4395302
胡蝶蘭のいろいろ掲示板 園芸相談、胡蝶蘭自慢など
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File(jpgかgif)
暗証キー (英数字で8文字以内、内容修正時使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

鉢の緑化 投稿者:みさっち 投稿日:2017/11/07(Tue) 22:24 No.21005   
ひろし様へ

以前のスレッドが長くなったので新しく書かせていただきます。
今家に4鉢あるのですが、そのうちの1つだけ、鉢の外の周りが藻のようなものが付いて緑になってしまいます。
その子と他の鉢で違うのは、ミズゴケと品種だけです。
白いカビも同時に付くので、触るとぬるぬるしてます、なんで1つだけこうなるのか疑問です。
植込みかたに問題があったんでしょうか?中の根は大丈夫なのかご意見が聴きたいです。

Re: 鉢の緑化 - ひろし@小南部 2017/11/08(Wed) 17:30 No.21006
ちなみにどんな種類の胡蝶蘭なのでしょうか?品種名が分かれば品種名を、分からなければ花の色と大きさや葉の色彩などをお知らせ頂きたいと思います。

鉢の外側の緑色はおそらく藻類でしょう。光と湿度があれば藻類はどこにでも発生します。また白いカビは共生菌の菌糸である可能性が高いと思います。葉の状態がよければ根の心配は不要と思います。
白い菌糸も藻類も胡蝶蘭に対しては無害ですが、思うにこの鉢だけ他の3鉢より保湿が良いのだろうと思います。春夏成長期にはこの藻類や白い菌糸が繁茂しても構わないのですが、冬を迎える今、そろそろ花芽を期待したい時期ですので、通常の胡蝶蘭であれば(雨林気候帯型の胡蝶蘭でなければ)ちょっと多湿ぎみかもしれません。

まだ新葉の展開がおわっていないのであれば温度と空中湿度を確保したうえで葉の成長が止まるまではそのままでも良いかも知れませんが、一般的にはそろそろ乾かし気味にして葉の成長を休ませ、花芽を期待したいところです。


Re: 鉢の緑化 - みさっち 2017/11/09(Thu) 08:01 No.21008
ひろし様
お返事ありがとうございます。
花はミニで、紫にしましま模様が入っている柄です。
少し水が多いんですね。白いカビは他の鉢にも出たりしてるので、まだ葉は少し成長してますが、そろそろ水を控えて気味にしてみます。
乾かし気味にするということはもう肥料はやらないほうがいいということでいいのでしょうか?

白大輪の鉢ひとつから花芽も確認できたので、やめようか迷ってました。



Re: 鉢の緑化 - ひろし@小南部 2017/11/09(Thu) 23:59 No.21011
見た目問題なさそうに見えます。
ミニで色彩の濃いものは雨林気候帯型とモンスーン気候帯型の中間的なものが多いので冬でもからからにしないほうが良い場合が多いです。水やりを控えめにするとしても乾かし過ぎないようにしてください。肥料は与えないほうが無難です。

白大輪はモンスーン気候帯型ですから乾期を演出する必要があります。花芽が出来たら乾かしてからの水やりで施肥はしないことです。


Re: 鉢の緑化 - みさっち 2017/11/10(Fri) 14:01 No.21012
ありがとうございます。危うくミニもカラカラにして水やりするところでした。施肥はではもうおしまいにすることにします。


葉の異常 - みさっち 2018/08/18(Sat) 20:37 No.21215
ひろし様へ
ご無沙汰しております。
今日は育てていた白大輪の花の相談です。
昨年から、葉が白く変色してる部分があるなと思っていたところ、鉢の植え替えをしたタイミングから悪化してしまい、写真のようになってます。
これはどうしたらよいでしょうか?
異常はこの部位のみです。



Re: 鉢の緑化 - ひろし@小南部 2018/08/18(Sat) 22:19 No.21216
白くなっていた部分は葉焼けです。その後は小康状態だったのでしょうけれど、おそらく植え替えの際になんらかの雑菌が進入して葉焼けの周囲の弱っている細胞を犯し始めて、広がりつつある状態であろうと思います。
確実には添付のように病巣部を切除し、切り口に濃く溶いた殺菌剤を塗布しておくと良いでしょう。
第二案として切除せずに赤線内の裏表両面に濃く溶いた殺菌剤を塗布しておくという手もあります。但し病菌の耐性が殺菌剤の力を上回っている場合、病巣の拡大をとめることが出来ず、葉を丸ごと一枚失うことになる恐れもあります。最悪の場合は葉から茎に病巣が拡大し株の命にかかわることになるおそれもわずかながら残りますね。



ミズゴケを剥がしてみました。 投稿者:トミー 投稿日:2014/05/03(Sat) 06:32 No.11364   
ミズゴケを剥がしてみました。こんなもので良いでしょうか。
以前は葉の下部まで目一杯ミズゴケで埋まっていましたが、少し根を出してみました。下にあるのが根です。また、黄色い葉の根元の部分の白い点々は問題ないでしょうか?黄変の進捗度について葉全体を写真に撮りました。また、もう1つの株についても写真をアップしますが前にお話しした株と同じように黄変になってきております。最後に朝、日が当たらない時間に少々風が吹いていますが、お外に出しておいてもよいですか?直射日光が当たる前(出勤前)に家に入れようかと思っております。


写真その2 - トミー 2014/05/03(Sat) 06:34 No.11365
葉全体です。


写真その3 - トミー 2014/05/03(Sat) 06:37 No.11366
もう一つの株です。こちらは、葉っぱが6枚です。(前のは4枚です。)追伸:ミズゴケの入れ具合ですが、鉢を逆さにしても落ちませんでした。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/04(Sun) 21:22 No.11370
植え付け深さはそれでよいでしょう。
葉の基部の白い点々はカビの菌糸や胞子嚢などの集合体、つまりカビそのものに見えます。
ちょっと不思議な症状ですが、進行の早いフザリウム症ではないですね。
脱落しそうなこの葉は取り去り、カビの生えた葉の基部も茎から剥がして殺菌剤を規定倍率で溶いたものを鉢に灌注っし、茎基部には濃く溶いた殺菌剤を筆で塗布しておいて様子を見た方が良いでしょう。
灌注の仕方は水やりの要領で一度かけ、10分ほど間をおいて再度たっぷりと鉢内に薬剤がくまなく回るようにかけ流します。

葉が6枚のほうの葉の黄変は生理的なものに見えますが、念のためにこちらにも殺菌座を灌注しておいたほうがよろしいでしょう。
戸外に出すのはOKですが、今時の太陽光の直射光にさらすとすぐに葉焼けしますのでご注意ください。


約1週間経ちました - トミー 2014/05/11(Sun) 21:53 No.11497
ひろしさん。5月6日にオーソサイド液を600倍にして500mlを2鉢に分けてあげました。茎基部にも綿ぼで塗りました。約1週間が経過しました。大丈夫そうだと自分では思っております。今の気がかりは水遣りのタイミングです。ミズゴケの中に指を突っ込んでみています。根元辺りはなんとなく湿っているかなという感じです。当然に素焼鉢は元の色に戻っております。本日で6日経過していますが、水遣りは今週末土曜日にしようかと思っております。(感覚的にです。)水遣りは上からじゃぶじゃぶと下から水が漏れるまでしたほうがよいのでしょうか?その際、葉は濡らさないようにしたほうがよいのでしょうか?あるいは、バケツの中に水を貯めて鉢ごと突っ込んで下部から水を吸わせて上部のミズゴケが水に浸るまでしたほうがよういのでしょうか?試行錯誤で世話をしております。ご指導をよろしくお願いします。 追伸:写真の左は6枚葉があります。(前回まで7枚ありました。私の見間違いでした)右は3枚の葉です。)


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/11(Sun) 22:18 No.11499
殺菌剤が無事に効いて、病気が止まるといいですね。

素焼き鉢が乾いていてミズゴケが湿度を感じる、というのはあまり透水性の高くない、やや焼成温度が高めの製品なんでしょうね。透水性の良い素焼き鉢に逆さにしても株もミズゴケも落ちない固さで植えつければ素焼き鉢が乾いたときはミズゴケも乾いているものなのですが。
初夏から初秋までの水やりはミズゴケに指を触れてみて若干の
湿度は感じるが冷たくは感じないレベルで水やりをします。
乾きの良い素焼き鉢では5〜7日で次の水やりというタイミングになると思いますが、周囲の湿度などの条件で変動するのであくばで個別にミズゴケの乾き具合を判断して水を与えます。

水やりは通常の上からかけて下に抜けるまでではミズゴケの場合は足りないです。かといって鉢のままバケツの水に入れるのも病気予防の観点から賛成しかねます。
折衷案として鉢を鉢皿に乗せておいて鉢皿に溜まるくらいの水を与え10分後に、鉢皿に残った水は捨てるというのが現実的と思います。
ミズゴケがすっかりカリカリになるまで乾くとそれでも足りない場合があるので10分後に鉢皿に水が残っていない場合は再度同じ水やりを繰り返します。


嫁入りが増えました。 - トミー 2014/05/12(Mon) 21:22 No.11514
ひろしさん。いろいろご指導有難うございます。アドバイスを見て本日(5/12)朝に水遣りをしました。(もう少し湿っていてもいいのではと思い・・・・)水遣り後一日が経った状況写真です。様子見です。さてさて、本日嫁入りが増えました。2株も・・・。花の色・種類も違うようです。バークが入っています。バークも初めてですが、このような状態でよろしいでしょうか?鉢から出したままで一つは針金を取りました。もう一つは針金を付けたままです。ビールの空き箱に針金を突っ込んで刺しています。(・∀・)


No2の写真です。 - トミー 2014/05/12(Mon) 21:24 No.11515
今回嫁入りの2株です。よろしくお願いします。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/12(Mon) 23:25 No.11518
鉢の色は十分に吸水した状態のようですね。冬の休眠期と違ってカリカリに乾かしたまま放置しますと消耗しますので毎日観察して必要であれば水やりしてください。新根や新葉が動き出したら施肥を始めますが、最初は極く薄めでスタートし徐々に本来の濃度に持っていきます。

新顔の濃いピンクのほうは花軸を切り取ってしまいたいですね。先端に残った花が勿体ないようであれば一輪挿しにでも挿しておけば、さかさまにはなりますがちょっとの間は鑑賞できますが。
この画像では小さすぎて根の状態がわからないのですが、株が元気で根も傷んでいないようであれば無理して植え替える必要がないかもしれません。
この状態では安定が悪いですから、植えてあるポリポットと径の合う化粧鉢/プラ鉢に収めておけば安定は得られます。
薄ピンクのほはまだそのまま化粧鉢にでもポリポットごと据えて花はしばらく鑑賞したいですね。


嫁入りが増えました。 - トミー 2014/05/14(Wed) 23:07 No.11552
ひろしさん。こん**は。いつも(=^0^=)。
さて、花軸を切ってしまいました。また、根の辺りのアップを載せました。ご覧下さい。(花軸を切ったものと花がついているものです。)なお、本日、取り敢えず水を与えました。じょうろで下から少し水が滴る程度です。もっとバークに染込むまで水を与えるべきでしょうか?



その2写真です - トミー 2014/05/14(Wed) 23:09 No.11553
花がついている写真です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/15(Thu) 08:59 No.11557
透明ポット植えの利点は根の状態が観察できることです。
ポットに沿っている根の色彩変化で水分が回ったかどうかが判断できます。花がついているほうの根には十分水分が回っている状態のように見えますが花軸を切り落としたほうは変化があまりないように見えます。そんな場合は再度与えますが、与えるときにはたっぷり与え、底孔から勢いよく流れだすくらいに与えます。
ポリポットは素焼き鉢と違って通気性がないので、鉢内の空気を入れ替えてやるための水やりとなります。底孔から流れ出す水がポット内に負圧を作り、そのためにバークの空隙に新しい空気が入ることになりますから、素焼き鉢がポンプの役を果たすミズゴケ植えの水やりとは違う作業だと考えた方が良いくらいです。
一番差が出るのは冬季の水やりでしょうか。ミズゴケ植えの場合葉水の時にミズゴケ上部を湿らせる程度でOKなんですがバーク植えの場合は空気を入れ替えるために週一回は通常の上から底孔から排出するまでの水やりが必要になります。この作業をしておかないと、根腐れしにくいといわれるバークでも根が弱ります。


お外で育ててみようかと思ってい... - トミー 2014/05/18(Sun) 10:16 No.11605
現況報告です。(全て午前9:00の様子です)写真1は、ミズゴケに水が足らないのではと思い、昨日日中に水やりをしました。ミズゴケの中に指を差し込んで根の辺り(1CM程の深さ)で確認していますが湿っているかなって感じで、上部はからからです。少し様子見です。現在は上部とも湿っています。
さて、写真2・3・4ですがバークで育てている胡蝶蘭の花茎を落としてプラ鉢にそのまま入れてみました。湿り具合は、プラポットを出して根の色(湿っている緑色になっていることを確認しています。)また、今後様子を見ながらミズゴケ・バーク双方の葉と根元に霧ぶきをしようと思います。毎日暑そうですので(当地も外で朝13度位、日中25度位になります。)今回お外で育ててみようかと思っており、育てる場所を作ってみました。光が強うそうに見えますよね。(今まで室内の縁側で白いカーテン越しで育てていましたが、幾分かの風も必要だと言うことを聞きました。このような状況ですと、現状では室内で育てたほうがいいでしょうか?やはり、外で育てたほうが環境的にはよいと言うことであれば、遮光ネット(60%〜70%)を購入検討したいと思います。因みに、写真2は東側から撮影したもので、写真4は西側から撮影した写真です。当地は西日がきつい場所です。最後に液肥のやり方(どのくらいで液肥をやりはじめたらよいのでしょうか。また状況によって液肥の濃度を変えているようですね。)についても教えて下さい。



お外で育ててみようかと思ってい... - トミー 2014/05/18(Sun) 10:17 No.11606
写真その2


お外で育ててみようかと思ってい... - トミー 2014/05/18(Sun) 10:18 No.11607
写真その3


お外で育ててみようかと思ってい... - トミー 2014/05/18(Sun) 10:19 No.11608
写真その4


ミズゴケの胡蝶蘭ですが・・・ - トミー 2014/05/18(Sun) 13:22 No.11609
ミズゴケの胡蝶蘭ですが、(後から家に来た胡蝶蘭よりも)葉に張りがないというか羽二重もちのように柔らかくなっているようにな感じが最近しております。そういえば、葉の重さで垂れているようにも見えますよね。このままでよいでしょうか?

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/18(Sun) 22:28 No.11610
確かに葉は垂れ下がり気味ですね。植え替えた後で根が張ってませんからやむを得ない面はあります。根がきちんとしだすと葉ももう少し張ります。
葉がぴんとしてないのを気にして水をやりすぎないことです。水を求めて根を伸ばすので水を与えすぎますと根の伸びが途中で止まってしまいます。
梅雨の長雨に当てると雨では根腐れに至ることはまずないのですが(雨水には酸素も溶け込んでいるため)それでも根の成長は止まってしまうので、梅雨明け後がつらくなります。暑い夏をクリアするにはしっかり根を出させる必要があり、乾いて冷たく感じなくなってからの水やりを励行するほうが良いのです。
でも長雨でなければ雨風に当てた方が成長は良いですね。水道水と雨水は別物というぐらい株に良いですね。

着生ランは山野草と共通の特徴があり実は夏の西日を好みません。
山岳では朝晴れていても気温の上昇とともに山斜面にそって上昇気流が発生し午後から靄、霧が発生する場合が多く西日が長時間当たる環境にならないのですが熱帯の雨期も同様で朝は晴れていても気温の上昇で雷雲が発生し午後にスコールになるというパターンなんです。
とはいえ、西日しか利用できない場合でも葉焼けさせないようにさえすれば育てられないことはありません。実は拙宅も東と南は2階建ての隣家のために朝日、日中ともあまり日射がなく、西日だけは間違いなく当たる場所で長年栽培してますから、、、

施肥は葉の成長中のものにだけ、洋ラン用6:6:6の場合でシーズン当初はミズゴケ植えの場合4000倍、成長最盛期2000倍
バーク植えの場合最初2000倍、最盛期1000倍で通常の水やりと交互に行うのが基本です。これ以上は絶対に濃くしないこと。
調子のあまりよくない株は与えないか薄め薄めの5000倍とか、株のご機嫌をうかがいながら与えるもので、機械的に与えるものではありませんのでご注意ください。


了解しました - トミー 2014/05/19(Mon) 20:20 No.11626
ひろしさん。アドバイス(=^0^=)ございます。
垂れ下がり気味の胡蝶蘭の葉については、水遣りを前回教えていただいた通り、乾き気味で対応します。(ところで、根張るということは、表に出れば根が出てくるので視覚的にわかりますが当方の状況でも根が表に出てくるのでしょうか。=それが根が張っている証拠なのでしょうか?判別方法について教えて下さい。)どの胡蝶蘭もまだ液肥は必要ないと考えてよいでしょうか?=葉が成長中でないと当方は判断しています。今現在、素焼の鉢の胡蝶蘭もお外に出せないか、日当たりが程よいところがないか検討中です。素焼き鉢を釣って置くことは困難だと思っており、棚を作成しようか検討しております。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/20(Tue) 09:57 No.11635
根張りについて鉢内部は見えませんが、いえることは茎から新根が出ていれば、鉢内でも根の先端や中ほどから新たな成長点が伸び出しているものですから、茎からの新根の成長の良しあしで全体の検討がつくものです。
葉が伸び出した時に施肥を開始しますから、新葉の展開のない場合は施肥は控えたほうが良いのですが、葉が動く前でも根が活発に活動している場合は、薄め薄めの4000倍での施肥は可能です。

普通の素焼き鉢なら自製金具でも吊るのは簡単↓なんですが、
http://www.geocities.jp/kusabana7/uekae/snota.htm
(ここで紹介している作り方でもっと長いビニル被覆鉄線をつかってつりさげ部を長くとると使い勝手が良くなります)
腰高ラン鉢は難しいですね。
↓これなら吊れるかもしれませんが
http://www.sqr.or.jp/usr/fujiengei/gg/S6501/index.html

素焼きの腰高ラン鉢を使うメリットは胡蝶蘭にはありませんから次からは普通の素焼き鉢をお使いになることをお勧めします。


いつもアドバイスありがとうござ... - トミー 2014/05/20(Tue) 20:34 No.11642
早く茎から新根が出てくれるようになれば(((o(*゜▽゜*)o)))のですが・・・・。まだまだですね。大切に育てていきたいと思っております。今週末くらいに水遣りを行いたいと今は思っております。因みに素焼き鉢の胡蝶蘭はいつもは広縁でガラス越しに日光を浴びていますが、本日は奥さんに世話をしてもらい、お外にほぼ一日出しました。風は吹いてたようですが、おひさまがほとんどでない曇り日でした。吊り金具の件、大変参考になりました。有難うございました。次回作ってみたいと思っております。ひろしさんのお話のとおり、腰高ラン鉢ではするりと落ちてしまいますよね。

教えて下さい。 - トミー 2014/05/21(Wed) 06:08 No.11645
ひろしさん、やはり素焼き鉢の胡蝶蘭の様子がおかしいようです。写真をアップしましたが、2鉢とも下の葉が黄色くなってきております。だんだん葉が少なくなっております。このような状況を改善する方法はないでしょうか?因みに今朝、2鉢とも黄色い茎の部分にメンボーでオーソサイドを塗っておきました。また根の周りにオーソサイド合計500MLを注入しましたが、心配です。


教えて下さい。 - トミー 2014/05/21(Wed) 06:09 No.11646
写真その2です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/21(Wed) 11:14 No.11648
葉の付け根に発生したカビはフザリウムではなかったのですが、症状の進行具合はちょっと深刻かも、、、
やはりフザリウム症で、カビは便乗しただけということも考えられます。
フザリウムは茎内部の導管周縁から病巣が広がるのですが、仮にこの2株ともフザリウムだとすれば葉の枚数の3枚のほうはすでに手遅れです。葉数の多いほうも今外科手術をしないと手遅れで、手術が成功してもその後この個体が生き残れるかどうかの確率は50%より低いです。
フザリウム茎内部の病気ですから診断が難しい上に薬剤が効かず手荒な手術をしなければ助かりませんし、手術がうまくいってもその後開花株にするためには長時間必要です。
早期診断に成功して手術してもらって助かった例はたった一例しかなく、私としてはフザリウムでないことを祈りながらフザリウムだったらあきらめてくださるという姿勢のほうが楽なんですが。
フザリウムの疑いが濃厚ですから手術するとなれば、、、


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/21(Wed) 11:39 No.11649
添付画像赤線のところで一度切断して断面を見ます。茎の導管部が紫灰色〜灰色に変色した部分があればフザリウムで、その変色部分はすべて取り除かなければなりません。少しずつ茎上部に輪切りを進めていって青線のあたりまでに変色部がなくなれば、切り口に殺菌剤を塗布の上陰干しして、全く根ナシの状態で植えつけます。乾燥に耐えられませんので全体をポリ袋などですっぽり覆い、蒸れないようにほんの少しだけ空気穴をあけます。水はスプレーで葉水を夕方から夜に与えるだけ、、、
ミズゴケは乾き気味のまま、、、この環境で発根させられるかどうかですが、発根したとしても残る葉は2枚が良いところでしょう。そこから再スタートということになるんですが、
こんな手真をかけるくらいなら、花やさんの売れ残りの程度のよさそうな見切り品を買った方が良いくらいのものです。

また仮にフザリウムでなかったとしても、やはり切断だけで根無になりますから再スタートは上の通りで容易なものではありません。

赤線よりもっと下から切断をスタートする方法もありますが老化した茎を切断しても断面が病気なのか老化なのかわかりにくいのです。



ショックです。 - トミー 2014/05/21(Wed) 19:30 No.11652
ひろしさん、アドバイス重ねてありがとうございます。取り敢えず週末まではこのままにしておき週末にまた考えます。

現況報告です。 - トミー 2014/05/24(Sat) 06:30 No.11675
ひろしさん、おはようございます。バークの胡蝶蘭についてです。約1週間程水遣りをしていません。根の乾き具合をアップしました。写真1は、水滴がビニール鉢の内部についており水のやりすぎだと思っております。これはそのまま水を与えずにしておきます。別の鉢は水が足らないように思えるのですが・・・・。さて、黄色い葉の部分はフザリウムでしょうか??。アドバイスをお願いします。また、ミズゴケの2鉢について根を取り出してみました。根はやはり植え替えた時と変わらず成長していませんでした。3葉の方は、そのまま植え直しましたが、5?6葉の鉢の方は、空気にさらしたまま一日置いておこうと思っております。と言うのも黄色い下の葉がポロリと取れまして取れた茎の残部から液がでてきたので茎についている黄色い部分を全て取り除きました。乾燥させたほうがと思いそのまま外に出しています。いろいろ書きましたが、アドバイスをよろしくお願いします。


現況報告(水が足りない??) - トミー 2014/05/24(Sat) 06:31 No.11676
別の鉢です。


現況報告(黄色い葉??) - トミー 2014/05/24(Sat) 06:33 No.11677
大丈夫でしょうか?


現況報告(ミズゴケ) - トミー 2014/05/24(Sat) 06:34 No.11678
ミズゴケの根です。


現況報告(ミズゴケ2) - トミー 2014/05/24(Sat) 06:36 No.11679
葉っぱが5?6?枚のものです。


現況報告(ミズゴケ) - トミー 2014/05/24(Sat) 06:37 No.11680
そのまま外に出して乾燥させています。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/24(Sat) 18:20 No.11686
画像一枚目。まだ水分たっぷりですので、水やりしないでください。2枚目は乾いているように見えます。水やりが必要です。
画像三枚目
正常な黄変ではないですね。葉の寿命だとか、養分回収のために効率の落ちた葉を枯らす場合には、葉の先端部から、あるいは中央部から黄変が始まり、薄く縮みながら褐色に変色していきますが、葉元からの黄変は葉の基部に病気がある深刻な場合が多いです。フザリウムはその代表格で、続けて葉が黄変し、ぽろぽろ落ちるようだとフザリウム症の疑いが濃厚です。
ミズゴケ植えの葉が少ないほうはその処置以外の仕方がないと思います。
葉の多かったほう、ですが、 画像が小さくてよく分からないのですが生きた根がありますでしょうか? 色彩的には全部死んでいるように見えるんですが、、、それに株元の茎が腐敗しているように見えて仕方がないんですが、、、大きな画像を載せていただけるともっと判定しやすくなるのですが、、、

フザリウムでなくても、リゾクトニア性軟腐のようでもあるので生きた根がなければ腐敗部分を切り落とすしかない事態かもしれません。そうすると根がなくなるので、11649で書いたような処置が必要になります。


残念でした。 - トミー 2014/05/24(Sat) 19:12 No.11691
ひろしさん、こんばんは。水遣りの具合のアドバイスありがとうございます。程度がわかった気がします(´∀`)。3枚目の画像ですが、黄色い葉は本日手で触っていたら落ちました。明日にでもオーソサイドを塗ってみようかと思っております。さて、剥がした部分に塗ることでよろしいでしょうか?と言うのも根は水分十分ですので・・・。また、今後オーソサイドの塗るタイミングはどのくらいで、定期的に塗る必要性がありますか?オーソサイドの作り置きは可能ですか?毎回作り必要がありますか?(定期的に塗るのであれば)
さて、ミズゴケの胡蝶蘭ですが、葉の少ない方は茎を切断しましたところやはりフザリウムで茎の内部の周りが色濃くなっていました。残念ですね。もう一方の葉の多い胡蝶蘭は4葉までのところで色濃い部分が取れましたので期待薄ですが写真のとおり(単に差し込んでいるだけ)で様子見をしていきます。室内で毎晩霧吹きで葉っぱに水を掛けようと思っております。乾燥しないように・・・。ところで根に十分に水がある場合、葉っぱには霧吹きをする必要はありますか?葉が乾燥してきた場合には霧吹きが個別に必要ですか。



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/25(Sun) 22:29 No.11724
やはりフザリウムだったのですね。フザリウムは発症してしまった時点で手遅れというのが99%です。この掲示板に私がかかわってから10年くらいになるかな?それで救えたのがたったの一例です。

葉水は空中湿度UPの手段ですから鉢内の水分とは関わりありません。胡蝶蘭は夕方から夜間ガス交換のために気孔を開きますがその時の湿度が低いとその際に水蒸気を多量に失うことになります。根が十分であっても蒸散量が増えれば葉は水不足になります。
もともと葉の水の需要は高いのに着生という生態を選んでしまったために相対湿度の上がる夕方から夜間だけ気孔を開くCAM型光合成をして体内水分のロスを減らしてはいるのですが、原産地よりは湿度の低い日本ですから、いくらかでも環境湿度を上げるためにスプレーするということなのです。梅雨時のように熱帯亜熱帯なみの湿度になる場合葉水は通常の株には必要ありません。葉水が最も必要なのは冬季ですね。

根の無くなった株は100%に近い湿度がほしいですから夕方から夜間ポリ袋で覆って葉水を与える必要があるわけです。


了解しました。 - トミー 2014/05/26(Mon) 20:32 No.11741
ひろしさん。コメント有難うございます。根と葉の両方に水分が必要とのこと。早速、今晩から葉に水遣りします。ヽ(*´∀`)ノ。また、状況報告しますね。因みに本日、当地(中部圏)は雨でしたのでお外の胡蝶蘭は乾燥しておらず、(^-^)だと思います。室内の胡蝶蘭のみ水遣りたっぷりします。

現況報告です。 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:00 No.11844
ひろしさん、一週間ぶりですね。現況報告します。お外で育てている胡蝶蘭(5鉢)です。アップします。少しずつ新根も出て??いるように見えます。また花茎の部分に芽があるようですが・・・・。さてさて、そろそろ、液肥を与えても良いのではと考えております。○○社ハイグレード洋ランを購入してきました。(6−6−6)。別の液肥(6−10−5)もありましたが、こちらのほうが良いのかなと思い、購入しました。今後、6−10−5のものでも良いですか。6−6−−6を使った後、液肥を6−10−5に切り替えても問題ないですか?また、スタートはバーク植えですので2000倍で良いですよね。水遣りに混ぜて1週間に1回程度でスタートしたいと思っております。液肥やりは来週末から考えております。またアドバイスお願いします。


写真その2 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:01 No.11845
写真その2


写真その3 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:03 No.11846
写真その3


写真その4 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:05 No.11847
写真その4です、写真その1は水が少ないように思えましたので本日朝、水遣りしました。


写真その5 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:06 No.11848
写真その5です。次の写真は見にくいですが、花茎の所から芽が出ている???


写真その6 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:07 No.11849
写真その6


手術した胡蝶蘭です。 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:09 No.11850
手術した胡蝶蘭です。その1


手術した胡蝶蘭です。 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:10 No.11851
その2です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/01(Sun) 22:00 No.11864
液肥はバーク植えの場合、6:6:6のほうがバランスが良いのですが、洋ラン以外の草花にも使いやすいという汎用性という見地からすれば、6:10:5のほうが良いのですが。
リン酸が突出しているので厳密にいえば、2000倍より気持ち薄くして2200倍くらいでスタートしてください。

4と5は花軸を残してあったのですね。花軸を残しておくとそれだけで新葉の展開を抑制する作用があります。そして夏の高温期に花軸の芽が動いても花芽になるとは限りませんで、高芽になってしまうこともあるので、植え替えの際でなくても春に花が終わった株は花軸は株元近くで切り捨ててしまった方が結果が良い場合が多いのです。
さてその5の花軸の芽はどちらになるでしょう。リン酸が多いとはいえ窒素もしっかり配合されている液肥を施肥すると高芽(葉芽)になる可能性が高くなります。

手術したその2の株の断面の輪に見える導管部が紫灰色に変色していますが、これはフザリウムの症状です。
残念ながら助からないです。


再度、質問です。 - トミー 2014/06/01(Sun) 22:50 No.11867
ひろしさん。確認です、6:6:6の液肥でも2200倍くらいでスタートすることでOKですよね。(購入したのは6:6:6の方です。)また、花軸を残した件ですが此れからでも花軸を切った方が良いですか??
手術した株の件了解しました、残念です。ミズゴケの植え替えをしたのがいけなかったのでしょうかね??(バーク植えは、ミズゴケの件がありそのままにしております。)
それから、今日も気温は30度以上で熱く様子見をしておりました。夕方見たところ根の方は湿っていました。葉(裏)にはたっぷり霧吹きで吹きかけました。ヽ(*´∀`)ノ


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/02(Mon) 09:56 No.11869
あれ、勘違いしてました。
6:6:6ならバーク植えの場合2000倍でOKと思います。
倍率の算出方法はバーク植えの場合でNPKのそれぞれの数値を足して(18ですね)これに00を付け加えたものがスタート時の希釈倍率の下限、これ以上濃くしないで、という数値ですから2000倍を目安とすればよい、ということです。
成長最盛期ならその倍の濃度1000倍(900倍が下限)ということになります。
仮に6:10:5なら数値の計は21で2100倍が下限、多少の安全を見て2200倍とするという考えです。

花軸は現段階でも切除した方が株のためには良いかと思います。

ミズゴケ植えは根腐れしやすいという印象を皆様持たれているのには驚きなんですが(逆で弱った株を再生させるにはバークより数段優れている)、胡蝶蘭が着生蘭であることを理解せずに、さらに、開花している時期は成長休眠期なんですが、生態を理解されない方々は、地生の草花と同じように水を与えるから根が弱り、根腐れとなったり、病気に感染したりするののです。バークの場合、そんな水やりでも水持ちの悪さが幸いしてなんとか生き延びているという話なんですがね。
植え込み材料がなんであるかを問わず、「生き延びていはいるが弱っている」、この状態がフザリウムはびこる最大の理由だと思います。

30℃は暑いですね。葉に触れて熱く感じるようであれば葉焼けの惧れがあります。胡蝶蘭はCAM植物ですので、日中は気孔を閉じており、蒸散による自己冷却ができません。冷却は周囲の空気の流れに頼るしかない、効率の良くない空冷ですから蒸れないように注意が必要です。
根も高温には強くなく、熱のこもりやすいプラ鉢にバーク植えの場合、レース越しでも鉢に直射光が当たらないように工夫したほうが良いのです。
素焼き鉢表面からの水の蒸散による根の冷却が可能な素焼き鉢にミズゴケで植えていれば、あまり気にしなくてよいのですが。


ひろしさん、ありがとうございま... - トミー 2014/06/02(Mon) 20:35 No.11878
いつもコメントいただきありがとうございます。
液肥は2000倍からスタートの件、了解しました。
初歩的な質問ばかりですが、もう一つ液肥の与え方で質問があります。バーク植えの場合ですが、液肥はどのように与えるのですか?例えば、@茎下を中心に液肥を流して下からチョロチョロ出るくらいで良いでしょうか?Aそれともジャブジャブ溢れる位に与えた方が良いのでしょうか?B水遣りは液肥を与えた場合必要ですか?(その場合には水遣り後、液肥を与える形になりますよね。)
C花軸の切断は2〜3CMくらい残すことで良いでしょうか?
D次回は是非、ミズゴケ植えを育ててみたいと思っております。(今年は、バーク植えで育てて見ます。)
E現在、以前にご照会しました緑色のネットを利用して外で育てています。その上には、カーポートがありますので多少遮光になっているかな??葉焼け等がないように様子を見ながらしています。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/03(Tue) 09:42 No.11895
バークはミズゴケと違い、水分を吸収するためには時間がかかる、というかかけ流しただけではほとんど吸水しません。バークとバークの接点に多少の毛細管現象がみられるだけです。成長休止期はそれでも足りるのですが、成長期に入るとそれでは間に合わなくなります。
乾ききったバークをある程度吸水させるためには、20分くらいは鉢皿に腰水状態で毛細管現象で吸水させる必要があります。

成長休止期から成長期の切り替えのスタート時のやり方としては、鉢皿に20分ほどためたままにしておいて、20分後にさらに一度上から灌水して、鉢皿を外しておくのがベストと思います。
次の灌水ですが、葉の成長がしっかり見えている場合の水やりは、バークが乾ききる前に、バークの色が乾いて変わる前に、ポット内面の空隙部にに結露が見られなくなったら与えれば、腰水の必要がありません。上からかけ流すだけです。

施肥も灌水もやり方は同じ、施肥は灌水時の水が薄めた液肥であるということだけの差です。

ミズゴケ植えの場合に薄めの液肥を与えるのは、鉢がどんどん水分を吸い上げて蒸散するのでミズゴケ内部の肥料分が濃縮されるためなのですが、ポリポットの場合そのような現象はないので実効性ある濃度で最初から与えてOKということです。

当然水やり/施肥の頻度はミズゴケ植えより上がると思いますが素焼き鉢にミズゴケ植えと違って、灌水/施肥のときしか空気の入れ替えがないことを考えれば頻度が高まるのは空気の入れ替えも同時にするということで必要なことだといえます。

空気入れ替えの要素があるのですから、与え方はAです。施肥は灌水を兼ねます。灌水した後で薄めた液肥では安全には違いないですが効果が薄くなります。
花軸の切断はできるだけ短くですが、鋏の刃の背が葉や茎を傷つけない範囲でしてください。

成長の思わしくない株は素焼き鉢にミズゴケ植えで試してみてください。
カーポートの屋根はたいていポリカーボネイト製ですが、透明だと思っても15%くらいの遮光率はあるはずです。カーポートならクルマの塗装の紫外線焼けを軽減するためにUVカット着色(スモーク/ブラウン系が多い)してあるものもあり、場合によってはそのままでちょうど良いくらいの遮光率になっている場合もあります。
カーポートのメーカーがわかって仕様がわかれば遮光率がどれほどかわかる場合もありますが、、、
そのような紫外線カーカット仕様のポート屋根の下では紫外線が効率よくカットされすぎて、植物が紫外線カットのための色素づくりを怠って花の色がぼやける心配もあり得るのですが。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - トミー 2014/06/03(Tue) 21:14 No.11910
ひろしさん、大変詳しくご説明していただき誠にありがとうございます。今週末(週中は、仕事で忙しく帰宅も7時過ぎで日も落ちていますので、葉に霧吹きをするのみです。)に是非バークを吸水してみます。液肥を上からジャブジャブかけて鉢の受け皿に貯まるまでして20分程度置いておきます。その後再度、上から灌水しますね。ひろしさんのおっしゃる通り、なんか乾きが早い気がしていました。ひょっとすると1週間に2回ぐらい本当は灌水が必要なのかもしてませんね。この時期は・・・・。よーく、根の色を観察し乾きすぎないように注意が必要ですね。自分で見た感じですが、お外の胡蝶蘭の葉っぱ
は硬くピントはっている感じです。できれば明日に花軸の切断しようかと思っておりますが、・・・週末の液肥やりとは特段関係ないでしょうか?(日数が近すぎるとか??、植え替えすると3〜4週間は液肥等は与えないことと言われますよね。)
カーポートの屋根の件も重ねて情報提供ありがとうございました。カタログを調べましたが遮光率とは出ておらず、UVカットにはなっているようです。このまま様子を見ます。
最後に、ミズゴケ植えの方が良さそうですね。今思い出したのですが、ミズゴケにも使用期限があるのですか??この前使用したミズゴケは、いつか分からないですが、両親のところに置いてあったみずごけを使用したものですから・・・。


ひろしさん、おはようございます... - トミー 2014/06/04(Wed) 05:51 No.11915
今朝、出勤前に花茎を切断しましたよ〜。
ところで、バークの植木鉢を壁に引っ掛けてお外に出していますが風というか揺られて少しですがバークが下に落ちています。形状からして落ちやすいのはわかりますが・・・。(表面的ですが少なくなっているような??)さて、バークは追加で与えても良いのでしょうか??ミズゴケであればこのようなことはないですよね。(=しっかり押し込んでいますので・・・)


梅雨に入りました。 - トミー 2014/06/04(Wed) 20:36 No.11924
当地(東海地方)も本日梅雨に入りました。これから、☂が続きうっとおしい日々が続きますが、胡蝶蘭を育てていく上でアドバイスをお願いします。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/04(Wed) 20:46 No.11925
吊鉢にするなら、やはりミズゴケが良いですね。
揺れても、さかさまにしても大丈夫ですから。

ミズゴケの良しあしは見ただけではわかりにくいですね。
まず、ミズゴケの種類にもよりますが、太くて長いものの比率が高いものが良いものですが、乾燥しきっているように見えても弾力のある、新しいものが良いのです。
同じ産地の同じグレードのものでも古くなるとぱさぱさになり細かな屑が増え、長いものでも痩せますし、切れ切れになりやすくなります。
できれば在庫回転の良い店で買うことをお勧めします。購入して5年もおいておけばもう植え込み材料としては使わないほうが良いくらいに劣化しているでしょうね。封を切って開けたものを長いこと放置しておくと乾いているようでもかび臭くなります。カビも悪影響のないカビもたくさんあるのですが、病原性のものが紛れ込む確率も高くなりますから封を切って1年以上放置しないようにしましょう。


いい湯だな。 - トミー 2014/06/07(Sat) 11:45 No.12060
ひろしさん、こんにちは。本日始めて液肥を与えました。(写真その1)杓の中に液肥を入れて腰水状態にしました。そうしたら、何か胡蝶蘭がいい気分になっているように思えて、思わず”いい湯だな。”って言葉が出てきました。写真その1の上部には若い葉がピンと伸びています。(2週間くらい前は弱々しい感じでヒョロヒョロと伸びていましたが・・・)。写真その2、その3も小さいですが若葉が出ました。嬉しいです。少しずつ成長が見られることで育てがいを感じています。言い忘れましたが液肥は2000倍でスタートしました。液肥は来週も与えた方が良いででょうか?(それともバークの乾き具合=水やりのタイミングで与えた方が良いでしょうか。その際もしかすると1週間待たずに与えることになることもありますが・・・。)液肥と水やりのタイミングをお教えください。



いい湯だな。 - トミー 2014/06/07(Sat) 11:46 No.12062
写真その2 若葉その2です。


いい湯だな。 - トミー 2014/06/07(Sat) 11:48 No.12063
写真その3 若葉その3です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/07(Sat) 19:56 No.12086
施肥と施肥の間に一回普通の水やりを挟んだほうが良いです。

施肥(2000倍)の次は水やり、その次は施肥2000倍、その次は水やり、、、というペースで施肥、水やり交互にしていきます。葉の成長が佳境にはいったら1000倍までは濃くできますが、水やりと交互という原則は当分守った方が良いです。



いい湯だな。その2 - トミー 2014/06/07(Sat) 21:02 No.12087
ひろしさん、了解しました。次回はバークの乾き具合や根の乾き具合を見ながら水やりをします。ところで、バークの湿り具合ですが、20分も液肥(水)につけると持続がすごいですね。今まで上からジャブジャブと水やりをしていましたがこんなに湿り具合が持続するとは・・・・。ビックリです。これで根も深緑色が以前よりも継続するものと思います。

1週間ぶりです。 - トミー 2014/06/14(Sat) 08:35 No.12584
ひろしさん、1週間ぶりです。
我が家の胡蝶蘭は元気に育っております。写真1は、水が足りないですよね。本日1週間ぶりに水遣りをしました。約1分弱水遣りをしました。それで根がやっと深緑色になりましたよ。写真2は、ビニールポットがパンパンと張っている感じですがこのままで良いでしょうか?(植え替える必要がありますか?)写真その3は、新根、新茎どちらでしょうか?



1週間ぶりです。 - トミー 2014/06/14(Sat) 08:36 No.12585
写真その2です。


1週間ぶりです。 - トミー 2014/06/14(Sat) 08:37 No.12586
写真その3です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/14(Sat) 12:30 No.12610
その2は確かに根の張りが良いですね。一回り大きなプラポットに鉢増し(根鉢をあまり崩さす、周囲に新しいバークを詰める)したいところです。1もそろそろ、というか鉢内に回らず外に出ているので同様に鉢増しで露出している根はポット内に収められたら収めることにしてはいかがでしょうか?
その3は根だと思います。


こんな感じ??になりました。 - トミー 2014/06/15(Sun) 06:14 No.12684
早速、一回り大きなプラポットに植え替えしました。透明なプラポットでこんな大きなものは市販されていませんでしたので、前回のミズゴケの胡蝶蘭でいただいたものを流用しました。もう一つ根が露出しているのも植え替えしたいのですが、大きさを確認(持ち歩き)するために使用しないでもう少し持っていたいと思っております。これ以上の大きさになると透明プラポットはあるのかな?? ところで、鉢の底にバークを少し詰めたら上がすこし出てしまいました。現状の根の状態でその周りにバークを詰めましたが、なかなか詰にくいですね。少ししか詰められませんでした。気持ち分くらいです。でも、胡蝶蘭自体は大きなプラポットで喜んでいることを期待したいです。左のプラは、今まで使用していたものですが、写真では大きさの比較はできませんよね。(透明プラはインターネットで販売されていますよね・・・)


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/15(Sun) 18:16 No.12718
透明ポットはネット検索すれば出てきます。
主に生産者向けなのでロットが100個と大きいのがたまに傷、ですが。半透明プラ鉢なら10個/1ロットでOKのようです。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/16(Mon) 10:28 No.12770
上げます

本日液肥を与えました。 - トミー 2014/06/21(Sat) 10:24 No.13097
こんにちは。
本日液肥を与えました。写真1は、前回根が外に出ていた鉢ですが鉢のサイズアップをして根をポットの中に入れました。気が付いたらまた、葉っぱが出ていますね。嬉しいです。写真2も新葉が成長しています。ところで、写真2の新根が出てきていますが、新根が出るとその下の葉は次第に枯れる運命なのでしょうか?また新根は先端が少し茶色い色をしていますが、その部分は手などで触れないほうが良いのでしょうか?写真3・4も順調に育っていると思います。さて写真5ですが一番下の葉ですが、葉の張りがなくこれはこれから萎んでいくのでしょうか??様子見ですね。それと私の胡蝶蘭も少しですが葉が切れている鉢があります。接着剤の件、参考になります。いろいろな方が掲示板にアップされていますので本当に助かります。最後の写真は、今日は降水確率も20〜30%で酸性雨は期待していないのですが、いつもの遮光ネットから移動させました。プチ遠足???。しかしながら、期待も外れて日が差してきて急遽元の遮光ネットに戻しました。トホホ・・・・。



写真その2 - トミー 2014/06/21(Sat) 10:26 No.13098
写真その2です


写真その3 - トミー 2014/06/21(Sat) 10:27 No.13099
写真その3です


写真その4 - トミー 2014/06/21(Sat) 10:28 No.13100
写真その4です


写真その5 - トミー 2014/06/21(Sat) 10:29 No.13101
写真その5です


写真その6 - トミー 2014/06/21(Sat) 10:30 No.13102
写真その6です


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/21(Sat) 22:25 No.13105
その2、その3、その4とも元気ですね。
新根は時として生きている葉の上からも出ますが、これは胡蝶蘭の持っている性質ですから如何ともしがたいです。お察しのように根の下になる葉は早晩寿命がくる葉の場合が多いのは事実です。けれども個体によっては上部から根が出た後も1年以上枯れ落ちずにいる場合もありますから、あきらめるのは早いです。とはいえ、新葉がどんどん出ている場合の一番下の葉の寿命がくるのは致し方がないことと考えた方が良いのも事実です。
5の画像ですが、画像が全体に小さいので葉の質感があまりつかめないので、寿命が近づいているのかどうかの判断はこの画像からは私にはできないです。こんなに小さくなくてもUPできますからこの3倍くらいのピクセル数でお願いします。できれば全体像もUPください。

接着剤の件は実は本欄でお問い合わせいただいた方から助言を求められて逆に教えてもらったものです。我が家には猫もいるしそそっかしい人間(私)もいますので棚から鉢を落とすことはままあることなので、使用実績はかなりできましたが、今まで薬害は一度も出ていません。


追加でアップします。 - トミー 2014/06/22(Sun) 07:21 No.13106
前回の写真その5のピクセル数を900にしまして再度掲示します。(前回まで300でしていました。)また、全体像をお送りしますね。真ん中の葉は見ての通りガチガチの硬さですが、両側の下の葉っぱと左の葉っぱが柔らかいというか・・・。前回の写真に取った葉っぱは因みに左の一番したの葉です。昨日は日中は雨が降らずじまいでしたが、昨夜から今朝にかけて雨がしとしと降っています。そんなに多くない雨です(雨水を貯める桶(漬物桶を流用)に5CM程度増えた位と思っております。今朝は雨が降っている中で撮影しました。


追加でアップします。 - トミー 2014/06/22(Sun) 07:27 No.13107
全体像です。雨の中で胡蝶蘭も喜んでいるかな?。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/22(Sun) 22:46 No.13116
拡大されて画像を見ての判断です(このくらいになると葉の表情も読めます)が葉のはりがないといってもそんなにすぐに寿命になる状態ではないですよ。
少なくとも今年の秋まではしっかり働くと思います。


少し安心しました。 - トミー 2014/06/22(Sun) 23:46 No.13117
ひろしさん。ありがとうございます。このまま可愛がっていきます。また、1週間後に進捗状況をご報告しますね。追伸:ところで花茎は、いつごろでてくるのでしょうか?少し気が早いですね。では、失礼します。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/23(Mon) 13:50 No.13122
花茎が上がるのは、成長が止まってから1〜2か月経過したあたりです。晩秋から初冬にかけてが多いですね。


了解しました。 - トミー 2014/06/23(Mon) 21:30 No.13125
我が家の胡蝶蘭も今年花茎ができますでしょうかね。(可能性はありますか?)その前に、害虫と冬場を超えないといけませんね。まだまだ難関がありそうですね。今後もアドバイスをよろしくお願いします。(毎晩、霧吹きをかけているおやじです・・・。)

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/23(Mon) 22:06 No.13126
胡蝶蘭は葉が4枚あれば開花可能です。ですから可能性は高いですよ。夏越ししてからの話ですが。

昨晩から雨が・・・ - トミー 2014/06/28(Sat) 06:37 No.13151
予想的中。雨が降るものと思い、昨晩から外に出して置きました。これで本日の水遣りは終了。本日も雨状態が続くものと思いますのでこのまま外に出しておきます。この時期、新葉・新根の成長が著しいですよね。嬉しい限りです。それから、開花は葉は4枚でOKとのこと了解です。夏越し対策についても教えてくださいね。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/30(Mon) 10:33 No.13172
夏の高めの気温は仕方ないのですが、戸外の空気の流れのあるところであれば夏越しは容易です。家の北側戸外など直射光が当たらず(当たっても朝日だけ)風雨の当たるところが一番良いと思います。ハンギングにしておけばナメクジやダンゴムシの被害もほとんど受けませんね。

雨の季節かな。 - トミー 2014/07/03(Thu) 22:27 No.13219
当地中部地方も本日から3日間曇りのち雨が続く天気予報で本日は、昼前からのしとしと雨でした。そのため、出勤前に雨に晒そうと思い胡蝶蘭の鉢を外に出しました。ところで、胡蝶蘭の育ちにとっては自然体が一番良いと思っており3日間雨であってもそのまま晒して置いて良いですよね。また質問があります。@酸性雨と液肥とでは酸性雨の方が胡蝶蘭にとって良いのでしょうか?(雨が降らなければ今週末に液肥を与えようと思っておりましたが、液肥を与えるのは来週に引き伸ばした方が良いでしょうか?)

初めまして - ru(^^)mi 2014/07/03(Thu) 22:53 No.13220
ru(^^)miと申します。
毎日、よくお世話されているようですね。私も初めての事で毎日、せっせと観察しております。お互いに頑張りましょう!


こちらこそ - トミー 2014/07/04(Fri) 05:28 No.13221
ru(^^)miさん、私も駆け出しの胡蝶蘭初心者です。今後もよろしくお願いします。ru(^^)miさんの掲載記事も十分に参考になりかつ楽しみに見ております。ひろし先生に感謝です。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/07/04(Fri) 09:23 No.13222
雨であれば3日間雨に濡れた状態でもOKです。
えーち今は梅雨前線の雨ですね。通常の梅雨であればそんなに雷雲が発生しないので硝酸濃度はほとんどないのですが、今年の梅雨の気圧配置はちょっと変だし、先日は首都圏で降雹がありましたから意外に活発な上昇気流もありそうで雷もありそうですよね。
落雷がなくても空中の雲同士の放電でも窒素酸化物ができますから水滴に溶ければ硝酸となり、これが降ってくれば窒素肥料となります。
おまけに最近では中国起源の二酸化硫黄なども含まれます(水に溶けて亜硫酸)から制菌成分まで入っているということで根腐れも起こしにくい。ただ濡らしっぱなしは根が楽をするので根の成長は悪くなりがちですから長雨に当てるのは避けたいですね。
雨に一度当てたら施肥一回分の半分くらいの肥効はあるでしょから次の施肥をいつもの施肥より濃度を下げて4000倍にするとかの配慮はした方が良いでしょう。


お邪魔します - ru(^^)mi 2014/07/04(Fri) 18:20 No.13226
概ね、3日間も続けて雨に打たれて良いのですね。根腐れの心配と成長の阻害、親心が尽きません。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - トミー 2014/07/04(Fri) 21:01 No.13233
今朝、雨の予想と思っておりましたら、東の空から日が差してきましたのでこれはと思い、車庫の中に入れて出勤。帰宅途中にまたぱらぱらと雨が再開しましたので今夜もお外に出しました。隠居の身であれば十分に可愛がれるのですが・・・。自分では程よい湿り気ではないかと思っております。(実際に1週間で水遣りは1回程度ですので普段は足らないのかも・・・)やはり、胡蝶蘭にとって雨は適量であれば効果が大きいということ了解しました。また、液肥の濃度調整の件も了解しました。(コメントを見るまでは、雨は液肥と同じくらい効果があり、液肥を与えることを1回お休みするくらいかなと考えておりました。)
ru(^^)mi さん、本当にそうですね。成長過程を見ていると可愛いいですよね。明日は週末、時間がありますので少し観察してみたいと思います。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/07/09(Wed) 23:19 No.13254
胡蝶蘭の根は乾かさないといけないのではなくて酸素呼吸をできる時間がないといけないという表現が正しいのです。雨水には酸素も多量に溶け込んでいるので雨だとOKです。バークの中粒のように隙間の多い植え込み材料だと水道水でも勢いよく与えれば隙間部分で空気が新鮮なものに入れ替わるので、根腐れのリスクは低いものです。水が滞留すると雑菌も増えますし、ろくな結果にはならないのですが。

ワイルドだぜ! - トミー 2014/07/12(Sat) 11:00 No.13260
ほぼ1週間ぶりです。前回報告しました雨水に当てましたところ結構どろこんこのように葉っぱがなりました。野生化しているといった感じでしょうか???。多少の泥はつけておいても良いですよね。さて、当地は台風の影響は横を通ったという感じで影響がなかったのですが、心配して胡蝶蘭の鉢を全て掲示板の写真のように玄関の靴箱に引っ掛けて対応しました(過保護ですよね)。本日、週末で久しぶりに液肥の水遣りをしました。雨水を先週もらっていますので若干ですが薄めでやりました。そんなところ根も1本の根から枝分かれしていました。初めてでしたので写真撮影。これもワイルドかな?。
みなさんのところ台風の影響はなかったですか?無事でしたら幸いです。



ワイルドだぜ!その2 - トミー 2014/07/12(Sat) 11:02 No.13261
栄養が良すぎるのかな??


凄い! - ru(^^)mi 2014/07/12(Sat) 11:56 No.13262
13261の根は凄いですね!1本の根に新しい根がこんなに沢山付くんですね。私は10鉢管理してますが、こんな根はありません。目視できない鉢の中はこんな感じかも知れませんが。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - hiroshi@小南部 2014/07/12(Sat) 17:44 No.13264
熱帯雨林の泥だったら問題ないのですが(貧栄養で雑菌も少ないないので)、日本の土壌の泥は有機物に富んで富栄養なので雑菌も多いですから、できれば洗い流しておいたほうが良いですよ。
一本の根からこんなに脇根を出すのは珍しいですね。根の成長を促す環境ホルモンでも雨に溶け込んでいたのでしょうかね。


2週間ぶりです。 - トミー 2014/07/26(Sat) 10:51 No.13311
みなさん、ご無沙汰しております。
2週間ぶりです。目新しいご報告もなくアップできずにいました。(良くもなく悪くもないことはいい事ですかね?)さて、当方の5鉢は、著しい成長も見られませんがなんとか成長しているのかなって感じです。新葉がまだまだ生えてきていますね。葉っぱの数も増えてきたようです。本日液肥入の水やりををしました。(最近、暑いですので1週間に2回(水曜日と週末)に水やりを実施しています。←回数は少ないですか?)それから、本日2鉢の鉢替えを実施しました。園芸業者出荷時のポリ鉢ではパンパンになり、新根がポリをやぶって出ていました。(当方では、鉢を引っ掛けるために鉢自体をもう1つポリの中に入れておりますので、そこから出さないと根の状況がわかりません。=前回等の写真を参照してください。)この夏の時期に気をつけなければいけない点をアドバイス願います。では、みなさん暑いですのでお体ご自愛を・・・・。



2週間ぶりです。 - トミー 2014/07/26(Sat) 10:53 No.13312
2鉢目です。

2週間ぶりです。 - トミー 2014/07/26(Sat) 10:54 No.13313
もう1回、2鉢目です。ごめんなさい。


2週間ぶりです。 - トミー 2014/07/26(Sat) 10:55 No.13314
3鉢目です。


2週間ぶりです。 - トミー 2014/07/26(Sat) 10:58 No.13315
4鉢目です。バージョンアップした鉢です。この鉢いっぱいまで成長して欲しいです。(これが一番大きな鉢だった気がしますが・・・・)


2週間ぶりです。 - トミー 2014/07/26(Sat) 11:01 No.13316
最後の5鉢目です。ひろしさん、掲示板の記事をそろそろ分割した方がよいですか?(返信のまま続けて良いですか?)


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - hiroshi@小南部 2014/07/26(Sat) 20:26 No.13317
画像があまりおおきくないので肝心の根の状態はわかりにくいのですが、、、葉の状態で見れば何も問題なさそうです。むしろ気になったのは「鉢替え」です。根が成長中ならできないことはないのですが高温期ですので傷から腐れが入りやすい傾向があるので、できれば根をいじるのは避けたい時期でもあるのです。元気な株であれば気にするほどのことでもないのかもしれませんが。

新規のコメントを探すのにたくさんスクロールしなければならないですが、栽培状況の全体像がつかめるのでそのまま返信でお願いしたいです。


頑張ってます。 - トミー 2014/08/01(Fri) 06:23 No.13351
写真をご覧ください。(わかりますか、中央の蛙です。)
本日朝、発見しました。周りにはいっぱいいるのですが、こんな所まで登ってきたみたいです。(高さ1M強あります。)また、斜めにもかかわらずへばりついています。朝の一コマでした。



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/08/01(Fri) 11:39 No.13352
アマガエルなんでしょうね。アマガエルがたくさんいるということは、かつて田んぼだった場所とかの湿度の高い場所なんでしょうかね、、、それで風通しが良くて間接光線で明るい場所なら胡蝶蘭は良く育つはず、、、
私の親戚の家で田んぼを埋め立てた場所に建てた住宅では夏になると玄関の引き戸の垂直な面に何匹ものアマガエルがへばりついていることがあります。ガラス戸なので照明が漏れて虫が集まるのでその虫を待ち構えているわけなんですが、、、かわいいですね。


液肥与えました。 - トミー 2014/08/02(Sat) 08:30 No.13354
本日、朝液肥を与えました。先日植え替え(そのまま根をくずざす入れたものですが・・・)2鉢アップします。一番小ぶりの胡蝶蘭ですが、やっと新芽が出てきました。根の水分の吸収も遅いのかな?幾分か湿っていた感じです。鉢ごとに特徴がありますので一筋縄ではいけませんね。それと前回の続きですが別の鉢にまた蛙がこちらを見て様子を伺っていましたので随分接近しても逃げずパチリと撮りました。水遣りのため蛙さんには少しの間退いていただいました。(水遣り後鉢を吊るしもどしたところ戻って来ていました。)蛙さん邪魔してごめんね。


液肥与えました。 - トミー 2014/08/02(Sat) 08:31 No.13355
鉢その2です。


液肥与えました。 - トミー 2014/08/02(Sat) 08:33 No.13356
可愛いですね。


液肥与えました。 - トミー 2014/08/02(Sat) 08:35 No.13357
何もしないから睨まないで、蛙さん。(邪魔しましたね)ごめんなさいね、退かして。「戻ってきたことに感謝しているトミーでした。」


いつもの居場所バージョンアップ... - トミー 2014/08/03(Sun) 17:48 No.13360
いつも吊るされてバークがポロポロ落ちて気になっていましたが、やっと平台が安く見つかり購入。これで鉢が落ちることの心配もありません。今回、多肉植物、他植物、玉ねぎと同居。まだまだスペースありますね。これからまた胡蝶蘭の鉢を増やそうかな。企んでいるトミーでした。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/08/04(Mon) 18:13 No.13372
その後の生育は順調ですね。わたしもほんちょっとサボテンをやってますが、コチョウランとサボテンておなじCAM植物なんですが、取り合わせて栽培するあいてとしては相性があまりよくないですね。

玉ねぎは芽が出てしまうのでは?


地べたに鎮座?? - トミー 2014/08/09(Sat) 10:04 No.13403
こんにちは。ビニールポットを吊るしているのではなく置くようになって下部はどっかりと安定してきた感じがしております。今日は雨のため、水遣りはせずにそのままお外に出しました。葉っぱも根も順調に育っているようです。でも ru(^^)miさんのアップを見ていると羨ましい限りです。 僕のところは次期はどうかなって思っております。ところで、質問です。今のプラポットも今後パンパンになってくると思いますが、古い根(茶色い死んだ根)もありますのである時期に根の整理が必要ですよね。また教えてください。PS:写真後方に写っているのは、枝豆の苗と長ネギです。趣味で家庭菜園をしています。枝前とビール良いですね。食べるのが待ち遠しいトミーでした。台風接近中、皆様お気を付けください。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/08/09(Sat) 20:33 No.13406
成長はいまのところ順調のようですね。
雨の中地べたにべた置きするとナメクジやダンゴムシの侵入の惧れが高い気がします。ポット内に居つかれると厄介ですからやはり吊蜂のほうが安全なんですが、、、


おじゃまします - ru(^^)mi 2014/08/10(Sun) 08:23 No.13407
こんにちは。こちらは台風がかなり逸れてくれたので殆んど影響はありません。今は小雨が降ってるくらいです。
4月末に植え替えをして素焼きに移し代え、水や水肥の与え方を学習したくらいで観察を続け、たまたま花芽がでただけです。勿論、ひろしさんの教えが無かったら戸惑っていたと思います。ただ今迄結果的に良かったんだと思える事は、風通し。陽当たり。は、コンクリートスラブの上ながら恵まれていたような気がします。
やはり、開花が本来の時期ではないので、花茎の背丈が足りない?まだ開花してませんが小振りな花になる気がしています。
ほぼ毎日、これから先どうしたらいいのか?悩んでおります。転ばぬ先の杖が出来たら良いのですが。真冬が心配でなりません。
トミーさん、お互いに頑張りましょう!


了解しました。 - トミー 2014/08/10(Sun) 08:27 No.13408
地べたからの害虫の侵入もありとのこと。では、カーポートの端から以前に使っていた吊鉢用の道具を使いますね。(因みに今回は台風の影響で雨が強く2〜3時間程度で引っ込めました。)今朝、鉢の様子を見に行ったら鉢受けに蟻んこがいました。1.5M程度の高さのパイプラックまで登ってきたのだなと関心すると同時に胡蝶蘭には蟻にとって美味しいものがあるのでしょうかね。(それとも、昨日の地べたの時に蟻さんが登ってきたのかな??)蟻は有害ですか??

Re: おじゃまします。 - トミー 2014/08/10(Sun) 08:37 No.13409
ru(^^)mi さん、コメントありがとうございます。台風は隣の県で避難警告が出ています。(当地中部地区です)雨・風も少しづつですが強くなってきてます。本日は外出を控えるつもりです。ところで、貴殿の胡蝶蘭にとって風通し・日当たり・育成環境等すべて整った感じですね。先を走っている先輩としてこれからもコメントを見させて頂きます。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/08/11(Mon) 15:16 No.13417
蟻は非常に計算高い昆虫で、何か得になるものがなければ集まりませんが、アブラムシを養うタイプでなければ無害と考えてよいです。樹木や多くの植物は葉を食害するチョウやガの幼虫が嫌う蟻のために葉にも蜜腺を用意して積極的に蟻をあつめます。それでも集団で食害するガの幼虫にはかなわないのですが。

大変です。 - トミー 2014/08/16(Sat) 06:39 No.13453
今朝、液肥を与えようと思い見たら、若葉が、食べられていました。誰だ食べたのは。何かすることは有りますか?(昔、よく空に揚げたゲーラカイト(凧)の目玉のようです。) 追伸:今も液肥(6:6:6)を2000倍で与えていますが引き続き濃度は同じで良いでしょうか?


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/08/16(Sat) 10:59 No.13455
まだ葉が2つ折りの時に食われたんですね。この食痕はダンゴムシ・ワラジムシのものではないですね。ナメクジでもない、、、まてよ、、、穴の周囲が黒くなっていることから部分的に雑菌が繁殖して貫通してしまったあるいは濃い薬剤やアルカリでの細胞の壊死があった。可能性も0ではないですね。その場合でも折り合いはついたようですからこれから広がる恐れはないでしょうけれど。

念のため、貫通孔周囲に殺菌剤を塗布しておけばよろしいのではないかと思います。

葉の成長期ですから施肥濃度はOKと思います。


まあまあかな。 - トミー 2014/08/30(Sat) 10:11 No.13574
随分アップしませんでしたので、下の方にいましたが、週末になりアップします。まあまあの育ちですかね。ところで、写真1:張りが強いのか真ん中から裂けていますね。葉先等の裂けはよく見るのですが・・・・。写真2:前回アップしました葉が食べられていた?その後です。状況的には良さそうです。いつ家の胡蝶蘭は花茎が出るかな?楽しみにしていますよ〜。


写真2 - トミー 2014/08/30(Sat) 10:13 No.13575
写真2です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/08/31(Sun) 17:44 No.13579
展開当初に被害に遭った葉もその後は順調に育ったようでほとおしました。
裂けた葉の断裂面は白く乾いていますし、とくに問題はないでしょう。
花軸が見えるのは通常は葉の成長が止まって一休みに入ってからのケースが多いです。


出てきましたよ。ru(^^)mi さん - トミー 2014/09/13(Sat) 10:22 No.13643
みなさん、こん**は。ご無沙汰しております。胡蝶蘭も私個人も元気??可もなく不可もなくという感じでしょうか。さて、当地においても朝晩涼しくなりました。葉・根への水遣りも雨振りの具合とかを見ながら止めたりしています。本日、久しぶりに根への水遣りを実施しました。根の色を見ていても真夏ほど乾いていないですね。さて私の胡蝶蘭の現況をアップします。数日前に気がついていたのですが、一番下の葉が落葉しました。病気ではなさそう??取り敢えず、写真を2枚(その物と落ちた後の茎の部分)撮りました。その他の胡蝶蘭は元気ですね。葉が大きな胡蝶蘭は鉢が安定せずに倒れますので支柱から引っ張っています。もう少しこのままの状況(外に出す)ことで良いと思いますが、今後どのような気候になりましたらどうしたらよいかアドバイスください。(尚、当地も寒くなりますので今のラック(写真にもありますが)ここにビニールを巻いてビニールハウスもどきを作ろうかと思っております。-家内は蘭を家に入れると家の中が狭くなるのでと申しております・・・))PS:ru(^^)mi さんメールありがとうございました。順調に育っていますね。私も花が咲くことを夢見てがんばります。



その2 - トミー 2014/09/13(Sat) 10:27 No.13646
落葉した箇所です。


胡蝶蘭その1 - トミー 2014/09/13(Sat) 10:29 No.13647
その1です。


胡蝶蘭その2 - トミー 2014/09/13(Sat) 10:30 No.13648
その2です。


胡蝶蘭その3 - トミー 2014/09/13(Sat) 10:31 No.13649
その3です。


胡蝶蘭その4 - トミー 2014/09/13(Sat) 10:32 No.13650
その4です。


胡蝶蘭その5 - トミー 2014/09/13(Sat) 10:33 No.13651
その5です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/09/13(Sat) 21:51 No.13657
落葉は薄くなってしわしわになってのもののようですから心配はいらないと思います。
他の株も元気そうですよ。

冬寒くなるとのことですが、お住まいはどのあたりなんでしょうか?


ひろしさん。返事ありがとうござ... - トミー 2014/09/14(Sun) 11:01 No.13666
当地(愛知県)でも西の方で、岐阜県・三重県との県境です。この地は、伊吹おろしとか・養老山脈からの冷たい風が吹いてきます。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/09/14(Sun) 21:10 No.13668
大垣のちょっと南側ということでしょうか、、、東海道新幹線の冬の難所、関ヶ原にも近いんですね。積雪のない名古屋をでてからほんのちょっとで積雪はおろか吹雪の関ヶ原越えとなって驚いたことがあります。
うむ、だとするとハウスには加温設備が不可欠ですね。関ヶ原は風の通り道でもあるので降雪も多いのでしょうけれど養老あたりなら伊吹おろしにしても養老おろしにしても山越えの風ですから日差しはマシなんだろうと思いますがビニルを複層にしても断熱効果はたかが知れてます。


ru(^^)mi さん 、羨ましい限りで... - トミー 2014/09/15(Mon) 07:19 No.13675
最低気温20℃。いい環境ですね。胡蝶蘭を育てるには。それからひろしさん、15℃位までが外で育てられる件、了解しました。加温設備とはどのようなものでしょうか?また、お教えください。因みに家の中でも真冬ですと朝起きる時の気温は一桁台となっていることもあります。寒いですよ。ところでひろしさんのお住まいも東北地方で保温設備をお持ちなんでしょうね。

こんにちは。 - ru(^^)mi 2014/09/15(Mon) 09:43 No.13676
お邪魔します。そうなんです。今日の最高気温は28℃まで。こちらは九州、福岡県なのでそちらに比べれば少し暖かい?緯度はさほど変わらない気がますが、気温はその土地が日本海側、大平洋側か。山の麓か海の近くかなどで随分変わってきますもんね。
私も5月から始めてますので、胡蝶蘭にとっての冬の厳しさを知りません。夏は、寒いのが嫌いなのでクーラーは使いません。扇風機です。冬はカーペットと電気ストーブです。電気ストーブはよほど寒くないと使ってないので胡蝶蘭にとっては過酷な、冬になりそうです。
今は会社に胡蝶蘭を置いてますが、暖かいのか寒いのか全く解らない常態ですし、自宅も私が過ごしていない部屋以外はかなり寒いと思います。
そろそろ、どこの場所で冬をやり過ごすか決めなくてはなりません。最低最高温度計の購入をして準備をしなくてはなりません。
これからいろんな知恵を、ひろしさんにお訪ねしようと思ってはいますが、場所や資金面など悩む事が多いです。10鉢もあること。欲張ってしまったことも今となっては悩みの種です。
トミーさんはどんな場所で育てる予定ですか?


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/09/16(Tue) 18:56 No.13688
私は4年前に自宅を新築するときに住宅の一部に2坪ほどの専用の栽培室を作り照明はタイマーで入り切りが自動です。床暖房ですがこちらは全自動というわけにはいかないので、一定温度に保つのであれば自動運転は可能なのですが、昼は温度が上がり、夜は温度が下がる環境を自動運転は難しいので、床暖温水の温度と流量をその日の天候と予想最低気温から決めて調整しています。
熱容量が大きくなるようにコンクリートスラブを厚く東、南、西の採光で窓は二重ガラス、天井は断熱材入り、換気は常時換気扇を回しています。外気温がマイナス10度でも明け方最低気温+10℃になるような調整ができます。
高断熱住宅の一部で北側の壁が熱容量が大きい設計としているので熱安定が良いのですが、、、
戸外でビニルだけの外気との遮断だけであれば、どの程度の熱量のストーブがいるのかは外気温との相談になるでしょうが、小型のストーブをつけっぱなしにするくらいの発熱量が必要でしょうね。電熱ではとても間に合わないでしょう。ご近所にある農家のビニルハウスが参考になるとは思いますが、胡蝶蘭でなくても愛知県東部にはラン農家があるはずです。
30鉢はそこらだったら絶対に家の中で冬越しさせるほうが良いと思いますが、、、


ru(^^)miさん、ひろしさんコメン... - トミー 2014/09/17(Wed) 22:50 No.13697
まずもって、お外で育てると設備も大がかりになり費用も掛かりますね。もう一度、家の中で育てられるように家内に交渉する必要があります。家で育てる場合、例えばダンボールの中にタオルを引きつめて保温し、日中は縁側でカーテン越しに日を当てるようにすることをしようかと思っております。また、時間があれば近隣の花屋さんに行き育て方を聞いてみてもよいかなと思っております。冬越しは難関だー。ではまた。

こんばんは - トミー 2014/09/18(Thu) 21:31 No.13702
私の帰宅時の家内との一コマ。
いつも帰宅時に霧吹きを持って玄関で待っている家内から、
「お父さん大変、猫が棚の上に登ったみたいで、胡蝶蘭の鉢が倒れていたよ。様子を見て」
自分「猫が登ったの?へー」「大丈夫そうだよ」
家内「いつも家庭菜園を荒らしている猫だと思うよ。黒猫」
自分「へー。何の理由で登ったのかな?」猫も好む胡蝶蘭でした。
   明日の朝、再度様子を見てみようと思っています。
一応、家族同様に気にされている胡蝶蘭でした・・・・。


これで冬越え出来るかな? - トミー 2014/09/21(Sun) 10:31 No.13718
今朝早朝に車に乗ってたまたま外気温を見たら17度でした。そろそろ冬越え支度かなと思い、本日は特段何も予定がないので、少し考えてみました。2段のワゴンを手に入れましたのでプラスチック棚を取り付けて、先日電子レンジを購入した際のダンボールを活用しました。上蓋はまた検討しなければなりませんが・・・・。ローコスト対応です。本日夜からこのような状況ですね。(室内の縁側に置き、夜は上からダンボールごと覆うようにし、朝から晩まではダンボールを取り外し日光浴という感じでしょうか。)また、みなさまアドバイスをください。


これで冬越えできるかな?その2 - トミー 2014/09/21(Sun) 10:34 No.13719
ダンボールで覆った感じです。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/09/21(Sun) 22:13 No.13722
なかなか良いアイデアと思いますが、、、内部に最高最低温度計を入れておいてチェックしながら、最低10度が近づいたら段ボールの上にさらにプチプチを張り付けるとかの対策も必要になるかもしれません。
北国は寒いので住宅は高断熱にするのが常識ですが、西日本では夏の過ごしやすさを優先して断熱はあまり考えない設計がおおいのですね。拙宅の栽培室の朝の最低気温も窓の一部を夜も開けておいて加温なしで17度くらいまで下がっています。窓を閉め切ればおそらくまだ20度を割らないでしょう。


昨日の一コマ - トミー 2014/09/24(Wed) 22:59 No.13744
最高最低温度計を探しに農業専門J●、他ホームセンターに行きましたが見つからず、インターネットで探そうと思い帰宅。その前に最高最低温度計って何?検索したところ「そうか、特に最低気温が重要なんだな。」今回元来の水銀を利用した温度計の仕組みも理解しました。家には温度計が有ります、最高最低はわからないけどそのまま使うかな。そんなことを家内に話をしたら一言「息子のめざまし時計に付いているよ、最高最低温度計(しかも昨日分もわかるとのこと)」トホホ、そのまま息子にこの冬は借りるかな?日常のことですが日々勉強です。ではまた。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/09/26(Fri) 09:25 No.13756
そういえば最近は水銀の最高最低温度計はあまり見かけませんね。私が長年使っているものは、ムシのリセットボタンがバカになってしまって戻せなくなっているので。今は単なる温度計となっています。
最低気温は暖房開始前の早朝に何度あるかを見ることができればよい(そのときの気温がほとんど最低気温と一致するとみなせる)ので今の私には最低気温のチェックは必要ないのですが、冬期間一シーズンは計測しておきたいですね。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - トミー 2014/09/26(Fri) 22:21 No.13762
みなさん、こんばんはです。ひろしさんコメントありがとうございます。”虫”(小片)という言葉も勉強しましたよ。(^-^)。さて、今週は、台風が来て去った影響もあり元の気温に持った感じでした。その為、冬支度をしたのですが2・3日使用し逆戻りで元の外の位置に3日間ほどいます。寒くなければ外で育てます。

初めまして おじゃまします。 - kimura 2014/10/05(Sun) 14:32 No.13818
みなさんの投稿を参考に育てています。凄く助かります。
質問ですお願いいたします。窓際で育てています。最低気温が20度を割らないのに花芽が8鉢から出てきました。大輪の白、ピンクです、どうしてでしょうか、6月に植え替えしました。おねがいします。
青森県陸奥湾沿い


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/10/06(Mon) 09:28 No.13827
kimuraさんの質問への回答は新規スレッドのほうにあります。

みなさん、こん●●わ。 - トミー 2014/10/11(Sat) 09:01 No.13871
ひろしさん、他みなさんこん●●わです。現況報告です。5鉢の胡蝶蘭へ今朝液肥を与えました。液肥は1週間に1回与えております。その際の写真です。当地の気温を毎日測定しております。お外では、朝5時で17C(数週間前に比べて少し温かい気がしております。台風等の影響ですかね。)室内では、縁側で夜は育てております。約22から24C前後になっております。朝、外に出して出勤、夜は帰宅時間により私もしくは家内が部屋に入れております。(家内も胡蝶蘭の育成に協力してもらっています。)夜には霧吹きの水遣りも忘れずにしております。手製の気温測定を2つ用意しました。子供の学校の理科の実験等で使ったものですが、お外と室内と設置してその時の気温がわかるようにしております。洋蘭用のバークもぼろぼろと落ちるので減ったところは、本日追加しておきました。当面はこのままで良いでしょうか?最後にこれから大型台風が襲来します。みなさま、どうぞお気を付けてください。当方でも前回同様に遮光ネット(緑)を取り外そうかと思っております。


写真その2 - トミー 2014/10/11(Sat) 09:03 No.13872
写真その2です。


写真その3 - トミー 2014/10/11(Sat) 09:04 No.13873
写真その3です。


写真その4 - トミー 2014/10/11(Sat) 09:05 No.13874
写真その4です。


写真その5 - トミー 2014/10/11(Sat) 09:06 No.13875
写真その5です。


おまけです。 - トミー 2014/10/11(Sat) 09:08 No.13876
気温計です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/10/13(Mon) 21:53 No.13889
胡蝶蘭はどれも元気そうですが、ちょっと気になったのは夜屋内22〜24度、朝昼屋外で17〜?度では昼夜逆転の温度となってませんでしょうか。できれば明け方最低気温15度日中24度、夜間17度くらいが胡蝶蘭の生理にはよいのですが、、、

教えてください。 - トミー 2014/10/18(Sat) 16:50 No.13932
ひろしさん、これって、これって。もしかして。少しドキドキ。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/10/18(Sat) 21:33 No.13935
トミーさんの画像いつも小さいので目の悪い私はちょっと苦労します。根には見えないですから花芽である可能性が高いですが、、、画像が小さいので確信は、もてないです。

花芽のアップです。 - トミー 2014/10/25(Sat) 08:45 No.13972
そろそろ当地も朝8時過ぎ頃でないと15℃まで気温が上がらなくなりました。このような状況で朝外出しをしてもよろしいでしょうか?日中は最高で22℃前後となります。



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/10/25(Sat) 21:21 No.13976
日中22度まで上がるなら明方12度くらいでもなんら問題はないですよ。

お早うございます。親バカです。 - トミー 2014/11/02(Sun) 08:22 No.14015
みなさん、ご無沙汰しております。
先週木曜日から夜の外気温も最低14度をキープするほど暖かくなっており、外で夜を過ごしています。(また金曜日から当地も雨が振り酸性雨を浴びています。)本日、雨が上がりましたので、写真を撮りました。写真1:全体像です。外に出ている根も深緑色になりました。水分たっぷりです。写真2:前回から少し成長しました。2刀流(花芽が2つ)になりました。(((o(*゜▽゜*)o)))写真3:一番小さい株です、何か花芽のような??もう少し様子見です。はしゃぎすぎのトミーでした。



お早うございます。親バカです。... - トミー 2014/11/02(Sun) 08:24 No.14016
写真その2です。


お早うございます。親バカです。... - トミー 2014/11/02(Sun) 08:26 No.14017
写真その3です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/11/03(Mon) 15:32 No.14020
花芽の発生が見られる時期になりましたね。我が家でもトップバッターのアマビリスの花芽を確認しました。夏まで咲かせた株の多くはまだ葉の成長期ですのでまだなのですが。
さて無事に年越しさせて開花させるまだ、まだだいぶ間がありますが、花軸の成長は楽しみですね。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - トミー 2014/11/17(Mon) 06:51 No.14081
当地でも少しづつ寒くなりましたが、みなさんお体大丈夫でしょうか?
お外での最高気温が15度になりましたので先週からお家で過ごしております。お家でも朝5時ごろで気温が15度前後まで下がってきております。日中、日差しがあると17度〜18度に最近なっております。もう少しすると、ダンボールのカバーが必要になります。それ以上寒くなると、どうしようかなと思いながら過ごしております。(当分は寝室に置くことも考えております。)さて、花芽は少しづつですが順調??に成長していると思います。一気に伸びないので・・・・。只今、私の育てている胡蝶蘭も5鉢の内、4鉢は花芽があります。このまま成長してくれることを期待したいです。


寒くなりました。 - トミー 2014/11/21(Fri) 21:22 No.14261
ひろしさん、こんばんはです。
花芽が日光の方に向いているように見えますが、鉢の
向きは度々変えたほうが良いのでしょうか?(もしくは
鉢の置き場所を変えてほうが良いですか?=ある鉢は日光がよく当たります。別の鉢は日当たりが悪いです。)


近況報告です。 - トミー 2014/11/22(Sat) 11:52 No.14294
今朝の胡蝶蘭の様子です。午前9事前後外気温10度、内気温17度、現在日差しが当たっており日中20度超えです。本日も液肥を与えました。そろそろ液肥を与えることを止める時期でしょうか? 写真その1:たいぶ花芽も大きくなってきたでしょ。(写真右側です。)


近況報告です。 - トミー 2014/11/22(Sat) 11:53 No.14295
写真その2   まだちいさい花芽です。


近況報告です。 - トミー 2014/11/22(Sat) 11:58 No.14296
写真その3  葉茎の左右が花芽です。二刀流ですね。


近況報告 - トミー 2014/11/22(Sat) 12:02 No.14298
写真その4  葉茎の右側下から4枚芽のところに少し出ています。


近況報告です。 - トミー 2014/11/22(Sat) 12:04 No.14299
写真その5 3CM位の大きさです。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/11/22(Sat) 22:01 No.14389
順調に花芽が育っているようですね。
新葉がまだ成葉の半分に達していませんので、最低気温が15度以上を確保できる間は薄めの施肥はしたほうがよいかと思います。
成長集の葉が2/3を超えたら施肥はやめてください。


ひろしさん、教えてください。 - トミー 2014/12/11(Thu) 20:24 No.15114
ご無沙汰しております、ひろしさん。
突然ですが、写真の胡蝶蘭ですが水をやりすぎたようです。
(前から少し乾きが遅い胡蝶蘭だなと思っていたのですが・・・)どのようにしたら良いでしょうか。現在の状況を記載しておきます。全ての胡蝶蘭に対し、一週間に1回根に水遣りをしております。また水遣を実施した日を除き、霧吹きで葉に水遣りをしております。以上 取り急ぎよろしくお願いします。



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/12/12(Fri) 22:07 No.15118
低温期になると根の活動は低下するのが普通ですが、この株に関していえば大きめの成長点が根の先端に見えますので活動中だったのだろうと思うのですが、それでも吸水が悪かったということなのですね?
それにしても、全体像が見えないまま、この画像だけを頼りにどうするか決めるのは難しいです。が、根腐れ気味なのであれば直ちにポリポットから抜いて植え込み材料をざっと外して、新聞紙の上にでも広げて陰干しします。それでとりあえず根腐れの進行は止められると思います。
その後は根を空のやや大きめの鉢に入れ軽石とバークの50/50のもので(微塵を洗い流してから乾かして使います)根を傷めないように充填して(この場合詰め込まないこと)鉢の周囲を軽くとんとん叩いて落ち着かせ、あとは通常の水やりはせずに葉裏中心の葉水と植え込み材料表面だけが湿る程度の水やりで冬を越させてから春に本格的な植え替えをすることにしたら良いのではないかと思います。


Re: ひろしさん、教えてください... - トミー 2014/12/12(Fri) 22:47 No.15119
ありがとうございます。このままもう少し様子を見ます。因みに、胡蝶蘭を育てている環境は気温13度〜17度くらいです。では、また。

近況報告です。 - トミー 2014/12/27(Sat) 20:01 No.15155
ご無沙汰です。今年もあと数日となりました。当地も朝方0度前後となっております。随分、雪の被害が各地でありますが、風邪等引いていませんか。ご自愛下さい。さて、当方の胡蝶蘭も随分成長しました。水遣りも根の様子を見ながらしております。質問があります。施肥はそろそろやめることでよいでしょうか?また、花茎については何か支えが必要ですか?このままでもよいでしょうか?現状は垂れ下がるようなことは無いです。


近況報告です。 - トミー 2014/12/27(Sat) 20:02 No.15156
写真その2です。


近況報告です。 - トミー 2014/12/27(Sat) 20:03 No.15157
写真その3です。


近況報告です。 - トミー 2014/12/27(Sat) 20:04 No.15158
写真その4です。


近況報告です。 - トミー 2014/12/27(Sat) 20:05 No.15159
写真その5です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/12/27(Sat) 20:41 No.15160
葉の成長が一段落して、花芽が上がったら施肥はやめた方が良いですから、成長中の葉があってそれが成葉のまだ半分以下のサイズである場合を除き、施肥は止めてください。
花軸が上長せずに横を向きたがる場合はまず上方に誘導するように支柱が必要ですが、順調に上長している場合はまだ支柱はいらないです。最初のつぼみがはっきり見え始めるころには逆J型の支柱を用意しましょう。


ひろしさん、見捨てないで下さい... - トミー 2014/12/30(Tue) 20:58 No.15167
突然、過激な言葉で申し訳ございません。
今年は、私のような出来の悪い生徒を暖かくご指導いただきありがとうございました。来年には、是非開花できればと切に願っております。来年もよろしくお願いします。では、よい年を迎えてください。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/12/31(Wed) 18:20 No.15169
「冬来たりなば春遠からじ」と申します。
もうちょっとで春、開花が見られます。
来年もがんばりましょう。


今年もよろしくお願いします。 - トミー 2015/01/24(Sat) 19:38 No.15209
ひろしさん、こんばんは。
今年もよろしくお願いします。
随分成長しましたよ。



今年もよろしくお願いします。 - トミー 2015/01/24(Sat) 19:40 No.15210
写真その2
ちよっと成長が遅いです・・・・。



今年もよろしくお願いします。 - トミー 2015/01/24(Sat) 19:41 No.15211
写真その3


今年もよろしくお願いします。 - トミー 2015/01/24(Sat) 19:43 No.15212
写真その4


今年もよろしくお願いします。 - トミー 2015/01/24(Sat) 19:44 No.15213
写真その5
最後の写真です。
これは、つぼみもあります。



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/01/25(Sun) 16:19 No.15216
越冬は順調のようですね。開花が楽しみです。

花軸の伸び方は品種差のうえに個体差もありますから、ゆっくりのもの早いものがあってばらつくのは自然のことです。
最低気温12〜15度、昼間気温18〜23度くらいの環境だと寒さに強いアマビリス系の品種の成熟が早い傾向があります。


待ち遠しいです。 - トミー 2015/02/24(Tue) 18:50 No.15400
ひろしさん、ご無沙汰しております。
我が家の胡蝶蘭も元気に育っております。(小梅サイズです)
先週、背面にあるお雛様を出しました。
3月3日には間に合わないかもしれませんね。



待ち遠しいです。 - トミー 2015/02/24(Tue) 18:53 No.15401
写真その2
その1は室内用の移動用棚の上部の写真です。
その2は、下部の写真です。花茎が随分伸びて
上の棚に触りそうです。



待ち遠しいです。 - トミー 2015/02/24(Tue) 18:54 No.15402
写真その3
棚を上から撮影しました。(つぼみの
様子がわかると思います。)



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/02/24(Tue) 21:03 No.15403
うーん、あと10日くらいかな、、、
3月3日には間に合わないかもしれませんが、、、待ち遠しいですね。

俗説ではお雛様は娘さんの行き遅れを懸念して3月4日にはしまい込むものとされていますが、、、本来が旧暦3月3日(今年の暦では4月21日)に行われる「桃の節句」なのですから神経質になるものでもないですが。


やりました!!。ご連絡です - トミー 2015/03/01(Sun) 18:03 No.15449
ひろしさん、咲きました我が家の胡蝶蘭が開花しました。一号です。嬉しいです。子供のように騒いでいるトミーでした。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/03/02(Mon) 09:28 No.15453
開花おめでとう!
この一年の丹精が報われましたね。私も少しはお役に立てたと思えば嬉しいです。
ひな祭りにも間に合いましたし、、、


引き続きご指導をお願いします。 - トミー 2015/03/02(Mon) 20:52 No.15469
ひろしさん、コメントありがとうございます。
ひろしさんのアドバイスのお蔭です。ありがとうございます。
2年目となりますが、引き続きよろしくお願いします。


近況報告です。 - トミー 2015/04/12(Sun) 07:10 No.15670
ひろしさん、おはようございます。ご無沙汰しております。
さて、我が家の胡蝶蘭も元気に蕾が開いてきております。毎日、室温を気にしています。(日中はおひさまが当たると20度前後で、夜は15度前後です。)2〜3日に1度霧吹きで水遣りをしており、2週間に1度くらいで根に水遣り(じゃぶじゃぶと・・・)しております。さて、今頃気づいたのですが、支柱を立てる時期を逃した気がしております。ちょっと横向きかな。って感じです。まあ、初めてなので・・・。まだ、時期的には早いかなって思いますが、今のバークからミズゴケへの切替(不要ですか?)や根の剪定??等々をまたご教授してください。当面は、花の鑑賞ですね。



近況報告です。 - トミー 2015/04/12(Sun) 07:12 No.15671
その2です


近況報告です。 - トミー 2015/04/12(Sun) 07:13 No.15672
その3です。


近況報告です。 - トミー 2015/04/12(Sun) 07:14 No.15673
その4です。


近況報告です。 - トミー 2015/04/12(Sun) 07:24 No.15674
その5です。
追加でコメントです。
我が家の胡蝶蘭は、昨年の会社設立記念でお客さまより多数頂いたものの内、10鉢弱頂いてきたものですが、咲いた胡蝶蘭は、我が家のみでした。会社の中で少し自慢しております。また、家内が咲いた胡蝶蘭を見て、家内のコマーシャル(デイケアーサービス)の利用者さんにお見せできれば、利用者さんも花を見て喜ぶのではと言っておりました。お貸し出ししようかと思っております。ではまた。



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/04/12(Sun) 23:03 No.15679
とにかくも咲かせられて良かったです、私も少しはお役に立てたかと思うと嬉しいです。

支柱立てって意外に難しかったりします。特に家庭での栽培は光が斜め上からしか来ませんので、、、全天光を利用できる生産者温室と違いますので、花軸は上に上がらず窓の方向に伸びますので一旦それを上に矯正なんてことを試みると、、、折っちゃうんですよね。
私も何本か花軸を折った後斜上する花軸をわずかに上に持ち上げる程度の緩めのアーチで花を咲かせています。場所をちょっととりますが飾り方の工夫で何とかしてます。

植え替えは、株が高くなってぐらついていたり、ミズゴケがぼそぼそになって来たりしたら植え替えねばなりませんが、生育が順調でも株が安定していれば植え替えないほうが良い場合もあります。植え替えの要、不要は個別に判断する必要があります。これも慣れてくれば見ただけで判断できるようになりますよ。

ギフト寄せ植えの胡蝶蘭を次の年に咲かせられるかどうかは、管理方法もさることながら、払い下げられたときに化粧鉢の中でどの程度の傷み具合であるのかにも大きく左右されます。つまり運/不運の要素もだいぶあるわけで、その部分では確率の問題でもあるわけですが、また咲かせた株がここにあるという事実はやはり自慢できると思いますよ。
普通の草花しか知らない方がギフト胡蝶蘭を咲かせられる確率はほとんど無いという程度に低いですからね。化粧鉢から取り出さず、通常の草花のように水やりしてればほぼ確実に全滅が待っているわけですから、、、


現況です。 - トミー 2015/08/01(Sat) 07:11 No.16212
ひろしさん、ご無沙汰です。
当地も非常に暑くなっております。
さて、7月上旬より我が家の胡蝶蘭をお外に出しました。
(以前に掲載しました鉄パイプラックの上です。)
今回は、少し日焼け??のように黄色になっており
心配ですのでご意見を伺いたく掲載しました。(一部の
葉には、白い斑点もあります。)
また、最後の写真はフザリウム菌ですかね。対処方法を
お教えください。(葉先を見えると老化のようにシワシワ
になっているようにも見えます。)
また、いつごろから液肥を当てえた方が良いですか?



現況です。 - トミー 2015/08/01(Sat) 07:13 No.16213
写真その2


現況です。 - トミー 2015/08/01(Sat) 07:14 No.16214
写真その3


現況です。 - トミー 2015/08/01(Sat) 07:15 No.16215
写真その4です。


現況です。 - トミー 2015/08/01(Sat) 07:16 No.16216
写真その5です。これが一番気になります。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/08/01(Sat) 09:42 No.16217
日焼けだと思います。

最後の画像も日焼けで死んだ組織に雑菌が繁殖したものと思います。日焼けした部分とその周囲にエムダイファー、ビスダイセン、ベンレートのいずれかを濃く溶いたものを葉の両側から塗布しておけば、最後の画像のような雑菌の繁殖は防げますので、至急対処をお願いします。

添付図AとBは切除、C部分は殺菌剤両面塗布でOKと思います。 

最後の画像のようになってしまったものは黒く腐った部分の他黄変した部分は切除して、切除した断面と周囲に同様に殺菌剤を塗布しておく必要があります。



ひろしさん、アドバイスありがと... - トミー 2015/08/01(Sat) 18:28 No.16220
ひろしさん、エムダイファーを購入し、先程(18:00すぎ、しかしながら気温36C越え)、処置しました。
今更ながらお教えください。
@エムダイファーの水溶液を1リットル作成しました。当溶液はどの程度の頻度で塗ることで良いでしょうか?(例えば数回とか、●●の状況になるまでとか・・・)
A余った水溶液のエムダイファーは保管しておき次回に使用することで良いでしょうか?(保管期限ってありますか?)
B塗布とはどの程度ですか?(綿棒で付ける程度ですか?)今回当方では、入れ物からどぼどぼと流しました。
C最後に、胡蝶蘭の黄色の葉は、完治?するとどのように変わるのでしょうか?(目に見えてわかるのでしょうか?)


ひろしさん、アドバイスありがと... - トミー 2015/08/01(Sat) 18:48 No.16221
追加の質問です。
D黄色い葉の胡蝶蘭は他の胡蝶蘭と隔離したほうが良いでしょうか?


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/08/01(Sat) 21:06 No.16222
それほど神経質にならなくても良いとは思いますが、隔離しておけば万一の備えにはなりますね。

1週間後です。 - トミー 2015/08/08(Sat) 12:48 No.16264
ひろしさん、1週間後の状況です。
何とか無事のように見えます。
水遣り後、エムダイファーを塗布しておきました。



1週間後です。 - トミー 2015/08/08(Sat) 12:49 No.16265
その2です。


1週間後です。 - トミー 2015/08/08(Sat) 12:50 No.16266
その3です。


1週間後です。 - トミー 2015/08/08(Sat) 12:52 No.16267
その4です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/08/10(Mon) 09:06 No.16269
なんとか大丈夫そうですね。
とはいっても最後から2番目の画像の中心部の色が濃くなっている部分はくりぬいてしまった方が良いかも、、、
そして再度殺菌剤を両面塗布しておいたほうが良いと思います。


今年もよろしくお願いします。 - トミー 2016/01/09(Sat) 10:15 No.17067
ひろしさん、ご無沙汰しております。今年もよろしくお願いします。我が家の胡蝶蘭5鉢も元気に育っております。今のとこと4鉢花芽が出てきております。現在当地も徐々に寒くなってきており夜は寝室で一緒に寝ております。さて、本日水遣りをした時、発見しました。(当たり前のことでしたらすみません)茎の右側、根の上に花芽が出ています。このような事もあるのですね。写真撮りました。では、また。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2016/01/09(Sat) 20:20 No.17069
花芽は葉の付け根に通常一個つきます。ですから花芽の出る場所は葉の位置関係で決まっています。対して根は全方向に発生しますから、上下に重なるのはそんなに珍しいことでもないですね。
葉一枚ごとに花芽ができるというわけですが必ずしも全部が花芽(あるいは脇芽)として伸び始めるわけではなく、全く動きを見せずに潜んだままでいることも多いですね。成長点に異常が遭ったりするとこの潜芽は花芽ではなくて脇芽となって葉を広げ、新たな成長点を作り出す役目をすることもあります。

通常の状態で、花芽として伸び始めるのは葉の光合成によって葉のついている部分の茎が成熟してからですので葉が出てから1〜2年後の乾期が始まってから(日本の気候になぞらえると、冬が始まってから)ですから、やはりこの冬のスタートは遅かったという事でしょうね。

私も開花を心待ちにしていますので開花したらまた報告ください。


長〜いことご無沙汰しております... - トミー 2016/10/09(Sun) 10:06 No.19757
ひろしさん、
随分ご無沙汰しております。
胡蝶蘭(5鉢)は元気に育っております。
当地(愛知)も最低気温が15度となり
そろそろ胡蝶蘭を家に入れる時期が来ました。
更に、高芽が出ました。このままで良いので
しょうか?またご教授ください。



長〜いことご無沙汰しております... - トミー 2016/10/09(Sun) 10:10 No.19758
その2
全体の写真です。



対処方法等お教えください。 - トミー 2017/03/01(Wed) 06:14 No.20104
ご無沙汰しております。
我が家の胡蝶蘭5鉢ですが、お送りした写真のようになっております。どうしたら良いでしょうか?対処方法をお教えください。写真1・・・最初にアザのような黒点が3箇所ありましたので、切ってしまいました。その後の状況です。(私見ですが)本来、下からでている葉っぱから枯れて(黄色)になってくると思っておりますが・・・・。写真2・・・写真1ほどではないですが一応アップしております。



対処方法等をお教えください。 - トミー 2017/03/01(Wed) 06:15 No.20105
写真2です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - nanasi 2017/03/16(Thu) 03:58 No.20144
トミーさん、こんにちは。

最初にアザのような黒点が3箇所あり、葉を途中から切除、その後黄変した葉はどうなったのでしょうか。茶色く縮んで剥離しないでしょうか。

自然落葉は、一番下から起こるとは限らず、何らかの障害があったり、栄養の蓄積できる量が少なくなった葉(携帯の畜電池のように、蓄積と放出の効率がわるくなった葉≒古い葉)から落葉するように思います。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - トミー 2017/03/18(Sat) 15:41 No.20149
nanasiさん、はじめまして。アドバイス有難うございます。
アップ後、事態を重く受け止めて黄変が進行しましたのでその葉は根元から取ってしまいエムダイファーを塗りました。同じ鉢の下の葉も同様になったので半分ほど切断したままです。黄変したのですが仰る通り萎んできております。そのまま様子見しておりました。安心しました。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - トミー 2018/08/12(Sun) 09:03 No.21204
近況報告です。
1)我が家に胡蝶蘭が来まして既に4年が経過しております。
  鉢替えは実施していたのですが、そろそろ植替えをと思い
  3鉢実施中です。見よう見まねでバークを外し根をほぐし  てみました。(写真ご参照)今晩には、またバークを入れ  て鉢に戻したいと思っております。


写真です。 - トミー 2018/08/12(Sun) 09:08 No.21206
写真です。ごめんなさい、別スレッドでした。


追加です。 - トミー 2018/08/12(Sun) 09:10 No.21207
2)別の写真で、質問があります。Q1.葉が上の方に上がって  きている胡蝶蘭ですが、どの部分で下の部分の茎を切断し  たら良いでしょうか?(因みにバークで育てておりま    す。)
  Q2.もう一つの写真ですが、高芽が随分育ってきておりま  す。そろそろ、分離を考えておりますが、どのようにした  ら良いでしょうか?
  ご教授ください。



写真3 - トミー 2018/08/12(Sun) 09:12 No.21208
写真3です。(真ん中の子葉です)


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2018/08/12(Sun) 23:05 No.21209
株の高さの引き戻しですが、添付図Aの赤線が植え込み深さ(バークの高さ)の目標となります。かなりの長さの茎をバーク内に植え込む必要があり、その分茎の下部を切除しなければポットに収まらないことになります。
茎の下部の切除はその茎から出ている根の生き死にも配慮しなければなりませんが、少なくともマゼンタ色線Bの位置あたりでは茎を切り落とす必要があると思います。それ以上の長さだとポットに植え込んで赤線Aまでバークを充填することはできないのではないかと思うからです。

高芽というよりは脇芽ですね。脇芽の分離は高芽(花軸に出来る葉芽)の分離よりリスクが高いです。元株の茎を傷つけず、かつ子株が自活できるように茎を分離するためには良く切れるメスかクラフトナイフが必要です。
また普通に植えつける場合の子株の自活を考えれば子株の茎から出ている根が5cm以上の長さのものが最低3本は必要です。その3本の根を損なわないように子株の茎の付け根を切断しなければなりません。
切断面には双方ともに殺菌剤ペーストを塗布しておくと良いでしょう。



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - 日照効率 2018/08/13(Mon) 00:28 No.21210
こちょうらんの場合、茎状のものはごぼうのように地中深く伸びているのではなく、その反対で、植え込み材に入ったとたん、終わっていませんか? 他の植え替え中ので確認してください。もし、そうならば、私なら一切元気な根は切らずに、鉢のサイズを上げるだけで、シャンデリア状(イカ状?)に収めることを試みますね。鉢は、ペットボトルでも百均の透明容器でもかまいませんので、それでも対応可能です。

回答有難うございます。 - トミー 2018/08/13(Mon) 22:07 No.21211
株の高さの引き戻しは、今週末に対応してみようかと思っております。また脇芽については、根自体が1本しか出ておりません。ついては、このままにておき植替えを実施する予定です。ちょうど植替えをして1週間が経過しますのでコップ1杯の水遣りを行う予定です。

1週間が経過しました。 - トミー 2018/08/18(Sat) 09:22 No.21212
1週間が経過し、植替えの準備をしました。「株の棚さの引き戻し」の切断部分ですが、オーソサイドを塗っております。バークに入れる際にもオーソサイドを塗る予定です。また、先週植替えを実施した3鉢の様子です。コップ1杯の水遣りを実施しました。また、これで1週間様子見です。気になることは3鉢とも葉が枯れてきております。自然体であれば問題ないのですが、今回の件ですと・・・・。


1週間が経過しました。その2 - トミー 2018/08/18(Sat) 09:23 No.21213
その2です。


1週間が経過しました。その3 - トミー 2018/08/18(Sat) 09:25 No.21214
その3


写真です 投稿者:トミー 投稿日:2018/08/12(Sun) 09:06 No.21205   
写真です

今年も咲きました! 投稿者:らんらん 投稿日:2018/07/19(Thu) 08:23 No.21186   
お久しぶりです。
去年の秋に植え替えの相談をさせていただいておりました。ポリから鉢へ植え替えたので今年は葉を成長させる年と思っていたのですが、去年も二本花芽を出した子が5輪咲かせてくれました!!
他も葉や根を出してくれているのでとりあえず大丈夫そうかなと思います。


Re: 今年も咲きました! - ひろし@小南部 2018/07/19(Thu) 19:56 No.21187
植え替えがいわゆる「適期ではない」パターンでしたが、株の力に見合ったぶんの花を咲かせたわけですね。株に自律の力があるようですので問題なしですね。
他の株は普通に成長モードのようですから今秋の花芽分化、来春早めの開花が可能と思います。よかったですね。


Re: 今年も咲きました! - らんらん 2018/07/28(Sat) 00:39 No.21192
ありがとうございます
ひろしさんのご助言のおかげです!

春先にストールを買いカーテン代わりにしました。(ブラインドの開け閉めは勝手にされてしまうので)ストールカーテンを日光が直射じゃなくなってからや曇りの日に開け、夜閉めて帰るようにしています。

写真は他の株を上から撮ったものです。下の葉から萎れ、新しい根や葉が出ているので通常だとは思っています。



Re: 今年も咲きました! - らんらん 2018/07/28(Sat) 00:54 No.21193
ただ2日ほど前からこの鉢だけ先が赤くなって枯れてきました。
向こう側にある葉と二枚同時で、これがなくなると小さな二枚と出て来ている最中のさらに小さな新葉?だけになってしまうのが心配です。

あと植え替えのときに針金を植え込まなかったので、主軸、といいますか茎が窓に向かって傾いていくのも気になります、、、



Re: 今年も咲きました! - ひろし@小南部 2018/07/28(Sat) 22:14 No.21194
2枚同時のこの枯れ方はなんらかの病気と思います。
とりあえず葉先の枯れた部分を切除して株全体に殺菌剤を散布しておきたいところです。


Re: 今年も咲きました! - らんらん 2018/07/30(Mon) 20:24 No.21195
土日のらりくらりと忘れて遊んでしまったため葉が全体的に二枚とも黄色くなってしまっていました。
奥の葉はポロっと取れる程でした。
軸も黄色っぽく。
もう無理なのでしょうかーショックですー



Re: 今年も咲きました! - らんらん 2018/07/30(Mon) 20:26 No.21196
一応ホームセンターに薬を見に行きました。
使えるもの、できることはありますでしょうか。

もし間に合うなら助けてあげたいです。
薬のやり方もまったくわかりません
よろしくお願いいたします。



Re: 今年も咲きました! - ひろし@小南部 2018/07/30(Mon) 23:25 No.21197
意外に進行の早い葉枯れ病ですね。茎からの病気ではないので薬剤散布/塗布で間に合うと思いますが、ここは最も効果に信頼が置けるベンレート(その代わり毒性もあるので使用する際は注意書きにしたがってください)を散布し、その後枯れ落ちた葉の基部に、ベンレートを水彩絵の具程度のペースト状に溶いたものを、筆で塗布しておけばよいと思います。


Re: 今年も咲きました! - らんらん 2018/08/02(Thu) 08:22 No.21198
返信遅れました。

翌日ホームセンターでベンレートを買い塗って帰りました。
軸が黄色いのは変わらずですー


Re: 今年も咲きました! - らんらん 2018/08/06(Mon) 12:15 No.21201
上の2枚の葉も軸側から黄色くなってきています。
もうだめなのかもしれませんね。。。


Re: 今年も咲きました! - ひろし@小南部 2018/08/06(Mon) 20:52 No.21202
>上の2枚の葉も軸側から黄色くなってきています
茎側から黄変はじめたということは間に合わなかった、のだろうと思います。葉の先端から始まった病気にしては進行が非常に速いので、感染力が強い恐れがあります。
空気感染は無理だろうとは思いますが、念のため他の株との距離をとって、隔離してください。


Re: 今年も咲きました! - らんらん 2018/08/08(Wed) 18:03 No.21203
その鉢だけ違うところに置きました
残念です;


葉っぱについて 投稿者:ティアラ 投稿日:2018/07/25(Wed) 10:29 No.21189   
葉が黄色くなってきていて困っています。
宜しくお願い致します。


Re: 葉っぱについて - ひろし@小南部 2018/07/25(Wed) 22:59 No.21190
根の調子が良くない、というか、ありていに言えば「根がほとんど機能していない」症状です。
これまでどのように管理なさったのか履歴がわかりませんので、この株の見た目で言えば、
まず根の確認が必要ですので鉢から抜いて根を全部チェックしたいです。おそらく根はほとんど生きてはいないでしょう。どれだけの生きた根があるかによって対処は変わります。全く生きた根がなければ、このまま枯死する可能性が大きいです。

アンプル剤をお使いですが、はっきり申し上げれば、殆どの場合、逆効果です。アンプル剤は株が元気なときに「より元気にする」もので「弱った株にはむしろ毒になる場合が多い」です。胡蝶蘭が弱るのは「根が弱る」からで、それ以外の理由は「光線不足」くらいしかないのです。根が弱った株は活力剤のミネラル分すら吸収できなくなるからです。
弱った根の胡蝶蘭の株に唯一効果を期待できる(それでも5分5分)活力剤は単純な鉄イオンが成分であるメネデールくらいです。


花芽と植え替え 投稿者:じゅん 投稿日:2018/05/04(Fri) 22:07 No.21147   
時々相談させていただいています。いただいて13年たつ株です。毎年5〜6個花が咲きます。葉はだいたい3枚です。花が咲いたらすぐに切って、2年に1度植え替えてきました。今年は植え替えの年です。しかし、今年は花が遅く、花芽は30cmくらい伸びていて、蕾も5個くらい付きそうなのですが、花が咲くにはまだ1月くらいかかりそうです。植え替えは花が終わってから(6月頃)で大丈夫でしょうか。よろしくお願いします。

Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/05/04(Fri) 23:17 No.21148
葉が3枚ですか、、、
毎年5〜6輪開花して葉一枚消耗、後植え替え新葉一枚展開、というパターンを繰り返しているのでしょうね。いっそ植え替えを来春まで延ばしたらいかがでしょう?消耗一枚新葉展開一枚なら3年間隔でも茎の間延びもさほどではなくミズゴケ植えの場合でもミズゴケは3年くらいは持つのが普通と思いますが。バークなら4年はOKと思います。
2年間隔の植え替えでは株が植え替えのストレスから開放されるとまた植え替えで、株が充実する期間が取れないのではないかと思います。

植え替えは6月でも最悪夏を過ぎた秋9月ごろでも可能ですが、この夏秋には新葉を出せず、秋の終わりの花芽も出せずというパターンになるかもしれません。
逆にピンクの花に多いプルケリマ交配の株なら花軸を伸ばしながらでも開花中でも新葉を伸ばそうとするかもしれませんが。


Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/05/05(Sat) 08:21 No.21149
私も、ひろしさんのいわれるように植え替えは控えたほうが良いと思います。写真がないのでなんともいえませんが、植え替えると葉が落ちることが多い。また、花軸を切り落とさないで最後の花まで咲かせるというやり方もあるようです。

Re: 花芽と植え替え - じゅん 2018/05/06(Sun) 00:21 No.21150
ありがとうございます。写真添付します。ご指摘の通り、毎年1枚新葉が出て、1枚落ちる、を繰り返し、3枚で落ち着いています。根がだいぶ上に上がってしまって、下からも出ているので植え替えた方がいいのかなあと思いました。もう1年いいでしょうか。


Re: 花芽と植え替え - じゅん 2018/05/06(Sun) 00:23 No.21151
もう1つ、ミディの「リトルジャムストライプ」についても教えてください。こちらは2014年にもらって、2016年に植え替えました。今、花が咲いています。こちらももう1年くらいそのままでいいでしょうか。よろしくお願いします。


Re: 花芽と植え替え - じゅん 2018/05/06(Sun) 00:25 No.21152
ミディの2枚目の写真です。よろしくお願いします。


Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/05/06(Sun) 01:02 No.21153
うーん。元気そうなので、いい状態と思いますが、これだと、あなたの言われるように、植え替えたほうがいいですね(花がが散った後)。鉢のサイズをあげてなるべくすべての根が植え込み剤に埋まるようにするといいでしょう。バークなら鉢のサイズをかなり増やしてもいいと思います。13年って、なんで葉が増えないのかな?研究してみてください。もしかしたら、13年、まったく鉢のサイズをあげていないのかな?何か盆栽をみているような。

二番目のやつはとくに問題なし。


Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/05/06(Sun) 01:16 No.21154
上部から植え込み材に突入している根がありますが、その突入部分が腐っているなら水のやりすぎです。写真からは確認できませんが。

Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/05/06(Sun) 22:40 No.21155
うむ、ちょっと前回の植え替え時の「引き戻し」が足らなかったようですね。植え替えないと安定不足の恐れがありますね。植え方で日照効率さんと見解を異にしますが、これだけ根が露出している場合、植え替えるとしても「引き戻し」に限度を設けるべきだと思います。
標準的には日照効率さん御指摘のごとく根の基部だけを露出させてあとはできるだけ植え込み材料に入れたほうがよいのですが(図の「標準」)今回だけはそれをすると露出してる部分の多い根が環境激変で調子を落とすと思います。それで今回は図の「今回」ぐらいで妥協しておいたほうが良いと思います。

葉が増えないのはおそらく環境でしょう。夜間空中湿度が不足気味(特に秋冬に)だと葉の寿命が短くなります。花芽伸張中、夜間湿度を保湿するために夕方と就寝前に葉水を与えるのが効果的です。
また成長期に葉が一枚だけというのはちょっと残念。水遣りと施肥の方法を再検討する必要があるかもしれません。


Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/05/08(Tue) 00:22 No.21156
あれ、肝心の図の添付落としてました。


Re: 花芽と植え替え - じゅん 2018/05/08(Tue) 22:40 No.21157
ありがとうございます。花が終わったら深くなり過ぎないように注意して植え替えたいと思います。鉢の大きさは?今、3.5号鉢なのですが、4号にしてもいいでしょうか。鉢は大きすぎない方がよい、と聞いたことがありますが、どう考えればいいですか。
葉の数と乾燥について・・・乾燥は大いに考えられます。気をつけてみます。
ミディはとても元気です。植え替えはもう1年まってもいいですか?よろしくお願いします。



Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/05/08(Tue) 23:48 No.21158
株の大きさとのバランスから言えば3.5号が最適のように思いますが、4号でも許容範囲でしょう。
ミディはあと一年持たせることは可能と思います。


Re: 花芽と植え替え - じゅん 2018/05/10(Thu) 23:57 No.21159
いろいろありがとうございました。花が終わったら植え替えたいと思います。またよろしくお願いします。

Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/05/12(Sat) 21:47 No.21160
胡蝶蘭 植え替え YOUTUBE  で検索すると、プロのやり方がのっています。
やはりほぼ、全部植え込んでいますね。ひろしさんの言い方だと、勘違いして、半分くらい根が埋まっていないで平気な人が出ます。今回は写真つきなので。
葉が少ないのは、おそらく植え方がまずいという可能性があります。バークならば、かなりサイズアップが可能でので空中に完全に舞っている根をなくすることができます。ミズゴケは私は使わないので知りませんが、サイズの制限があるとのことです。


Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/05/13(Sun) 01:16 No.21161
画像には標準(付け根だけ露出させ、あとは埋め込む)と今回(付け根から1/3を露出させる)と区別しましたが、それでも誤解されますかね?
空中に長い間あった根はミズゴケに埋め込んでもあまり機嫌よく働かないので、今回は特にこうしたほうが胡蝶蘭の生理にかなうけれども、標準的ではない方法をお勧めしましたが、日照効率さんの物言いは「それが間違いである」との認識をお持ちのようですね。
私がここで「個別」に相談を受ける場合「万人向け」に応えているわけではないのです。じゅんさんの現在の問題への対処を、「一般的な方法」と勘違いされる方が仮にいたとしてもそれは私の責任とは思いませんが、いかがですか?

YOUTUBEはもともと不特定多数の方が対象ですが、私のここの回答はじゅんさんだけにしているものです。それに根が半分露出していても胡蝶蘭は花をつけることが出来ます。これは私の経験からです。

胡蝶蘭の根が空中に舞うのは胡蝶蘭の生理です。たしかに品質の良いバークで植えつければ安いミズゴケに植えたものよりは、空中を舞う根は減りますがそれでもなくなりません。

バークで植え込めば、さらに軽石を混ぜるなどして水はけをよくすればかなりの大鉢まで育成可能であることは確かですが、栽培管理法は「素焼き鉢にミズゴケ植え、上限4.5号」とはかなり変わります。私も6号プラ鉢にバーク+軽石で2鉢やってますが、透明ポットではないので、水遣りのタイミングにいまだに迷うことがあります。素焼き鉢+ミズゴケ植えの場合に水遣りで悩むことがないのは大きなメリットです。


Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/05/13(Sun) 03:47 No.21162
ああ、今回は写真つきなので。と書きましたように問題ないとおもいます。前に、根の付け根から先端までが100%外に出ており、そういう外の根が全体の60%の根である、といっていた人がいました。いや、ひろしさんが言ったからとはいえないです。

この方のも、相当露出していますね。根の付け根から先端までが100%外に出ているのが見えるだけで4−5本。しかも立派な根。それ以外にも、根元がかなり露出している根もある。2年に1回植え替えているといわれているので、本人はだいたいの内外の比率を予想できるでしょう。

それと、根を空中にたくさん出すというのは、私の経験では水のやりすぎと想像したことがあります。昔、水をやりすぎていたころ、空中の根がたくさん出て、バークに入っていくのを嫌っているようでした。植え替えのとき、バーク内の根は10%、外の根は90%くらい。植え替えのとき、ほぼ95%埋めてしまいましたが、大丈夫でしたね。もちろん水遣りは控えています。


Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/05/13(Sun) 20:48 No.21163
私はどちらかといえば素焼き鉢にミズゴケで植えるのを好むのですが、それは「蘭の都合ではなくて私の都合」である部分が多いと考えています。「蘭がミズゴケを好む」という考えでは実はありません。大多数の個体にとってミズゴケは「我慢できる」存在なのだろうと思います。
あるときカトレヤの原種(といっても山採りではなく同一種の交配種ですが)をたまたま手に入った南米産のオスマンダで植えたことがありました。抜群の生育でしたが、植え替えが必要になったときにほぐすのが大変、植え替えに丸一日かかりました。オスマンダの入手難もあって今はミズゴケで我慢してもらってます。
植え替えた胡蝶蘭の新根がまるでミズゴケを嫌っているようにミズゴケにもぐろうとせず表面を這い、結局鉢の外にはみ出すこともよく経験することです。そんな個体にバークならよかろうかとバーク植えにしたところでも結果は同じ。そんな個体でも既存の根はミズゴケ内で伸びているので、私の結論は空中に漂う根はその個体にとって必要なのだという結論に達したのです。

セロジネ・インテルメディアをバーク植えしてますが根はバークにすんなりもぐるのですが、胡蝶蘭とセロジネの根はずいぶん違います。セロジネの根は細く、地生植物と大差無いのでおそらく樹皮についているコケや地衣類やシダ植物の根に潜り込んでいるのでしょう。


Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/05/14(Mon) 00:21 No.21164
確かに、ひろしさんご指摘のように、私の例は根が空中からバークへ突入しにくい株のような気がします。(同意)
ただ、私の例では90%空中にあった根をトータルで95%埋め込んでも大丈夫だったことから、「空中に漂う根はその個体にとって必要なのだ」というよりは、単に物理的に突入できないのではないかとも推測できます。(不同意)
YOUTUBEの例では、ほぼ、全部植え込んでいますので、これも空中に漂う根はその個体にとって必要ではない(場合が多い)ことを示唆します。


Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/05/14(Mon) 14:35 No.21165
YOUTUBEは資材販売業者であるプロトリーフさんによるものが主なものと思いますが、胡蝶蘭栽培に100%の正解はないと思います。私の大昔のホームセンターでの園芸担当の経験からいっても、演者は本当にランのことを理解して演じているのかな、というレベルのように私には見えますし。
私は私自身の経験と胡蝶蘭以外の着生蘭の栽培経験も加味して、胡蝶蘭の最適環境とは言えない、家庭での栽培では「こうすればよいだろう」と考えられる方法をここで回答しています。私は「胡蝶蘭の空中に漂う根にはその存在意義があるのだ」という信念があります。すくなくとも水遣り失敗による根腐れからは救われますから、保険をかけるくらいの意味はあることはお分かりでしょう。「事故など起こさないから保険などいらない」というのは「事実か事実でないか」とはレベルの異なる単なる「価値観の相違」です。
私は日照効率さんのご意見は「危ういもの」に見えますし、技量、経験の浅い方々にお勧めする方法では無いと思います。


Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/05/14(Mon) 16:30 No.21166
なるほど、ねぐされを起こしていることまでお考えだったということですね。もし空中の根:埋没した根=5(か、それ以上):5だったとしたら、ねぐされを起こしているだろうと思われ、ひろしさんの指導が正しいと思います。まあ、これは本人が判断できることかと思います。一方、「空中に漂う根はその個体にとって必要かどうか」はそれとは別の話であり不同意のままと認識します。

Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/05/14(Mon) 19:03 No.21167
>「空中に漂う根はその個体にとって必要かどうか」はそれとは別の話であり不同意のままと認識します。
了解しました。異なる意見であっても明白な反証がない以上、認めざるを得ませんね。私が「空中に漂う根がその個体にとって必要である」というのは感覚的なもので「証明できる」性質のものではありませんから。


Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/05/15(Tue) 18:31 No.21168
「空中に漂う根はその個体にとって必要かどうか」は細かいことを言えば検証はむずかしいのですが、「根を全部埋めて大丈夫か」は検証可能ですね。私は、技量はないのですが、今まで6鉢ほど植え替えや鉢ましを何回かしていて、単に無知なこともあって根を全部埋めました。全部大丈夫でした。今年は植え替えを予定しているのがあり、全部埋め込んでまた検証してみます。忘れてなかったら、ここへ書き込みます。

プロでも信用できないとのことですが、プロトリーフさんの画像に出ているおじさんはNHKにも出ていた園芸家というのをどこかで見かけたことがあります。

ご本人にお聞きしますが、前に植え替えたとき、埋め込まれた根はよく育っていましたか? 水のやりすぎということはありませんか? まだ読んでいたら、教えてください。


Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/05/15(Tue) 20:13 No.21169
「プロの園芸家」も中には食わせ物に遭遇したことがあります。ランではなくてセントポーリアでしたが、一般家庭での管理不可能な管理を要求し、「出来ないはずは無い。このような資材を買ってそろえれば良い」という高飛車な「先生」でした。結局自己流でセントポーリアを栽培してます。これも胡蝶蘭と同じく38年になります。胡蝶蘭、カトレヤ(37年)は育て方の本は読みましたが、本の中にも「これは違うだろう」というコメントはたまにありましたね。結局自己流のままです。

その後趣味で環境保全運動にも参加したことがありますが、「木を植えています」の某大先生は気候には合わせますが地質や地形は問題にせず「この気候の極相種」談義で多様な樹種「高木も低木も」混ぜて密植させるのですが一年以内に半数が死滅し、5年後には9割が死滅しているという体たらくなんですが、この大先生「信者」が多いですね。今でも新聞広告に載る某養蜂所とかイオンとか、、、単なる苗屋の商売にし、自分はおそらくコンサルタント料で利益をえているのでしょうが。


どうしましょう - じゅん 2018/06/24(Sun) 11:54 No.21173
こんにちは。いざ植え替えようと思ったら何だか難しいお話になっていました。そして、実際にやろうとしたら、根が固く、鉢の中にうまくおさまりそうにありません。実は、前回もこのような状況で、結局鉢に入れられず、かなり上に出た状態にしてしまったことを思い出しました。ひろしさんのアドバイスの「今回」まで入れられそうにありません。とりあえず今、水ごけに巻いていますが、どうするのがよいでしょうか。これまでと同じ大きさの鉢にぐいぐい入れ込んでよいでしょうか。


根の状態です - じゅん 2018/06/24(Sun) 11:56 No.21174
鉢の中はこんな感じでした。


何とかおさめました - じゅん 2018/06/24(Sun) 12:28 No.21175
しばらく根を水につけ、水ごけに巻いてから少し時間をおいてみました。だいぶ根がやわらかくなったので、とりあえず、鉢におさめました。やり直すと根に悪そうなのでこのまま様子を見ようと思いますがどうでしょうか。それとも今のうちにやり直した方がよいでしょうか。


Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/06/24(Sun) 18:06 No.21177
へえー。なかなか内部の根は良い状態のようですね。私はねぐされを懸念していましたが、そうではないようです。こればかりは、鉢から抜いて、写真を撮ってもらわないと分かりません。

たぶん、OKと思いますが、ひろしさんの認証が欲しいところです。
根が鉢の中にいっぱいのため、根が空中にも舞っている感じがします。次回は鉢のサイズをあげるといいとおもいますが、ミズゴケだと鉢のサイズに制限があるようです。私はミズゴケは使わないので、分かりません。

私はバークうえなので結構苦労しないで根を大き目の鉢に入れています。バークでもあまり極端に大き目の鉢だとダメなようです。


Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/06/25(Mon) 18:21 No.21178
次回のときの植え替えの話ですが、愛華園芸さんがやっているといわれていましたが、中心にみずごけ、外側にバークという植え方もあるそうです。私もやっていたことがありますが、割と良かった印象があります。これだと、鉢のサイズを2回りほど上げることができるので、植え替えも簡単です。(それでも根が多い場合は、植え込み材を多く使わないようにします。)

想像にすぎませんが、現在の状態だと内部の根が成長しすぎで、増殖に制限がかかり葉が増えないことが考えられ、上の方法でランはよりハッピーになるかもしれません。一方、13年育ててきていてこのままで良いという場合は、鉢のサイズはあまり上げない方が良いかもしれません。何かいじめて育てる盆栽を連想します。


Re: 花芽と植え替え - じゅん 2018/06/25(Mon) 19:43 No.21179
ありがとうございます。大きさを制限したいと思っているわけではありませんし、いじめるつもりは全くなくて、できたらハッピーにしてあげたいと思います。大きい鉢はあまりよくないというのを聞いたことがあったので、これまでほとんど鉢の大きさを変えてきていないというだけで。でもそれで窮屈な感じになっているのなら今からでも大きくしたいくらいです。どうしてあげるのがいいでしょうか?

Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/06/25(Mon) 20:55 No.21180
ひろしさんのいわれるように鉢のサイズがサイズアップして4号(??)以上だと、ミズゴケではダメで、バークになるでしょう。

わたしは、鉢増しといって1年後くらいに2周りくらい大きな鉢に中心にみずごけ(これまでのものをすっぽり取り出しあまり崩さない)、外側にバークつめるという形がいいかと思います。すぐにでもやりたいなら、鉢のサイズがサイズアップして4号以上になるならば、バーク植えになりますね(中心に現在のミズゴケを持ち込んでも良い)。前者のほうが、ランにはかなりやさしいと思います。容器はどんなプラスチックで構いません。底に大きめに穴を開けます。

13年間サイズアップしていないとなると、上の私の想像の通りかもしれません。


Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/06/25(Mon) 20:59 No.21181
返信がおそくなって申し訳ありません。
ほぼ「今回はこれで」という想定の仕上がりになっているように見えますのでOKと思います。

大きな鉢にすべきではないのは素焼き鉢にミズゴケ植えの場合です。バークで植えつける場合素焼き鉢+ミズゴケ植えのように「5号が限度」ということはなくなります。大柄な株の場合植え替えのたびに根を苦労して収める必要がなくなるのでバークでの植え替えが楽なのは日照効率さん御指摘のとおりですね。
但しミズゴケ育ちの株をバークに替えてうまく行かなかった例があり、(私個人の経験で一度と別の掲示板で相談を受けた例で一度)ミズゴケ植えに戻して回復したという例があるので、ミズゴケで育った個体はやはりミズゴケ植えすることをお勧めしています。「リスク覚悟で、楽なバーク植えを選ぶことが出来ますよ」とまでは言及してませんでしたが、リスク覚悟なら、ミズゴケからバークへの植え込み材料の変更もありですね。

バーク植えからミズゴケ植えにした例もあります。バーク育ちの3株寄せ植えだったピンクの大柄な個体のものをばらして5号プラ鉢+バーク植えを2鉢、比較研究のために1株を4.5号素焼き鉢にミズゴケ植えにして3年経過したものがあります。4.5号素焼き鉢にミズゴケで植え替えたものは植え替え時になかで一番弱そうな株だったせいもあるのか開花は毎年してますが、生育は停滞気味です。やはりバークで育った株は無理に素焼き+ミズゴケ植えに変えるべきではないですね。
生産者段階からバーク育ちだったためかバークで植え替えたほうが成育が良くさらに大きくなったので、昨年6号深鉢のバーク植えと、7号深鉢のバーク+軽石で植え替えました。生育はその後も順調です。

ちなみにこれも比較研究のため黄色の大輪大株を5号素焼きにバーク小粒で植え替えたものもありますが、良く乾くので水遣りが大変。
バークならプラ鉢が楽です。

品種での相性はあります。白大輪、アマビリスなど雨期乾期の比較的はっきりした原産地産の個体は「乾いたら水遣り」を厳密に守れるミズゴケ植えが比較的に楽、ピンク花の多いドリティス系は熱帯雨林気候に近い産地のものなので「乾いたら水遣り」はそんなに厳密に守らなくても、空気の入れ替えを兼ねた水遣りを守れば根腐れするリスクは低いのでバーク植え向きです。


Re: 花芽と植え替え - じゅん 2018/06/25(Mon) 22:50 No.21182
ありがとうございます。日照効率さんが書いてくださった、1年後くらいに鉢を大きくするということも視野に入れながら、とりあえずこのまま様子を見ようと思います。秋冬の空中湿度なども気をつけてみます。ありがとうございました。

Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/06/27(Wed) 19:32 No.21183
上で書いた鉢増しをされるのなら、これまでの13年と根の多さを考慮すると直径にして3cmから4 cm(6cm?)のサイズアップが好ましいかもしれません。
あまり大きな鉢は良くないというのは正しいのですが、サイズアップをしてはいけないということではありません。おそらく質問者さんの誤解と思います。
ミズゴケとバークのダブル使いは、バークに根を順応させるのに良いと思います。根がバークが嫌いならバークの中に伸びていかないはずですが、それは起こりそうにない感じがします。かなり後になりますが、もしやったなら根がバーク内によく伸展しているかどうかを確認してください。


茎と葉が黒ずんでいる 投稿者:初心者 投稿日:2018/04/19(Thu) 20:24 No.21140   
初めて質問させていただきます。
1ヶ月ほど前に胡蝶蘭をいただき、初めて育てることになりました。品種はチュンリーです。
昨日、右下の葉の付け根と茎が黒ずんでいることに気づきました。ラッピングしたままでしたので外したところ、ポットが湿っていました。おそらく水をやり過ぎていたのだと思います。植え込み材にも白くカビが生えているものがありました。
今は花が満開です。頂き物なので、出来れば枯らしたくない一心で、こちらに書き込みさせていただきました。全くの初心者で申し訳ございませんが、今から出来ることがありましたら教えていただきたく、お願いいたきます。


Re: 茎と葉が黒ずんでいる - 日照効率 2018/04/19(Thu) 20:48 No.21141
ラッピングをはずしたのでしたら、底に穴が開いているか確認してください。ラッピング自体がよくありません。
葉の全体がしおれたり、おかしくなっていなければ、大丈夫でしょう。
至急、水を制限してください。
詳しい説明はここにあるのでよく読んでください。
http://www.kochoransodatekata.com/101.htm


Re: 茎と葉が黒ずんでいる - 初心者 2018/04/19(Thu) 21:31 No.21142
日照効率様
早速のお返事ありがとうございます。
鉢は穴が開いて空いており、中は透明なビニールのポットでした。
ご案内頂いたURLを拝見しました。
右下の葉は付け根が千切れそうになっています。水のやり過ぎで病気にかかっていたら薬を与えなければいけないと考えていましたが、まだその心配はないということでしょうか?


Re: 茎と葉が黒ずんでいる - 日照効率 2018/04/19(Thu) 22:25 No.21143
写真からはわからないのですが、葉が何枚あるかにもよります。もらったばかりなら葉はたくさんあるはずで、1枚くらいロスしてもあまり影響はないかと思います。
植え込み材はバークでしょうか? それなら、乾かすだけで何とかなるかと思います。私は農薬、薬は基本的に使いません(室内栽培)。そのURLは熟読するとよいと思います。


Re: 茎と葉が黒ずんでいる - 初心者 2018/04/19(Thu) 23:49 No.21144
日照効率様、お返事ありがとうございます。
葉っぱは六枚あります。1枚くらいなら大丈夫と聞いて安心しました。
鉢とビニールポットの間も蒸れていたので、鉢を外して乾かしています。土の表面には枯れている根っこもありますが、中は緑で元気そうです。素材は黒いチップが入っているのでバークだと思います。
教えていただいたURLで勉強して、次のシーズンも花を咲かせてくれるように頑張ります。
ありがとうございました。



Re: 茎と葉が黒ずんでいる - 日照効率 2018/04/20(Fri) 01:09 No.21145
では、大丈夫だと思います。目視でビニールポット内に水滴がつかないくらいまで、よく乾燥してください。サボテンと同じCAM植物です。水のやりすぎは厳禁。

花芽が出てから開花時に私の状況では、2葉くらい枯れて、その後2−3枚新葉が出る状況です。


花芽を育ててもよいものかどうか... 投稿者:菜の花 投稿日:2017/10/17(Tue) 13:48 No.20954   
いつも参考にさせていただきありがとうございます。
今回相談させていただきたいのは、このまま花芽を育てても良いのかどうかです。
ひとつは葉が2枚なのに花芽が2本出て、おまけに前回の花芽より下から出ています。
ふたつめは今年半分枯れかかった株で、取り敢えず春に植え替えたら葉が1枚出て2枚になり花芽が1本出ています。
みっつめは新たな芽が横から出た株で、その芽は小さな葉が1枚ですが花芽が見えています。上には葉が3枚あって、それにも花芽がついています。
これらはこのまま育てても来年の成長に影響が出ないものでしょうか?
我が家には胡蝶蘭が25株ありますが、どれも葉が少ないのに毎年良く花芽を出します。
ちなみに環境的には加温、加湿設備はなく、一軒家の木造家屋(東京)ですので、胡蝶蘭には厳しいように思います。
よろしくお願いいたします。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2017/10/17(Tue) 23:24 No.20957
常識的には咲かせるのは無謀ですとお応えするべきパターンですが、何年も栽培経験があって、葉の枚数が少ない割に良く咲いてくれるということであれば、その栽培経過があっての結果としての状態でしょうから、それを無視してのお応えはしたくないパターンです。

まず基本的なことをお尋ねします。
冬場の栽培場所の日当たりと最低気温はどの程度なんでしょうか?また、東京のどのあたりで、周囲の環境はどのようなものなのか、出来るだけ具体的にお知らせください。
葉が少ないのはおそらく成長期間が短いのが原因だろうと思うのですが、その原因が何なのか見当をつける必要があります。
また環境の他に施肥が原因の一つになっている可能性がありますので、どのような肥料をどの程度、またどのように、与えているかもお知らせください。
私の常識的な判断では、花芽を出せるような状況ではないにも関わらず花芽が上がるのはバットグアノのような高効率リン酸肥料の肥効のためではないか?ということなのですが。

この画像の株は一度脇芽を出したがその後脇芽の成長は停滞していますね。この春夏秋には脇芽からの新葉はなかったのでしょうか?


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2017/10/18(Wed) 12:13 No.20959
早速のお返事ありがとうございます。
前回の質問に使ったPCではこちらのサイトにアクセスできませんでしたので、違うPCから返信いたします。
栽培経験は4年ほどで、どれも友人が育てられなかった胡蝶蘭を引き取りました。
冬場の日当たりは、東南東の向きの2階に置いていますので、午後1時ころまでは日が当たります。日中は日が差せば暖かいのですが、最低気温は10度を下回る日があります。町田ですので都内では気温は低いほうだと思います。夏はベランダに出して70%遮光をしています。
今まで3枚の葉で花芽を1本つけたり4枚で2本つける株はよくありましたが、2枚で花芽をつける株は今回初めてです。
施肥は5月後半から室内に取り込む10月前半まで、週1回水やり代わりにハイポネックス洋ラン用を4,000倍から6,000倍に薄めてやっていました。
脇芽が出た株は今年小さい新葉が1枚出たものです。写真では鮮明ではないのですが、小さい新葉の根元に花芽が出始めています。
よろしくお願いいたします。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2017/10/19(Thu) 00:25 No.20961
状況説明を追加いたします。
友人から引き取った時点での胡蝶蘭は葉が5〜6枚あり、色も青々としていましたが、私が育てている間に葉が少なくなり、色も黄緑色になってくるものが多いです。
夏に1〜2枚新葉が出ますが、それ以上に下から葉が枯れてきますので、段々葉が少なくなってしまいます。
それでも毎年健気にほぼ全部の株が花芽を付けますし、夏と冬2回花が咲く株もあります。
咲かせすぎかな…とは思ったのですが、胡蝶蘭のやりたいように任せていました。
任せすぎだったのでしょうか…?


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2017/10/19(Thu) 00:51 No.20962
お願いですが、関連するコメントは元スレッドに「返信」の形で入力をお願いします。そうしないと後でバラバラになり関連がつかみにくくなります。上の追加情報は転載しておきました。

花芽を増やすバットグアノを使用したわけでもないのに葉が少ないにも関わらず花芽がよく出るのはおそらく結果論であって原因は単純に葉の消耗が多いことによるものでしょう。
それではなぜ葉の消耗が多いか?ということになるのですが、おそらく夏の水不足ではないかと思われます。
町田市で夏、ベランダで70%遮光では、ちょっと強すぎる可能性があります。葉が黄色みを帯びるのは紫外線防衛のためのフラボノイド色素によるものであることが「光りが強すぎる」ことの証拠です。夏の直射光は5万〜10万ルクスあり80〜90%遮光にしたいくらいです。
光は吸収されると光合成に使われる以外はすべて熱エネルギーに変換されますから乾きは当然早くなります。水やりのタイミング遅れは全て古い葉から水分を奪うことによる負担となり、葉の寿命を縮めます。古い葉から回収するのは水分だけではなく養分も回収されるますが、新葉には主に窒素分が回されますがリン酸分が余剰となり花芽を促進してしまう、という筋書きだろうと思います。
葉の成長期には水は切らさないようにします。からからに乾かしたのでは水不足です。ミズゴケ植の場合ミズゴケ表面を触ってまだ湿り気が感じられるが冷たくは感じられない、というタイミングで次の水やりをします。水は勢いよく掛け流して鉢底から勢いよく流れ出すように与え、内部の空気も入れ替えるようにします。

今からの処置ですが、葉が2枚〜3枚の株は花芽は適宜間引いて一鉢に一つとすれば良いのではないかと思います。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2017/10/19(Thu) 06:21 No.20963
葉が減ってきているのなら、何かが間違っていると考えるといいでしょう。
私が疑うのは、植え替えをきちんとやっているのか? 水遣りは適切かどうか? ですね。
ちなみに2つの花芽のやつはバーク植えですね。
1枚の葉っぱでも花は咲きますけどね。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2017/10/19(Thu) 14:59 No.20964
詳しい説明をしていただき、ありがとうございます。
納得いたしました。

夏の水不足は思い当たります。結構カラカラになるくらい乾かしてからあげていました。バーク植えの方が水やりは多かったのですが、葉が落ちるのはバークがより多かったです。取り敢えず毎日夕方は霧吹きで水をかけていましたが、絶対的に不足していたんですね。かわいそうなことをしました。

葉が黄色みを帯びるのはなぜか調べても分かりませんでしたが光が強かったのですね。80%〜90%だと日陰に置く方がよいのでしょうか?寒冷紗を2枚重ねにする方がよいのでしょうか?

植え替えは一昨年しましたが、今年はミズゴケが痛んできたものだけにしました。来年の春に残りを植え替えようと思っています。

今回ご説明いただいたことに気を付けて、来年は葉を落とさないよう頑張りたいと思います。ありがとうございました。

ついでで恐縮ですが、もう1株花芽の育て方についてお教えください。
今年夏に花が咲いた株で、咲きながらもう1本花芽を伸ばしていましたが、途中で成長が止まり、その後先端と4p下からそれぞれ花芽が伸び、さらに葉3枚目の根元からも花芽が出てきました。1株で花芽3本になったわけで、これはどの花芽を残したらよいのでしょうか?
先端部分と下部の花芽の写真を添付いたします。
よろしくお願いいたします。



Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2017/10/19(Thu) 15:02 No.20965
2枚目の写真です。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2017/10/19(Thu) 17:47 No.20967
4年間の経験があり、25鉢も持っているのでしたら、葉を日焼けさせたことはないのでしょうか?
私の感覚では、葉を日焼けさせない範囲で、十分に日光に当てた方が良いことも多いと思います。この辺は自己判断できそうな気がしますが。葉っぱを触って温度が35度?以上くらいまで上がっていなければOK。

上の株は葉っぱが十分あるなら、私ならそのままにしておきます。年々葉が減らない限りにおいては、花芽がつくのは良いことです。

>植え替えは一昨年しましたが、今年はミズゴケが痛んできたものだけにしました。来年の春に残りを植え替えようと思っています。

植え替えしても、年々葉が減るなら、その原因は植え替えではないですね、、、、。植え替え直後に葉が落ちることはありますが。ひろしさんの言われる夏の水不足の可能性が高い気がしてきます。水を制限すると花芽が出安くなるというのなら、興味深い現象です。ただ葉が減るというのは困ります。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2017/10/19(Thu) 22:48 No.20968
水を制限すると花芽が増えるというのはおそらくそれだけでは因果関係が十分でなくて、日照効率さんの重視される「日照」との因果関係のほうが重きがあると思います。

「日照が、葉焼けしない範囲で十分あると花芽が上がりやすい」というのは周知の事実と思います。菜の花さんの株は葉が黄色っぽくなるほど日光に当たっていますから、これで水やり十分であれば葉の損耗はおそらく減り、花芽は枯れる下葉からのリン酸分は減るのでおそらく適正な1〜2芽に落ち着くと思うのです。

バークの場合ミズゴケより水持ちは悪いですから水やり頻度はおそらくミズゴケより増える(鉢サイズにもよりますが)のですが、「水やり頻度を上げられない事情がある時は前に記述したように、遮光を増すという対策が有効」ですが、水やりをもっとこまめにできるのであれば、「水やりをこまめに行えばそれで解決」だと思うのです。

今回問い合わせの株の花芽は途中成長が止まった花軸から2芽、新たな花芽がひとつ、ですね。葉の枚数はあまり多くなさそう(4枚でしょうか)なので私なら花軸の二芽のうち生きの良い方を残して一芽を切除します。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2017/10/19(Thu) 23:30 No.20969
非常に興味深いケースだと思います。
>水やりをもっとこまめにできるのであれば、「水やりをこまめに行えばそれで解決」だと思うのです。
そういう感じがいたします。

葉っぱをなるべく保全したい、花持ちは2の次というのなら、夏だけではなく、秋冬春もやりすぎない範囲で、水をやるといいと思います。私は冬に乾燥させすぎて、葉っぱを落とした経験があります。
花が咲いているときは水はあまり与えないと花持ちが良いという意見があるのですが、私の場合は、あまり心当たりがありません。この場合、緊急事態ということで、あまり秋冬春も乾かしすぎないということもありかもしれません。

ちなみに、ここの相談の多くが水のやりすぎに起因するものです。
かくして、水やり3年といいますが、ランの場合は水やり5年の熟練が必要なのでしょうかねえ。私の場合は5年以上たっているのに、、、まだ分からん。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2017/10/20(Fri) 14:03 No.20970
ひろし様 日照効率様

分かりやすく丁寧に解説していただき、ありがとうございます。
4年育てても私にはわからないことが出てきます。
こちらのサイトは強い味方です。

行きつくところは「水やり」なのですね。
毎日家に居ますので、水やりを増やすことは全く問題ありません。つい過湿が怖くて控えてしまいました。
いつになったら適切な水やりができるのやら…

花芽3本立ちの株はいきのよい葉が4枚としわのより始めた葉が1枚です。根本と4cm下の2本にして育てようと思います。他にも葉が4枚で花芽2本の株がいくつかあり、1本にするか迷いましたが、2本立ちで育ててみます。

また分からないことが出てきましたら、相談させてください。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2017/10/21(Sat) 00:33 No.20972
いや、本当に水やりは簡単ではありません。30年を超える経験を積んでも「水やりがこれでベスト」と感じたことは私にもないのです。まあ株に許容して貰える範囲の水やりはしているので30年以上も咲いている株はあるのですが、株はたいして大きくなってはいません。サラリーマンを続けながらの栽培なので暇がそんなに潤沢ではなく、(この掲示板回答も深夜だけ)なので手抜きできるときは手抜きしているせいもありますが。
比較的うまく出来た年には葉の数が増えますが、うまくいかなかった年には葉が減る、を繰り返しながらそれでも毎年咲いているという状態ですから、本当は株に「許してもらっている」のです。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2017/10/22(Sun) 16:44 No.20978
ひろしさんでもそれほど葉は増えているということではないのですね。参考になります。

ちなみに、25鉢あるなら水やりの程度を3段階(群)ほどに分けてやれば(大中小)、科学的に結果を得ることができ、水やりの程度の感覚がつかめるでしょう。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2017/10/22(Sun) 20:02 No.20979
日照効率様
面白いご提案ありがとうございます。
ただ、我が家の25株は、ビニールポットのバーク植え8株、素焼き鉢のミズゴケ植え10株、スリット素焼き鉢のミズゴケ植え7株で、それぞれ水やりが違い、さらに3段階に分けると、私では水やりが混乱しそうです……
来春の植え替えでは全部素焼き鉢ミズゴケ植えにするのも良いかもしれませんね。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2017/10/22(Sun) 22:47 No.20980
>植え替えしても、年々葉が減るなら、その原因は植え替え(をしないこと)ではないですね、、、、。植え替え直後に葉が落ちることはありますが。

と書きましたが、植え替えしても、年々葉が減るなら、私の植え替えの提案は、申し訳ないですが、取り消します。植え替えると、さらに葉が落ちる可能性があります。やはり葉が落ちるのは水不足の可能性が高いということです。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2017/10/22(Sun) 23:37 No.20981
そうですね。
こまめに面倒見ることができるなら、成長期の水やりを改善(乾かしすぎを解消)するだけでOKと思います。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2017/10/23(Mon) 13:08 No.20982
ありがとうございます。
正直20鉢以上を植え替えるのは大変で、ちょっと気が重かったのです。
来春の植え替えはパスして、夏場の水やりを増やすことで、葉の落ち具合を見てみます。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2017/10/26(Thu) 20:17 No.20985
>葉っぱをなるべく保全したい、花持ちは2の次というのなら、夏だけではなく、秋冬春もやりすぎない範囲で、水をやるといいと思います。私は冬に乾燥させすぎて、葉っぱを落とした経験があります。

秋冬春も水不足はランにとってダメージとなり得ます。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2017/10/26(Thu) 23:20 No.20986
冬季に水やりを抑えるのは株を休眠させて耐寒性を高めるためです。そうすれば最低気温は10度くらいまではOKになります。この場合葉に皺が入りますが枯れ落ちることはあまりありません。
最低気温が15℃以上をクリアできるのであれば、日照効率さんが指摘された通りで水不足は葉の損耗の原因となり得ます。温度が十分だと株は開花、また成長モードへの転換が促進されますから水不足は葉の損耗に繋がってしまいます。完全に乾かしてさらに一日おくのではなく、普通に乾いたら水をあたえたほうが良いわけです。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2017/10/27(Fri) 10:12 No.20989
私のウチ、最低18℃以上をクリアしてますねえ。たまたまですけど。あまりコメントできない状況です。
ひろしさんの仰る温度因子も重要だともいます。
25鉢あるなら、石油ストーブの導入もありかも。CO2を発生しますので、ランの栄養源になるんですが、なにせ管理がちょっと危険。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2017/12/17(Sun) 18:53 No.21036
前回はいろいろとご教授いただきありがとうございました。
ほぼ全部の株が花芽をつけました。
石油ストーブはやはりちょっと危険ですので、今年は電気パネルヒーターを一晩中点けることにしましたが、この時期でも最低温度は13−14度くらいになってしまいます。厳冬期ですとどうなることか…水やりが悩ましいところです。
今回ご相談したいのは、花茎が二股、三股に分かれるのはなぜかということです。
分かれても構わないとは思いますが、1本のほうが管理はしやすいように思います。花数も分散してしまいますし、私は早めに切って花瓶で楽しむので、切りづらい面もあります。
二股に分かれる芽が出てきたら切ってしまい、1本にしてもよいものでしょうか?



Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2017/12/17(Sun) 18:56 No.21037
写真その2


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2017/12/17(Sun) 21:54 No.21038
一般的に花軸が枝分かれするのは、「個体の持っている遺伝的な性質」のほかは「光線が不足気味のとき」の場合が多いのですが、菜の花さんの場合光線不足はあまり当てはまりそうもないですね。遺伝的な性質でいえばピンク花、小輪多花の原種エクエストリス(Phal. equestris)の血を引く中小輪品種に多いです。ついでに言えばこの系統は同じ小輪多花のプルケリマ(Phal. pulcherrima)も交配されている場合が多くピンクの濃いめの花が多いですね。
画像を拝見したところ濃いピンクの花のようですから、これは個体の持っている遺伝的性質であると考えてよいと思います。株任せで不安な場合は多少の選定をなさると良いでしょう。

我が家でも白大輪や黄色の系統は花軸が枝分かれするのはまれですが、ピンクの濃い(大輪ですが)Phal. Kinu 'Pink Candy'は我が家では花軸がよく分枝します。この花は3株寄せ植えのギフトを頂いたものでしたがギフトの状態では花軸は分枝していませんでした。我が家では日当たりの良い場所はカトレヤやデンドロに占領されていて多少暗めでも花を咲かせられる胡蝶蘭は陽当たりがあまりよくない場所に置かれるせいで我が家では分枝するのだろうと思っています。
陽当たりの程度によってはやはり咲かない枝があったりしますが、標準的な陽当たりでは多少径は小さくなるものの全部が開花します。3株のうち過去最高では一株29輪開花しました。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2017/12/18(Mon) 10:16 No.21039
早速のお返事ありがとうございます。
一株で29輪…すばらしいですね!
ご指摘の通り、写真1は小輪の濃いピンクの花で、枝分かれするのは小中輪系の株が多いです。
写真2は白にピンクが入った大輪で、他にも大輪で枝分かれの芽が出始めているものが何株かありますが、多分ピンクが入った花だと思います。
プロが育てた株は枝分かれしないので、何か育て方に問題があるのかと思いましたが、性質なのですね。
胡蝶蘭のやりたいように任せてみます。

もう1件ご相談です。
葉が1枚の株に花芽が出てきました(多分花芽だと思います)。この花芽をどうしたものかと…
前回日照効率様が葉が1枚でも花は咲くとおっしゃいましたので、どのように咲くか試してみたい気持ちと、1枚では株の負担が大きくてかわいそうだという気持ちが半々です。



Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2017/12/18(Mon) 17:24 No.21040
葉っぱが1枚のケースは、オフィスで、夜も24度が保たれているようなところでした。判断は自己責任になるでしょう。私なら、花芽を落とさないかと思います。これまで生き延びてきているので。

できれば、安価なエアコンかパネルヒーターをもうひとつ導入したいところです。ちなみに、栽培している部屋には日照も必要です。光に当てるために寒い戸外に出すというのは疑問です。このように、温度因子(24時間)、日照因子(数時間)は常に両方条件をクリアしなければなりません。ある程度、もしくはかなりのコストがかかります。

http://www.kochoransodatekata.com/112.htm
■温度
最低温度を15℃以上保てれば成長を続けます。18℃以上が理想です。日中は窓際でレースのカーテン越しに光を当てますが夜間は寒くなりますので家の中央に置きます。最低温度が15℃以下になる場合は、段ボールで全体を覆ったり、ホットカーペットなどで加温する必要があります。加温する場合、火事には充分注意してください。15℃以上が保てないとつぼみができてもそのまましおれることがあります。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2017/12/18(Mon) 21:49 No.21041
画像では成長点の先端がくびれているので花芽のようにも見えますがその先端の光沢が強いあたり根の成長点の可能性も捨てきれないです。根でないとしても花軸ではなくて脇芽(葉芽)の可能性もあるように思います。
茎をみると沢山の根が出そびれて(出そうとした根の先端の成長点部分が雑菌に侵されて黒ずんで)いるあたり、あまり生活力が旺盛ではない個体のように思います。雑菌に侵されて根が出そびれることがある個体には茎にペーストよりはやや薄めの殺菌剤を定期的に塗布しておくとよいかもしれません。
このような個体で、これが花芽(花軸)だとすると、あるいは死に花になる惧れもあるので判断は自己責任ですね。

白大輪でもセパルの背面がピンクを帯びるものは過去にピンクの花が交配に用いられていて、アントシアニン色素を作れるので葉や根の成長点、花軸などでは赤みを帯びることがあり、まれに花軸を分枝させたがる個体があります。
ピンクが交配されても正面からの色彩が純白なのはやはり生態として夜間飛ぶコウモリやガの類に花粉を媒介してもらうために夜間もっとも目立つ色彩「白」を捨てられないのでしょうね。



Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2017/12/19(Tue) 14:03 No.21042
日照効率様、ひろし様
お返事ありがとうございます

少し伸びた様子を見ると、花芽か脇芽か分かりませんが、根ではないと思います。
加湿器とパネルヒーターを一晩中つけても湿度は50%を下回り、最低温度も15度を切ります。昨年はホットカーペットで凌ぎましたが、やはり12度まで下がりました。夜に葉裏に霧を吹きましたが、つぼみが開花できずに枯れ落ちたものもありました。なかなか胡蝶蘭には厳しいですね。
この株は3株寄せ植えで里子に来ましたが、残りの2株も葉を落とし現在2枚で花芽を伸ばしています。
弱い個体で環境が厳しいので、花芽は成長しないかもしれませんが、どのようになるか様子を見たいと思います。

殺菌剤の塗布は思いつきませんでした。早速やってみます。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2017/12/19(Tue) 14:56 No.21043
よく分かりませんけど、それでは、そのパネルヒーターとそのホットカーペットをダブルで使えばいいのでは?
水不足が落葉の原因と疑われるのでしたら、15℃以上を目指して、あまり乾かしすぎないほうが良いかと思います。
http://www.kochoransodatekata.com/112.htm
■潅水
最低温度が15℃以上保てるかどうかで変わってきます。15℃以上保てる場合は株が成長を続けるので普通(植え込み材が完全に乾いてから水をあたえる)に与えてください。15℃以上が保てない場合は株が成長しないので潅水間隔を長めにしてください。また水を与える場合は水道水を直接与えると冷たいため、前もって汲み置きしある程度あったまったものを与えるようにしてください。またこの時期は乾燥しやすくなるので、管理場所によっては霧吹きなどで湿度を保ってください。
■肥料
肥料も潅水と同じですが、15℃以上を保てれば与えます


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2017/12/19(Tue) 20:00 No.21044
日照効率様 こんばんは

ホットカーペットは使い勝手が悪くあまり温まらないので、今年はパネルヒーターにしてみました。
古くて広めのLDKに置いています。起きている間はペレットストーブを焚いていますが、消すとなかなか部屋が温まりません。27鉢(2鉢増えました)にもなるとあちこち移動もさせられず、パネルヒーター2台導入などを考えなければなりませんね。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2017/12/19(Tue) 20:08 No.21045
潅水の水について、ですが、温度は日照効率さん仰せの如く、重要なので厳守してください。そのうえで、手を掛けられるなら、温度ばかりではなくて、カルキを抜き、水分子の塊を小さく、吸収しやすくする意味で湯冷ましをペットボトルに入れて、シェイクしていくらかでも空気を溶かし込んでから与えるという方法があります。
さらに、湯沸かしする際に鉄瓶を使ったり、釘を10本ほど薬缶にいれて沸かすと若干の鉄イオンが溶け出すので植物全般に対する活性効果が期待できます。
なお、施肥ですが、品種系統にもよりますが、一般的には、「与えてよいのは葉か根が成長している場合のみ」と考えてください。葉も根も成長していないのに与えると根の負担になり根腐れを助長することがあります。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2017/12/19(Tue) 20:51 No.21046
え?? ペレットストーブなんて、聞いたことがなかったのですが、これ、燃料を燃やすようですね。菜の花さんて相当リッチなのかな? 燃えると、CO2を発生するので、ランにも良好ですよ。CO2施肥という。これを20度くらいなるように一晩中つけておけば、万事解決のようなきがしますが?? あまり日本ではやられないようですが、海外では家全体を常時暖房しておくのは珍しくありません。たぶん、高級なやつと思われるので、CO2は出てこないかもしれませんがw まあ、あとはご自分のご都合ということになります。

ちなみに私の昔のオフィスでは1年中たぶん最低24度をクリアしていたので、季節感がなくなったのか、1年中ランが乱れ咲いていましたw


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2017/12/20(Wed) 13:32 No.21047
ひろし様、日照効率様 こんにちは

ペレットストーブは一晩中点けていても安全だとは言われてますが、私は何となく見えないところで炎が燃えているのは怖くて、寝るときは消してしまいます。残念ながらCO2は煙突から外に出てしまいます。

ひろしさんが前におっしゃったように、我が家の厳しい環境でも枯れずに花を咲かせてくれるのは、胡蝶蘭に許してもらっているのでしょうね。

こちらのサイトで知らなかったことがたくさん分かり、いろいろ育て方の工夫を教えていただきました。ベストな環境にはなりませんができることはしていきたいと思います。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2018/01/25(Thu) 15:51 No.21073
その節はいろいろとお教えいただきありがとうございました。今年もよろしくお願いいたします。

相談にのっていただいた株が開花しましたので、お知らせいたします。全般的にピンクの花は強いように感じます。
@は花芽3本を2本に減らした株
Aは枯れかけて持ち直した葉が2枚の株
Bはまだ咲いていませんが葉が1枚で花芽を出した株です。

ひろしさんからご指摘いただいたBの株で根が沢山出そびれた状態は、他の葉が落ちでしまった株にも見られました。それらは全て殺菌剤を塗りました。葉が落ちたのは夏場の水やり不足が大きいのでしょうが、根が出られなくて吸水が出来ず葉が落ちたこともあるかもしれません。
定期的(頻度は?)に殺菌剤を塗れば春になって根がちゃんと出るでしょうか?



Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2018/01/25(Thu) 15:53 No.21074
A2枚葉の株


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2018/01/25(Thu) 15:54 No.21075
@枚葉の株


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2018/01/25(Thu) 20:23 No.21076
花が咲くのは良いことですが、私は(ひろしさんも)、1枚葉のやつは花芽を落とすかどうかは自己責任と書いております。相当きつそうに見えますが、冬、春に適切なみずやりができれば、ぎりぎり生き延びれるかもしれない感じです。私なら花芽を落とさないといったのは、落としても、さらに別の花芽を出し、エネルギーを使ってしまうかもしれないからです。

私の印象では、殺菌剤は問題ではなく、みずやりであり、冬季も温度を高めにして、あまりからからに乾かさないことかと思います。経済的に問題なければ、パネルヒーターでもエアコンでもどんどん導入するのがよいでしょう。根が出そびれているというのも乾かしすぎが問題という可能性はありませんか? 今の最低気温はどのくらいですか? ここでのほとんどの質問は水のやりすぎに起因しているのですがねえ。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2018/01/26(Fri) 10:03 No.21077
日照効率様

早速のお返事ありがとうございます。

確かに乾かしすぎをしてしまいます。
パネルヒーターは全開状態にしますが、このところの記録的寒波では最低温度は13度でした。20畳近い部屋ですので温まりません。この環境で何とか冬越しさせたいと思うので、やはり乾かし気味の方が良いかと思っています。
ただ、27株の中には葉があまり落ちないで根もそこそこ出ている株もあります。何が違うのか… 感じとしては、私はバークよりも水苔の方が相性が良いのかなと思います。

1枚葉の株はダメになるのを覚悟で花芽をそのままにしています。でも何で葉が1枚でも咲きたがるのでしょうね…?


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2018/01/26(Fri) 18:26 No.21078
愛華園芸さんはバークの方が優れていると言っています。
温度は必須因子ですので、かなりきついですね。台湾あたりが野生での生息の北限です。そもそも、日本で育てることに無理があります。このまま、葉が減っていく傾向がとまらないと、究極的にはすべての株が死んでしまうと思います。ただ、最低13度Cくらいなら、うまく育てている方もいたと思います。

>でも何で葉が1枚でも咲きたがるのでしょうね…?
想像に過ぎませんが、ランが悲鳴をあげていて、自分の危険を感じ、花をさかせることで子孫を別の場所に展開させようとしているのだと思います。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2018/01/26(Fri) 21:27 No.21080
バークかミズゴケか?については株の持っている個性のほかに管理方法(水やり、施肥)にも左右されるので「どちらが優れているという議論はあまり意味がない」と思います。
株の個性でバーク植えが向く株もあるでしょうし、ミズゴケが向く株もあるでしょう。そのほかに水やり方法でも向き、不向きがわかれるところもあります。
経験上、バークでよく育っている株はそのままバークで育てるのが無難で、ミズゴケでよく育っている株はそのままミズゴケで育てたほうが結果が良いと思います。
さらに、経験上の傾向でいえば、熱帯雨林型に近い産地産の血の濃いもの(ピンクの濃いものが多い)はバークが向く個体が多く、アマビリスやシレリアナなどの台湾フィリピン産の血の濃いものはミズゴケを好むケースが多いのではないかと感じています。

>でも何で葉が1枚でも咲きたがるのでしょうね…?
やはり死に花になるでしょうね。その株は枯れても、ラン科植物の種子はほとんど胚のみで胚乳など養分は必要としませんから受粉さえすれば、比較的容易に種子をつくれるからです。とはいってもラン科植物の種子の発芽条件は非常に限定されるので決して生存率は高くはありません。

死に花の前段階で、生存の条件が悪くなると花軸に花を咲かせる前に高芽を出す場合があります。その場合は開花結実よりははるかに生存確率が高いのですが、高芽の「もとで」は葉2枚は必要です。葉が2枚程度で花軸に高芽が発生したという経験はないのでしょうか?



Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2018/01/26(Fri) 23:31 No.21081
あ、それとホットカーペットを下にすいてやれば、局部的には15−18度を保てるかもしれません。=ランもコタツに入った状態でハッピーということ。部屋全体を暖める必要はないのです。

Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2018/01/27(Sat) 10:09 No.21082
日照効率様 ひろし様

お返事ありがとうございます。

いやぁ、1枚葉をこのまま咲かすと自分がすごく冷酷な気分です。どうしよう…

今までに高芽が出た株はありません。夏の水やり不足と冬の温度不足が葉を落とす原因なのですね。この環境に耐えられた種類が葉を落とさず、耐えられなかった種類が落としたということでしょうか。

昨年ホットカーペットを使いましたが、直接鉢をカーペットに置くのが不安で今年はやめました。置いても大丈夫なのでしょうか?炬燵でパッピーだったら私も嬉しいです。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2018/01/27(Sat) 11:02 No.21083
ああ、それはサイエンスの分野になります。温度計で何度になるかきちんと測ってください。鉢の下部、上部で。熱くなりすぎるようだったら、下になにか敷けばよいのです。(カタログの本など)そうすれば、あまり乾かさずに、水遣りができます。死にそうなやつ、葉が少ないやつはさらにダンボールなどををかぶせる手もありますね。

Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2018/01/28(Sun) 10:03 No.21084
ホットカーペットは一畳用なので、葉の少ない株を優先的に置いてみます。試行錯誤しながら自分に合った無理のあまりない管理の仕方を探してみます。

Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2018/02/04(Sun) 01:10 No.21086
ひろしさんの言われるように、このケースでは、バーク植えはちょっと不利に働いてるかと思います。簡単な話で、乾かしすぎは、バークでよりダメージが大きくなると思います(バークはより乾きやすいということ)。単にみずやりをコントロールすればいいだけなんですけどね。

もし、春夏に新葉が出てくれば、 菜の花さんの一時的な勝利ということです。

ちなみに、カーペット上で28-38度C、鉢上部で20度くらいなら相当ハッピーでしょう。単なる想像です。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2018/02/05(Mon) 14:29 No.21087
たびたびで恐縮です。お教えください。

葉が1枚で花芽が伸びていた株の花芽を切りました。
生長点から芽が出てきました。花芽か葉芽かは分かりません。
日照効率さんが指摘されたように、別の花芽が出てきたのでしょうか。
こんな場所から花芽が出るのも驚きですが、どうしたらよいものか…



Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2018/02/05(Mon) 18:02 No.21088

成長点から伸びだしたのは花芽、花軸のようですね。日照効率さんの危惧が的中したわけですね。葉の成長点が花芽に化けるのは死に花に限らずちょくちょく見られる現象です。

この株は、やはり花を咲かせて結実狙いだったのですね。現実には花粉を媒介する小型コウモリにも大型のスズメガにも恵まれない環境ですから、結実することはないのですが〜人工授粉でもOKですが結実させても播種はフラスコで無菌栄養培地でないと〜設備がないと、どうしようもないです。

普通には「死に花を大事に観賞する」くらいしかできません。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2018/02/05(Mon) 19:54 No.21089
まあ、結果論ですが、残念です。ただ1枚葉でも管理がよければ、春夏も生き延びることもあるのであきらめることはありません。また、花芽の手前に出ているのは新葉ですか?

Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2018/02/05(Mon) 22:14 No.21091
早速のお返事ありがとうございます。

やはり「死に花」だったのですね。手前のは新葉です。それで花芽を切った方が新葉が育ちやすいかと思いました。
ホットカーペットを使っても鉢の上部は17度でした。厳しいですね…このまま花芽の行方を見届けてあげようと思います。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2018/02/05(Mon) 22:28 No.21092
新葉なら、なおさらまだ死ぬと決まったわけではありません。むしろ、死なない可能性がでてきています。見捨てないで面倒をみることをお勧めします。そうすると、成長点が花芽に変わったのではないかも。
鉢の上部は17度なら、上等です。冬でも水遣りが増やせます。まあ、少し環境が改善してきているので、ランもそれに応答したのかもしれません。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2018/02/06(Tue) 00:40 No.21093
私は、死に花とはかぎらないと、4回くらいは書いています。(ここはひろしさんと違います。)
あと新葉の先端が切り取られているようにみえますが、新葉は命綱ですのでなるべく触らないようにしてください。
ウチでは花があるうちに花軸を基本落とさないので、花があるうちに、待ちきれずに新葉が出て、10センチほど伸びます。(大輪系)



Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2018/02/06(Tue) 11:33 No.21094

この株は多分ピンク系の大輪だと思います。
新葉は触っても切り取ってもいませんが、少し成長した様子を見ると何だか変な出方をしています。
全般に昨年より鉢の渇きが早いように思うのは、温度が高いからでしょうか。水やりの回数を増やしてみます。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2018/02/06(Tue) 13:50 No.21095
ピンク系の花は白花大輪よりは水を好む傾向があり、からからに乾かすのは禁物です。
私の経験で葉一枚で花を咲かせると、新しい葉を出せずに枯死というパターンが多いわけですが、日照効率さん仰せのごとく枯死と決まったものではありませんね。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2018/02/06(Tue) 21:19 No.21096
ひろしさん、フォローありがとうございます。
新葉が変形しているのは、成長点付近が、ずっと下の花芽を切ってしまったことで、新たの花芽をつけたために部分的に乱れたということなのかもしれません。良かれと思ってやったのでしょうけど、逆効果であったということ。まあ様子を見て見ましょう。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2018/02/07(Wed) 10:23 No.21097

一般的な「水苔が乾いてからさらに2−3日後に水やり」の方法で水をあげていましたが、水苔が乾く度合いが、鉢底から触っても乾いている状態で、それから3日後位にあげていたので、完全な水不足でしたね…
我が家の半分以上はピンク系の株です。葉を落とした株にはリップが赤のものもあります。早速水やりを増やします。
1枚葉の株は、成長点から出た花芽も切ったらまた花芽を出すかもしれないので、今回はこのまま様子を見ます。

ひろし様、日照効率様いろいろご指導ありがとうございます。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2018/02/10(Sat) 22:24 No.21101
>一般的な「水苔が乾いてからさらに2−3日後に水やり」の方法で水をあげていましたが、水苔が乾く度合いが、鉢底から触っても乾いている状態で、それから3日後位にあげていたので、完全な水不足でしたね…

ちょっと状況が悪化すると困るので言いますが、菜の花さんの水遣りはそれほど間違ってはいないと思います。温度を確保できないで水遣りを増やさないほうがいい可能性がある。葉が減っていないやつは特に。これはそれぞれのランの種類などによる。

ホットカーペット上にある葉が減っているやつは少しは水遣りの頻度を増やしていいかもしれません。水遣りは本当に難しいです。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2018/02/21(Wed) 10:57 No.21123
いつもご指導いただきありがとうございます。
また、質問させてください。

1か月ほど前に花が咲き始めた株(濃いピンク)をご近所の方に里子に出しました。鉢はスリットの素焼きにミズゴケ植えです。スリットは乾きやすいので我が家の経験から水のやりすぎの危険は少ないだろうと思いました。2週間に1度あげたとのことです。
本日花茎が折れて葉がおかしくなったと持ってこられました。
葉は4枚あったのですが1枚は落ち、残りも色が変わり枯れ始めています。原因が分からず、鉢を割って根を裸にしてみましたが、根はさほど傷んでいるようには思えません。
ひと月でこのようになるのは何が原因でしょうか?このまま新しい鉢に植え替えてもよいものでしょうか?
落ちた葉と全体の写真を添付します。
よろしくお願いいたします。



Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2018/02/21(Wed) 10:59 No.21124
全体の写真です。

Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2018/02/21(Wed) 11:04 No.21125
すいません、写真が送れなかったようです。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2018/02/22(Thu) 00:02 No.21126
見た目の印象ですが温度と湿度の障害に見えます。高温(暖房機のそば)と低温(窓際などでの放射冷却)のダブル障害ということはないでしょうか?

Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2018/02/22(Thu) 09:45 No.21128
お返事ありがとうございます。

ご近所さんに確認しましたところ、東側のリビングのペアガラスの出窓に置いたそうです。暖房機は側にはなくガスストーブを点けていて夜は暖房はしていないそうです。加湿器はありません。最低温度は分かりません。

我が家はこの冬から夜はパネルヒーター、加湿器を点けているので、里親の環境よりは暖かく湿度も多少は高いと思います。環境の変化も影響するでしょうか?

現在根を裸にしたままビニール袋に入れてつるしています。すぐ植え替えて良いですか?

もう一つ質問ですが、植え替え時に鉢の外に出ていた根を切る方が良いのでしょうか?(切れという本がありました)どれだけ根を残したら良いかいつも迷います。無理に鉢に入れると根が折れてしまいますし。



Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2018/02/22(Thu) 21:46 No.21129
おそらく低温障害と夜間湿度の低さでしょう。
植え替えはすぐにでもOKですが、生きている根は切らないでください。健全な株で根が十分な場合鉢に入らない根は切ってもかまいませんが、瀕死の株で根を切ればますます消耗します。
小さめの鉢を使うことがお勧めですが、収まらない根は鉢に押し込まなくてもOKです。その場合、夕方と就寝前の葉水を与える際には露出した根にもスプレーで水を与えます。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2018/02/23(Fri) 09:24 No.21130
ありがとうございます。早速植え替えます。
胡蝶蘭を里子に出すのは慎重にしなければいけませんね。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2018/03/25(Sun) 11:26 No.21137
いつも大変お世話になっております。
また教えていただけますか。

ちょっと早いのですが里子にきて3年そのままにしていた株の植え替えをしようと思いました。
ビニールポットにバークと少しの水苔が混じっています。
でも根がぐるぐるに絡みついてほぐれません。(写真A)
無理にほぐすと根を痛めそうです。
中の方は根が痛んでいるものがあるかもしれません。
別のはこれ程ではなかったので頑張ってほぐしてみましたが、結構中の方の根が傷んでいて切り取りました。

無理にほぐさずにこのまま植え替えた方が良いのでしょうか?
私は水苔の方が相性が良いので水苔で植え替えたいのですが、ほぐさない方が良いのならバークでの植え替えになりますね。



Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2018/03/25(Sun) 19:00 No.21138
根鉢にたっぷりスプレーで水遣りして根に水を吸わせれば、弾力が出るので、外側から重なりに注意しながらほぐしていけば比較的簡単にばらけさせることができると思います。

Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2018/03/25(Sun) 22:26 No.21139

早速のお返事ありがとうございます。
注意してほぐしてみます。


助けていただければと思います 投稿者:鎌田豊 投稿日:2018/03/17(Sat) 22:37 No.21134   
先日大変立派な胡蝶蘭をいただき喜んでいたのですが、このような状況で困っています。2月にいただきました。水は苔が乾いていたので、一度だけ水をあげました。日当たりがなく、寒い玄関に、飾っておきました。どんどん元気がなくなり、葉がこのようになり困っています。どうすればよいでしょうか?

Re: 助けていただければと思いま... - 日照効率 2018/03/18(Sun) 18:09 No.21135
おそらく、低温障害と日照不足です。至急、温度は1日中15度以上になるようにし(24度くらいが望ましい)、日にもよく当てるようにしてください。

Re: 助けていただければと思いま... - 日照効率 2018/03/18(Sun) 18:39 No.21136
親切な説明はここにあります。 http://www.kochoransodatekata.com/101.htm

また、植え込み材がバークでなくミズゴケの場合は、4月に植え替えも必要です。


全く知識のない、掲示板も不慣れ... 投稿者:りき 投稿日:2018/02/12(Mon) 08:12 No.21103   
初めまして。よろしくお願いします。
五年程前に小さな胡蝶蘭?を頂きました。知識がある人でないと再度花は咲かず枯れると思い込んでいましたが、花が終わっても葉は元気でしたので、南側ベランダの樹木プランターの葉が茂る陰にひっそり置き、たまに水やりやアンプル上の栄養剤をあげていた程度でした。
しかし水遣り以外何もしてないのに、気づくと縁だけがピンクの可愛い花を数輪咲かせていたのでビックリしました。
下手に無知な私がいじるよりそのままの状態が良いのではと思い放置しました。すると又翌年花を数輪咲かせ、毎年咲いてくれるのです。
※データ容量が多いと出ますので、次に続きます。



Re: 全く知識のない、掲示板も不... - りき 2018/02/12(Mon) 08:33 No.21104
続きです。
今回ベランダ工事の為、実に五年振りに胡蝶蘭を取り出してみると、小さな鉢植えだったのが驚く程葉が生い茂り、根があちこちに飛出し、一番
驚いたのが葉の上に根がコンモリついています。さすがになんとかならないかと調べたのですが、空中の根などの対応が全くわかりません。年に数回花を咲かせる事ができるのも初めて知り、可哀想な事をしてきたのではと思っています。
胡蝶蘭どころか簡単な花を育成させる知識も私には全くなく、下手にいじると咲かせなくしてしまうのではと心配です。
今はなるべく今までの環境に近い様にと、寒い西北の窓際に置き、今まで通り1〜2週間に一回のたっぷりした水遣り以外何も出来ずにいます。
こちらでのお話を拝見し、私には難しく自信がなくなります。関東在住です、出来れば知識の有る方に可愛がっていただけないかと願う程です。
葉の上に出ている根などどうしたら良いのか、長くなりましたがどうぞよろしくお願いいたします。
追記:ビールは大きさの比較で置きました。



Re: 全く知識のない、掲示板も不... - ひろし@小南部 2018/02/12(Mon) 16:44 No.21106
蘭科植物には違いありませんが単茎性の胡蝶蘭(ファレノプシス)ではなくて複茎性、セッコク属ノビル系、セッコクの血が1/3〜1/4ほど入ったデンドロビウムの交配種ですね。

ちょっと光線不足ですね。ちょっと水遣りも冬場に多かったかな?空中で根が繁茂しているのは、光不足と冬の水遣りが多かったことが原因で高芽を出し、その根が増えたのです。光線不足と冬場の水遣りが余分な程度で他の条件的は、生存にはなんら差し支えがない環境であったということでしょう。

ベランダの樹木プランターのある環境は温度的にはどの程度なんでしょう?ノビル系デンドロビウムでセッコクが交配されたものは最低気温が3度もあれば越冬できますが日光は好みます。春夏の新しい茎の成長期には水分は多く必要ですが、茎の成長を止める秋から冬は水のやりすぎは禁物です。

蘭科植物の栽培の心得のある方であれば高芽ははずして独立株にするでしょうけれど、ご近所にそのような方はいらっしゃいませんか?

ネットで「デンドロビウム育て方」で検索すればある程度の情報は得られます。




Re: 全く知識のない、掲示板も不... - 日照効率 2018/02/12(Mon) 20:24 No.21107
あまり茂っていて、高芽になっているのかどうか分かりませんが、
https://hitohana.tokyo/note/1416
https://sodatekata.net/flowers/page/1696.html
のようになっているのが高芽です。根と葉が1セットで切り出せる状態。

こうなっているのなら、切り出して、別の鉢に植えます。
下の部分は、わたしなら鉢のサイズを上げ、根全体が入るような鉢に植え替えます。植込み材は同じものを使います。植え替え時期は、そのランの種類によって異なります。


Re: 全く知識のない、掲示板も不... - りき 2018/02/12(Mon) 21:31 No.21108
ひろし@小南部さん
早々のお返事、ご丁寧に解り易くありがとうございます。
胡蝶蘭ではなくデンドロビウムとの事で、物知らずで恥ずかしく思います。

そうですね、南ではありますが、樹木の葉影に隠れてあまり日光は当たらない環境でした。
今まで日に当てるのは良くないと思い込んでいたので、置き場所を改めます。
ベランダは真冬の深夜でも3℃は保てると思いますので、乾燥の激しい室内より環境は良いのでやはり外で育てるつもりでいます。
水遣りも慎重にやらなければいけなかったのですね、今後気をつけたいと思います。
自信はないですが、来年も花をつけてくれるよう頑張ります。


Re: 全く知識のない、掲示板も不... - りき 2018/02/12(Mon) 21:32 No.21109
日照効率さん
教えていただきありがとうございます。高芽という言葉もよくわからないので勉強します。

まずは根っこだらけになった小さな鉢を大きくし、広がった葉を紐でまとめたいと思います。
手入れもされず、けなげに5年も花を咲かせてくれました。
難しい事はできませんが、又花が咲いてくれると嬉しいです。


Re: 全く知識のない、掲示板も不... - ひろし@小南部 2018/02/13(Tue) 00:26 No.21110
日光を好むとはいってもこれまで日陰で育った弱い葉ですから急に100%の日光に当てると葉焼けしてしまいます。徐々に慣らすように、まず当初はこれまでよりは少し日が当たる程度から始めます。今の葉があるうちは「レースカーテン越し程度」あるいは「木漏れ日ちらちら程度」が限度ではないかな?
レースカーテン越し/木漏れ日ちらちらの状態で育った茎の葉ならこんどは30%遮光程度でよくなりますが2〜3年がかりですね。


Re: 全く知識のない、掲示板も不... - りき 2018/02/13(Tue) 08:16 No.21112
ひろし@小南部さん
お早うございます。
はい、すこしづつ日光に慣らしていきますね。二・三年がかりですか…せっかちですが、頑張ります。
重ね重ねのアドバイス、ありがとうございました。


Re: 全く知識のない、掲示板も不... - 日照効率 2018/02/14(Wed) 22:14 No.21116
あの、ちょっとネットで見てみたのですが、これがデンドロビウムの場合、(胡蝶蘭ではないのは確か)鉢のサイズをあげるというよりは(あげてもいいが)、株分けが通常のようです。高芽もつくようです。たくさん情報があるので、ネットで調べるといいでしょう。

Re: 全く知識のない、掲示板も不... - りき 2018/02/15(Thu) 06:49 No.21118
日照効率さん
お早うございます。教えていただいて、ありがとうございます。
株分けですか…私のような者にはハードルが高いですけどネットで調べてみますね。

こちらの掲示板にはご親切な方達がいらっしゃるので、胡蝶蘭でなくて残念です(^^;)。
本当にありがとうございました。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note - 胡蝶蘭の愛華園芸 ※姉妹サイト - 胡蝶蘭育て方ナビ -