぶと下から水が漏れるまでしたほうがよいのでしょうか?その際、葉は濡らさないようにしたほうがよいのでしょうか?あるいは、バケツの中に水を貯めて鉢ごと突っ込んで下部から水を吸わせて上部のミズゴケが水に浸るまでしたほうがよういのでしょうか?試行錯誤で世話をしております。ご指導をよろしくお願いします。 追伸:写真の左は6枚葉があります。(前回まで7枚ありました。私の見間違いでした)右は3枚の葉です。)


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/11(Sun) 22:18 No.11499
殺菌剤が無事に効いて、病気が止まるといいですね。

素焼き鉢が乾いていてミズゴケが湿度を感じる、というのはあまり透水性の高くない、やや焼成温度が高めの製品なんでしょうね。透水性の良い素焼き鉢に逆さにしても株もミズゴケも落ちない固さで植えつければ素焼き鉢が乾いたときはミズゴケも乾いているものなのですが。
初夏から初秋までの水やりはミズゴケに指を触れてみて若干の
湿度は感じるが冷たくは感じないレベルで水やりをします。
乾きの良い素焼き鉢では5〜7日で次の水やりというタイミングになると思いますが、周囲の湿度などの条件で変動するのであくばで個別にミズゴケの乾き具合を判断して水を与えます。

水やりは通常の上からかけて下に抜けるまでではミズゴケの場合は足りないです。かといって鉢のままバケツの水に入れるのも病気予防の観点から賛成しかねます。
折衷案として鉢を鉢皿に乗せておいて鉢皿に溜まるくらいの水を与え10分後に、鉢皿に残った水は捨てるというのが現実的と思います。
ミズゴケがすっかりカリカリになるまで乾くとそれでも足りない場合があるので10分後に鉢皿に水が残っていない場合は再度同じ水やりを繰り返します。


嫁入りが増えました。 - トミー 2014/05/12(Mon) 21:22 No.11514
ひろしさん。いろいろご指導有難うございます。アドバイスを見て本日(5/12)朝に水遣りをしました。(もう少し湿っていてもいいのではと思い・・・・)水遣り後一日が経った状況写真です。様子見です。さてさて、本日嫁入りが増えました。2株も・・・。花の色・種類も違うようです。バークが入っています。バークも初めてですが、このような状態でよろしいでしょうか?鉢から出したままで一つは針金を取りました。もう一つは針金を付けたままです。ビールの空き箱に針金を突っ込んで刺しています。(・∀・)


No2の写真です。 - トミー 2014/05/12(Mon) 21:24 No.11515
今回嫁入りの2株です。よろしくお願いします。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/12(Mon) 23:25 No.11518
鉢の色は十分に吸水した状態のようですね。冬の休眠期と違ってカリカリに乾かしたまま放置しますと消耗しますので毎日観察して必要であれば水やりしてください。新根や新葉が動き出したら施肥を始めますが、最初は極く薄めでスタートし徐々に本来の濃度に持っていきます。

新顔の濃いピンクのほうは花軸を切り取ってしまいたいですね。先端に残った花が勿体ないようであれば一輪挿しにでも挿しておけば、さかさまにはなりますがちょっとの間は鑑賞できますが。
この画像では小さすぎて根の状態がわからないのですが、株が元気で根も傷んでいないようであれば無理して植え替える必要がないかもしれません。
この状態では安定が悪いですから、植えてあるポリポットと径の合う化粧鉢/プラ鉢に収めておけば安定は得られます。
薄ピンクのほはまだそのまま化粧鉢にでもポリポットごと据えて花はしばらく鑑賞したいですね。


嫁入りが増えました。 - トミー 2014/05/14(Wed) 23:07 No.11552
ひろしさん。こん**は。いつも(=^0^=)。
さて、花軸を切ってしまいました。また、根の辺りのアップを載せました。ご覧下さい。(花軸を切ったものと花がついているものです。)なお、本日、取り敢えず水を与えました。じょうろで下から少し水が滴る程度です。もっとバークに染込むまで水を与えるべきでしょうか?



その2写真です - トミー 2014/05/14(Wed) 23:09 No.11553
花がついている写真です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/15(Thu) 08:59 No.11557
透明ポット植えの利点は根の状態が観察できることです。
ポットに沿っている根の色彩変化で水分が回ったかどうかが判断できます。花がついているほうの根には十分水分が回っている状態のように見えますが花軸を切り落としたほうは変化があまりないように見えます。そんな場合は再度与えますが、与えるときにはたっぷり与え、底孔から勢いよく流れだすくらいに与えます。
ポリポットは素焼き鉢と違って通気性がないので、鉢内の空気を入れ替えてやるための水やりとなります。底孔から流れ出す水がポット内に負圧を作り、そのためにバークの空隙に新しい空気が入ることになりますから、素焼き鉢がポンプの役を果たすミズゴケ植えの水やりとは違う作業だと考えた方が良いくらいです。
一番差が出るのは冬季の水やりでしょうか。ミズゴケ植えの場合葉水の時にミズゴケ上部を湿らせる程度でOKなんですがバーク植えの場合は空気を入れ替えるために週一回は通常の上から底孔から排出するまでの水やりが必要になります。この作業をしておかないと、根腐れしにくいといわれるバークでも根が弱ります。


お外で育ててみようかと思ってい... - トミー 2014/05/18(Sun) 10:16 No.11605
現況報告です。(全て午前9:00の様子です)写真1は、ミズゴケに水が足らないのではと思い、昨日日中に水やりをしました。ミズゴケの中に指を差し込んで根の辺り(1CM程の深さ)で確認していますが湿っているかなって感じで、上部はからからです。少し様子見です。現在は上部とも湿っています。
さて、写真2・3・4ですがバークで育てている胡蝶蘭の花茎を落としてプラ鉢にそのまま入れてみました。湿り具合は、プラポットを出して根の色(湿っている緑色になっていることを確認しています。)また、今後様子を見ながらミズゴケ・バーク双方の葉と根元に霧ぶきをしようと思います。毎日暑そうですので(当地も外で朝13度位、日中25度位になります。)今回お外で育ててみようかと思っており、育てる場所を作ってみました。光が強うそうに見えますよね。(今まで室内の縁側で白いカーテン越しで育てていましたが、幾分かの風も必要だと言うことを聞きました。このような状況ですと、現状では室内で育てたほうがいいでしょうか?やはり、外で育てたほうが環境的にはよいと言うことであれば、遮光ネット(60%〜70%)を購入検討したいと思います。因みに、写真2は東側から撮影したもので、写真4は西側から撮影した写真です。当地は西日がきつい場所です。最後に液肥のやり方(どのくらいで液肥をやりはじめたらよいのでしょうか。また状況によって液肥の濃度を変えているようですね。)についても教えて下さい。



お外で育ててみようかと思ってい... - トミー 2014/05/18(Sun) 10:17 No.11606
写真その2


お外で育ててみようかと思ってい... - トミー 2014/05/18(Sun) 10:18 No.11607
写真その3


お外で育ててみようかと思ってい... - トミー 2014/05/18(Sun) 10:19 No.11608
写真その4


ミズゴケの胡蝶蘭ですが・・・ - トミー 2014/05/18(Sun) 13:22 No.11609
ミズゴケの胡蝶蘭ですが、(後から家に来た胡蝶蘭よりも)葉に張りがないというか羽二重もちのように柔らかくなっているようにな感じが最近しております。そういえば、葉の重さで垂れているようにも見えますよね。このままでよいでしょうか?

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/18(Sun) 22:28 No.11610
確かに葉は垂れ下がり気味ですね。植え替えた後で根が張ってませんからやむを得ない面はあります。根がきちんとしだすと葉ももう少し張ります。
葉がぴんとしてないのを気にして水をやりすぎないことです。水を求めて根を伸ばすので水を与えすぎますと根の伸びが途中で止まってしまいます。
梅雨の長雨に当てると雨では根腐れに至ることはまずないのですが(雨水には酸素も溶け込んでいるため)それでも根の成長は止まってしまうので、梅雨明け後がつらくなります。暑い夏をクリアするにはしっかり根を出させる必要があり、乾いて冷たく感じなくなってからの水やりを励行するほうが良いのです。
でも長雨でなければ雨風に当てた方が成長は良いですね。水道水と雨水は別物というぐらい株に良いですね。

着生ランは山野草と共通の特徴があり実は夏の西日を好みません。
山岳では朝晴れていても気温の上昇とともに山斜面にそって上昇気流が発生し午後から靄、霧が発生する場合が多く西日が長時間当たる環境にならないのですが熱帯の雨期も同様で朝は晴れていても気温の上昇で雷雲が発生し午後にスコールになるというパターンなんです。
とはいえ、西日しか利用できない場合でも葉焼けさせないようにさえすれば育てられないことはありません。実は拙宅も東と南は2階建ての隣家のために朝日、日中ともあまり日射がなく、西日だけは間違いなく当たる場所で長年栽培してますから、、、

施肥は葉の成長中のものにだけ、洋ラン用6:6:6の場合でシーズン当初はミズゴケ植えの場合4000倍、成長最盛期2000倍
バーク植えの場合最初2000倍、最盛期1000倍で通常の水やりと交互に行うのが基本です。これ以上は絶対に濃くしないこと。
調子のあまりよくない株は与えないか薄め薄めの5000倍とか、株のご機嫌をうかがいながら与えるもので、機械的に与えるものではありませんのでご注意ください。


了解しました - トミー 2014/05/19(Mon) 20:20 No.11626
ひろしさん。アドバイス(=^0^=)ございます。
垂れ下がり気味の胡蝶蘭の葉については、水遣りを前回教えていただいた通り、乾き気味で対応します。(ところで、根張るということは、表に出れば根が出てくるので視覚的にわかりますが当方の状況でも根が表に出てくるのでしょうか。=それが根が張っている証拠なのでしょうか?判別方法について教えて下さい。)どの胡蝶蘭もまだ液肥は必要ないと考えてよいでしょうか?=葉が成長中でないと当方は判断しています。今現在、素焼の鉢の胡蝶蘭もお外に出せないか、日当たりが程よいところがないか検討中です。素焼き鉢を釣って置くことは困難だと思っており、棚を作成しようか検討しております。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/20(Tue) 09:57 No.11635
根張りについて鉢内部は見えませんが、いえることは茎から新根が出ていれば、鉢内でも根の先端や中ほどから新たな成長点が伸び出しているものですから、茎からの新根の成長の良しあしで全体の検討がつくものです。
葉が伸び出した時に施肥を開始しますから、新葉の展開のない場合は施肥は控えたほうが良いのですが、葉が動く前でも根が活発に活動している場合は、薄め薄めの4000倍での施肥は可能です。

普通の素焼き鉢なら自製金具でも吊るのは簡単↓なんですが、
http://www.geocities.jp/kusabana7/uekae/snota.htm
(ここで紹介している作り方でもっと長いビニル被覆鉄線をつかってつりさげ部を長くとると使い勝手が良くなります)
腰高ラン鉢は難しいですね。
↓これなら吊れるかもしれませんが
http://www.sqr.or.jp/usr/fujiengei/gg/S6501/index.html

素焼きの腰高ラン鉢を使うメリットは胡蝶蘭にはありませんから次からは普通の素焼き鉢をお使いになることをお勧めします。


いつもアドバイスありがとうござ... - トミー 2014/05/20(Tue) 20:34 No.11642
早く茎から新根が出てくれるようになれば(((o(*゜▽゜*)o)))のですが・・・・。まだまだですね。大切に育てていきたいと思っております。今週末くらいに水遣りを行いたいと今は思っております。因みに素焼き鉢の胡蝶蘭はいつもは広縁でガラス越しに日光を浴びていますが、本日は奥さんに世話をしてもらい、お外にほぼ一日出しました。風は吹いてたようですが、おひさまがほとんどでない曇り日でした。吊り金具の件、大変参考になりました。有難うございました。次回作ってみたいと思っております。ひろしさんのお話のとおり、腰高ラン鉢ではするりと落ちてしまいますよね。

教えて下さい。 - トミー 2014/05/21(Wed) 06:08 No.11645
ひろしさん、やはり素焼き鉢の胡蝶蘭の様子がおかしいようです。写真をアップしましたが、2鉢とも下の葉が黄色くなってきております。だんだん葉が少なくなっております。このような状況を改善する方法はないでしょうか?因みに今朝、2鉢とも黄色い茎の部分にメンボーでオーソサイドを塗っておきました。また根の周りにオーソサイド合計500MLを注入しましたが、心配です。


教えて下さい。 - トミー 2014/05/21(Wed) 06:09 No.11646
写真その2です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/21(Wed) 11:14 No.11648
葉の付け根に発生したカビはフザリウムではなかったのですが、症状の進行具合はちょっと深刻かも、、、
やはりフザリウム症で、カビは便乗しただけということも考えられます。
フザリウムは茎内部の導管周縁から病巣が広がるのですが、仮にこの2株ともフザリウムだとすれば葉の枚数の3枚のほうはすでに手遅れです。葉数の多いほうも今外科手術をしないと手遅れで、手術が成功してもその後この個体が生き残れるかどうかの確率は50%より低いです。
フザリウム茎内部の病気ですから診断が難しい上に薬剤が効かず手荒な手術をしなければ助かりませんし、手術がうまくいってもその後開花株にするためには長時間必要です。
早期診断に成功して手術してもらって助かった例はたった一例しかなく、私としてはフザリウムでないことを祈りながらフザリウムだったらあきらめてくださるという姿勢のほうが楽なんですが。
フザリウムの疑いが濃厚ですから手術するとなれば、、、


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/21(Wed) 11:39 No.11649
添付画像赤線のところで一度切断して断面を見ます。茎の導管部が紫灰色〜灰色に変色した部分があればフザリウムで、その変色部分はすべて取り除かなければなりません。少しずつ茎上部に輪切りを進めていって青線のあたりまでに変色部がなくなれば、切り口に殺菌剤を塗布の上陰干しして、全く根ナシの状態で植えつけます。乾燥に耐えられませんので全体をポリ袋などですっぽり覆い、蒸れないようにほんの少しだけ空気穴をあけます。水はスプレーで葉水を夕方から夜に与えるだけ、、、
ミズゴケは乾き気味のまま、、、この環境で発根させられるかどうかですが、発根したとしても残る葉は2枚が良いところでしょう。そこから再スタートということになるんですが、
こんな手真をかけるくらいなら、花やさんの売れ残りの程度のよさそうな見切り品を買った方が良いくらいのものです。

また仮にフザリウムでなかったとしても、やはり切断だけで根無になりますから再スタートは上の通りで容易なものではありません。

赤線よりもっと下から切断をスタートする方法もありますが老化した茎を切断しても断面が病気なのか老化なのかわかりにくいのです。



ショックです。 - トミー 2014/05/21(Wed) 19:30 No.11652
ひろしさん、アドバイス重ねてありがとうございます。取り敢えず週末まではこのままにしておき週末にまた考えます。

現況報告です。 - トミー 2014/05/24(Sat) 06:30 No.11675
ひろしさん、おはようございます。バークの胡蝶蘭についてです。約1週間程水遣りをしていません。根の乾き具合をアップしました。写真1は、水滴がビニール鉢の内部についており水のやりすぎだと思っております。これはそのまま水を与えずにしておきます。別の鉢は水が足らないように思えるのですが・・・・。さて、黄色い葉の部分はフザリウムでしょうか??。アドバイスをお願いします。また、ミズゴケの2鉢について根を取り出してみました。根はやはり植え替えた時と変わらず成長していませんでした。3葉の方は、そのまま植え直しましたが、5?6葉の鉢の方は、空気にさらしたまま一日置いておこうと思っております。と言うのも黄色い下の葉がポロリと取れまして取れた茎の残部から液がでてきたので茎についている黄色い部分を全て取り除きました。乾燥させたほうがと思いそのまま外に出しています。いろいろ書きましたが、アドバイスをよろしくお願いします。


現況報告(水が足りない??) - トミー 2014/05/24(Sat) 06:31 No.11676
別の鉢です。


現況報告(黄色い葉??) - トミー 2014/05/24(Sat) 06:33 No.11677
大丈夫でしょうか?


現況報告(ミズゴケ) - トミー 2014/05/24(Sat) 06:34 No.11678
ミズゴケの根です。


現況報告(ミズゴケ2) - トミー 2014/05/24(Sat) 06:36 No.11679
葉っぱが5?6?枚のものです。


現況報告(ミズゴケ) - トミー 2014/05/24(Sat) 06:37 No.11680
そのまま外に出して乾燥させています。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/24(Sat) 18:20 No.11686
画像一枚目。まだ水分たっぷりですので、水やりしないでください。2枚目は乾いているように見えます。水やりが必要です。
画像三枚目
正常な黄変ではないですね。葉の寿命だとか、養分回収のために効率の落ちた葉を枯らす場合には、葉の先端部から、あるいは中央部から黄変が始まり、薄く縮みながら褐色に変色していきますが、葉元からの黄変は葉の基部に病気がある深刻な場合が多いです。フザリウムはその代表格で、続けて葉が黄変し、ぽろぽろ落ちるようだとフザリウム症の疑いが濃厚です。
ミズゴケ植えの葉が少ないほうはその処置以外の仕方がないと思います。
葉の多かったほう、ですが、 画像が小さくてよく分からないのですが生きた根がありますでしょうか? 色彩的には全部死んでいるように見えるんですが、、、それに株元の茎が腐敗しているように見えて仕方がないんですが、、、大きな画像を載せていただけるともっと判定しやすくなるのですが、、、

フザリウムでなくても、リゾクトニア性軟腐のようでもあるので生きた根がなければ腐敗部分を切り落とすしかない事態かもしれません。そうすると根がなくなるので、11649で書いたような処置が必要になります。


残念でした。 - トミー 2014/05/24(Sat) 19:12 No.11691
ひろしさん、こんばんは。水遣りの具合のアドバイスありがとうございます。程度がわかった気がします(´∀`)。3枚目の画像ですが、黄色い葉は本日手で触っていたら落ちました。明日にでもオーソサイドを塗ってみようかと思っております。さて、剥がした部分に塗ることでよろしいでしょうか?と言うのも根は水分十分ですので・・・。また、今後オーソサイドの塗るタイミングはどのくらいで、定期的に塗る必要性がありますか?オーソサイドの作り置きは可能ですか?毎回作り必要がありますか?(定期的に塗るのであれば)
さて、ミズゴケの胡蝶蘭ですが、葉の少ない方は茎を切断しましたところやはりフザリウムで茎の内部の周りが色濃くなっていました。残念ですね。もう一方の葉の多い胡蝶蘭は4葉までのところで色濃い部分が取れましたので期待薄ですが写真のとおり(単に差し込んでいるだけ)で様子見をしていきます。室内で毎晩霧吹きで葉っぱに水を掛けようと思っております。乾燥しないように・・・。ところで根に十分に水がある場合、葉っぱには霧吹きをする必要はありますか?葉が乾燥してきた場合には霧吹きが個別に必要ですか。



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/25(Sun) 22:29 No.11724
やはりフザリウムだったのですね。フザリウムは発症してしまった時点で手遅れというのが99%です。この掲示板に私がかかわってから10年くらいになるかな?それで救えたのがたったの一例です。

葉水は空中湿度UPの手段ですから鉢内の水分とは関わりありません。胡蝶蘭は夕方から夜間ガス交換のために気孔を開きますがその時の湿度が低いとその際に水蒸気を多量に失うことになります。根が十分であっても蒸散量が増えれば葉は水不足になります。
もともと葉の水の需要は高いのに着生という生態を選んでしまったために相対湿度の上がる夕方から夜間だけ気孔を開くCAM型光合成をして体内水分のロスを減らしてはいるのですが、原産地よりは湿度の低い日本ですから、いくらかでも環境湿度を上げるためにスプレーするということなのです。梅雨時のように熱帯亜熱帯なみの湿度になる場合葉水は通常の株には必要ありません。葉水が最も必要なのは冬季ですね。

根の無くなった株は100%に近い湿度がほしいですから夕方から夜間ポリ袋で覆って葉水を与える必要があるわけです。


了解しました。 - トミー 2014/05/26(Mon) 20:32 No.11741
ひろしさん。コメント有難うございます。根と葉の両方に水分が必要とのこと。早速、今晩から葉に水遣りします。ヽ(*´∀`)ノ。また、状況報告しますね。因みに本日、当地(中部圏)は雨でしたのでお外の胡蝶蘭は乾燥しておらず、(^-^)だと思います。室内の胡蝶蘭のみ水遣りたっぷりします。

現況報告です。 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:00 No.11844
ひろしさん、一週間ぶりですね。現況報告します。お外で育てている胡蝶蘭(5鉢)です。アップします。少しずつ新根も出て??いるように見えます。また花茎の部分に芽があるようですが・・・・。さてさて、そろそろ、液肥を与えても良いのではと考えております。○○社ハイグレード洋ランを購入してきました。(6−6−6)。別の液肥(6−10−5)もありましたが、こちらのほうが良いのかなと思い、購入しました。今後、6−10−5のものでも良いですか。6−6−−6を使った後、液肥を6−10−5に切り替えても問題ないですか?また、スタートはバーク植えですので2000倍で良いですよね。水遣りに混ぜて1週間に1回程度でスタートしたいと思っております。液肥やりは来週末から考えております。またアドバイスお願いします。


写真その2 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:01 No.11845
写真その2


写真その3 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:03 No.11846
写真その3


写真その4 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:05 No.11847
写真その4です、写真その1は水が少ないように思えましたので本日朝、水遣りしました。


写真その5 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:06 No.11848
写真その5です。次の写真は見にくいですが、花茎の所から芽が出ている???


写真その6 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:07 No.11849
写真その6


手術した胡蝶蘭です。 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:09 No.11850
手術した胡蝶蘭です。その1


手術した胡蝶蘭です。 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:10 No.11851
その2です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/01(Sun) 22:00 No.11864
液肥はバーク植えの場合、6:6:6のほうがバランスが良いのですが、洋ラン以外の草花にも使いやすいという汎用性という見地からすれば、6:10:5のほうが良いのですが。
リン酸が突出しているので厳密にいえば、2000倍より気持ち薄くして2200倍くらいでスタートしてください。

4と5は花軸を残してあったのですね。花軸を残しておくとそれだけで新葉の展開を抑制する作用があります。そして夏の高温期に花軸の芽が動いても花芽になるとは限りませんで、高芽になってしまうこともあるので、植え替えの際でなくても春に花が終わった株は花軸は株元近くで切り捨ててしまった方が結果が良い場合が多いのです。
さてその5の花軸の芽はどちらになるでしょう。リン酸が多いとはいえ窒素もしっかり配合されている液肥を施肥すると高芽(葉芽)になる可能性が高くなります。

手術したその2の株の断面の輪に見える導管部が紫灰色に変色していますが、これはフザリウムの症状です。
残念ながら助からないです。


再度、質問です。 - トミー 2014/06/01(Sun) 22:50 No.11867
ひろしさん。確認です、6:6:6の液肥でも2200倍くらいでスタートすることでOKですよね。(購入したのは6:6:6の方です。)また、花軸を残した件ですが此れからでも花軸を切った方が良いですか??
手術した株の件了解しました、残念です。ミズゴケの植え替えをしたのがいけなかったのでしょうかね??(バーク植えは、ミズゴケの件がありそのままにしております。)
それから、今日も気温は30度以上で熱く様子見をしておりました。夕方見たところ根の方は湿っていました。葉(裏)にはたっぷり霧吹きで吹きかけました。ヽ(*´∀`)ノ


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/02(Mon) 09:56 No.11869
あれ、勘違いしてました。
6:6:6ならバーク植えの場合2000倍でOKと思います。
倍率の算出方法はバーク植えの場合でNPKのそれぞれの数値を足して(18ですね)これに00を付け加えたものがスタート時の希釈倍率の下限、これ以上濃くしないで、という数値ですから2000倍を目安とすればよい、ということです。
成長最盛期ならその倍の濃度1000倍(900倍が下限)ということになります。
仮に6:10:5なら数値の計は21で2100倍が下限、多少の安全を見て2200倍とするという考えです。

花軸は現段階でも切除した方が株のためには良いかと思います。

ミズゴケ植えは根腐れしやすいという印象を皆様持たれているのには驚きなんですが(逆で弱った株を再生させるにはバークより数段優れている)、胡蝶蘭が着生蘭であることを理解せずに、さらに、開花している時期は成長休眠期なんですが、生態を理解されない方々は、地生の草花と同じように水を与えるから根が弱り、根腐れとなったり、病気に感染したりするののです。バークの場合、そんな水やりでも水持ちの悪さが幸いしてなんとか生き延びているという話なんですがね。
植え込み材料がなんであるかを問わず、「生き延びていはいるが弱っている」、この状態がフザリウムはびこる最大の理由だと思います。

30℃は暑いですね。葉に触れて熱く感じるようであれば葉焼けの惧れがあります。胡蝶蘭はCAM植物ですので、日中は気孔を閉じており、蒸散による自己冷却ができません。冷却は周囲の空気の流れに頼るしかない、効率の良くない空冷ですから蒸れないように注意が必要です。
根も高温には強くなく、熱のこもりやすいプラ鉢にバーク植えの場合、レース越しでも鉢に直射光が当たらないように工夫したほうが良いのです。
素焼き鉢表面からの水の蒸散による根の冷却が可能な素焼き鉢にミズゴケで植えていれば、あまり気にしなくてよいのですが。


ひろしさん、ありがとうございま... - トミー 2014/06/02(Mon) 20:35 No.11878
いつもコメントいただきありがとうございます。
液肥は2000倍からスタートの件、了解しました。
初歩的な質問ばかりですが、もう一つ液肥の与え方で質問があります。バーク植えの場合ですが、液肥はどのように与えるのですか?例えば、@茎下を中心に液肥を流して下からチョロチョロ出るくらいで良いでしょうか?Aそれともジャブジャブ溢れる位に与えた方が良いのでしょうか?B水遣りは液肥を与えた場合必要ですか?(その場合には水遣り後、液肥を与える形になりますよね。)
C花軸の切断は2〜3CMくらい残すことで良いでしょうか?
D次回は是非、ミズゴケ植えを育ててみたいと思っております。(今年は、バーク植えで育てて見ます。)
E現在、以前にご照会しました緑色のネットを利用して外で育てています。その上には、カーポートがありますので多少遮光になっているかな??葉焼け等がないように様子を見ながらしています。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/03(Tue) 09:42 No.11895
バークはミズゴケと違い、水分を吸収するためには時間がかかる、というかかけ流しただけではほとんど吸水しません。バークとバークの接点に多少の毛細管現象がみられるだけです。成長休止期はそれでも足りるのですが、成長期に入るとそれでは間に合わなくなります。
乾ききったバークをある程度吸水させるためには、20分くらいは鉢皿に腰水状態で毛細管現象で吸水させる必要があります。

成長休止期から成長期の切り替えのスタート時のやり方としては、鉢皿に20分ほどためたままにしておいて、20分後にさらに一度上から灌水して、鉢皿を外しておくのがベストと思います。
次の灌水ですが、葉の成長がしっかり見えている場合の水やりは、バークが乾ききる前に、バークの色が乾いて変わる前に、ポット内面の空隙部にに結露が見られなくなったら与えれば、腰水の必要がありません。上からかけ流すだけです。

施肥も灌水もやり方は同じ、施肥は灌水時の水が薄めた液肥であるということだけの差です。

ミズゴケ植えの場合に薄めの液肥を与えるのは、鉢がどんどん水分を吸い上げて蒸散するのでミズゴケ内部の肥料分が濃縮されるためなのですが、ポリポットの場合そのような現象はないので実効性ある濃度で最初から与えてOKということです。

当然水やり/施肥の頻度はミズゴケ植えより上がると思いますが素焼き鉢にミズゴケ植えと違って、灌水/施肥のときしか空気の入れ替えがないことを考えれば頻度が高まるのは空気の入れ替えも同時にするということで必要なことだといえます。

空気入れ替えの要素があるのですから、与え方はAです。施肥は灌水を兼ねます。灌水した後で薄めた液肥では安全には違いないですが効果が薄くなります。
花軸の切断はできるだけ短くですが、鋏の刃の背が葉や茎を傷つけない範囲でしてください。

成長の思わしくない株は素焼き鉢にミズゴケ植えで試してみてください。
カーポートの屋根はたいていポリカーボネイト製ですが、透明だと思っても15%くらいの遮光率はあるはずです。カーポートならクルマの塗装の紫外線焼けを軽減するためにUVカット着色(スモーク/ブラウン系が多い)してあるものもあり、場合によってはそのままでちょうど良いくらいの遮光率になっている場合もあります。
カーポートのメーカーがわかって仕様がわかれば遮光率がどれほどかわかる場合もありますが、、、
そのような紫外線カーカット仕様のポート屋根の下では紫外線が効率よくカットされすぎて、植物が紫外線カットのための色素づくりを怠って花の色がぼやける心配もあり得るのですが。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - トミー 2014/06/03(Tue) 21:14 No.11910
ひろしさん、大変詳しくご説明していただき誠にありがとうございます。今週末(週中は、仕事で忙しく帰宅も7時過ぎで日も落ちていますので、葉に霧吹きをするのみです。)に是非バークを吸水してみます。液肥を上からジャブジャブかけて鉢の受け皿に貯まるまでして20分程度置いておきます。その後再度、上から灌水しますね。ひろしさんのおっしゃる通り、なんか乾きが早い気がしていました。ひょっとすると1週間に2回ぐらい本当は灌水が必要なのかもしてませんね。この時期は・・・・。よーく、根の色を観察し乾きすぎないように注意が必要ですね。自分で見た感じですが、お外の胡蝶蘭の葉っぱ
は硬くピントはっている感じです。できれば明日に花軸の切断しようかと思っておりますが、・・・週末の液肥やりとは特段関係ないでしょうか?(日数が近すぎるとか??、植え替えすると3〜4週間は液肥等は与えないことと言われますよね。)
カーポートの屋根の件も重ねて情報提供ありがとうございました。カタログを調べましたが遮光率とは出ておらず、UVカットにはなっているようです。このまま様子を見ます。
最後に、ミズゴケ植えの方が良さそうですね。今思い出したのですが、ミズゴケにも使用期限があるのですか??この前使用したミズゴケは、いつか分からないですが、両親のところに置いてあったみずごけを使用したものですから・・・。


ひろしさん、おはようございます... - トミー 2014/06/04(Wed) 05:51 No.11915
今朝、出勤前に花茎を切断しましたよ〜。
ところで、バークの植木鉢を壁に引っ掛けてお外に出していますが風というか揺られて少しですがバークが下に落ちています。形状からして落ちやすいのはわかりますが・・・。(表面的ですが少なくなっているような??)さて、バークは追加で与えても良いのでしょうか??ミズゴケであればこのようなことはないですよね。(=しっかり押し込んでいますので・・・)


梅雨に入りました。 - トミー 2014/06/04(Wed) 20:36 No.11924
当地(東海地方)も本日梅雨に入りました。これから、☂が続きうっとおしい日々が続きますが、胡蝶蘭を育てていく上でアドバイスをお願いします。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/04(Wed) 20:46 No.11925
吊鉢にするなら、やはりミズゴケが良いですね。
揺れても、さかさまにしても大丈夫ですから。

ミズゴケの良しあしは見ただけではわかりにくいですね。
まず、ミズゴケの種類にもよりますが、太くて長いものの比率が高いものが良いものですが、乾燥しきっているように見えても弾力のある、新しいものが良いのです。
同じ産地の同じグレードのものでも古くなるとぱさぱさになり細かな屑が増え、長いものでも痩せますし、切れ切れになりやすくなります。
できれば在庫回転の良い店で買うことをお勧めします。購入して5年もおいておけばもう植え込み材料としては使わないほうが良いくらいに劣化しているでしょうね。封を切って開けたものを長いこと放置しておくと乾いているようでもかび臭くなります。カビも悪影響のないカビもたくさんあるのですが、病原性のものが紛れ込む確率も高くなりますから封を切って1年以上放置しないようにしましょう。


いい湯だな。 - トミー 2014/06/07(Sat) 11:45 No.12060
ひろしさん、こんにちは。本日始めて液肥を与えました。(写真その1)杓の中に液肥を入れて腰水状態にしました。そうしたら、何か胡蝶蘭がいい気分になっているように思えて、思わず”いい湯だな。”って言葉が出てきました。写真その1の上部には若い葉がピンと伸びています。(2週間くらい前は弱々しい感じでヒョロヒョロと伸びていましたが・・・)。写真その2、その3も小さいですが若葉が出ました。嬉しいです。少しずつ成長が見られることで育てがいを感じています。言い忘れましたが液肥は2000倍でスタートしました。液肥は来週も与えた方が良いででょうか?(それともバークの乾き具合=水やりのタイミングで与えた方が良いでしょうか。その際もしかすると1週間待たずに与えることになることもありますが・・・。)液肥と水やりのタイミングをお教えください。



いい湯だな。 - トミー 2014/06/07(Sat) 11:46 No.12062
写真その2 若葉その2です。


いい湯だな。 - トミー 2014/06/07(Sat) 11:48 No.12063
写真その3 若葉その3です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/07(Sat) 19:56 No.12086
施肥と施肥の間に一回普通の水やりを挟んだほうが良いです。

施肥(2000倍)の次は水やり、その次は施肥2000倍、その次は水やり、、、というペースで施肥、水やり交互にしていきます。葉の成長が佳境にはいったら1000倍までは濃くできますが、水やりと交互という原則は当分守った方が良いです。



いい湯だな。その2 - トミー 2014/06/07(Sat) 21:02 No.12087
ひろしさん、了解しました。次回はバークの乾き具合や根の乾き具合を見ながら水やりをします。ところで、バークの湿り具合ですが、20分も液肥(水)につけると持続がすごいですね。今まで上からジャブジャブと水やりをしていましたがこんなに湿り具合が持続するとは・・・・。ビックリです。これで根も深緑色が以前よりも継続するものと思います。

1週間ぶりです。 - トミー 2014/06/14(Sat) 08:35 No.12584
ひろしさん、1週間ぶりです。
我が家の胡蝶蘭は元気に育っております。写真1は、水が足りないですよね。本日1週間ぶりに水遣りをしました。約1分弱水遣りをしました。それで根がやっと深緑色になりましたよ。写真2は、ビニールポットがパンパンと張っている感じですがこのままで良いでしょうか?(植え替える必要がありますか?)写真その3は、新根、新茎どちらでしょうか?



1週間ぶりです。 - トミー 2014/06/14(Sat) 08:36 No.12585
写真その2です。


1週間ぶりです。 - トミー 2014/06/14(Sat) 08:37 No.12586
写真その3です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/14(Sat) 12:30 No.12610
その2は確かに根の張りが良いですね。一回り大きなプラポットに鉢増し(根鉢をあまり崩さす、周囲に新しいバークを詰める)したいところです。1もそろそろ、というか鉢内に回らず外に出ているので同様に鉢増しで露出している根はポット内に収められたら収めることにしてはいかがでしょうか?
その3は根だと思います。


こんな感じ??になりました。 - トミー 2014/06/15(Sun) 06:14 No.12684
早速、一回り大きなプラポットに植え替えしました。透明なプラポットでこんな大きなものは市販されていませんでしたので、前回のミズゴケの胡蝶蘭でいただいたものを流用しました。もう一つ根が露出しているのも植え替えしたいのですが、大きさを確認(持ち歩き)するために使用しないでもう少し持っていたいと思っております。これ以上の大きさになると透明プラポットはあるのかな?? ところで、鉢の底にバークを少し詰めたら上がすこし出てしまいました。現状の根の状態でその周りにバークを詰めましたが、なかなか詰にくいですね。少ししか詰められませんでした。気持ち分くらいです。でも、胡蝶蘭自体は大きなプラポットで喜んでいることを期待したいです。左のプラは、今まで使用していたものですが、写真では大きさの比較はできませんよね。(透明プラはインターネットで販売されていますよね・・・)


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/15(Sun) 18:16 No.12718
透明ポットはネット検索すれば出てきます。
主に生産者向けなのでロットが100個と大きいのがたまに傷、ですが。半透明プラ鉢なら10個/1ロットでOKのようです。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/16(Mon) 10:28 No.12770
上げます

本日液肥を与えました。 - トミー 2014/06/21(Sat) 10:24 No.13097
こんにちは。
本日液肥を与えました。写真1は、前回根が外に出ていた鉢ですが鉢のサイズアップをして根をポットの中に入れました。気が付いたらまた、葉っぱが出ていますね。嬉しいです。写真2も新葉が成長しています。ところで、写真2の新根が出てきていますが、新根が出るとその下の葉は次第に枯れる運命なのでしょうか?また新根は先端が少し茶色い色をしていますが、その部分は手などで触れないほうが良いのでしょうか?写真3・4も順調に育っていると思います。さて写真5ですが一番下の葉ですが、葉の張りがなくこれはこれから萎んでいくのでしょうか??様子見ですね。それと私の胡蝶蘭も少しですが葉が切れている鉢があります。接着剤の件、参考になります。いろいろな方が掲示板にアップされていますので本当に助かります。最後の写真は、今日は降水確率も20〜30%で酸性雨は期待していないのですが、いつもの遮光ネットから移動させました。プチ遠足???。しかしながら、期待も外れて日が差してきて急遽元の遮光ネットに戻しました。トホホ・・・・。



写真その2 - トミー 2014/06/21(Sat) 10:26 No.13098
写真その2です


写真その3 - トミー 2014/06/21(Sat) 10:27 No.13099
写真その3です


写真その4 - トミー 2014/06/21(Sat) 10:28 No.13100
写真その4です


写真その5 - トミー 2014/06/21(Sat) 10:29 No.13101
写真その5です


写真その6 - トミー 2014/06/21(Sat) 10:30 No.13102
写真その6です


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/21(Sat) 22:25 No.13105
その2、その3、その4とも元気ですね。
新根は時として生きている葉の上からも出ますが、これは胡蝶蘭の持っている性質ですから如何ともしがたいです。お察しのように根の下になる葉は早晩寿命がくる葉の場合が多いのは事実です。けれども個体によっては上部から根が出た後も1年以上枯れ落ちずにいる場合もありますから、あきらめるのは早いです。とはいえ、新葉がどんどん出ている場合の一番下の葉の寿命がくるのは致し方がないことと考えた方が良いのも事実です。
5の画像ですが、画像が全体に小さいので葉の質感があまりつかめないので、寿命が近づいているのかどうかの判断はこの画像からは私にはできないです。こんなに小さくなくてもUPできますからこの3倍くらいのピクセル数でお願いします。できれば全体像もUPください。

接着剤の件は実は本欄でお問い合わせいただいた方から助言を求められて逆に教えてもらったものです。我が家には猫もいるしそそっかしい人間(私)もいますので棚から鉢を落とすことはままあることなので、使用実績はかなりできましたが、今まで薬害は一度も出ていません。


追加でアップします。 - トミー 2014/06/22(Sun) 07:21 No.13106
前回の写真その5のピクセル数を900にしまして再度掲示します。(前回まで300でしていました。)また、全体像をお送りしますね。真ん中の葉は見ての通りガチガチの硬さですが、両側の下の葉っぱと左の葉っぱが柔らかいというか・・・。前回の写真に取った葉っぱは因みに左の一番したの葉です。昨日は日中は雨が降らずじまいでしたが、昨夜から今朝にかけて雨がしとしと降っています。そんなに多くない雨です(雨水を貯める桶(漬物桶を流用)に5CM程度増えた位と思っております。今朝は雨が降っている中で撮影しました。


追加でアップします。 - トミー 2014/06/22(Sun) 07:27 No.13107
全体像です。雨の中で胡蝶蘭も喜んでいるかな?。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/22(Sun) 22:46 No.13116
拡大されて画像を見ての判断です(このくらいになると葉の表情も読めます)が葉のはりがないといってもそんなにすぐに寿命になる状態ではないですよ。
少なくとも今年の秋まではしっかり働くと思います。


少し安心しました。 - トミー 2014/06/22(Sun) 23:46 No.13117
ひろしさん。ありがとうございます。このまま可愛がっていきます。また、1週間後に進捗状況をご報告しますね。追伸:ところで花茎は、いつごろでてくるのでしょうか?少し気が早いですね。では、失礼します。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/23(Mon) 13:50 No.13122
花茎が上がるのは、成長が止まってから1〜2か月経過したあたりです。晩秋から初冬にかけてが多いですね。


了解しました。 - トミー 2014/06/23(Mon) 21:30 No.13125
我が家の胡蝶蘭も今年花茎ができますでしょうかね。(可能性はありますか?)その前に、害虫と冬場を超えないといけませんね。まだまだ難関がありそうですね。今後もアドバイスをよろしくお願いします。(毎晩、霧吹きをかけているおやじです・・・。)

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/23(Mon) 22:06 No.13126
胡蝶蘭は葉が4枚あれば開花可能です。ですから可能性は高いですよ。夏越ししてからの話ですが。

昨晩から雨が・・・ - トミー 2014/06/28(Sat) 06:37 No.13151
予想的中。雨が降るものと思い、昨晩から外に出して置きました。これで本日の水遣りは終了。本日も雨状態が続くものと思いますのでこのまま外に出しておきます。この時期、新葉・新根の成長が著しいですよね。嬉しい限りです。それから、開花は葉は4枚でOKとのこと了解です。夏越し対策についても教えてくださいね。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/30(Mon) 10:33 No.13172
夏の高めの気温は仕方ないのですが、戸外の空気の流れのあるところであれば夏越しは容易です。家の北側戸外など直射光が当たらず(当たっても朝日だけ)風雨の当たるところが一番良いと思います。ハンギングにしておけばナメクジやダンゴムシの被害もほとんど受けませんね。

雨の季節かな。 - トミー 2014/07/03(Thu) 22:27 No.13219
当地中部地方も本日から3日間曇りのち雨が続く天気予報で本日は、昼前からのしとしと雨でした。そのため、出勤前に雨に晒そうと思い胡蝶蘭の鉢を外に出しました。ところで、胡蝶蘭の育ちにとっては自然体が一番良いと思っており3日間雨であってもそのまま晒して置いて良いですよね。また質問があります。@酸性雨と液肥とでは酸性雨の方が胡蝶蘭にとって良いのでしょうか?(雨が降らなければ今週末に液肥を与えようと思っておりましたが、液肥を与えるのは来週に引き伸ばした方が良いでしょうか?)

初めまして - ru(^^)mi 2014/07/03(Thu) 22:53 No.13220
ru(^^)miと申します。
毎日、よくお世話されているようですね。私も初めての事で毎日、せっせと観察しております。お互いに頑張りましょう!


こちらこそ - トミー 2014/07/04(Fri) 05:28 No.13221
ru(^^)miさん、私も駆け出しの胡蝶蘭初心者です。今後もよろしくお願いします。ru(^^)miさんの掲載記事も十分に参考になりかつ楽しみに見ております。ひろし先生に感謝です。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/07/04(Fri) 09:23 No.13222
雨であれば3日間雨に濡れた状態でもOKです。
えーち今は梅雨前線の雨ですね。通常の梅雨であればそんなに雷雲が発生しないので硝酸濃度はほとんどないのですが、今年の梅雨の気圧配置はちょっと変だし、先日は首都圏で降雹がありましたから意外に活発な上昇気流もありそうで雷もありそうですよね。
落雷がなくても空中の雲同士の放電でも窒素酸化物ができますから水滴に溶ければ硝酸となり、これが降ってくれば窒素肥料となります。
おまけに最近では中国起源の二酸化硫黄なども含まれます(水に溶けて亜硫酸)から制菌成分まで入っているということで根腐れも起こしにくい。ただ濡らしっぱなしは根が楽をするので根の成長は悪くなりがちですから長雨に当てるのは避けたいですね。
雨に一度当てたら施肥一回分の半分くらいの肥効はあるでしょから次の施肥をいつもの施肥より濃度を下げて4000倍にするとかの配慮はした方が良いでしょう。


お邪魔します - ru(^^)mi 2014/07/04(Fri) 18:20 No.13226
概ね、3日間も続けて雨に打たれて良いのですね。根腐れの心配と成長の阻害、親心が尽きません。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - トミー 2014/07/04(Fri) 21:01 No.13233
今朝、雨の予想と思っておりましたら、東の空から日が差してきましたのでこれはと思い、車庫の中に入れて出勤。帰宅途中にまたぱらぱらと雨が再開しましたので今夜もお外に出しました。隠居の身であれば十分に可愛がれるのですが・・・。自分では程よい湿り気ではないかと思っております。(実際に1週間で水遣りは1回程度ですので普段は足らないのかも・・・)やはり、胡蝶蘭にとって雨は適量であれば効果が大きいということ了解しました。また、液肥の濃度調整の件も了解しました。(コメントを見るまでは、雨は液肥と同じくらい効果があり、液肥を与えることを1回お休みするくらいかなと考えておりました。)
ru(^^)mi さん、本当にそうですね。成長過程を見ていると可愛いいですよね。明日は週末、時間がありますので少し観察してみたいと思います。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/07/09(Wed) 23:19 No.13254
胡蝶蘭の根は乾かさないといけないのではなくて酸素呼吸をできる時間がないといけないという表現が正しいのです。雨水には酸素も多量に溶け込んでいるので雨だとOKです。バークの中粒のように隙間の多い植え込み材料だと水道水でも勢いよく与えれば隙間部分で空気が新鮮なものに入れ替わるので、根腐れのリスクは低いものです。水が滞留すると雑菌も増えますし、ろくな結果にはならないのですが。

ワイルドだぜ! - トミー 2014/07/12(Sat) 11:00 No.13260
ほぼ1週間ぶりです。前回報告しました雨水に当てましたところ結構どろこんこのように葉っぱがなりました。野生化しているといった感じでしょうか???。多少の泥はつけておいても良いですよね。さて、当地は台風の影響は横を通ったという感じで影響がなかったのですが、心配して胡蝶蘭の鉢を全て掲示板の写真のように玄関の靴箱に引っ掛けて対応しました(過保護ですよね)。本日、週末で久しぶりに液肥の水遣りをしました。雨水を先週もらっていますので若干ですが薄めでやりました。そんなところ根も1本の根から枝分かれしていました。初めてでしたので写真撮影。これもワイルドかな?。
みなさんのところ台風の影響はなかったですか?無事でしたら幸いです。



ワイルドだぜ!その2 - トミー 2014/07/12(Sat) 11:02 No.13261
栄養が良すぎるのかな??


凄い! - ru(^^)mi 2014/07/12(Sat) 11:56 No.13262
13261の根は凄いですね!1本の根に新しい根がこんなに沢山付くんですね。私は10鉢管理してますが、こんな根はありません。目視できない鉢の中はこんな感じかも知れませんが。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - hiroshi@小南部 2014/07/12(Sat) 17:44 No.13264
熱帯雨林の泥だったら問題ないのですが(貧栄養で雑菌も少ないないので)、日本の土壌の泥は有機物に富んで富栄養なので雑菌も多いですから、できれば洗い流しておいたほうが良いですよ。
一本の根からこんなに脇根を出すのは珍しいですね。根の成長を促す環境ホルモンでも雨に溶け込んでいたのでしょうかね。


2週間ぶりです。 - トミー 2014/07/26(Sat) 10:51 No.13311
みなさん、ご無沙汰しております。
2週間ぶりです。目新しいご報告もなくアップできずにいました。(良くもなく悪くもないことはいい事ですかね?)さて、当方の5鉢は、著しい成長も見られませんがなんとか成長しているのかなって感じです。新葉がまだまだ生えてきていますね。葉っぱの数も増えてきたようです。本日液肥入の水やりををしました。(最近、暑いですので1週間に2回(水曜日と週末)に水やりを実施しています。←回数は少ないですか?)それから、本日2鉢の鉢替えを実施しました。園芸業者出荷時のポリ鉢ではパンパンになり、新根がポリをやぶって出ていました。(当方では、鉢を引っ掛けるために鉢自体をもう1つポリの中に入れておりますので、そこから出さないと根の状況がわかりません。=前回等の写真を参照してください。)この夏の時期に気をつけなければいけない点をアドバイス願います。では、みなさん暑いですのでお体ご自愛を・・・・。



2週間ぶりです。 - トミー 2014/07/26(Sat) 10:53 No.13312
2鉢目です。

2週間ぶりです。 - トミー 2014/07/26(Sat) 10:54 No.13313
もう1回、2鉢目です。ごめんなさい。


2週間ぶりです。 - トミー 2014/07/26(Sat) 10:55 No.13314
3鉢目です。


2週間ぶりです。 - トミー 2014/07/26(Sat) 10:58 No.13315
4鉢目です。バージョンアップした鉢です。この鉢いっぱいまで成長して欲しいです。(これが一番大きな鉢だった気がしますが・・・・)


2週間ぶりです。 - トミー 2014/07/26(Sat) 11:01 No.13316
最後の5鉢目です。ひろしさん、掲示板の記事をそろそろ分割した方がよいですか?(返信のまま続けて良いですか?)


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - hiroshi@小南部 2014/07/26(Sat) 20:26 No.13317
画像があまりおおきくないので肝心の根の状態はわかりにくいのですが、、、葉の状態で見れば何も問題なさそうです。むしろ気になったのは「鉢替え」です。根が成長中ならできないことはないのですが高温期ですので傷から腐れが入りやすい傾向があるので、できれば根をいじるのは避けたい時期でもあるのです。元気な株であれば気にするほどのことでもないのかもしれませんが。

新規のコメントを探すのにたくさんスクロールしなければならないですが、栽培状況の全体像がつかめるのでそのまま返信でお願いしたいです。


頑張ってます。 - トミー 2014/08/01(Fri) 06:23 No.13351
写真をご覧ください。(わかりますか、中央の蛙です。)
本日朝、発見しました。周りにはいっぱいいるのですが、こんな所まで登ってきたみたいです。(高さ1M強あります。)また、斜めにもかかわらずへばりついています。朝の一コマでした。



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/08/01(Fri) 11:39 No.13352
アマガエルなんでしょうね。アマガエルがたくさんいるということは、かつて田んぼだった場所とかの湿度の高い場所なんでしょうかね、、、それで風通しが良くて間接光線で明るい場所なら胡蝶蘭は良く育つはず、、、
私の親戚の家で田んぼを埋め立てた場所に建てた住宅では夏になると玄関の引き戸の垂直な面に何匹ものアマガエルがへばりついていることがあります。ガラス戸なので照明が漏れて虫が集まるのでその虫を待ち構えているわけなんですが、、、かわいいですね。


液肥与えました。 - トミー 2014/08/02(Sat) 08:30 No.13354
本日、朝液肥を与えました。先日植え替え(そのまま根をくずざす入れたものですが・・・)2鉢アップします。一番小ぶりの胡蝶蘭ですが、やっと新芽が出てきました。根の水分の吸収も遅いのかな?幾分か湿っていた感じです。鉢ごとに特徴がありますので一筋縄ではいけませんね。それと前回の続きですが別の鉢にまた蛙がこちらを見て様子を伺っていましたので随分接近しても逃げずパチリと撮りました。水遣りのため蛙さんには少しの間退いていただいました。(水遣り後鉢を吊るしもどしたところ戻って来ていました。)蛙さん邪魔してごめんね。


液肥与えました。 - トミー 2014/08/02(Sat) 08:31 No.13355
鉢その2です。


液肥与えました。 - トミー 2014/08/02(Sat) 08:33 No.13356
可愛いですね。


液肥与えました。 - トミー 2014/08/02(Sat) 08:35 No.13357
何もしないから睨まないで、蛙さん。(邪魔しましたね)ごめんなさいね、退かして。「戻ってきたことに感謝しているトミーでした。」


いつもの居場所バージョンアップ... - トミー 2014/08/03(Sun) 17:48 No.13360
いつも吊るされてバークがポロポロ落ちて気になっていましたが、やっと平台が安く見つかり購入。これで鉢が落ちることの心配もありません。今回、多肉植物、他植物、玉ねぎと同居。まだまだスペースありますね。これからまた胡蝶蘭の鉢を増やそうかな。企んでいるトミーでした。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/08/04(Mon) 18:13 No.13372
その後の生育は順調ですね。わたしもほんちょっとサボテンをやってますが、コチョウランとサボテンておなじCAM植物なんですが、取り合わせて栽培するあいてとしては相性があまりよくないですね。

玉ねぎは芽が出てしまうのでは?


地べたに鎮座?? - トミー 2014/08/09(Sat) 10:04 No.13403
こんにちは。ビニールポットを吊るしているのではなく置くようになって下部はどっかりと安定してきた感じがしております。今日は雨のため、水遣りはせずにそのままお外に出しました。葉っぱも根も順調に育っているようです。でも ru(^^)miさんのアップを見ていると羨ましい限りです。 僕のところは次期はどうかなって思っております。ところで、質問です。今のプラポットも今後パンパンになってくると思いますが、古い根(茶色い死んだ根)もありますのである時期に根の整理が必要ですよね。また教えてください。PS:写真後方に写っているのは、枝豆の苗と長ネギです。趣味で家庭菜園をしています。枝前とビール良いですね。食べるのが待ち遠しいトミーでした。台風接近中、皆様お気を付けください。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/08/09(Sat) 20:33 No.13406
成長はいまのところ順調のようですね。
雨の中地べたにべた置きするとナメクジやダンゴムシの侵入の惧れが高い気がします。ポット内に居つかれると厄介ですからやはり吊蜂のほうが安全なんですが、、、


おじゃまします - ru(^^)mi 2014/08/10(Sun) 08:23 No.13407
こんにちは。こちらは台風がかなり逸れてくれたので殆んど影響はありません。今は小雨が降ってるくらいです。
4月末に植え替えをして素焼きに移し代え、水や水肥の与え方を学習したくらいで観察を続け、たまたま花芽がでただけです。勿論、ひろしさんの教えが無かったら戸惑っていたと思います。ただ今迄結果的に良かったんだと思える事は、風通し。陽当たり。は、コンクリートスラブの上ながら恵まれていたような気がします。
やはり、開花が本来の時期ではないので、花茎の背丈が足りない?まだ開花してませんが小振りな花になる気がしています。
ほぼ毎日、これから先どうしたらいいのか?悩んでおります。転ばぬ先の杖が出来たら良いのですが。真冬が心配でなりません。
トミーさん、お互いに頑張りましょう!


了解しました。 - トミー 2014/08/10(Sun) 08:27 No.13408
地べたからの害虫の侵入もありとのこと。では、カーポートの端から以前に使っていた吊鉢用の道具を使いますね。(因みに今回は台風の影響で雨が強く2〜3時間程度で引っ込めました。)今朝、鉢の様子を見に行ったら鉢受けに蟻んこがいました。1.5M程度の高さのパイプラックまで登ってきたのだなと関心すると同時に胡蝶蘭には蟻にとって美味しいものがあるのでしょうかね。(それとも、昨日の地べたの時に蟻さんが登ってきたのかな??)蟻は有害ですか??

Re: おじゃまします。 - トミー 2014/08/10(Sun) 08:37 No.13409
ru(^^)mi さん、コメントありがとうございます。台風は隣の県で避難警告が出ています。(当地中部地区です)雨・風も少しづつですが強くなってきてます。本日は外出を控えるつもりです。ところで、貴殿の胡蝶蘭にとって風通し・日当たり・育成環境等すべて整った感じですね。先を走っている先輩としてこれからもコメントを見させて頂きます。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/08/11(Mon) 15:16 No.13417
蟻は非常に計算高い昆虫で、何か得になるものがなければ集まりませんが、アブラムシを養うタイプでなければ無害と考えてよいです。樹木や多くの植物は葉を食害するチョウやガの幼虫が嫌う蟻のために葉にも蜜腺を用意して積極的に蟻をあつめます。それでも集団で食害するガの幼虫にはかなわないのですが。

大変です。 - トミー 2014/08/16(Sat) 06:39 No.13453
今朝、液肥を与えようと思い見たら、若葉が、食べられていました。誰だ食べたのは。何かすることは有りますか?(昔、よく空に揚げたゲーラカイト(凧)の目玉のようです。) 追伸:今も液肥(6:6:6)を2000倍で与えていますが引き続き濃度は同じで良いでしょうか?


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/08/16(Sat) 10:59 No.13455
まだ葉が2つ折りの時に食われたんですね。この食痕はダンゴムシ・ワラジムシのものではないですね。ナメクジでもない、、、まてよ、、、穴の周囲が黒くなっていることから部分的に雑菌が繁殖して貫通してしまったあるいは濃い薬剤やアルカリでの細胞の壊死があった。可能性も0ではないですね。その場合でも折り合いはついたようですからこれから広がる恐れはないでしょうけれど。

念のため、貫通孔周囲に殺菌剤を塗布しておけばよろしいのではないかと思います。

葉の成長期ですから施肥濃度はOKと思います。


まあまあかな。 - トミー 2014/08/30(Sat) 10:11 No.13574
随分アップしませんでしたので、下の方にいましたが、週末になりアップします。まあまあの育ちですかね。ところで、写真1:張りが強いのか真ん中から裂けていますね。葉先等の裂けはよく見るのですが・・・・。写真2:前回アップしました葉が食べられていた?その後です。状況的には良さそうです。いつ家の胡蝶蘭は花茎が出るかな?楽しみにしていますよ〜。


写真2 - トミー 2014/08/30(Sat) 10:13 No.13575
写真2です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/08/31(Sun) 17:44 No.13579
展開当初に被害に遭った葉もその後は順調に育ったようでほとおしました。
裂けた葉の断裂面は白く乾いていますし、とくに問題はないでしょう。
花軸が見えるのは通常は葉の成長が止まって一休みに入ってからのケースが多いです。


出てきましたよ。ru(^^)mi さん - トミー 2014/09/13(Sat) 10:22 No.13643
みなさん、こん**は。ご無沙汰しております。胡蝶蘭も私個人も元気??可もなく不可もなくという感じでしょうか。さて、当地においても朝晩涼しくなりました。葉・根への水遣りも雨振りの具合とかを見ながら止めたりしています。本日、久しぶりに根への水遣りを実施しました。根の色を見ていても真夏ほど乾いていないですね。さて私の胡蝶蘭の現況をアップします。数日前に気がついていたのですが、一番下の葉が落葉しました。病気ではなさそう??取り敢えず、写真を2枚(その物と落ちた後の茎の部分)撮りました。その他の胡蝶蘭は元気ですね。葉が大きな胡蝶蘭は鉢が安定せずに倒れますので支柱から引っ張っています。もう少しこのままの状況(外に出す)ことで良いと思いますが、今後どのような気候になりましたらどうしたらよいかアドバイスください。(尚、当地も寒くなりますので今のラック(写真にもありますが)ここにビニールを巻いてビニールハウスもどきを作ろうかと思っております。-家内は蘭を家に入れると家の中が狭くなるのでと申しております・・・))PS:ru(^^)mi さんメールありがとうございました。順調に育っていますね。私も花が咲くことを夢見てがんばります。



その2 - トミー 2014/09/13(Sat) 10:27 No.13646
落葉した箇所です。


胡蝶蘭その1 - トミー 2014/09/13(Sat) 10:29 No.13647
その1です。


胡蝶蘭その2 - トミー 2014/09/13(Sat) 10:30 No.13648
その2です。


胡蝶蘭その3 - トミー 2014/09/13(Sat) 10:31 No.13649
その3です。


胡蝶蘭その4 - トミー 2014/09/13(Sat) 10:32 No.13650
その4です。


胡蝶蘭その5 - トミー 2014/09/13(Sat) 10:33 No.13651
その5です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/09/13(Sat) 21:51 No.13657
落葉は薄くなってしわしわになってのもののようですから心配はいらないと思います。
他の株も元気そうですよ。

冬寒くなるとのことですが、お住まいはどのあたりなんでしょうか?


ひろしさん。返事ありがとうござ... - トミー 2014/09/14(Sun) 11:01 No.13666
当地(愛知県)でも西の方で、岐阜県・三重県との県境です。この地は、伊吹おろしとか・養老山脈からの冷たい風が吹いてきます。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/09/14(Sun) 21:10 No.13668
大垣のちょっと南側ということでしょうか、、、東海道新幹線の冬の難所、関ヶ原にも近いんですね。積雪のない名古屋をでてからほんのちょっとで積雪はおろか吹雪の関ヶ原越えとなって驚いたことがあります。
うむ、だとするとハウスには加温設備が不可欠ですね。関ヶ原は風の通り道でもあるので降雪も多いのでしょうけれど養老あたりなら伊吹おろしにしても養老おろしにしても山越えの風ですから日差しはマシなんだろうと思いますがビニルを複層にしても断熱効果はたかが知れてます。


ru(^^)mi さん 、羨ましい限りで... - トミー 2014/09/15(Mon) 07:19 No.13675
最低気温20℃。いい環境ですね。胡蝶蘭を育てるには。それからひろしさん、15℃位までが外で育てられる件、了解しました。加温設備とはどのようなものでしょうか?また、お教えください。因みに家の中でも真冬ですと朝起きる時の気温は一桁台となっていることもあります。寒いですよ。ところでひろしさんのお住まいも東北地方で保温設備をお持ちなんでしょうね。

こんにちは。 - ru(^^)mi 2014/09/15(Mon) 09:43 No.13676
お邪魔します。そうなんです。今日の最高気温は28℃まで。こちらは九州、福岡県なのでそちらに比べれば少し暖かい?緯度はさほど変わらない気がますが、気温はその土地が日本海側、大平洋側か。山の麓か海の近くかなどで随分変わってきますもんね。
私も5月から始めてますので、胡蝶蘭にとっての冬の厳しさを知りません。夏は、寒いのが嫌いなのでクーラーは使いません。扇風機です。冬はカーペットと電気ストーブです。電気ストーブはよほど寒くないと使ってないので胡蝶蘭にとっては過酷な、冬になりそうです。
今は会社に胡蝶蘭を置いてますが、暖かいのか寒いのか全く解らない常態ですし、自宅も私が過ごしていない部屋以外はかなり寒いと思います。
そろそろ、どこの場所で冬をやり過ごすか決めなくてはなりません。最低最高温度計の購入をして準備をしなくてはなりません。
これからいろんな知恵を、ひろしさんにお訪ねしようと思ってはいますが、場所や資金面など悩む事が多いです。10鉢もあること。欲張ってしまったことも今となっては悩みの種です。
トミーさんはどんな場所で育てる予定ですか?


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/09/16(Tue) 18:56 No.13688
私は4年前に自宅を新築するときに住宅の一部に2坪ほどの専用の栽培室を作り照明はタイマーで入り切りが自動です。床暖房ですがこちらは全自動というわけにはいかないので、一定温度に保つのであれば自動運転は可能なのですが、昼は温度が上がり、夜は温度が下がる環境を自動運転は難しいので、床暖温水の温度と流量をその日の天候と予想最低気温から決めて調整しています。
熱容量が大きくなるようにコンクリートスラブを厚く東、南、西の採光で窓は二重ガラス、天井は断熱材入り、換気は常時換気扇を回しています。外気温がマイナス10度でも明け方最低気温+10℃になるような調整ができます。
高断熱住宅の一部で北側の壁が熱容量が大きい設計としているので熱安定が良いのですが、、、
戸外でビニルだけの外気との遮断だけであれば、どの程度の熱量のストーブがいるのかは外気温との相談になるでしょうが、小型のストーブをつけっぱなしにするくらいの発熱量が必要でしょうね。電熱ではとても間に合わないでしょう。ご近所にある農家のビニルハウスが参考になるとは思いますが、胡蝶蘭でなくても愛知県東部にはラン農家があるはずです。
30鉢はそこらだったら絶対に家の中で冬越しさせるほうが良いと思いますが、、、


ru(^^)miさん、ひろしさんコメン... - トミー 2014/09/17(Wed) 22:50 No.13697
まずもって、お外で育てると設備も大がかりになり費用も掛かりますね。もう一度、家の中で育てられるように家内に交渉する必要があります。家で育てる場合、例えばダンボールの中にタオルを引きつめて保温し、日中は縁側でカーテン越しに日を当てるようにすることをしようかと思っております。また、時間があれば近隣の花屋さんに行き育て方を聞いてみてもよいかなと思っております。冬越しは難関だー。ではまた。

こんばんは - トミー 2014/09/18(Thu) 21:31 No.13702
私の帰宅時の家内との一コマ。
いつも帰宅時に霧吹きを持って玄関で待っている家内から、
「お父さん大変、猫が棚の上に登ったみたいで、胡蝶蘭の鉢が倒れていたよ。様子を見て」
自分「猫が登ったの?へー」「大丈夫そうだよ」
家内「いつも家庭菜園を荒らしている猫だと思うよ。黒猫」
自分「へー。何の理由で登ったのかな?」猫も好む胡蝶蘭でした。
   明日の朝、再度様子を見てみようと思っています。
一応、家族同様に気にされている胡蝶蘭でした・・・・。


これで冬越え出来るかな? - トミー 2014/09/21(Sun) 10:31 No.13718
今朝早朝に車に乗ってたまたま外気温を見たら17度でした。そろそろ冬越え支度かなと思い、本日は特段何も予定がないので、少し考えてみました。2段のワゴンを手に入れましたのでプラスチック棚を取り付けて、先日電子レンジを購入した際のダンボールを活用しました。上蓋はまた検討しなければなりませんが・・・・。ローコスト対応です。本日夜からこのような状況ですね。(室内の縁側に置き、夜は上からダンボールごと覆うようにし、朝から晩まではダンボールを取り外し日光浴という感じでしょうか。)また、みなさまアドバイスをください。


これで冬越えできるかな?その2 - トミー 2014/09/21(Sun) 10:34 No.13719
ダンボールで覆った感じです。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/09/21(Sun) 22:13 No.13722
なかなか良いアイデアと思いますが、、、内部に最高最低温度計を入れておいてチェックしながら、最低10度が近づいたら段ボールの上にさらにプチプチを張り付けるとかの対策も必要になるかもしれません。
北国は寒いので住宅は高断熱にするのが常識ですが、西日本では夏の過ごしやすさを優先して断熱はあまり考えない設計がおおいのですね。拙宅の栽培室の朝の最低気温も窓の一部を夜も開けておいて加温なしで17度くらいまで下がっています。窓を閉め切ればおそらくまだ20度を割らないでしょう。


昨日の一コマ - トミー 2014/09/24(Wed) 22:59 No.13744
最高最低温度計を探しに農業専門J●、他ホームセンターに行きましたが見つからず、インターネットで探そうと思い帰宅。その前に最高最低温度計って何?検索したところ「そうか、特に最低気温が重要なんだな。」今回元来の水銀を利用した温度計の仕組みも理解しました。家には温度計が有ります、最高最低はわからないけどそのまま使うかな。そんなことを家内に話をしたら一言「息子のめざまし時計に付いているよ、最高最低温度計(しかも昨日分もわかるとのこと)」トホホ、そのまま息子にこの冬は借りるかな?日常のことですが日々勉強です。ではまた。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/09/26(Fri) 09:25 No.13756
そういえば最近は水銀の最高最低温度計はあまり見かけませんね。私が長年使っているものは、ムシのリセットボタンがバカになってしまって戻せなくなっているので。今は単なる温度計となっています。
最低気温は暖房開始前の早朝に何度あるかを見ることができればよい(そのときの気温がほとんど最低気温と一致するとみなせる)ので今の私には最低気温のチェックは必要ないのですが、冬期間一シーズンは計測しておきたいですね。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - トミー 2014/09/26(Fri) 22:21 No.13762
みなさん、こんばんはです。ひろしさんコメントありがとうございます。”虫”(小片)という言葉も勉強しましたよ。(^-^)。さて、今週は、台風が来て去った影響もあり元の気温に持った感じでした。その為、冬支度をしたのですが2・3日使用し逆戻りで元の外の位置に3日間ほどいます。寒くなければ外で育てます。

初めまして おじゃまします。 - kimura 2014/10/05(Sun) 14:32 No.13818
みなさんの投稿を参考に育てています。凄く助かります。
質問ですお願いいたします。窓際で育てています。最低気温が20度を割らないのに花芽が8鉢から出てきました。大輪の白、ピンクです、どうしてでしょうか、6月に植え替えしました。おねがいします。
青森県陸奥湾沿い


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/10/06(Mon) 09:28 No.13827
kimuraさんの質問への回答は新規スレッドのほうにあります。

みなさん、こん●●わ。 - トミー 2014/10/11(Sat) 09:01 No.13871
ひろしさん、他みなさんこん●●わです。現況報告です。5鉢の胡蝶蘭へ今朝液肥を与えました。液肥は1週間に1回与えております。その際の写真です。当地の気温を毎日測定しております。お外では、朝5時で17C(数週間前に比べて少し温かい気がしております。台風等の影響ですかね。)室内では、縁側で夜は育てております。約22から24C前後になっております。朝、外に出して出勤、夜は帰宅時間により私もしくは家内が部屋に入れております。(家内も胡蝶蘭の育成に協力してもらっています。)夜には霧吹きの水遣りも忘れずにしております。手製の気温測定を2つ用意しました。子供の学校の理科の実験等で使ったものですが、お外と室内と設置してその時の気温がわかるようにしております。洋蘭用のバークもぼろぼろと落ちるので減ったところは、本日追加しておきました。当面はこのままで良いでしょうか?最後にこれから大型台風が襲来します。みなさま、どうぞお気を付けてください。当方でも前回同様に遮光ネット(緑)を取り外そうかと思っております。


写真その2 - トミー 2014/10/11(Sat) 09:03 No.13872
写真その2です。


写真その3 - トミー 2014/10/11(Sat) 09:04 No.13873
写真その3です。


写真その4 - トミー 2014/10/11(Sat) 09:05 No.13874
写真その4です。


写真その5 - トミー 2014/10/11(Sat) 09:06 No.13875
写真その5です。


おまけです。 - トミー 2014/10/11(Sat) 09:08 No.13876
気温計です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/10/13(Mon) 21:53 No.13889
胡蝶蘭はどれも元気そうですが、ちょっと気になったのは夜屋内22〜24度、朝昼屋外で17〜?度では昼夜逆転の温度となってませんでしょうか。できれば明け方最低気温15度日中24度、夜間17度くらいが胡蝶蘭の生理にはよいのですが、、、

教えてください。 - トミー 2014/10/18(Sat) 16:50 No.13932
ひろしさん、これって、これって。もしかして。少しドキドキ。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/10/18(Sat) 21:33 No.13935
トミーさんの画像いつも小さいので目の悪い私はちょっと苦労します。根には見えないですから花芽である可能性が高いですが、、、画像が小さいので確信は、もてないです。

花芽のアップです。 - トミー 2014/10/25(Sat) 08:45 No.13972
そろそろ当地も朝8時過ぎ頃でないと15℃まで気温が上がらなくなりました。このような状況で朝外出しをしてもよろしいでしょうか?日中は最高で22℃前後となります。



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/10/25(Sat) 21:21 No.13976
日中22度まで上がるなら明方12度くらいでもなんら問題はないですよ。

お早うございます。親バカです。 - トミー 2014/11/02(Sun) 08:22 No.14015
みなさん、ご無沙汰しております。
先週木曜日から夜の外気温も最低14度をキープするほど暖かくなっており、外で夜を過ごしています。(また金曜日から当地も雨が振り酸性雨を浴びています。)本日、雨が上がりましたので、写真を撮りました。写真1:全体像です。外に出ている根も深緑色になりました。水分たっぷりです。写真2:前回から少し成長しました。2刀流(花芽が2つ)になりました。(((o(*゜▽゜*)o)))写真3:一番小さい株です、何か花芽のような??もう少し様子見です。はしゃぎすぎのトミーでした。



お早うございます。親バカです。... - トミー 2014/11/02(Sun) 08:24 No.14016
写真その2です。


お早うございます。親バカです。... - トミー 2014/11/02(Sun) 08:26 No.14017
写真その3です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/11/03(Mon) 15:32 No.14020
花芽の発生が見られる時期になりましたね。我が家でもトップバッターのアマビリスの花芽を確認しました。夏まで咲かせた株の多くはまだ葉の成長期ですのでまだなのですが。
さて無事に年越しさせて開花させるまだ、まだだいぶ間がありますが、花軸の成長は楽しみですね。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - トミー 2014/11/17(Mon) 06:51 No.14081
当地でも少しづつ寒くなりましたが、みなさんお体大丈夫でしょうか?
お外での最高気温が15度になりましたので先週からお家で過ごしております。お家でも朝5時ごろで気温が15度前後まで下がってきております。日中、日差しがあると17度〜18度に最近なっております。もう少しすると、ダンボールのカバーが必要になります。それ以上寒くなると、どうしようかなと思いながら過ごしております。(当分は寝室に置くことも考えております。)さて、花芽は少しづつですが順調??に成長していると思います。一気に伸びないので・・・・。只今、私の育てている胡蝶蘭も5鉢の内、4鉢は花芽があります。このまま成長してくれることを期待したいです。


寒くなりました。 - トミー 2014/11/21(Fri) 21:22 No.14261
ひろしさん、こんばんはです。
花芽が日光の方に向いているように見えますが、鉢の
向きは度々変えたほうが良いのでしょうか?(もしくは
鉢の置き場所を変えてほうが良いですか?=ある鉢は日光がよく当たります。別の鉢は日当たりが悪いです。)


近況報告です。 - トミー 2014/11/22(Sat) 11:52 No.14294
今朝の胡蝶蘭の様子です。午前9事前後外気温10度、内気温17度、現在日差しが当たっており日中20度超えです。本日も液肥を与えました。そろそろ液肥を与えることを止める時期でしょうか? 写真その1:たいぶ花芽も大きくなってきたでしょ。(写真右側です。)


近況報告です。 - トミー 2014/11/22(Sat) 11:53 No.14295
写真その2   まだちいさい花芽です。


近況報告です。 - トミー 2014/11/22(Sat) 11:58 No.14296
写真その3  葉茎の左右が花芽です。二刀流ですね。


近況報告 - トミー 2014/11/22(Sat) 12:02 No.14298
写真その4  葉茎の右側下から4枚芽のところに少し出ています。


近況報告です。 - トミー 2014/11/22(Sat) 12:04 No.14299
写真その5 3CM位の大きさです。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/11/22(Sat) 22:01 No.14389
順調に花芽が育っているようですね。
新葉がまだ成葉の半分に達していませんので、最低気温が15度以上を確保できる間は薄めの施肥はしたほうがよいかと思います。
成長集の葉が2/3を超えたら施肥はやめてください。


ひろしさん、教えてください。 - トミー 2014/12/11(Thu) 20:24 No.15114
ご無沙汰しております、ひろしさん。
突然ですが、写真の胡蝶蘭ですが水をやりすぎたようです。
(前から少し乾きが遅い胡蝶蘭だなと思っていたのですが・・・)どのようにしたら良いでしょうか。現在の状況を記載しておきます。全ての胡蝶蘭に対し、一週間に1回根に水遣りをしております。また水遣を実施した日を除き、霧吹きで葉に水遣りをしております。以上 取り急ぎよろしくお願いします。



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/12/12(Fri) 22:07 No.15118
低温期になると根の活動は低下するのが普通ですが、この株に関していえば大きめの成長点が根の先端に見えますので活動中だったのだろうと思うのですが、それでも吸水が悪かったということなのですね?
それにしても、全体像が見えないまま、この画像だけを頼りにどうするか決めるのは難しいです。が、根腐れ気味なのであれば直ちにポリポットから抜いて植え込み材料をざっと外して、新聞紙の上にでも広げて陰干しします。それでとりあえず根腐れの進行は止められると思います。
その後は根を空のやや大きめの鉢に入れ軽石とバークの50/50のもので(微塵を洗い流してから乾かして使います)根を傷めないように充填して(この場合詰め込まないこと)鉢の周囲を軽くとんとん叩いて落ち着かせ、あとは通常の水やりはせずに葉裏中心の葉水と植え込み材料表面だけが湿る程度の水やりで冬を越させてから春に本格的な植え替えをすることにしたら良いのではないかと思います。


Re: ひろしさん、教えてください... - トミー 2014/12/12(Fri) 22:47 No.15119
ありがとうございます。このままもう少し様子を見ます。因みに、胡蝶蘭を育てている環境は気温13度〜17度くらいです。では、また。

近況報告です。 - トミー 2014/12/27(Sat) 20:01 No.15155
ご無沙汰です。今年もあと数日となりました。当地も朝方0度前後となっております。随分、雪の被害が各地でありますが、風邪等引いていませんか。ご自愛下さい。さて、当方の胡蝶蘭も随分成長しました。水遣りも根の様子を見ながらしております。質問があります。施肥はそろそろやめることでよいでしょうか?また、花茎については何か支えが必要ですか?このままでもよいでしょうか?現状は垂れ下がるようなことは無いです。


近況報告です。 - トミー 2014/12/27(Sat) 20:02 No.15156
写真その2です。


近況報告です。 - トミー 2014/12/27(Sat) 20:03 No.15157
写真その3です。


近況報告です。 - トミー 2014/12/27(Sat) 20:04 No.15158
写真その4です。


近況報告です。 - トミー 2014/12/27(Sat) 20:05 No.15159
写真その5です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/12/27(Sat) 20:41 No.15160
葉の成長が一段落して、花芽が上がったら施肥はやめた方が良いですから、成長中の葉があってそれが成葉のまだ半分以下のサイズである場合を除き、施肥は止めてください。
花軸が上長せずに横を向きたがる場合はまず上方に誘導するように支柱が必要ですが、順調に上長している場合はまだ支柱はいらないです。最初のつぼみがはっきり見え始めるころには逆J型の支柱を用意しましょう。


ひろしさん、見捨てないで下さい... - トミー 2014/12/30(Tue) 20:58 No.15167
突然、過激な言葉で申し訳ございません。
今年は、私のような出来の悪い生徒を暖かくご指導いただきありがとうございました。来年には、是非開花できればと切に願っております。来年もよろしくお願いします。では、よい年を迎えてください。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/12/31(Wed) 18:20 No.15169
「冬来たりなば春遠からじ」と申します。
もうちょっとで春、開花が見られます。
来年もがんばりましょう。


今年もよろしくお願いします。 - トミー 2015/01/24(Sat) 19:38 No.15209
ひろしさん、こんばんは。
今年もよろしくお願いします。
随分成長しましたよ。



今年もよろしくお願いします。 - トミー 2015/01/24(Sat) 19:40 No.15210
写真その2
ちよっと成長が遅いです・・・・。



今年もよろしくお願いします。 - トミー 2015/01/24(Sat) 19:41 No.15211
写真その3


今年もよろしくお願いします。 - トミー 2015/01/24(Sat) 19:43 No.15212
写真その4


今年もよろしくお願いします。 - トミー 2015/01/24(Sat) 19:44 No.15213
写真その5
最後の写真です。
これは、つぼみもあります。



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/01/25(Sun) 16:19 No.15216
越冬は順調のようですね。開花が楽しみです。

花軸の伸び方は品種差のうえに個体差もありますから、ゆっくりのもの早いものがあってばらつくのは自然のことです。
最低気温12〜15度、昼間気温18〜23度くらいの環境だと寒さに強いアマビリス系の品種の成熟が早い傾向があります。


待ち遠しいです。 - トミー 2015/02/24(Tue) 18:50 No.15400
ひろしさん、ご無沙汰しております。
我が家の胡蝶蘭も元気に育っております。(小梅サイズです)
先週、背面にあるお雛様を出しました。
3月3日には間に合わないかもしれませんね。



待ち遠しいです。 - トミー 2015/02/24(Tue) 18:53 No.15401
写真その2
その1は室内用の移動用棚の上部の写真です。
その2は、下部の写真です。花茎が随分伸びて
上の棚に触りそうです。



待ち遠しいです。 - トミー 2015/02/24(Tue) 18:54 No.15402
写真その3
棚を上から撮影しました。(つぼみの
様子がわかると思います。)



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/02/24(Tue) 21:03 No.15403
うーん、あと10日くらいかな、、、
3月3日には間に合わないかもしれませんが、、、待ち遠しいですね。

俗説ではお雛様は娘さんの行き遅れを懸念して3月4日にはしまい込むものとされていますが、、、本来が旧暦3月3日(今年の暦では4月21日)に行われる「桃の節句」なのですから神経質になるものでもないですが。


やりました!!。ご連絡です - トミー 2015/03/01(Sun) 18:03 No.15449
ひろしさん、咲きました我が家の胡蝶蘭が開花しました。一号です。嬉しいです。子供のように騒いでいるトミーでした。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/03/02(Mon) 09:28 No.15453
開花おめでとう!
この一年の丹精が報われましたね。私も少しはお役に立てたと思えば嬉しいです。
ひな祭りにも間に合いましたし、、、


引き続きご指導をお願いします。 - トミー 2015/03/02(Mon) 20:52 No.15469
ひろしさん、コメントありがとうございます。
ひろしさんのアドバイスのお蔭です。ありがとうございます。
2年目となりますが、引き続きよろしくお願いします。


近況報告です。 - トミー 2015/04/12(Sun) 07:10 No.15670
ひろしさん、おはようございます。ご無沙汰しております。
さて、我が家の胡蝶蘭も元気に蕾が開いてきております。毎日、室温を気にしています。(日中はおひさまが当たると20度前後で、夜は15度前後です。)2〜3日に1度霧吹きで水遣りをしており、2週間に1度くらいで根に水遣り(じゃぶじゃぶと・・・)しております。さて、今頃気づいたのですが、支柱を立てる時期を逃した気がしております。ちょっと横向きかな。って感じです。まあ、初めてなので・・・。まだ、時期的には早いかなって思いますが、今のバークからミズゴケへの切替(不要ですか?)や根の剪定??等々をまたご教授してください。当面は、花の鑑賞ですね。



近況報告です。 - トミー 2015/04/12(Sun) 07:12 No.15671
その2です


近況報告です。 - トミー 2015/04/12(Sun) 07:13 No.15672
その3です。


近況報告です。 - トミー 2015/04/12(Sun) 07:14 No.15673
その4です。


近況報告です。 - トミー 2015/04/12(Sun) 07:24 No.15674
その5です。
追加でコメントです。
我が家の胡蝶蘭は、昨年の会社設立記念でお客さまより多数頂いたものの内、10鉢弱頂いてきたものですが、咲いた胡蝶蘭は、我が家のみでした。会社の中で少し自慢しております。また、家内が咲いた胡蝶蘭を見て、家内のコマーシャル(デイケアーサービス)の利用者さんにお見せできれば、利用者さんも花を見て喜ぶのではと言っておりました。お貸し出ししようかと思っております。ではまた。



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/04/12(Sun) 23:03 No.15679
とにかくも咲かせられて良かったです、私も少しはお役に立てたかと思うと嬉しいです。

支柱立てって意外に難しかったりします。特に家庭での栽培は光が斜め上からしか来ませんので、、、全天光を利用できる生産者温室と違いますので、花軸は上に上がらず窓の方向に伸びますので一旦それを上に矯正なんてことを試みると、、、折っちゃうんですよね。
私も何本か花軸を折った後斜上する花軸をわずかに上に持ち上げる程度の緩めのアーチで花を咲かせています。場所をちょっととりますが飾り方の工夫で何とかしてます。

植え替えは、株が高くなってぐらついていたり、ミズゴケがぼそぼそになって来たりしたら植え替えねばなりませんが、生育が順調でも株が安定していれば植え替えないほうが良い場合もあります。植え替えの要、不要は個別に判断する必要があります。これも慣れてくれば見ただけで判断できるようになりますよ。

ギフト寄せ植えの胡蝶蘭を次の年に咲かせられるかどうかは、管理方法もさることながら、払い下げられたときに化粧鉢の中でどの程度の傷み具合であるのかにも大きく左右されます。つまり運/不運の要素もだいぶあるわけで、その部分では確率の問題でもあるわけですが、また咲かせた株がここにあるという事実はやはり自慢できると思いますよ。
普通の草花しか知らない方がギフト胡蝶蘭を咲かせられる確率はほとんど無いという程度に低いですからね。化粧鉢から取り出さず、通常の草花のように水やりしてればほぼ確実に全滅が待っているわけですから、、、


現況です。 - トミー 2015/08/01(Sat) 07:11 No.16212
ひろしさん、ご無沙汰です。
当地も非常に暑くなっております。
さて、7月上旬より我が家の胡蝶蘭をお外に出しました。
(以前に掲載しました鉄パイプラックの上です。)
今回は、少し日焼け??のように黄色になっており
心配ですのでご意見を伺いたく掲載しました。(一部の
葉には、白い斑点もあります。)
また、最後の写真はフザリウム菌ですかね。対処方法を
お教えください。(葉先を見えると老化のようにシワシワ
になっているようにも見えます。)
また、いつごろから液肥を当てえた方が良いですか?



現況です。 - トミー 2015/08/01(Sat) 07:13 No.16213
写真その2


現況です。 - トミー 2015/08/01(Sat) 07:14 No.16214
写真その3


現況です。 - トミー 2015/08/01(Sat) 07:15 No.16215
写真その4です。


現況です。 - トミー 2015/08/01(Sat) 07:16 No.16216
写真その5です。これが一番気になります。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/08/01(Sat) 09:42 No.16217
日焼けだと思います。

最後の画像も日焼けで死んだ組織に雑菌が繁殖したものと思います。日焼けした部分とその周囲にエムダイファー、ビスダイセン、ベンレートのいずれかを濃く溶いたものを葉の両側から塗布しておけば、最後の画像のような雑菌の繁殖は防げますので、至急対処をお願いします。

添付図AとBは切除、C部分は殺菌剤両面塗布でOKと思います。 

最後の画像のようになってしまったものは黒く腐った部分の他黄変した部分は切除して、切除した断面と周囲に同様に殺菌剤を塗布しておく必要があります。



ひろしさん、アドバイスありがと... - トミー 2015/08/01(Sat) 18:28 No.16220
ひろしさん、エムダイファーを購入し、先程(18:00すぎ、しかしながら気温36C越え)、処置しました。
今更ながらお教えください。
@エムダイファーの水溶液を1リットル作成しました。当溶液はどの程度の頻度で塗ることで良いでしょうか?(例えば数回とか、●●の状況になるまでとか・・・)
A余った水溶液のエムダイファーは保管しておき次回に使用することで良いでしょうか?(保管期限ってありますか?)
B塗布とはどの程度ですか?(綿棒で付ける程度ですか?)今回当方では、入れ物からどぼどぼと流しました。
C最後に、胡蝶蘭の黄色の葉は、完治?するとどのように変わるのでしょうか?(目に見えてわかるのでしょうか?)


ひろしさん、アドバイスありがと... - トミー 2015/08/01(Sat) 18:48 No.16221
追加の質問です。
D黄色い葉の胡蝶蘭は他の胡蝶蘭と隔離したほうが良いでしょうか?


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/08/01(Sat) 21:06 No.16222
それほど神経質にならなくても良いとは思いますが、隔離しておけば万一の備えにはなりますね。

1週間後です。 - トミー 2015/08/08(Sat) 12:48 No.16264
ひろしさん、1週間後の状況です。
何とか無事のように見えます。
水遣り後、エムダイファーを塗布しておきました。



1週間後です。 - トミー 2015/08/08(Sat) 12:49 No.16265
その2です。


1週間後です。 - トミー 2015/08/08(Sat) 12:50 No.16266
その3です。


1週間後です。 - トミー 2015/08/08(Sat) 12:52 No.16267
その4です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/08/10(Mon) 09:06 No.16269
なんとか大丈夫そうですね。
とはいっても最後から2番目の画像の中心部の色が濃くなっている部分はくりぬいてしまった方が良いかも、、、
そして再度殺菌剤を両面塗布しておいたほうが良いと思います。


今年もよろしくお願いします。 - トミー 2016/01/09(Sat) 10:15 No.17067
ひろしさん、ご無沙汰しております。今年もよろしくお願いします。我が家の胡蝶蘭5鉢も元気に育っております。今のとこと4鉢花芽が出てきております。現在当地も徐々に寒くなってきており夜は寝室で一緒に寝ております。さて、本日水遣りをした時、発見しました。(当たり前のことでしたらすみません)茎の右側、根の上に花芽が出ています。このような事もあるのですね。写真撮りました。では、また。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2016/01/09(Sat) 20:20 No.17069
花芽は葉の付け根に通常一個つきます。ですから花芽の出る場所は葉の位置関係で決まっています。対して根は全方向に発生しますから、上下に重なるのはそんなに珍しいことでもないですね。
葉一枚ごとに花芽ができるというわけですが必ずしも全部が花芽(あるいは脇芽)として伸び始めるわけではなく、全く動きを見せずに潜んだままでいることも多いですね。成長点に異常が遭ったりするとこの潜芽は花芽ではなくて脇芽となって葉を広げ、新たな成長点を作り出す役目をすることもあります。

通常の状態で、花芽として伸び始めるのは葉の光合成によって葉のついている部分の茎が成熟してからですので葉が出てから1〜2年後の乾期が始まってから(日本の気候になぞらえると、冬が始まってから)ですから、やはりこの冬のスタートは遅かったという事でしょうね。

私も開花を心待ちにしていますので開花したらまた報告ください。


長〜いことご無沙汰しております... - トミー 2016/10/09(Sun) 10:06 No.19757
ひろしさん、
随分ご無沙汰しております。
胡蝶蘭(5鉢)は元気に育っております。
当地(愛知)も最低気温が15度となり
そろそろ胡蝶蘭を家に入れる時期が来ました。
更に、高芽が出ました。このままで良いので
しょうか?またご教授ください。



長〜いことご無沙汰しております... - トミー 2016/10/09(Sun) 10:10 No.19758
その2
全体の写真です。



対処方法等お教えください。 - トミー 2017/03/01(Wed) 06:14 No.20104
ご無沙汰しております。
我が家の胡蝶蘭5鉢ですが、お送りした写真のようになっております。どうしたら良いでしょうか?対処方法をお教えください。写真1・・・最初にアザのような黒点が3箇所ありましたので、切ってしまいました。その後の状況です。(私見ですが)本来、下からでている葉っぱから枯れて(黄色)になってくると思っておりますが・・・・。写真2・・・写真1ほどではないですが一応アップしております。



対処方法等をお教えください。 - トミー 2017/03/01(Wed) 06:15 No.20105
写真2です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - nanasi 2017/03/16(Thu) 03:58 No.20144
トミーさん、こんにちは。

最初にアザのような黒点が3箇所あり、葉を途中から切除、その後黄変した葉はどうなったのでしょうか。茶色く縮んで剥離しないでしょうか。

自然落葉は、一番下から起こるとは限らず、何らかの障害があったり、栄養の蓄積できる量が少なくなった葉(携帯の畜電池のように、蓄積と放出の効率がわるくなった葉≒古い葉)から落葉するように思います。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - トミー 2017/03/18(Sat) 15:41 No.20149
nanasiさん、はじめまして。アドバイス有難うございます。
アップ後、事態を重く受け止めて黄変が進行しましたのでその葉は根元から取ってしまいエムダイファーを塗りました。同じ鉢の下の葉も同様になったので半分ほど切断したままです。黄変したのですが仰る通り萎んできております。そのまま様子見しておりました。安心しました。


冬がくる前に 投稿者:katoreaカトレア 投稿日:2017/11/10(Fri) 14:15 No.21013   
初めまして。胡蝶蘭を育てるのに暑中お邪魔していますが初コメントさせて頂きます。
晩秋から冬の置き場等の管理についてお伺いします。
北陸地方在住の為、今後気温も低くなり積雪と共に日照不足も考えられます。昨年より胡蝶蘭を育てていますが、昨年は、この時期に久々の太陽の光りを直接、当ててしまい、せっかく伸びていた花芽ごと、どろどろに葉やけして4鉢をダメにしてしまいました。それまで頑張って育てていたのに
一瞬で水の泡になり、とても悲しかったです。
現在は縁側で白いカーテン越しに置いて、夜間は下に敷毛布をひいて白の衣装ケースに入れ毛布をかけています。平日の日中は不在ですし温室もありません。冷気は窓から入りますので、縁側では気温が下がりますので
今後は座敷に置いておこうとも思いますが、障子越しの光では日照不足になるかと悩んでいます。今年こそ花を咲かせてやりたいと思いますのでアドバイスよろしくお願いいたします。

Re: 冬がくる前に - 日照効率 2017/11/10(Fri) 20:47 No.21015
胡蝶蘭はそもそも台湾ぐらいが北限の生息地で、日本の寒冷地で育てるのは相当の手間がかかります。

白いカーテン越しとのことですが、普通はレースのカーテンが望ましい。葉の温度が触って40度?以上になっていなければOK.
おそらく、電気カーペットとか簡易温室とかが必要になると思います。ちなみに温度がどのくらいになるか具体的に述べると詳しい方がコメントしやすいかと思います。


Re: 冬がくる前に - ひろし@小南部 2017/11/10(Fri) 23:53 No.21016
「温室なし」「日中の暖房なし」で胡蝶蘭を栽培するのは非常に難しいです。
光条件についてですが、冬場は太陽光自体が真夏の1/4以下の光量しかないので、40程度遮光のレースカーテン越しでガラス越し日光に当たるのが冬場の標準と考えてください。
障子の場合は障子紙の材質で遮光率が変わります。最も遮光率の小さなものでなんとか40%遮光程度のものがあるようですから、明るい障子紙と指定すれば遮光率自体はなんとかなるかもしれません。

日中暖房が無いのであればホットカーペットかワーディアンケース(室内温室)が不可欠と思います。胡蝶蘭と肉厚の葉をもつカトレヤ類はCAM光合成をするので(カトレヤ類でも薄い葉の他属との交配種はこのかぎりではありません。)日中の湿度はそれほど気にしなくてよいのですが(ただし露出した根は痩せます)が夜間湿度は60%以上が必須条件です。

温度条件では、最低気温が15℃以上欲しいです。夜間と昼間と同じ程度でもよいのですが夜間温度が高い昼夜逆転は湿度維持のために好ましくありません。昼間20〜25℃夜間15℃くらいがベストです。


Re: 冬がくる前に - 日照効率 2017/11/11(Sat) 06:51 No.21018
>現在、朝の縁側の気温は15で夜間の衣装ケースの中の温度は20で管理していました。日中と夜間の気温では間違った管理をしていた様で胡蝶蘭にストレスを与えていたかもしれません。暖かい衣装ケースの中から朝方気温の低いカーテンの前に置くのは躊躇する思いもありましたが、ずっと衣装ケースの中に入れて置くと酸素不足と蒸れてしまうと気にしていました。気温低下と共に水やりは10日から2週間に一度にして夜間、衣装ケースに入れる時に胡蝶蘭の葉の状態と土の乾き具合から霧吹きで葉水を与えています。

それなら、特に温度的には問題ありません。ただし、厳寒時の最低がそれをクリアしている必要があります。ランは植物なので酸素不足よりもCO2不足が問題になります。

温度因子としては15-20度以上、明るいレース越しの日照が理想でしょう。温度も日照も必須因子ですのでどちらも両立する必要性があります。


Re: 冬がくる前に - 日照効率 2017/11/11(Sat) 23:20 No.21020
個人的には私よりひろしさんの言われることの方が参考になると思います。

まあ、絶対に温度を零下に下げないよう気をつけてください。15℃以上だそうです。


冬がくる前に 投稿者:katoreaカトレア 投稿日:2017/11/11(Sat) 07:36 No.21019   
日照効率さま、早速ありがとうございます。
冬場の胡蝶蘭に大切なのは日照と温度なんですね。
その点をしっかり心得て育てます。
ご指導頂き少し不安感から解消されました。
ありがとうございます。
図々しいとは思いますが今後、本格的に積雪がある頃に
又、ご相談する事もあるかと思いますので、よろしくお願いいたします。

冬がくる前に 投稿者:katoreaカトレア 投稿日:2017/11/11(Sat) 02:25 No.21017   
今晩は。早速のご返答ありがとうございました。
現在、朝の縁側の気温は15度で夜間の衣装ケースの中の温度は20度で管理していました。日中と夜間の気温では間違った管理をしていた様で胡蝶蘭にストレスを与えていたかもしれません。暖かい衣装ケースの中から朝方気温の低いカーテンの前に置くのは躊躇する思いもありましたが、ずっと衣装ケースの中に入れて置くと酸素不足と蒸れてしまうと気にしていました。気温低下と共に水やりは10日から2週間に一度にして夜間、衣装ケースに入れる時に胡蝶蘭の葉の状態と土の乾き具合から霧吹きで葉水を与えています。改めましてアドバイス頂きお礼申し上げます。

入り組んで生えている葉 投稿者:はまぐり 投稿日:2017/11/09(Thu) 13:04 No.21009   
こんにちは。胡蝶蘭の葉の生え方についてご相談です。
胡蝶蘭の葉が入り組んだ状態で生えてきています。
葉が開ききれない状態で生えており、どうしたら良いのか分かりません。

花芽も出てきているので、株は元気なのですが、このままの状態で育てても大丈夫でしょうか?
それとも葉が開きやすいように切った方がいいのでしょうか?


Re: 入り組んで生えている葉 - ひろし@小南部 2017/11/09(Thu) 23:47 No.21010
確認です。葉の生育の順序として
@添付図Aの葉の基部が筒状のまま伸び
A次に伸びようとした葉がAの葉の矢印側の基部を破って一度はみ出しながらBの葉に成長しつつある。
ということで宜しいでしょうか?

そうなのであれば、このままにしておけば、次の葉は矢印部分から顔を出し横方向に伸び出す恐れがあり、次の葉はAの葉と競って株姿はいびつなものになります。

やはりよく切れるカッターで図の青線部分を切開して基部を拡げ、Bの葉の基部を窮屈な状態ではないように少しでも緩くして、次の葉が正常な形に出るようにする必要があります。
切開した部分には殺菌剤を濃く溶いたものを筆で塗布しておけば良いでしょう。ついでにAの葉の中心脈部分に穴が開いた部分にも塗布してください。



Re: 入り組んで生えている葉 - はまぐり 2017/11/10(Fri) 14:18 No.21014
ひろし様
レスありがとうございます。
葉の生育順はおまとめいただいた通りです。
Aの葉が筒状に伸びて、筒の間からBの葉が顔を出していたんですが、最近になって矢印側の基部からBの葉がはみ出るようになりました。
カッターで筒状になっている青線の部分を切開して、次の葉が出やすいようにしたいと思います。
殺菌剤の塗布のアドバイスもありがとうございました。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note - 胡蝶蘭の愛華園芸 ※姉妹サイト - 胡蝶蘭育て方ナビ -