4313127
胡蝶蘭のいろいろ掲示板 園芸相談、胡蝶蘭自慢など
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File(jpgかgif)
暗証キー (英数字で8文字以内、内容修正時使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

花芽を育ててもよいものかどうか... 投稿者:菜の花 投稿日:2017/10/17(Tue) 13:48 No.20954   
いつも参考にさせていただきありがとうございます。
今回相談させていただきたいのは、このまま花芽を育てても良いのかどうかです。
ひとつは葉が2枚なのに花芽が2本出て、おまけに前回の花芽より下から出ています。
ふたつめは今年半分枯れかかった株で、取り敢えず春に植え替えたら葉が1枚出て2枚になり花芽が1本出ています。
みっつめは新たな芽が横から出た株で、その芽は小さな葉が1枚ですが花芽が見えています。上には葉が3枚あって、それにも花芽がついています。
これらはこのまま育てても来年の成長に影響が出ないものでしょうか?
我が家には胡蝶蘭が25株ありますが、どれも葉が少ないのに毎年良く花芽を出します。
ちなみに環境的には加温、加湿設備はなく、一軒家の木造家屋(東京)ですので、胡蝶蘭には厳しいように思います。
よろしくお願いいたします。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2017/10/17(Tue) 23:24 No.20957
常識的には咲かせるのは無謀ですとお応えするべきパターンですが、何年も栽培経験があって、葉の枚数が少ない割に良く咲いてくれるということであれば、その栽培経過があっての結果としての状態でしょうから、それを無視してのお応えはしたくないパターンです。

まず基本的なことをお尋ねします。
冬場の栽培場所の日当たりと最低気温はどの程度なんでしょうか?また、東京のどのあたりで、周囲の環境はどのようなものなのか、出来るだけ具体的にお知らせください。
葉が少ないのはおそらく成長期間が短いのが原因だろうと思うのですが、その原因が何なのか見当をつける必要があります。
また環境の他に施肥が原因の一つになっている可能性がありますので、どのような肥料をどの程度、またどのように、与えているかもお知らせください。
私の常識的な判断では、花芽を出せるような状況ではないにも関わらず花芽が上がるのはバットグアノのような高効率リン酸肥料の肥効のためではないか?ということなのですが。

この画像の株は一度脇芽を出したがその後脇芽の成長は停滞していますね。この春夏秋には脇芽からの新葉はなかったのでしょうか?


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2017/10/18(Wed) 12:13 No.20959
早速のお返事ありがとうございます。
前回の質問に使ったPCではこちらのサイトにアクセスできませんでしたので、違うPCから返信いたします。
栽培経験は4年ほどで、どれも友人が育てられなかった胡蝶蘭を引き取りました。
冬場の日当たりは、東南東の向きの2階に置いていますので、午後1時ころまでは日が当たります。日中は日が差せば暖かいのですが、最低気温は10度を下回る日があります。町田ですので都内では気温は低いほうだと思います。夏はベランダに出して70%遮光をしています。
今まで3枚の葉で花芽を1本つけたり4枚で2本つける株はよくありましたが、2枚で花芽をつける株は今回初めてです。
施肥は5月後半から室内に取り込む10月前半まで、週1回水やり代わりにハイポネックス洋ラン用を4,000倍から6,000倍に薄めてやっていました。
脇芽が出た株は今年小さい新葉が1枚出たものです。写真では鮮明ではないのですが、小さい新葉の根元に花芽が出始めています。
よろしくお願いいたします。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2017/10/19(Thu) 00:25 No.20961
状況説明を追加いたします。
友人から引き取った時点での胡蝶蘭は葉が5〜6枚あり、色も青々としていましたが、私が育てている間に葉が少なくなり、色も黄緑色になってくるものが多いです。
夏に1〜2枚新葉が出ますが、それ以上に下から葉が枯れてきますので、段々葉が少なくなってしまいます。
それでも毎年健気にほぼ全部の株が花芽を付けますし、夏と冬2回花が咲く株もあります。
咲かせすぎかな…とは思ったのですが、胡蝶蘭のやりたいように任せていました。
任せすぎだったのでしょうか…?


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2017/10/19(Thu) 00:51 No.20962
お願いですが、関連するコメントは元スレッドに「返信」の形で入力をお願いします。そうしないと後でバラバラになり関連がつかみにくくなります。上の追加情報は転載しておきました。

花芽を増やすバットグアノを使用したわけでもないのに葉が少ないにも関わらず花芽がよく出るのはおそらく結果論であって原因は単純に葉の消耗が多いことによるものでしょう。
それではなぜ葉の消耗が多いか?ということになるのですが、おそらく夏の水不足ではないかと思われます。
町田市で夏、ベランダで70%遮光では、ちょっと強すぎる可能性があります。葉が黄色みを帯びるのは紫外線防衛のためのフラボノイド色素によるものであることが「光りが強すぎる」ことの証拠です。夏の直射光は5万〜10万ルクスあり80〜90%遮光にしたいくらいです。
光は吸収されると光合成に使われる以外はすべて熱エネルギーに変換されますから乾きは当然早くなります。水やりのタイミング遅れは全て古い葉から水分を奪うことによる負担となり、葉の寿命を縮めます。古い葉から回収するのは水分だけではなく養分も回収されるますが、新葉には主に窒素分が回されますがリン酸分が余剰となり花芽を促進してしまう、という筋書きだろうと思います。
葉の成長期には水は切らさないようにします。からからに乾かしたのでは水不足です。ミズゴケ植の場合ミズゴケ表面を触ってまだ湿り気が感じられるが冷たくは感じられない、というタイミングで次の水やりをします。水は勢いよく掛け流して鉢底から勢いよく流れ出すように与え、内部の空気も入れ替えるようにします。

今からの処置ですが、葉が2枚〜3枚の株は花芽は適宜間引いて一鉢に一つとすれば良いのではないかと思います。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2017/10/19(Thu) 06:21 No.20963
葉が減ってきているのなら、何かが間違っていると考えるといいでしょう。
私が疑うのは、植え替えをきちんとやっているのか? 水遣りは適切かどうか? ですね。
ちなみに2つの花芽のやつはバーク植えですね。
1枚の葉っぱでも花は咲きますけどね。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2017/10/19(Thu) 14:59 No.20964
詳しい説明をしていただき、ありがとうございます。
納得いたしました。

夏の水不足は思い当たります。結構カラカラになるくらい乾かしてからあげていました。バーク植えの方が水やりは多かったのですが、葉が落ちるのはバークがより多かったです。取り敢えず毎日夕方は霧吹きで水をかけていましたが、絶対的に不足していたんですね。かわいそうなことをしました。

葉が黄色みを帯びるのはなぜか調べても分かりませんでしたが光が強かったのですね。80%〜90%だと日陰に置く方がよいのでしょうか?寒冷紗を2枚重ねにする方がよいのでしょうか?

植え替えは一昨年しましたが、今年はミズゴケが痛んできたものだけにしました。来年の春に残りを植え替えようと思っています。

今回ご説明いただいたことに気を付けて、来年は葉を落とさないよう頑張りたいと思います。ありがとうございました。

ついでで恐縮ですが、もう1株花芽の育て方についてお教えください。
今年夏に花が咲いた株で、咲きながらもう1本花芽を伸ばしていましたが、途中で成長が止まり、その後先端と4p下からそれぞれ花芽が伸び、さらに葉3枚目の根元からも花芽が出てきました。1株で花芽3本になったわけで、これはどの花芽を残したらよいのでしょうか?
先端部分と下部の花芽の写真を添付いたします。
よろしくお願いいたします。



Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2017/10/19(Thu) 15:02 No.20965
2枚目の写真です。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2017/10/19(Thu) 17:47 No.20967
4年間の経験があり、25鉢も持っているのでしたら、葉を日焼けさせたことはないのでしょうか?
私の感覚では、葉を日焼けさせない範囲で、十分に日光に当てた方が良いことも多いと思います。この辺は自己判断できそうな気がしますが。葉っぱを触って温度が35度?以上くらいまで上がっていなければOK。

上の株は葉っぱが十分あるなら、私ならそのままにしておきます。年々葉が減らない限りにおいては、花芽がつくのは良いことです。

>植え替えは一昨年しましたが、今年はミズゴケが痛んできたものだけにしました。来年の春に残りを植え替えようと思っています。

植え替えしても、年々葉が減るなら、その原因は植え替えではないですね、、、、。植え替え直後に葉が落ちることはありますが。ひろしさんの言われる夏の水不足の可能性が高い気がしてきます。水を制限すると花芽が出安くなるというのなら、興味深い現象です。ただ葉が減るというのは困ります。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2017/10/19(Thu) 22:48 No.20968
水を制限すると花芽が増えるというのはおそらくそれだけでは因果関係が十分でなくて、日照効率さんの重視される「日照」との因果関係のほうが重きがあると思います。

「日照が、葉焼けしない範囲で十分あると花芽が上がりやすい」というのは周知の事実と思います。菜の花さんの株は葉が黄色っぽくなるほど日光に当たっていますから、これで水やり十分であれば葉の損耗はおそらく減り、花芽は枯れる下葉からのリン酸分は減るのでおそらく適正な1〜2芽に落ち着くと思うのです。

バークの場合ミズゴケより水持ちは悪いですから水やり頻度はおそらくミズゴケより増える(鉢サイズにもよりますが)のですが、「水やり頻度を上げられない事情がある時は前に記述したように、遮光を増すという対策が有効」ですが、水やりをもっとこまめにできるのであれば、「水やりをこまめに行えばそれで解決」だと思うのです。

今回問い合わせの株の花芽は途中成長が止まった花軸から2芽、新たな花芽がひとつ、ですね。葉の枚数はあまり多くなさそう(4枚でしょうか)なので私なら花軸の二芽のうち生きの良い方を残して一芽を切除します。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2017/10/19(Thu) 23:30 No.20969
非常に興味深いケースだと思います。
>水やりをもっとこまめにできるのであれば、「水やりをこまめに行えばそれで解決」だと思うのです。
そういう感じがいたします。

葉っぱをなるべく保全したい、花持ちは2の次というのなら、夏だけではなく、秋冬春もやりすぎない範囲で、水をやるといいと思います。私は冬に乾燥させすぎて、葉っぱを落とした経験があります。
花が咲いているときは水はあまり与えないと花持ちが良いという意見があるのですが、私の場合は、あまり心当たりがありません。この場合、緊急事態ということで、あまり秋冬春も乾かしすぎないということもありかもしれません。

ちなみに、ここの相談の多くが水のやりすぎに起因するものです。
かくして、水やり3年といいますが、ランの場合は水やり5年の熟練が必要なのでしょうかねえ。私の場合は5年以上たっているのに、、、まだ分からん。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2017/10/20(Fri) 14:03 No.20970
ひろし様 日照効率様

分かりやすく丁寧に解説していただき、ありがとうございます。
4年育てても私にはわからないことが出てきます。
こちらのサイトは強い味方です。

行きつくところは「水やり」なのですね。
毎日家に居ますので、水やりを増やすことは全く問題ありません。つい過湿が怖くて控えてしまいました。
いつになったら適切な水やりができるのやら…

花芽3本立ちの株はいきのよい葉が4枚としわのより始めた葉が1枚です。根本と4cm下の2本にして育てようと思います。他にも葉が4枚で花芽2本の株がいくつかあり、1本にするか迷いましたが、2本立ちで育ててみます。

また分からないことが出てきましたら、相談させてください。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2017/10/21(Sat) 00:33 No.20972
いや、本当に水やりは簡単ではありません。30年を超える経験を積んでも「水やりがこれでベスト」と感じたことは私にもないのです。まあ株に許容して貰える範囲の水やりはしているので30年以上も咲いている株はあるのですが、株はたいして大きくなってはいません。サラリーマンを続けながらの栽培なので暇がそんなに潤沢ではなく、(この掲示板回答も深夜だけ)なので手抜きできるときは手抜きしているせいもありますが。
比較的うまく出来た年には葉の数が増えますが、うまくいかなかった年には葉が減る、を繰り返しながらそれでも毎年咲いているという状態ですから、本当は株に「許してもらっている」のです。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2017/10/22(Sun) 16:44 No.20978
ひろしさんでもそれほど葉は増えているということではないのですね。参考になります。

ちなみに、25鉢あるなら水やりの程度を3段階(群)ほどに分けてやれば(大中小)、科学的に結果を得ることができ、水やりの程度の感覚がつかめるでしょう。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2017/10/22(Sun) 20:02 No.20979
日照効率様
面白いご提案ありがとうございます。
ただ、我が家の25株は、ビニールポットのバーク植え8株、素焼き鉢のミズゴケ植え10株、スリット素焼き鉢のミズゴケ植え7株で、それぞれ水やりが違い、さらに3段階に分けると、私では水やりが混乱しそうです……
来春の植え替えでは全部素焼き鉢ミズゴケ植えにするのも良いかもしれませんね。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 日照効率 2017/10/22(Sun) 22:47 No.20980
>植え替えしても、年々葉が減るなら、その原因は植え替え(をしないこと)ではないですね、、、、。植え替え直後に葉が落ちることはありますが。

と書きましたが、植え替えしても、年々葉が減るなら、私の植え替えの提案は、申し訳ないですが、取り消します。植え替えると、さらに葉が落ちる可能性があります。やはり葉が落ちるのは水不足の可能性が高いということです。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - ひろし@小南部 2017/10/22(Sun) 23:37 No.20981
そうですね。
こまめに面倒見ることができるなら、成長期の水やりを改善(乾かしすぎを解消)するだけでOKと思います。


Re: 花芽を育ててもよいものかど... - 菜の花 2017/10/23(Mon) 13:08 No.20982
ありがとうございます。
正直20鉢以上を植え替えるのは大変で、ちょっと気が重かったのです。
来春の植え替えはパスして、夏場の水やりを増やすことで、葉の落ち具合を見てみます。


胡蝶蘭初心者です 投稿者:ダイナ 投稿日:2012/05/24(Thu) 10:48 No.3339   
胡蝶蘭どころか、花を育てるのは初めてです。
お歳暮で頂いた胡蝶蘭で、鉢に2株植えてありました。
1つは頂いた時から葉の色が薄く、花もすぐに落ちてしまったのでダメかと思ったのですが、4月の終わりごろに1株ずつに植替えたところ、葉に元気が無いほうに花が咲きました。
もう一つの葉が濃い緑色のほうは、芽?根?か判断がつかないものが何本か出てきているのですが、花はつきませんでした。また、どちらの株にも新しい葉は出てきていません。

今は週に1回ハイポネックスを薄めた水をやり、直射日光の当たらない窓際においてありますが、このままでいいのでしょうか?今後どのように管理していけばいいのか、アドバイスをいただけますか?

添付は花が咲かなかった株の根元の写真です。




Re: 胡蝶蘭初心者です - ダイナ 2012/05/24(Thu) 10:52 No.3340
花が咲いた株の根元の写真です


Re: 胡蝶蘭初心者です - ダイナ 2012/05/24(Thu) 10:57 No.3341
全体の写真です。
花が咲かなかったほうも、茎はまだ残してあります。



Re: 胡蝶蘭初心者です - ひろし@小南部 2012/05/24(Thu) 20:41 No.3342
二株を寄せてあったということは花はほとんど同じピンクであるということですね。
花軸があると、新葉の成長を抑えることが多いですから、花の咲いていない株は成長したがっている気配もありますし、今年の花は諦めて花軸を株元近くで切り取ったほうが良いと思います。そうすると新葉が成長し始めることができるようになります。
今開花中のものも、出来れば同様に切花にして、葉の成長を始めやすい環境にしてあげたほうが良いでしょう。

現在ミズゴケ植えになさっていますが、鉢が素焼鉢ではないのですね。乾きが遅くて根が湿っているままの期間が長くなりますので育て難いと思いますし、根腐れを起こす危険性があります。花軸を切除すると同時に素焼鉢に、今回はあまり根をいじらずに、移し変えていただければよいと思います。

肥料は葉が成長を始めたら与えて構いませんが、成長していない株に肥料を与えるのは根腐れの原因にもなりやすいですから、新葉が出始めるまで与えないほうが良いです。

置き場所は明るい窓辺であれば直射日光は当たらなくて構いません。


Re: 胡蝶蘭初心者です - ダイナ 2012/05/29(Tue) 14:11 No.3355
ありがとうございました。

早速花軸は根元で切り、鉢も素焼きのものに変えました。
しばらく様子を見てみます。


植え替えたのですが・・・ - ダイナ 2012/05/31(Thu) 18:09 No.3369
月曜日に素焼きの鉢に植え替えたのですが、
なんだか葉が黄色く枯れてきてしまったんです泣
もともと花が咲いていた株は特に顕著です。
花が咲かなかったほうは、一番下の葉がしわしわになってきています。
この場合、どうすればいいんでしょう?
もうだめなんでしょうか?

写真は花が咲いていた方の鉢です。
力尽きた感が漂ってるんですが。。。



Re: 胡蝶蘭初心者です - ダイナ 2012/05/31(Thu) 18:10 No.3370
こちらは花が咲かなかったほうの鉢です。
芽?根?のようなものが出てきてはいますが、
葉に元気がなくなってきてしまいました。



Re: 胡蝶蘭初心者です - ひろし@小南部 2012/05/31(Thu) 20:28 No.3371
これはたいへん!鉢が素焼ではありません!
駄温鉢といって焼成温度が高くほとんど透水性が無い鉢です。これではプラ鉢にミズゴケで植えるのと大差ないです。このままでは根腐れ間違いなしです。
乱暴に聞こえるかもしれませんが、至急鉢から抜いてミズゴケを落とし、株を古新聞紙の上において、直射光の当たらない間接光線だけの明るい窓辺などで3日ほど根を乾かしてください。そのとき下の画像の茎から出始めているのは新根ですが、傷付けないようご注意ください。

それで改めて本当の素焼鉢に植えることになりますが、、、

園芸店でも未だに本当の素焼鉢を知らない人々が多いのですよ、、、あるいは、知っていても安くて脆く壊れやすいので、儲からないし扱いが面倒なので品揃えしていない場合も多いです。多孔質、透水性があるので胡蝶蘭やカトレヤ、デンドロなどの着生ランには必需品なんですがね、、、

どうしても素焼鉢が手に入らない場合は、今の段階であまり勧められないのですが、植え込み材料をバークに変更する必要があります。


えっ!!! - ダイナ 2012/06/01(Fri) 09:14 No.3374
この鉢、素焼きじゃないんですか!!!?
素焼きって書いてあったのに・・・泣

本当にありがとうございます。
大急ぎで鉢から出して新聞紙の上に避難させました。
弱ってきたのは私のせいだったんですね。。。

この週末を利用して『本物の』素焼きの鉢を探してきます。
また報告させていただきますね。



Re: 胡蝶蘭初心者です - ひろし@小南部 2012/06/01(Fri) 09:54 No.3375
ウーム、根の状態も良い状態ではないですね。とりあえず乾いたら、完全に死んでふかふかになった根は外側を取り除いて芯だけにして(株の支えの助けにはなるので)本当の素焼鉢にミズゴケで植えつけてください。
その後の管理ですが、生きた根が少ないですから、ミズゴケはやや乾き気味に、そのかわり葉水を夕方と寝る前にたっぷり与えてください。
遣り方はは鉢をひっくり返して葉の裏にたっぷりとスプレーしますが、スプレーする水は塩素を飛ばすために湯冷ましを使ってください。鉄瓶があれば鉄瓶で沸かすと有効な二価鉄イオン(メネデールの主成分)を含みますのでより効果が高まります。

それにしても未だに駄温鉢と素焼鉢の区別がつかない販売店もあるのですね。駄温鉢の縁には釉薬が掛けてあるのですから、「素焼」とは言えないのにね。
まあ、釉薬の有無ではなくて焼成温度が問題なんですが、素焼は縄文土器より焼成温度が低いのですよ。
それで多孔質、水を良く吸い込みかつ蒸散させますから鉢内のミズゴケからもどんどん鉢に吸い上げて鉢の表面から蒸散しつづけるので、鉢内のミズゴケはどんどん乾いていき、水の替わりに空気を吸い込むので、根には新鮮な空気が常に供給されるのです。それで空気を好む胡蝶蘭の根が窒息せずに済むのです。

与える水も本当は水道水ではなくて、空気をたっぷり巻き込んだ弱酸性の雨水が良いのですが、かといって日本の梅雨は長雨に過ぎますので、空気を含んだ水は長雨でも根を窒息死させることはないものの吸水が楽楽なため逆に根の成長の必要が無くなって成長をやめてしまい、後の葉の成長が悪くなることが多いです。


Re: 胡蝶蘭初心者です - ダイナ 2012/06/12(Tue) 11:41 No.3414
前回アドバイスを頂いてから、今度こそ本物の素焼きの鉢に植え替えました。
残念ながら、もともと元気がなかったほうは葉がすべて黄色く枯れてしまいましたが、もう1つはなんとかがんばってくれてるみたいです。
ただ、根は新しいものが少しずつ増えてるようなんですが、葉がだんだんしわしわになってきてしまってるんです。。。
なにか環境を変えたほうがいいんでしょうか?

水遣りはアドバイス頂いたとおり、湯冷ましを葉の裏に朝晩スプレーしてます。
よろしくお願い致します。



Re: 胡蝶蘭初心者です - ひろし@小南部 2012/06/12(Tue) 21:54 No.3416
根はなんとか伸び始めているようですね。湯冷ましによる葉水を継続してください。夕方4時ごろ7時ごろと就寝前の3回は実施していただいたほうがよいですね。他の時間帯にするより、夕方から夜間、日の出前の回数が多いほうがよいのです。
胡蝶蘭はCAM植物で、昼間は気孔を閉じ、夕方4時ごろから夜間に気孔を開いてガス交換(二酸化炭素の取り込み)をしますのでそのときに水蒸気をあわせて放出しますが、そのときに周囲の湿度ができるだけ高いほうが体内水分の消耗が少なく、体内水分を失うことによるしわを軽減できます。

新根が5cm以上の長さのものが3本以上になれば、根からの給水を自前でできるようになると思いますが、それまではミズゴケはあまり湿らせないことです。できるだけ湿り気は表面だけにして中まで湿らせないようにしてください。そのほうが根の伸びが速いですから。


ご報告 - ダイナ 2012/07/17(Tue) 14:02 No.3520
前回アドバイスを頂いてから1ヶ月が経ちました。
週1での水遣りと葉水を継続した結果、新しい葉が出てきました!根も見える範囲では元気に伸びているようです。
本当にありがとうございました。

お中元で新たに白い胡蝶蘭をいただきました。
前回と同じで陶器の鉢に2株寄せてあります。
明日素焼きの鉢に植替える予定ですが、どのように育てていけばいいかまた相談させてください。



Re: 胡蝶蘭初心者です - ひろし@小南部 2012/07/17(Tue) 16:20 No.3521
とりあえず一株は命を永らえたようですね。新根が5cm以上のもの4本以上に揃ったら普通の管理に戻せます。新葉の成長に合わせて施肥も可能ですが、当分の間、施肥は水遣り後にN:P:K=6:6:6の2000倍を与えてください。直接2000倍だと新根の先(成長点)をいじけさせてしまう場合があります。
新しく手に入れた寄せ植え株もできれば化粧を剥がして中身を確認したうえで、過湿にならない範囲で水遣りしてください。花のある時期、水やりは多いよりは少ないほうが無難です。


Re: 胡蝶蘭初心者です - ダイナ 2012/07/25(Wed) 17:38 No.3584
別スレにするか悩んだんですが、このまま続けていきます。
お中元で頂いた胡蝶蘭を植え替えたんですが、写真右側の株の葉が急速に元気がなくなってきてるんですが、どうしたらいいんでしょう?葉にハリがなくなり、色も全体的に黄色っぽくなってきています。
植え替えた時に根を見たんですが、窮屈そうにビニールポットに入っていた割りに、新しい根もちらほら見えたので安心していたんですが。。。

週1で水遣り、その後N:P:K=10:10:10(薄めずに使えるタイプ)のハイポネックスを100倍ぐらいに薄めたものを与えています。また、毎日の葉水も行なっています。
水が少なすぎたんでしょうか??



Re: 胡蝶蘭初心者です - ひろし@小南部 2012/07/26(Thu) 16:54 No.3589
薄めずに使える肥料にN:P:K=10:10:10の表示があるのはおかしいですね、、、この表示は重量辺りの成分を%で現したもので、薄めず使えるとすれば洋蘭では0.1%未満となるはずで、商品の成分表示に数字を出せないはずなんですが?と念のためハイポネックスジャパンの商品一覧からハイポネックスキュート洋蘭用を検索したら0.10:0.10:0.10ですね。これのことでしょうか、これをそのまま使うと、私がお勧めしている6:6:6の1/60の濃度がありますから6:6:6を60倍に薄めた濃度がある計算なのです。そのまま使うなんて「ご冗談でしょう!」という話です。水遣りの後だとしても濃すぎます。それを100倍にして与えたのであれば6000倍ですから、害の無い濃度にはなっていますが、、、

それより以前に胡蝶蘭には普通の温帯地生植物の常識は通用しないことをご理解いただきたいですね。まず、普通花の咲いている状態では施肥は禁物です。
それと植替えのタイミングは成長期か成長期が始まる直前、通常は花後、です。花、または花軸があると、葉や根の伸長を阻害することが多いので少なくとも根をいじっての植替えなのであれば花軸をばっさり切って切花にしてから、ということになります。根をいじらない場合のみ、周囲にミズゴケを足して鉢替えすることは可能ではありますが、、、

右の株の状態が急に悪くなったとのことですが、ちょっとこの画像では私には良くわからないです。アップ画像を掲載可能でしょうか?


Re: 胡蝶蘭初心者です - ひろし@小南部 2012/07/27(Fri) 20:22 No.3602
邪魔なスレッドが上を塞いだようなので引き上げます。

0350 - シャネルスーパーコピーN級品 2017/10/22(Sun) 06:23 No.20976 ホームページ
注文から到着までスムーズでした。
手書きのお手紙が添えてあったり、丁寧に商品が包んであり、とても良かったです。
何より感動したのが、包装を止めるセロテープが剥がし易い様にしてあった事です。
受け取る人の事を考えてくれてると感じました。
新品とはいえ、大切に使おうという気持ちになりました。
大袈裟かもしれませんが、包装からショップさんの商品やお客様に対する気持ちが伺えました。
また機会があれば利用したいです。
この度はありがとうございました。


9322 投稿者:N品激安通販専門店 投稿日:2017/10/22(Sun) 06:04 No.20975 ホームページ   
私はこれまでにかなりの数をネットにて購入してきましたが、サービス等、あらゆる面でトップクラスにも入るショップですね。
連絡先の電話番号もキッチリ載せてくれてますし、解らない事もあったので電話してみたのですが、なんと直ぐに出られて対応してくれました。(ネットショップはメールだけでの対応のお店の多い事!)
急の予定もあり、前日での商品到着予定日の時間も検討でしたが、こちらの要求以上応えてくれて、
次の日の午前中に届けてもらえました。(余りの速さにチョッとビックリ)
商品も期待通りで、手書きの心のこもったお手紙も流石と思います。
ありがとうございました。
これからも頑張って下さいね。

この芽は 投稿者:ru(^^)mi 投稿日:2014/06/30(Mon) 12:33 No.13173   
この芽は根ではなさそうな。花芽では??

Re: この芽は - ru(^^)mi 2014/06/30(Mon) 12:37 No.13175
挨拶が遅れました。
これも根ではなさそうな



葉の補修 - ru(^^)mi 2014/06/30(Mon) 12:38 No.13176
補修をしたのは結果的にこんなになりました。
枯れてます。



Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/06/30(Mon) 14:39 No.13177
花芽のようですね。今頃花芽が上がるとしたら、、、プルケリマの血の濃い品種ならあり得ますが、少なくともアマビリス系、白花大輪ではなさそう、、、

補修したものは結局、光合成の効率悪化で養分を回収されちゃったのですね。でも葉先からも養分が回収されたように見えますから、仕事は無駄ではなかったのだと考えることにしましょう。


驚き!! - ru(^^)mi 2014/06/30(Mon) 18:25 No.13180
やはり、花芽なんですね!
11月〜12月に出て来るものだと完璧に思っておりました!
この時期に花芽が出る品種なんですね。
びっくりです!
私は超初心者です。初回からこんな幸運に恵まれるとは!
本当にご指導に感謝です。

花芽が見られるのは、この2株の他にもう1株あります。


もしかして - ru(^^)mi 2014/06/30(Mon) 21:00 No.13183
高芽の可能性はありませんか?

Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/07/01(Tue) 09:15 No.13191
葉の基部につく潜芽は通常花芽になる定めなのですが、時と場合によって直接葉芽になる場合があります。その場合の多くは花芽として伸びなかった茎下部の潜芽が、成長点の事故や不調で通常の成長が期待できなくなった時に、直接葉芽として茎の下部から出てくることが多いです。まれに成長点が花芽に化けてしまう場合があり、その場合は本来の成長点直下の比較的高い位置から葉芽になり、ちょっと茎がオフセット(芯ずれ)した感じになりますがそのまま成長をする場合があります。
画像で拝見した限りは ru(^^)mi さんのものは現段階では花芽としか言えないと思います。ただし、このまま伸びてつぼみがついて開花する保証はないのです。つぼみの代わりに葉芽がつく可能性は常にあり、特に夏場の成長期にその可能性は高まります。つぼみがつく代わりに葉芽が出る場合が高芽です。高芽は必ず節の小さな苞がある場所に発生します。

夏場は葉の成長期であることが多く、葉の成長を期待して薄めの施肥するのが通例です。薄くするとはいっても窒素分の存在によって花芽が葉芽に化けやすいので葉芽になる確率が冬場より高くなりますが、これは致し方ないですね。


では - ru(^^)mi 2014/07/01(Tue) 20:33 No.13195
高芽になることを前提に今まで通りの育てかたを、引き続き考えたいと思います。
この時期に高芽になった場合、初冬に新たに花芽が出るのでしょうか?


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/07/01(Tue) 21:19 No.13196
あれひょっとして高芽をお望みですか?
高芽を上手に元株を弱らせないように育てるのは意外に面倒なものですよ。

現時点では花芽ですし、プルケリマの血の濃い交配種なら、窒素肥料をものともせず開花することだって考えられます。そうなれば次の花芽はまた一年後、おそらく夏咲きの傾向のある個体、ということになろうかと思います。夏中咲いて秋から初冬に1〜2枚の葉を出して翌年初夏に花芽が出て、、、という、白の大輪やアマビリスとは違った生活サイクルを持っているのかもしれませんね。


いえいえ - ru(^^)mi 2014/07/01(Tue) 21:30 No.13197
高望みは後でがっかりするだけなので。
もちろん、花が咲いてくれるに越したことはありません!
私が今理解しているのは、水肥を薄く与えることくらい?としか分かっていません。


花の - ru(^^)mi 2014/07/01(Tue) 21:34 No.13198
種類は解りませんが、贈答で頂いたのは普通に皆がよく見る白と赤の大きめの花でした。

花の形は - ru(^^)mi 2014/07/02(Wed) 06:46 No.13201
白も赤もこんな感じだったと記憶しております。愛華園さんのHPより拝借。


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/07/02(Wed) 09:13 No.13202
今花芽が出ている株は高い確率でピンクの濃い花を咲かせる品種だと思います。
白大輪でも、つぼみが薄ピンクを帯びるものは紫紅色の色素を作る能力があるので、葉や根の成長点に赤みを帯びるものはありますが、ここまで赤くはならないだろうと思いますので。
花を期待できると思います。

白の大輪でも過去にピンクの品種の血の入り込んでいる品種は純白の品種よりは暑さに強いものが多いように感じています。



今日の - ru(^^)mi 2014/07/02(Wed) 12:47 No.13203
13175の新芽はこんな感じです。少し、ほんの少し大きくなった様です。
今日は午後から雨模様。昼休みに室内に退避させました。



ですか! - ru(^^)mi 2014/07/02(Wed) 12:54 No.13204
では大いに花芽に期待したいと思います。

雨の日に退避させている場所はこんな感じです。写真の右側が屋上への出入口です。



Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/07/02(Wed) 13:31 No.13205
雨にはあててもいいんですよ。雨滴には酸素や二酸化炭素、微量の硝酸、微量の亜硫酸などが含まれていて弱酸性を帯びますが、それらはすべて植物にとって有用なものです。

雨水が良いのは - ru(^^)mi 2014/07/02(Wed) 18:57 No.13206
承知しております。ただ、今週の月曜夕刻に水を与えたばかりで、少し苔も湿り気がありましたので、今日の雨には少し早いかなと思いまして。それで屋内に入れた次第です。明日は終日雨の予報なので半日ほど雨に打たせようと考えております。以前、根を乾かすことと水を与えるのを交互に繰り返す事で成長するとお聞きしてたので。基本、苔が乾いたら水又は水肥、雨水で。

で、花芽の出た株ですが、水や水肥の与え方はどのようにしたら良いのでしょうか?
初冬に出る場合は水肥を与えない方が良いと理解してますが、この時期は株を太らせる時期だと思っています。花が咲く可能性があるのなら是非、見てみたいと思っています。アドバイス、お願いします。


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/07/03(Thu) 09:15 No.13209
葉の成長と花芽の伸長と同時の場合、施肥は薄め、6;6;6なら3000倍以上で水やり替わりに与え、施肥の間に必ずただの水やりを挟むことが必要と思います。窒素分は葉の成長に不可欠ですが窒素が多いと花の形成を邪魔します。ということで降雨の中に含まれる微量よりは濃いですがぎりぎり花芽をつぶさない濃度が3000倍かな、、、濃縮を避けるため間に水やりを挟むという意図です。

今日のわんこ!ではなく - ru(^^)mi 2014/07/03(Thu) 12:45 No.13212
こんにちは。
今日の花芽です。また少し成長してるかな。

ハイポネックス6-10-5です。チッソは6です。
前にも書きましたが、いまだに3,000倍より濃くしてません。



Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/07/03(Thu) 13:51 No.13216
6:10:5は汎用草花用ですね。花の肥料と言われるリン酸がちょっと突出しているのは温帯地生の草花用を主に意図したものです。洋ランの場合葉を育てたいときはこの突出したリン酸がちょっと邪魔で濃度を上げられません。成長期も3000倍くらいでお使いになるのが良いでしょう。
ひょっとしてこの突出したリン酸分が株の性質にマッチして花芽をもたらした可能性がありますね。

リン酸肥料で有名なものにバットグアノがありますが、これをつかうと芽という芽がすべて花芽になることがあります。デンドロの例ですが茎基部のリードになるべき芽まで花芽になったという恐ろしい効果の実例を画像でみたことがあります。


それにしても - ru(^^)mi 2014/07/03(Thu) 18:52 No.13217
花芽が出てくれたのには嬉しかったです。
このまま、水又は雨、水肥3,000倍を暫く繰り返したいと思います。


Re: この芽は - ru(^^)mi 2014/07/04(Fri) 12:54 No.13223
13212の株です。また大きくなりました。


Re: この芽は - ru(^^)mi 2014/07/04(Fri) 12:56 No.13224
13173の株です。これも随分大きくなりました。


葉先の裂けは - ru(^^)mi 2014/07/04(Fri) 18:14 No.13225
もう進展せず、写真の感じで終わったみたいです。ずーっと裂けが続かなかったので良かったです。


ふと思ったのですが - ru(^^)mi 2014/07/04(Fri) 19:12 No.13231
13223と13224の花芽の茎の色が違いますね。ピンクと茶色。花の色で違うのでしょうか?

Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/07/04(Fri) 20:55 No.13232
花芽の色の微妙な違いは花の色の差かもしれませんし、同じ花の色でも光線の当たり具合などでの差のためであるかもしれません。ピンクの花なら当然、白花でもギフト用になる白大輪の多くは萼片の裏にピンクの色彩がありますが、これらは遺伝的にアントシアニン色素を作る能力があります。この色素は花の色彩のためだけはなく抗酸化剤として紫外線による被害を軽減したり、寒さに抵抗する働きももっています。低温で強い光線にあたると株全体が海老茶色に染まるのはそのような理由なのですが、特に強い刺激がなくても元来有用な色素ですからふだんから用意はしてある、ので紫ピンクだったり海老茶色だったりするわけです。
遺伝的にアントシアニンを作れない白花種の場合、低温や強光線などの刺激があると葉はやや黄色っぽくなりますが、アントシアニンではなくて黄色のフラボノールを使うためです。アントシアニンはブルーベリー果実の色として有名ですが人間の体内でも抗酸化剤として作用するのでサプリメントにも多用されていますね。
花の色彩を際立たせるには有害とされる太陽光の紫外線をたっぷり与えることが条件になる場合もあります。植物は紫外線の害から身を守るために大量のアントシアニンを作って全身に配備するのですが、花弁にも供給されますから花の発色が良くなるのです。カーネーションではハウスを紫外線を吸収するビニルではなくて吸収の少ないPETシートでつくるのが主流ですし、私の経験でも夏に半日陰で咲かせたカトレヤと同じ個体が冬季とはいえガラス越し直射光と低温にあてたときに咲かせた花が色彩が全く違うのに驚いたことがあります.

葉は裂けただけではなくてやはり食われてますね。ダンゴムシが食えるのはほんの一時期のことですから、もう大丈夫でしょう。


やはり - ru(^^)mi 2014/07/06(Sun) 17:48 No.13237
ダンゴムシですか?
どんな食べ方をしたら葉の先がこんなになるのでしょうか?


無題 - ru(^^)mi 2014/07/07(Mon) 12:44 No.13238
8日目の花芽です。成長スピードが早くなった気がします。


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/07/07(Mon) 13:38 No.13239
ダンゴムシは新葉がまだ折りたたまれて出てくるころに中心脈側のまだ柔らかい部分を食べたんですね。デンドロなんかが被害にあうと、膨らみ始めた新芽の柔らかい部分だけくりぬくようにも食害します。侮れませんね。ある程度以上育って固めになるとダンゴムシははが立たなくなってナメクジにバトンタッチしますが。

花芽の成長楽しみですね。


中休み - ru(^^)mi 2014/07/08(Tue) 12:56 No.13243
台風の影響があった雨も昨日の午後から中休みの様です。
今は晴れ間が見えてます。
一番遅く新葉が出た株に花芽らしき芽が出てきました。
10株のうち、花芽?が4株になりました。

写真は、今日の13238です。



自分の体を痛めて - ru(^^)mi 2014/07/08(Tue) 18:19 No.13245
こんにちは。
写真の株、中央部の根が右側に伸びていますが、自分の葉を突き抜けて根を伸ばしています。自己を痛めてまで根を伸ばすことに驚きです。

ダンゴムシの件、柔らかい部位を食べたんですね。今日はどこから来たのか蟻が1匹、コンクリートスラブの上をうろついておりました。
動物ってとごからでもやってくるのですね。呆れます。



Re: この芽は - hiroshi@小南部 2014/07/08(Tue) 21:31 No.13246
おそらくみなプルケリマの血の濃い交配種ではないかと思いますが、ひょっとしたら戸外に出されて風通しが良くなり花芽分化適温まで鉢温度が下がったなどということもあるのかも。
見た目元気そうな株ばかりですから、株任せにしておけばよいので、気楽に成り行きを見守ってください。胡蝶蘭も蟻もダンゴムシも一旦生を受けたからには生き延びようとするものです。みな生存をかけて必死ですからね。


今夜は屋外に出して帰宅しました - ru(^^)mi 2014/07/08(Tue) 22:41 No.13248
明日の朝は、急いで屋内へ退避させないとたいへんなことになりそうです。多分、出社した時には強風域に入っていると思うので。yahooの予報では風は5mくらいなのでギリギリ間に合うと思いますが、少し心配です。

そろそろ、梅雨明けの時期になります。
私の胡蝶蘭はご存知の通り、屋上で育てています。夏の盛の間はどんな管理をするのでしょうか?屋外だと最高気温が38℃になるだろうし、コンクリートスラブの上では余計に気温が上がるでしょう!そのまま屋外で?


今日の13224 - ru(^^)mi 2014/07/09(Wed) 14:07 No.13249
こんにちは。
台風の雲が急ぎ早に動いていますが、雨は降っていません。
今朝は無事に室内に避難することが出来ました。
外に出したり室内に入れたりで花芽がどっちに向こうかと右往左往しているようです。



Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/07/09(Wed) 23:12 No.13253
つゆあけするとたしかに屋上は厳しいでしょうね。
室内の明るい窓辺に避難できればよいのですが、、、


ですか! - ru(^^)mi 2014/07/09(Wed) 23:29 No.13255
やはり屋上では厳しいですか?ですよね。
さーて、どうしたものか。1鉢くらいならどうにでもなるような気がしますが、10鉢ともなると場所があるかどうか。
明る過ぎず暗すぎず、直射日光はダメだし、少しは風が通り、考えたら場所がありませんよね。少し探索してみます。


今日の13249 - ru(^^)mi 2014/07/10(Thu) 18:43 No.13256
日に1cm程度の伸びで成長しているようです。

帰宅途中でホームセンターに寄りました。愛華園さんで使用されている園芸用の洗濯ハサミを探しに。支柱を挟んで花芽を支える専門用のはありませんでした。手に入れる方法は無いものでしょうか?少し早いかなととも思いますが、準備万端で花を迎えたいなと思ってまして。

フラワーピンチと言う名前の様ですね。取り敢えず、100円ショップで探してみます。



Re: この芽は - hiroshi@小南部 2014/07/11(Fri) 08:51 No.13258
フラワーピンチは私もホームセンターや100円ショップでさがしているのですが、見当たりません。ギフト鉢の花後をもらった(押し付けられた?)ものについてきたものを洗って使っていますがビニタイを使うより手軽で便利ですよね。
ダ〇〇ーさんには是非とも販売してほしいものだと思うのですが、、、


さきほど、厚かましく - ru(^^)mi 2014/07/11(Fri) 18:44 No.13259
愛華園芸様に電話して、ピンチ代、送料当方負担で送って頂けることになりました。20個お願いしました。

株が - ru(^^)mi 2014/07/12(Sat) 17:01 No.13263
植え替えした頃は株が傾いておりました。5/28に傾きを支柱を利用して直してやりましたが、あれから新しい根も多くなったこともあって支えは必要ないだろうと外しました。
13238の花芽は8cmまで伸びました。あと10日もすれば、今度は花芽に支柱が必要になるでしょう!



無題 - ru(^^)mi 2014/07/13(Sun) 15:19 No.13266
こんなに口が大きい方が良いですね。


ダ○○ーでは - ru(^^)mi 2014/07/13(Sun) 15:32 No.13267
これが一番大きかったです。


Re: この芽は - hiroshi@小南部 2014/07/13(Sun) 16:46 No.13268
まんま洗濯ばさみではないですか、、、
胡蝶蘭の花軸と支柱を仮止めするのはこれ↓がよいと思います。ピンチではなくクリップでした。
http://gardening-life.com/articles/tool/gcp-04.html


なるほど - ru(^^)mi 2014/07/13(Sun) 17:13 No.13269
なるほど、思い付きもしませんでした!知恵が足りませんでした!


無題 - ru(^^)mi 2014/07/14(Mon) 18:55 No.13270
土曜日からの2日間で1cmは大きくなっています。
花芽が出ている株だけは、水肥の濃度を薄くして与えた方が良いですか?


Re: この芽は - hiroshi@小南部 2014/07/15(Tue) 13:17 No.13271
葉が成長しているのであれば液肥は通常の倍程度に薄めたものを与えたほうが良いでしょう。葉の成長がなく根だけが成長している場合はさらにその倍くらいに薄めて与えます。葉も根も成長していない場合は水やりだけにしてください。

なるほど - ru(^^)mi 2014/07/15(Tue) 18:11 No.13272
大方の全部の株ですが、葉の成長は緩やかになっています。水肥は薄めを心がけたいと思います。以前の様に次から次に新葉が出て、尚且つ大きくなっている様にはありません。
花芽だけは順調ですけど。



Re: この芽は - hiroshi@小南部 2014/07/15(Tue) 20:43 No.13273
画像の株に関していえばまだ成長途上の葉がありますから薄めの液肥を与えた方がよさそうです。新葉が標準の2/3に達したら、次の新葉が見えない場合は、施肥はやめた方が良いでしょう。

アドバイス感謝です - ru(^^)mi 2014/07/15(Tue) 21:13 No.13274
他の鉢で、実は3枚目の新葉が出ている株は1株だけです。
花芽が出ている他の株も2/3を確認しながら水肥を与える加減をします。


遮光ネットは - ru(^^)mi 2014/07/18(Fri) 12:57 No.13284
光も遮りますが、熱も遮りますね。
あるのと無いのとでは5℃違います。
株の近くで計ると32℃です。無い所では38℃でした。


Re: この芽は - hiroshi@小南部 2014/07/18(Fri) 23:01 No.13285
猛暑ですね。32度なら風が少しでもあれば許せる範囲ですが、38度となると死なないまでも成長が止まりますね。この差は大きいです。

幸いにも - ru(^^)mi 2014/07/19(Sat) 01:04 No.13287
風があります。やはり、海風の影響かと。
32℃あたりが限界なんですね。どこかに避暑地を探さないとダメですね。


ここまで - ru(^^)mi 2014/07/21(Mon) 17:38 No.13294
ここまで大きくなりました。


Re: この芽は - hiroshi@小南部 2014/07/21(Mon) 22:06 No.13295
花芽も葉も順調に成長しているようですね。何よりです。

この株だけが - ru(^^)mi 2014/07/25(Fri) 18:06 No.13310
4枚目の新葉が出てきていますが、2〜3枚目が大きくならずに4枚目が。
少し成長の仕方がおかしいのでは。と思うのですが。

日曜日まで猛暑なので室内に全株、避難させています。



Re: この芽は - hiroshi@小南部 2014/07/26(Sat) 20:38 No.13318
うん、たしかにおかしいです。
次々に成長点の芽が動き出して新しい葉を作り葉自体が成長しない、、、というのはなにかの環境ホルモン原因のようにも思えます。雨が良くなかった可能性も0ではない、、、私の住いのように田舎であれば、雨に環境ホルモンが混じる可能性は考えなくてよいのですが、都会であればひょっとしたら無視できないのかも、、、それともリン酸肥料の多い配合の施肥で逆に窒素分を抑制したか、、、それとも猛暑が何らかの影響を及ぼしたか、、、?

根の成長の様子はいかがですか?


そうですか! - ru(^^)mi 2014/07/26(Sat) 20:45 No.13319
10株あるなかで、この株だけがこの症状です。
根に異常は見られないと思います。成長している感があります。月曜日にこの株の根の写真の撮り、アップしてみます。


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/07/27(Sun) 21:21 No.13325
根の成長具合をお尋ねしたのは根の生育が十分でなくそれが葉のサイズに影響したのかと考えてのことです。成長しているはず、ということであれば施肥を6:10:5ではなくやはり6:6:6の3000倍かあるいは微粉ハイポネックス6.5:6:19の4000倍をお試しになってみてははいかがでしょうか。ホルモン疑似物質がはたらいているように思えるのですが。ホルモンは肥料がらみであることが多いのです。

Re: この芽は - ru(^^)mi 2014/07/28(Mon) 12:50 No.13330
裏表から撮りました。
根はどうですか?



Re: この芽は - ru(^^)mi 2014/07/28(Mon) 12:51 No.13331
どうでしょう?


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/07/28(Mon) 21:54 No.13334
根は問題なく元気そうです。
葉の異常はホルモン異常くらいしか原因が思いあたりません。雨に当てた株でしょうから雨に環境ホルモン様物質が入っていた可能性と肥料に含まれていた成分、それと肥料を薄めた水のいずれかが原因なのかもしれません。またホルモン異常を起こす真菌の(天狗巣病やバカ苗病のような)感染という可能性も除外できないかもしれません。一度殺菌剤を散布、鉢内にも灌注した上で、やはり肥料も6:6:6に変えた方が安全かと思います。


水肥は - ru(^^)mi 2014/07/28(Mon) 23:56 No.13336
日曜日に近くのホームセンターに行きまして、6:6:6を探して見ましたがありませんでした。もう少し、近所を探してみます。
疑問なのは10株の中で、この株だけがこの症状だという事です。


左の株 - ru(^^)mi 2014/07/29(Tue) 18:27 No.13339
こんにちは。
左側の株は、あと半月もすれば蕾らしきものが見え出すのではないかと期待しております。



Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/07/29(Tue) 21:57 No.13342
個体差、個性、個体の感受性の差なのでしょう。
6:6:6は何も洋ラン用でなくても野菜用でも構わないのです。また10:10:10とか。5:6:7程度でも良いのです。
10:10:10の場合は希釈倍率を最低3000倍と考えなければなりませんが、、、

花芽の成長している株は見るからに元気そうですね。


はい! - ru(^^)mi 2014/07/30(Wed) 18:23 No.13346
私も元気だなあーって思います。
今日の日中は36℃近い猛暑になりましたので室内に待避。夕刻より雷雨となりましたので外に出しました。最高気温を考慮しながら引っ越ししています。


な、なんと - ru(^^)mi 2014/08/01(Fri) 18:06 No.13353
まだ花の茎が伸びるんだとばかり思っていたら、蕾が確認出来ました。
花の茎があと20cmは伸びるんだと思ってましたので、驚きです。
でも、蕾の数は少ない様で。本来の咲く時期ではないのが影響しているのかと思います。
観察していて変化が楽しめるので嬉しいです。
台風が近づいて来ました。昼間は屋外に出しておりましたが、この土日は屋内待避です。



3日ぶりに - ru(^^)mi 2014/08/04(Mon) 12:09 No.13366
確認したら蕾が、こんなに大きく色まで付いてます。


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/08/04(Mon) 18:04 No.13371
やはりドリティスの血の濃いピンクの花なんでしょう。開花が楽しみですね。

このピンク系 - ru(^^)mi 2014/08/04(Mon) 18:31 No.13373
の株は、春に花が咲いたとき、贈答で3末に頂きました。頂いたときはまだ蕾が6個ほど残っていて、全部の花が開いた後の5月には植え替えしたので花を咲かせることに余り体力を使っていなくて、それで今回花芽がでたのでは?と思ったりしました。

Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/08/05(Tue) 09:44 No.13379
胡蝶蘭の体力は健全な葉の枚数です。花軸を早めに切り取ったり、適切な水やりなどで下葉の損耗を減らせれば株は毎年葉を増やせます。葉の付け根に花芽になる潜芽がありますから葉の枚数を増やすことは花を見る回数を増やすことにつながります。

Re: この芽は - ru(^^)mi 2014/08/05(Tue) 12:23 No.13382
質問です。1度花芽がが出た箇所の反対側から花芽が出ますか?1度花芽が出たその段の反対側からでないとなれば、出る箇所がどんどん新葉に近い高い場所から花芽が出ることになりませんか?
それからもう1つ。素焼きの鉢の回りが白くなってます。悪く言うとカビの様な。カビでしょうか?一応、乾いた雑巾で拭き取りましたが。


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/08/05(Tue) 22:51 No.13387
通常花芽は葉一枚の付け根にある潜芽が成長するものです。したがって新葉を2枚成長させれば花芽は二つ出すチャンスをえたことになりますが必ずしも全部の潜芽が花芽になるわけではありません。
一度花芽が伸びたところからまた花芽がでることはありませんからどんどん花芽の出る可能性のある場所は高いほう高いほうへ移っていきます。根も同様でどんどん高い場所から出るようになります。それを植え替えの時に引き戻してやるわけです。

素焼き鉢に出る白いカビは共生菌の菌糸ですからごく薄い場合は気にする必要はありません。むしろ管理状態が良くて生育が順調のときにそのようになりやすいのです。白いふわふわした菌糸を鉢がまとっているなら「生育順調」「管理方法もOK」と考えてよいのです。


なるほど - ru(^^)mi 2014/08/06(Wed) 01:34 No.13388
上に伸びていくんですね。私の場合は今年植え替えしたので来春はしないんだと思います。その状態で新しい根が新葉に伴って上部から出るのですね。
やはりカビでしたか?鉢を触っていると簡単に取れる感じです。鉢を触っているとそのカビの臭いか、鉢の臭いがします。当然ですが、湿気臭い様な。


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/08/06(Wed) 09:13 No.13390
カビと聞いただけで嫌う方がおいでですが、カビのなかには有用なカビもたくさんありまして、カビなしには日本人の食生活もままならないのです。みそ、しょうゆのコウジカビがその代表です。もちろん有害なカビも多いですが。
ランの鉢に出るカビは本来植物に対して病原性をもつリゾクトニア属の一種なんですが、ランの周囲では他の有害菌の侵入を防ぐてバリアとなり、またその生産物や菌糸自体がランの肥料となるというように、おとなしくランに奉仕している状態になっています。
ただ、ランが弱ると病原性を発揮してランの細胞を消化し始めますので、共生ではあるけれども仲良しクラブではなくて、かなり危うさがある共生関係と言えますが、ランを弱らせなければなんら害になるカビではありません。


13310の現在 - ru(^^)mi 2014/08/06(Wed) 18:35 No.13392
13310の現在はこんな様子です。2枚目、3枚目は少し変でしたが4枚目は普通に大きくなっています。2〜3枚目も少しではありますが成長しているようです。


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/08/06(Wed) 22:17 No.13393
どうやら折り合いがついたようですね。菌のコメントをしたばかりなので、思いついたのですが、共生菌との何かのやり取りがあった可能性がありますね。同じリゾクトニア属でも種の違う菌がコロニーを拡大してこれまでの共生菌を追い出しにかかったとか、株の細胞内に内生を試みたとか、株はそれを拒否したとか、、、結局どうなったかは後々の成長具合でしか推測しようがないですが、これからはそんなに異常は出ないのではないかと思います。

無題 - ru(^^)mi 2014/08/07(Thu) 03:35 No.13394
毎回、近況の報告ばかりになり、申し訳ありません。
得にカビは吸気したら体に悪いイメージが先行してしまいまして。
先の台風で、屋外の遮光ネットが強風であおられたのでしょう!悲惨な有り様になりました。暑い夏が過ぎる8月まで屋内に暫く移動です。


すこし - ru(^^)mi 2014/08/07(Thu) 08:15 No.13395
少しずつ大きくなっています。

共生菌の話、よくよく読んでみると理解出来た感じがします。欄の中に菌がいるってことですね。



真上から - ru(^^)mi 2014/08/08(Fri) 19:13 No.13400
撮って見ました。13395です。
写真は午後7時前に撮ったものです。葉焼けしている様に見えますが、夕日のせいです。水を与える10分ほど陽にあたってはいましたが、葉焼けはしておりません。
花芽が無い株には3500倍くらいで。花芽がある株には水を与えました。

そう言えば、花芽がある株に新芽は出ない様です。他の株には新しい葉が出て来ています。初冬に備えて株が太ってくれると嬉しいです。



Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/08/08(Fri) 20:16 No.13402
つぼみがだいぶ膨らんできましたね。開花が楽しみです。

植物は何も言いませんが、生きています。置かれた環境と管理のもとで、ひたすら遺伝子の命ずるままに葉を伸ばし、根を伸ばし、花を咲かせようとします。その生きる意志を手伝うのが管理者である我々の仕事になるわけですが、仕事を上手にこなすにはやはりその植物のことを理解することが大事、ですね。
いろいろ悩みながらにしても、その結果としての開花ですから、、、素晴らしいことなのです。


おはようございます - ru(^^)mi 2014/08/11(Mon) 07:50 No.13412
また、1週間が始まりました。今回も土日、株の様子を見ておりません。今、通勤中ですが会社に着いてどんな変化があるのか楽しみです。
ここ半月ほど夜に暑苦しさを感じずに過ごせています。昨晩は秋虫の鳴く声を聞きました。お盆も数日後、残暑となるか?
あー、花芽がどんなに変化してるかな?


おー! - ru(^^)mi 2014/08/11(Mon) 08:12 No.13413
こんなに膨らんでいました!


白いカビ - ru(^^)mi 2014/08/11(Mon) 12:54 No.13415
の写真です。どうでしょう?


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/08/11(Mon) 14:56 No.13416
カビの具合は「適度」の範疇です。ふさふさした感じになると過湿ですし、全く生じないのは乾かしすぎ。夏場のこの白いカビは気になさらないことです。
冬になって乾かし気味に管理すると共生菌の活動も低下してススカビにとって代わることがあります。ススカビは直接には無害ですが、役に立つものでもないので古歯ブラシなどでこすり落として洗い流しておいたほうが良いです。


わかりました - ru(^^)mi 2014/08/11(Mon) 21:54 No.13418
株にとって無害だと納得しています。それにしても鉢を触る度にカビが取れ手についていく感覚がどうも慣れません。
まあ、株が元気なら我慢します。
丈も短いし、花数も少ないのは少し残念ですが。花芽が無い株があと7株にありますので、来春に期待したいと思います。
この夏に咲いた株は、初冬にも花芽が出ますか?


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/08/11(Mon) 22:26 No.13419
この夏開花した後、秋のうちに葉を一枚でも成長させることができれば、また花芽がつく可能性は高いです。ただ、ピンク系は開花自体が春遅くなる傾向の株が多いので、この株も毎年春遅く開花する個体である可能性があります。

遮光ネットが - ru(^^)mi 2014/08/12(Tue) 13:00 No.13422
2回前の台風で破損しており、また購入しなければなりません。風通しのよい場所、陽当たりも。そうしたら、また咲くのであれば嬉しいですね。

ゆっくりと - ru(^^)mi 2014/08/13(Wed) 18:18 No.13433
ゆっくりと確実に蕾が


全10株の写真です。 - ru(^^)mi 2014/08/15(Fri) 17:22 No.13447
3株


無題 - ru(^^)mi 2014/08/15(Fri) 17:24 No.13448
3株


残り4株 - ru(^^)mi 2014/08/15(Fri) 17:25 No.13449
です。


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/08/16(Sat) 11:03 No.13456
どの株も生き生きしてますね。あの葉が成長に問題があった株もちょっと恰好は悪くなりますが、健康状態は問題なさそうですね。
開花予定株は開花が楽しみです。


おかげさまで - ru(^^)mi 2014/08/16(Sat) 12:41 No.13458
こんにちは。
はい。おかげさまで、全株元気だと思います。ひろしさんのおかげです。
蕾が花茎よりどんどん離れていく様です。開花するためには花茎が邪魔なんでしょうね。花びらの開くスペースを確保している最中の様です。あと半月でしょうか?


休みの間に - ru(^^)mi 2014/08/18(Mon) 08:13 No.13471
こんなに大きくなってました!1.5倍になったかな?


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/08/20(Wed) 11:54 No.13489
もうすぐ開花ですね。楽しみです。

一番成長がいい - ru(^^)mi 2014/08/21(Thu) 12:53 No.13499
成長がよく、蕾が大きい株に、新しい新葉が出てきています。

鉢の株ですが、白いカビは以前より更に白くなりました。



Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/08/21(Thu) 23:00 No.13501
花芽と葉を一緒に成長させることのできる原種プルケリマの血のなせる業だろうと思いますが、生育順調ですね。
白いカビは共生菌が今時期の高温多湿環境の下で雑菌を排除しながら株に養分をも与えているという、まさに株に奉仕中というところですから気にしないことです。
弱いながらも病原性を持つリゾクトニア属の菌を使役できるのがラン科植物の強みなんですから。


気が早く - ru(^^)mi 2014/08/22(Fri) 12:09 No.13507
気が早く、屋上扉横から事務所に場所を移してしまいました!


無題 - ru(^^)mi 2014/08/23(Sat) 09:55 No.13513
8月から、それまで育てていたコンクリートスラブの屋上から、屋上への扉手前の踊り場へ移動しています。そこには煙草が吸える喫煙場所になっていて、そのために屋上への扉が常時開けられている状態です。扉から1mほど離れた場所に株を置いています。直射日光は当たらない様です。外に通じているので適宜に風も入ります。言われる様に今年は7月になって雨が多く、8割程が曇か雨の様です。その為湿った南風がその踊り場に入りやすいのは事実だと思います。しかし、カビと蘭が共存共栄しているとは。

Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/08/24(Sun) 21:20 No.13521
カビの一種と共生しているくらいで驚いてはいけません。日本自生の樹木のうちかなりの数が真菌類とあるいは放線菌などと共生しています。たとえばハンノキ類やマメ科植物はは根に放線菌の根粒を持ち、エネルギー源となる糖分を与える代わり空中の窒素分を肥料にできる状態(硝酸態、アンモニア態)してもらっています。マツ科やブナ科の樹木の根には外生菌根がまとわりついていて、糖分をもうらう代わりに土壌から効率よく水分、養分を吸収して宿主に供給しているのです。その外生菌根の花にあたるのがキノコなんですが、、、ラン科植物は菌類を操るのが巧な種が多く、胡蝶蘭なんぞはかわいいほうなんですが、無葉ラン、ショウキラン、ツチアケビ、オニノヤガラ「などは完全にナラタケ菌糸などにに「寄生している」あるいは菌糸を餌にしている」のです。そのような直接的な共生、寄生でなくても、植物が生育するためには有機物の分子塊が根から吸収できる程度の分子量まで小さくなっていることが望ましいのですが、自然界の有機物をカビやキノコを含む菌類が再利用できる大きさまで分解するので植物が吸収利用できるようになっていくのです。カビやキノコを含む菌類は生態系にとって不可欠なものなのですよ。

咲きました! - ru(^^)mi 2014/08/26(Tue) 12:24 No.13536
やはり、今年2回目の開花なので蕾の数も花の大きさも小振りです。


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/08/26(Tue) 13:12 No.13537
おや、なんと白花でしたか! てっきりピンク花だと思ってました。花の径はこれから花弁が伸びるのでもっと大きくなります。
株自体はアントシアニンをよく作れるようですが色素を花色に反映しないタイプなんですね。おそらく夜行性の昆虫、あるいは小型の蝙蝠などに受粉を頼っているので白花であることを守らなければならない遺伝子が強いのでしょうね。


みんなが - ru(^^)mi 2014/08/26(Tue) 18:12 No.13541
綺麗だねー!って言ってくれます。育てた甲斐がありました。
ひろしさん、本当にありがとうございます。
みんな、口々に言います。胡蝶蘭を貰っても次の花が咲かせられないと。
本当にご指導のたまものです。
色は白でしたが、純白に近く。我が子のように愛らしいです。


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/08/28(Thu) 11:36 No.13560
指導のたまものと仰せですが、そう評価いただくのは花も咲いたことですし私も嬉しいのですが、
肝心なのは「 ru(^^)miさんがなさるべきことをなさったから」ですよ。
今後も継続いただければ毎年咲かせられます。


無題 - ru(^^)mi 2014/08/28(Thu) 12:54 No.13562
そう思おいかも知れませんが、基礎知識は髄分ご享受頂きました。
株の変化にどう対応するかとか。
寿命を迎えた葉も、知らない私だったら不要なものとして直ぐに摘まみ取っていたと思います。株が栄養を回収しているなど考えもしませんでしたし。


今日は朝から雨模様 - ru(^^)mi 2014/08/29(Fri) 12:43 No.13567
屋上に移しました。涼しい夏ですが、水浴びです。


この株は - ru(^^)mi 2014/08/29(Fri) 18:24 No.13571
間違いなく赤系だと思われます。髄分、蕾が赤いので。でも花茎はかなり細いです。


大きく撮りました - ru(^^)mi 2014/08/29(Fri) 18:25 No.13572
赤に違いないと思うのですが。


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/08/31(Sun) 17:53 No.13580
そうですね子のつぼみなら間違いなく濃いピンク、おそらく白よりは花径が小さめの中大輪かな?花が小さめで輪数も多くはないので花軸は細くても足りるのでしょう。

あと10日は - ru(^^)mi 2014/09/01(Mon) 08:39 No.13583
10日は開花までかかりそうな感じです。


葉の成育状況 - ru(^^)mi 2014/09/03(Wed) 20:06 No.13592
こんにちは。
今日は成育状況を報告します。
○大きい葉2枚+新葉1
○3枚
○2枚
○花+2枚
○花+2枚+新葉1
○花+2枚+新葉1
○2枚
○2枚+新葉1
○3枚
○小葉3+変形2

全部で10株ですが、成長は、まちまちです。


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/09/04(Thu) 18:48 No.13596
生育状況ということですが、これは今年に展開した葉の数で、健全な葉の総数ではないですよね?
みたところどの株も5枚以上の健全な葉があるようですから、今年展開した葉の数と考えれば3枚は立派です。
2枚きちんとした葉が成長すれば株の大きさは維持できますからね。3枚展開させられれば株は大きくなりますし、次の花は花芽が2つ出たり、輪数が増えたりすることが期待できます。


無題 - ru(^^)mi 2014/09/04(Thu) 19:49 No.13598
はい。5月初旬に植え替えしてから、新しく出た新葉の枚数です。
大半の葉が、既存の葉よりも少し小さめだったりしますが。


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/09/04(Thu) 21:33 No.13599
葉がコンパクトにまとまるのはご家庭や職場での栽培では悪いことではありません。多分に生産者は葉の色をよくするために遮光が強め、つまり株にとっては理想よりちょっと暗めの環境で育てられます。そうすると葉はやや弱めの光を効率よく受けるために「薄めで大きくなる」傾向があります。またきれいな緑色にもなります。
適正な光量で育てれば厚めでコンパクトなしっかりした葉になります。葉は赤みや黄色みが強くなり光沢もやや失せますが株は丈夫になります。光合成産物の量は変わりませんから丈夫なほうが良いのは自明ですね。


無題 - ru(^^)mi 2014/09/05(Fri) 02:40 No.13601
そうなんですね。確かに暗いと、より光を吸収しようと葉が大きくなる理屈には納得出来ます。植え替え以前の葉は硬いですが、一番新しい葉は特にぷにゅぷにゅした手触りで気持ち良いです。
8月26日に開花した株の蕾は4つありますが、全て開きました。開花してからは水やりの回数を減らしています。今迄より苔の乾燥期間を長くしています。


赤系が - ru(^^)mi 2014/09/08(Mon) 08:41 No.13611
赤系が咲きました。今回咲いたのは、白が2株。赤が1株です。
今月一杯楽しんで、花軸を切り落とす予定です。



Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/09/10(Wed) 09:11 No.13626
返信が遅れて申し訳ありません。
印刷色の3原色のひとつマゼンタMagentaという色がありますがそのものずばりの色ですね。この花の色彩を色調に詳しい方に説明なさる場合はマゼンタといえば一発でわかります。
マゼンタ色はアントシアニン色素だけで発色できる色彩なのですが、赤色はアントシアニン色素とカロテノイド色素(オレンジ系発色)の両方がまじりあって発色する色彩です。


白と赤の花 - ru(^^)mi 2014/09/12(Fri) 18:51 No.13634
こんばんは。
愛華園芸様の撮り方を真似て見ました。



遮光ネットを - ru(^^)mi 2014/09/12(Fri) 18:56 No.13635
新しく買い、設置してはみたものの、夏場とは違い日がかなり北に傾いて来たので同じ様には設置が出来ず、仕事が終わってからこそこそとやっていたのですが、またやり直しになるようです。

Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/09/12(Fri) 19:22 No.13636
夏至(6月21日)を過ぎてもうすぐ秋分の日(9月23)ですから日ごとに太陽は「南」に傾いているはずですが、、、代わりに月が高くなってきています。先日の中秋の名月(旧暦8月15夜)は見事な月を拝み見ることができました。
秋分の日、日の出は真東から、日没は真西に、ですがそれ以降日の出も日の入りもどんどん南によっていくのです。太陽の滞在時間がどんどん短くなっていきますがそのボトムが冬至(12月22日)です。
熱帯亜熱帯地方は昼夜の長短変化がほとんどないので熱帯亜熱帯産の植物は日長変化に鈍感ですが、温帯の植物はこの日長変化に非常に敏感です。菊などは夏至を過ぎて日が短くなり始めないと花芽を作りません。
胡蝶蘭は日長に関係なく温度と雨量に反応しているのですが。


無題 - ru(^^)mi 2014/09/12(Fri) 19:53 No.13637
あっ!そうでした。南です。南!

無題 - ru(^^)mi 2014/09/13(Sat) 08:27 No.13641
昨日買った65%遮光ネットを誤って少し短く買ってしまい、左右と天井部をカバー出来ません。50%が余っておりますので継ぎ足して使おうと考えてます。
朝日側に50%、天井部と西陽側に65%をと思ってますが、どうでしょうか?


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/09/13(Sat) 21:43 No.13656
>朝日側に50%、天井部と西陽側に65%をと思ってますが、どうでしょうか?

それは良い考えです。
胡蝶蘭の生活を思い描けばそのような結論に落ち着きますね。
といってももう秋分が目前ですから太陽光の強さは夏至の半分近くまで落ち込んでいますので、全体50%でも良いくらいと思いますが、、、ベストは朝30%、昼、夕50%かな?
葉焼けには光の強さばかりでなく。気温や風通しが大きく影響するので、太陽光の強さだけでの計算ではないのですが。


はい。 - ru(^^)mi 2014/09/13(Sat) 22:24 No.13658
8月に入ってから大半を室内で育てました。もちろん、野外の光は十分に取り込めていたと思うのですが。少し前に言われてた十分な光を浴びていれば葉が肉厚になる。話ですが、室内で育てたこの40日間で育った新葉は少し薄くなっています。それまでの肉厚の葉と比べるとそう感じます。
初冬の花芽に備えて株を丈夫にするにはやはり屋外が適当かと思い直しております。
今日も天気が大変良かったですし、海風もあり株にとって屋外は快適な環境なのでは。と思います。
ただ、これから先、最低気温が15度以下になるのでその辺りを注意しようと思ってます。今のところ、最低気温は20℃の様です。


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/09/14(Sun) 21:12 No.13669
最低気温20度なら快適ですね。15度くらいまでは何ともないですからしばらく戸外のほうが良いでしょうね。

無題 - ru(^^)mi 2014/09/15(Mon) 09:53 No.13677
どちらにしても、最低最高気温計を購入予定なので今日、買ってこようと思います。どの場所が暖かくて寒いのか育成箇所候補を探さなくてはなりませんね。
ひろしさん、アドバイス宜しくお願いします。


買ってきた - ru(^^)mi 2014/09/15(Mon) 14:30 No.13682
最高最低温度計を買ってきました。1,200円しました。


さっそく - ru(^^)mi 2014/09/15(Mon) 20:45 No.13684
午後9時前の
屋外気温が24℃、少し窓を開けた室内が28℃。でした。


Re: この芽は - ひろし@小南部 2014/09/16(Tue) 18:37 No.13687
最高最低のほかにも熱センサーで戸外の気温もわかるというものなんですね。私の知っているものはアナログの水銀柱をつかったもので、最高最低のマーカーのムシがバカになって今やただの温度計です。栽培室の環境では温度計さえあれば十分なんですが。

8888 - ショパール時計 2017/10/21(Sat) 18:22 No.20974 ホームページ
迅速丁寧な対応で、問題なしです。また商品購入します。

ミズゴケを剥がしてみました。 投稿者:トミー 投稿日:2014/05/03(Sat) 06:32 No.11364   
ミズゴケを剥がしてみました。こんなもので良いでしょうか。
以前は葉の下部まで目一杯ミズゴケで埋まっていましたが、少し根を出してみました。下にあるのが根です。また、黄色い葉の根元の部分の白い点々は問題ないでしょうか?黄変の進捗度について葉全体を写真に撮りました。また、もう1つの株についても写真をアップしますが前にお話しした株と同じように黄変になってきております。最後に朝、日が当たらない時間に少々風が吹いていますが、お外に出しておいてもよいですか?直射日光が当たる前(出勤前)に家に入れようかと思っております。


写真その2 - トミー 2014/05/03(Sat) 06:34 No.11365
葉全体です。


写真その3 - トミー 2014/05/03(Sat) 06:37 No.11366
もう一つの株です。こちらは、葉っぱが6枚です。(前のは4枚です。)追伸:ミズゴケの入れ具合ですが、鉢を逆さにしても落ちませんでした。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/04(Sun) 21:22 No.11370
植え付け深さはそれでよいでしょう。
葉の基部の白い点々はカビの菌糸や胞子嚢などの集合体、つまりカビそのものに見えます。
ちょっと不思議な症状ですが、進行の早いフザリウム症ではないですね。
脱落しそうなこの葉は取り去り、カビの生えた葉の基部も茎から剥がして殺菌剤を規定倍率で溶いたものを鉢に灌注っし、茎基部には濃く溶いた殺菌剤を筆で塗布しておいて様子を見た方が良いでしょう。
灌注の仕方は水やりの要領で一度かけ、10分ほど間をおいて再度たっぷりと鉢内に薬剤がくまなく回るようにかけ流します。

葉が6枚のほうの葉の黄変は生理的なものに見えますが、念のためにこちらにも殺菌座を灌注しておいたほうがよろしいでしょう。
戸外に出すのはOKですが、今時の太陽光の直射光にさらすとすぐに葉焼けしますのでご注意ください。


約1週間経ちました - トミー 2014/05/11(Sun) 21:53 No.11497
ひろしさん。5月6日にオーソサイド液を600倍にして500mlを2鉢に分けてあげました。茎基部にも綿ぼで塗りました。約1週間が経過しました。大丈夫そうだと自分では思っております。今の気がかりは水遣りのタイミングです。ミズゴケの中に指を突っ込んでみています。根元辺りはなんとなく湿っているかなという感じです。当然に素焼鉢は元の色に戻っております。本日で6日経過していますが、水遣りは今週末土曜日にしようかと思っております。(感覚的にです。)水遣りは上からじゃぶじゃぶと下から水が漏れるまでしたほうがよいのでしょうか?その際、葉は濡らさないようにしたほうがよいのでしょうか?あるいは、バケツの中に水を貯めて鉢ごと突っ込んで下部から水を吸わせて上部のミズゴケが水に浸るまでしたほうがよういのでしょうか?試行錯誤で世話をしております。ご指導をよろしくお願いします。 追伸:写真の左は6枚葉があります。(前回まで7枚ありました。私の見間違いでした)右は3枚の葉です。)


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/11(Sun) 22:18 No.11499
殺菌剤が無事に効いて、病気が止まるといいですね。

素焼き鉢が乾いていてミズゴケが湿度を感じる、というのはあまり透水性の高くない、やや焼成温度が高めの製品なんでしょうね。透水性の良い素焼き鉢に逆さにしても株もミズゴケも落ちない固さで植えつければ素焼き鉢が乾いたときはミズゴケも乾いているものなのですが。
初夏から初秋までの水やりはミズゴケに指を触れてみて若干の
湿度は感じるが冷たくは感じないレベルで水やりをします。
乾きの良い素焼き鉢では5〜7日で次の水やりというタイミングになると思いますが、周囲の湿度などの条件で変動するのであくばで個別にミズゴケの乾き具合を判断して水を与えます。

水やりは通常の上からかけて下に抜けるまでではミズゴケの場合は足りないです。かといって鉢のままバケツの水に入れるのも病気予防の観点から賛成しかねます。
折衷案として鉢を鉢皿に乗せておいて鉢皿に溜まるくらいの水を与え10分後に、鉢皿に残った水は捨てるというのが現実的と思います。
ミズゴケがすっかりカリカリになるまで乾くとそれでも足りない場合があるので10分後に鉢皿に水が残っていない場合は再度同じ水やりを繰り返します。


嫁入りが増えました。 - トミー 2014/05/12(Mon) 21:22 No.11514
ひろしさん。いろいろご指導有難うございます。アドバイスを見て本日(5/12)朝に水遣りをしました。(もう少し湿っていてもいいのではと思い・・・・)水遣り後一日が経った状況写真です。様子見です。さてさて、本日嫁入りが増えました。2株も・・・。花の色・種類も違うようです。バークが入っています。バークも初めてですが、このような状態でよろしいでしょうか?鉢から出したままで一つは針金を取りました。もう一つは針金を付けたままです。ビールの空き箱に針金を突っ込んで刺しています。(・∀・)


No2の写真です。 - トミー 2014/05/12(Mon) 21:24 No.11515
今回嫁入りの2株です。よろしくお願いします。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/12(Mon) 23:25 No.11518
鉢の色は十分に吸水した状態のようですね。冬の休眠期と違ってカリカリに乾かしたまま放置しますと消耗しますので毎日観察して必要であれば水やりしてください。新根や新葉が動き出したら施肥を始めますが、最初は極く薄めでスタートし徐々に本来の濃度に持っていきます。

新顔の濃いピンクのほうは花軸を切り取ってしまいたいですね。先端に残った花が勿体ないようであれば一輪挿しにでも挿しておけば、さかさまにはなりますがちょっとの間は鑑賞できますが。
この画像では小さすぎて根の状態がわからないのですが、株が元気で根も傷んでいないようであれば無理して植え替える必要がないかもしれません。
この状態では安定が悪いですから、植えてあるポリポットと径の合う化粧鉢/プラ鉢に収めておけば安定は得られます。
薄ピンクのほはまだそのまま化粧鉢にでもポリポットごと据えて花はしばらく鑑賞したいですね。


嫁入りが増えました。 - トミー 2014/05/14(Wed) 23:07 No.11552
ひろしさん。こん**は。いつも(=^0^=)。
さて、花軸を切ってしまいました。また、根の辺りのアップを載せました。ご覧下さい。(花軸を切ったものと花がついているものです。)なお、本日、取り敢えず水を与えました。じょうろで下から少し水が滴る程度です。もっとバークに染込むまで水を与えるべきでしょうか?



その2写真です - トミー 2014/05/14(Wed) 23:09 No.11553
花がついている写真です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/15(Thu) 08:59 No.11557
透明ポット植えの利点は根の状態が観察できることです。
ポットに沿っている根の色彩変化で水分が回ったかどうかが判断できます。花がついているほうの根には十分水分が回っている状態のように見えますが花軸を切り落としたほうは変化があまりないように見えます。そんな場合は再度与えますが、与えるときにはたっぷり与え、底孔から勢いよく流れだすくらいに与えます。
ポリポットは素焼き鉢と違って通気性がないので、鉢内の空気を入れ替えてやるための水やりとなります。底孔から流れ出す水がポット内に負圧を作り、そのためにバークの空隙に新しい空気が入ることになりますから、素焼き鉢がポンプの役を果たすミズゴケ植えの水やりとは違う作業だと考えた方が良いくらいです。
一番差が出るのは冬季の水やりでしょうか。ミズゴケ植えの場合葉水の時にミズゴケ上部を湿らせる程度でOKなんですがバーク植えの場合は空気を入れ替えるために週一回は通常の上から底孔から排出するまでの水やりが必要になります。この作業をしておかないと、根腐れしにくいといわれるバークでも根が弱ります。


お外で育ててみようかと思ってい... - トミー 2014/05/18(Sun) 10:16 No.11605
現況報告です。(全て午前9:00の様子です)写真1は、ミズゴケに水が足らないのではと思い、昨日日中に水やりをしました。ミズゴケの中に指を差し込んで根の辺り(1CM程の深さ)で確認していますが湿っているかなって感じで、上部はからからです。少し様子見です。現在は上部とも湿っています。
さて、写真2・3・4ですがバークで育てている胡蝶蘭の花茎を落としてプラ鉢にそのまま入れてみました。湿り具合は、プラポットを出して根の色(湿っている緑色になっていることを確認しています。)また、今後様子を見ながらミズゴケ・バーク双方の葉と根元に霧ぶきをしようと思います。毎日暑そうですので(当地も外で朝13度位、日中25度位になります。)今回お外で育ててみようかと思っており、育てる場所を作ってみました。光が強うそうに見えますよね。(今まで室内の縁側で白いカーテン越しで育てていましたが、幾分かの風も必要だと言うことを聞きました。このような状況ですと、現状では室内で育てたほうがいいでしょうか?やはり、外で育てたほうが環境的にはよいと言うことであれば、遮光ネット(60%〜70%)を購入検討したいと思います。因みに、写真2は東側から撮影したもので、写真4は西側から撮影した写真です。当地は西日がきつい場所です。最後に液肥のやり方(どのくらいで液肥をやりはじめたらよいのでしょうか。また状況によって液肥の濃度を変えているようですね。)についても教えて下さい。



お外で育ててみようかと思ってい... - トミー 2014/05/18(Sun) 10:17 No.11606
写真その2


お外で育ててみようかと思ってい... - トミー 2014/05/18(Sun) 10:18 No.11607
写真その3


お外で育ててみようかと思ってい... - トミー 2014/05/18(Sun) 10:19 No.11608
写真その4


ミズゴケの胡蝶蘭ですが・・・ - トミー 2014/05/18(Sun) 13:22 No.11609
ミズゴケの胡蝶蘭ですが、(後から家に来た胡蝶蘭よりも)葉に張りがないというか羽二重もちのように柔らかくなっているようにな感じが最近しております。そういえば、葉の重さで垂れているようにも見えますよね。このままでよいでしょうか?

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/18(Sun) 22:28 No.11610
確かに葉は垂れ下がり気味ですね。植え替えた後で根が張ってませんからやむを得ない面はあります。根がきちんとしだすと葉ももう少し張ります。
葉がぴんとしてないのを気にして水をやりすぎないことです。水を求めて根を伸ばすので水を与えすぎますと根の伸びが途中で止まってしまいます。
梅雨の長雨に当てると雨では根腐れに至ることはまずないのですが(雨水には酸素も溶け込んでいるため)それでも根の成長は止まってしまうので、梅雨明け後がつらくなります。暑い夏をクリアするにはしっかり根を出させる必要があり、乾いて冷たく感じなくなってからの水やりを励行するほうが良いのです。
でも長雨でなければ雨風に当てた方が成長は良いですね。水道水と雨水は別物というぐらい株に良いですね。

着生ランは山野草と共通の特徴があり実は夏の西日を好みません。
山岳では朝晴れていても気温の上昇とともに山斜面にそって上昇気流が発生し午後から靄、霧が発生する場合が多く西日が長時間当たる環境にならないのですが熱帯の雨期も同様で朝は晴れていても気温の上昇で雷雲が発生し午後にスコールになるというパターンなんです。
とはいえ、西日しか利用できない場合でも葉焼けさせないようにさえすれば育てられないことはありません。実は拙宅も東と南は2階建ての隣家のために朝日、日中ともあまり日射がなく、西日だけは間違いなく当たる場所で長年栽培してますから、、、

施肥は葉の成長中のものにだけ、洋ラン用6:6:6の場合でシーズン当初はミズゴケ植えの場合4000倍、成長最盛期2000倍
バーク植えの場合最初2000倍、最盛期1000倍で通常の水やりと交互に行うのが基本です。これ以上は絶対に濃くしないこと。
調子のあまりよくない株は与えないか薄め薄めの5000倍とか、株のご機嫌をうかがいながら与えるもので、機械的に与えるものではありませんのでご注意ください。


了解しました - トミー 2014/05/19(Mon) 20:20 No.11626
ひろしさん。アドバイス(=^0^=)ございます。
垂れ下がり気味の胡蝶蘭の葉については、水遣りを前回教えていただいた通り、乾き気味で対応します。(ところで、根張るということは、表に出れば根が出てくるので視覚的にわかりますが当方の状況でも根が表に出てくるのでしょうか。=それが根が張っている証拠なのでしょうか?判別方法について教えて下さい。)どの胡蝶蘭もまだ液肥は必要ないと考えてよいでしょうか?=葉が成長中でないと当方は判断しています。今現在、素焼の鉢の胡蝶蘭もお外に出せないか、日当たりが程よいところがないか検討中です。素焼き鉢を釣って置くことは困難だと思っており、棚を作成しようか検討しております。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/20(Tue) 09:57 No.11635
根張りについて鉢内部は見えませんが、いえることは茎から新根が出ていれば、鉢内でも根の先端や中ほどから新たな成長点が伸び出しているものですから、茎からの新根の成長の良しあしで全体の検討がつくものです。
葉が伸び出した時に施肥を開始しますから、新葉の展開のない場合は施肥は控えたほうが良いのですが、葉が動く前でも根が活発に活動している場合は、薄め薄めの4000倍での施肥は可能です。

普通の素焼き鉢なら自製金具でも吊るのは簡単↓なんですが、
http://www.geocities.jp/kusabana7/uekae/snota.htm
(ここで紹介している作り方でもっと長いビニル被覆鉄線をつかってつりさげ部を長くとると使い勝手が良くなります)
腰高ラン鉢は難しいですね。
↓これなら吊れるかもしれませんが
http://www.sqr.or.jp/usr/fujiengei/gg/S6501/index.html

素焼きの腰高ラン鉢を使うメリットは胡蝶蘭にはありませんから次からは普通の素焼き鉢をお使いになることをお勧めします。


いつもアドバイスありがとうござ... - トミー 2014/05/20(Tue) 20:34 No.11642
早く茎から新根が出てくれるようになれば(((o(*゜▽゜*)o)))のですが・・・・。まだまだですね。大切に育てていきたいと思っております。今週末くらいに水遣りを行いたいと今は思っております。因みに素焼き鉢の胡蝶蘭はいつもは広縁でガラス越しに日光を浴びていますが、本日は奥さんに世話をしてもらい、お外にほぼ一日出しました。風は吹いてたようですが、おひさまがほとんどでない曇り日でした。吊り金具の件、大変参考になりました。有難うございました。次回作ってみたいと思っております。ひろしさんのお話のとおり、腰高ラン鉢ではするりと落ちてしまいますよね。

教えて下さい。 - トミー 2014/05/21(Wed) 06:08 No.11645
ひろしさん、やはり素焼き鉢の胡蝶蘭の様子がおかしいようです。写真をアップしましたが、2鉢とも下の葉が黄色くなってきております。だんだん葉が少なくなっております。このような状況を改善する方法はないでしょうか?因みに今朝、2鉢とも黄色い茎の部分にメンボーでオーソサイドを塗っておきました。また根の周りにオーソサイド合計500MLを注入しましたが、心配です。


教えて下さい。 - トミー 2014/05/21(Wed) 06:09 No.11646
写真その2です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/21(Wed) 11:14 No.11648
葉の付け根に発生したカビはフザリウムではなかったのですが、症状の進行具合はちょっと深刻かも、、、
やはりフザリウム症で、カビは便乗しただけということも考えられます。
フザリウムは茎内部の導管周縁から病巣が広がるのですが、仮にこの2株ともフザリウムだとすれば葉の枚数の3枚のほうはすでに手遅れです。葉数の多いほうも今外科手術をしないと手遅れで、手術が成功してもその後この個体が生き残れるかどうかの確率は50%より低いです。
フザリウム茎内部の病気ですから診断が難しい上に薬剤が効かず手荒な手術をしなければ助かりませんし、手術がうまくいってもその後開花株にするためには長時間必要です。
早期診断に成功して手術してもらって助かった例はたった一例しかなく、私としてはフザリウムでないことを祈りながらフザリウムだったらあきらめてくださるという姿勢のほうが楽なんですが。
フザリウムの疑いが濃厚ですから手術するとなれば、、、


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/21(Wed) 11:39 No.11649
添付画像赤線のところで一度切断して断面を見ます。茎の導管部が紫灰色〜灰色に変色した部分があればフザリウムで、その変色部分はすべて取り除かなければなりません。少しずつ茎上部に輪切りを進めていって青線のあたりまでに変色部がなくなれば、切り口に殺菌剤を塗布の上陰干しして、全く根ナシの状態で植えつけます。乾燥に耐えられませんので全体をポリ袋などですっぽり覆い、蒸れないようにほんの少しだけ空気穴をあけます。水はスプレーで葉水を夕方から夜に与えるだけ、、、
ミズゴケは乾き気味のまま、、、この環境で発根させられるかどうかですが、発根したとしても残る葉は2枚が良いところでしょう。そこから再スタートということになるんですが、
こんな手真をかけるくらいなら、花やさんの売れ残りの程度のよさそうな見切り品を買った方が良いくらいのものです。

また仮にフザリウムでなかったとしても、やはり切断だけで根無になりますから再スタートは上の通りで容易なものではありません。

赤線よりもっと下から切断をスタートする方法もありますが老化した茎を切断しても断面が病気なのか老化なのかわかりにくいのです。



ショックです。 - トミー 2014/05/21(Wed) 19:30 No.11652
ひろしさん、アドバイス重ねてありがとうございます。取り敢えず週末まではこのままにしておき週末にまた考えます。

現況報告です。 - トミー 2014/05/24(Sat) 06:30 No.11675
ひろしさん、おはようございます。バークの胡蝶蘭についてです。約1週間程水遣りをしていません。根の乾き具合をアップしました。写真1は、水滴がビニール鉢の内部についており水のやりすぎだと思っております。これはそのまま水を与えずにしておきます。別の鉢は水が足らないように思えるのですが・・・・。さて、黄色い葉の部分はフザリウムでしょうか??。アドバイスをお願いします。また、ミズゴケの2鉢について根を取り出してみました。根はやはり植え替えた時と変わらず成長していませんでした。3葉の方は、そのまま植え直しましたが、5?6葉の鉢の方は、空気にさらしたまま一日置いておこうと思っております。と言うのも黄色い下の葉がポロリと取れまして取れた茎の残部から液がでてきたので茎についている黄色い部分を全て取り除きました。乾燥させたほうがと思いそのまま外に出しています。いろいろ書きましたが、アドバイスをよろしくお願いします。


現況報告(水が足りない??) - トミー 2014/05/24(Sat) 06:31 No.11676
別の鉢です。


現況報告(黄色い葉??) - トミー 2014/05/24(Sat) 06:33 No.11677
大丈夫でしょうか?


現況報告(ミズゴケ) - トミー 2014/05/24(Sat) 06:34 No.11678
ミズゴケの根です。


現況報告(ミズゴケ2) - トミー 2014/05/24(Sat) 06:36 No.11679
葉っぱが5?6?枚のものです。


現況報告(ミズゴケ) - トミー 2014/05/24(Sat) 06:37 No.11680
そのまま外に出して乾燥させています。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/24(Sat) 18:20 No.11686
画像一枚目。まだ水分たっぷりですので、水やりしないでください。2枚目は乾いているように見えます。水やりが必要です。
画像三枚目
正常な黄変ではないですね。葉の寿命だとか、養分回収のために効率の落ちた葉を枯らす場合には、葉の先端部から、あるいは中央部から黄変が始まり、薄く縮みながら褐色に変色していきますが、葉元からの黄変は葉の基部に病気がある深刻な場合が多いです。フザリウムはその代表格で、続けて葉が黄変し、ぽろぽろ落ちるようだとフザリウム症の疑いが濃厚です。
ミズゴケ植えの葉が少ないほうはその処置以外の仕方がないと思います。
葉の多かったほう、ですが、 画像が小さくてよく分からないのですが生きた根がありますでしょうか? 色彩的には全部死んでいるように見えるんですが、、、それに株元の茎が腐敗しているように見えて仕方がないんですが、、、大きな画像を載せていただけるともっと判定しやすくなるのですが、、、

フザリウムでなくても、リゾクトニア性軟腐のようでもあるので生きた根がなければ腐敗部分を切り落とすしかない事態かもしれません。そうすると根がなくなるので、11649で書いたような処置が必要になります。


残念でした。 - トミー 2014/05/24(Sat) 19:12 No.11691
ひろしさん、こんばんは。水遣りの具合のアドバイスありがとうございます。程度がわかった気がします(´∀`)。3枚目の画像ですが、黄色い葉は本日手で触っていたら落ちました。明日にでもオーソサイドを塗ってみようかと思っております。さて、剥がした部分に塗ることでよろしいでしょうか?と言うのも根は水分十分ですので・・・。また、今後オーソサイドの塗るタイミングはどのくらいで、定期的に塗る必要性がありますか?オーソサイドの作り置きは可能ですか?毎回作り必要がありますか?(定期的に塗るのであれば)
さて、ミズゴケの胡蝶蘭ですが、葉の少ない方は茎を切断しましたところやはりフザリウムで茎の内部の周りが色濃くなっていました。残念ですね。もう一方の葉の多い胡蝶蘭は4葉までのところで色濃い部分が取れましたので期待薄ですが写真のとおり(単に差し込んでいるだけ)で様子見をしていきます。室内で毎晩霧吹きで葉っぱに水を掛けようと思っております。乾燥しないように・・・。ところで根に十分に水がある場合、葉っぱには霧吹きをする必要はありますか?葉が乾燥してきた場合には霧吹きが個別に必要ですか。



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/05/25(Sun) 22:29 No.11724
やはりフザリウムだったのですね。フザリウムは発症してしまった時点で手遅れというのが99%です。この掲示板に私がかかわってから10年くらいになるかな?それで救えたのがたったの一例です。

葉水は空中湿度UPの手段ですから鉢内の水分とは関わりありません。胡蝶蘭は夕方から夜間ガス交換のために気孔を開きますがその時の湿度が低いとその際に水蒸気を多量に失うことになります。根が十分であっても蒸散量が増えれば葉は水不足になります。
もともと葉の水の需要は高いのに着生という生態を選んでしまったために相対湿度の上がる夕方から夜間だけ気孔を開くCAM型光合成をして体内水分のロスを減らしてはいるのですが、原産地よりは湿度の低い日本ですから、いくらかでも環境湿度を上げるためにスプレーするということなのです。梅雨時のように熱帯亜熱帯なみの湿度になる場合葉水は通常の株には必要ありません。葉水が最も必要なのは冬季ですね。

根の無くなった株は100%に近い湿度がほしいですから夕方から夜間ポリ袋で覆って葉水を与える必要があるわけです。


了解しました。 - トミー 2014/05/26(Mon) 20:32 No.11741
ひろしさん。コメント有難うございます。根と葉の両方に水分が必要とのこと。早速、今晩から葉に水遣りします。ヽ(*´∀`)ノ。また、状況報告しますね。因みに本日、当地(中部圏)は雨でしたのでお外の胡蝶蘭は乾燥しておらず、(^-^)だと思います。室内の胡蝶蘭のみ水遣りたっぷりします。

現況報告です。 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:00 No.11844
ひろしさん、一週間ぶりですね。現況報告します。お外で育てている胡蝶蘭(5鉢)です。アップします。少しずつ新根も出て??いるように見えます。また花茎の部分に芽があるようですが・・・・。さてさて、そろそろ、液肥を与えても良いのではと考えております。○○社ハイグレード洋ランを購入してきました。(6−6−6)。別の液肥(6−10−5)もありましたが、こちらのほうが良いのかなと思い、購入しました。今後、6−10−5のものでも良いですか。6−6−−6を使った後、液肥を6−10−5に切り替えても問題ないですか?また、スタートはバーク植えですので2000倍で良いですよね。水遣りに混ぜて1週間に1回程度でスタートしたいと思っております。液肥やりは来週末から考えております。またアドバイスお願いします。


写真その2 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:01 No.11845
写真その2


写真その3 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:03 No.11846
写真その3


写真その4 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:05 No.11847
写真その4です、写真その1は水が少ないように思えましたので本日朝、水遣りしました。


写真その5 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:06 No.11848
写真その5です。次の写真は見にくいですが、花茎の所から芽が出ている???


写真その6 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:07 No.11849
写真その6


手術した胡蝶蘭です。 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:09 No.11850
手術した胡蝶蘭です。その1


手術した胡蝶蘭です。 - トミー 2014/06/01(Sun) 11:10 No.11851
その2です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/01(Sun) 22:00 No.11864
液肥はバーク植えの場合、6:6:6のほうがバランスが良いのですが、洋ラン以外の草花にも使いやすいという汎用性という見地からすれば、6:10:5のほうが良いのですが。
リン酸が突出しているので厳密にいえば、2000倍より気持ち薄くして2200倍くらいでスタートしてください。

4と5は花軸を残してあったのですね。花軸を残しておくとそれだけで新葉の展開を抑制する作用があります。そして夏の高温期に花軸の芽が動いても花芽になるとは限りませんで、高芽になってしまうこともあるので、植え替えの際でなくても春に花が終わった株は花軸は株元近くで切り捨ててしまった方が結果が良い場合が多いのです。
さてその5の花軸の芽はどちらになるでしょう。リン酸が多いとはいえ窒素もしっかり配合されている液肥を施肥すると高芽(葉芽)になる可能性が高くなります。

手術したその2の株の断面の輪に見える導管部が紫灰色に変色していますが、これはフザリウムの症状です。
残念ながら助からないです。


再度、質問です。 - トミー 2014/06/01(Sun) 22:50 No.11867
ひろしさん。確認です、6:6:6の液肥でも2200倍くらいでスタートすることでOKですよね。(購入したのは6:6:6の方です。)また、花軸を残した件ですが此れからでも花軸を切った方が良いですか??
手術した株の件了解しました、残念です。ミズゴケの植え替えをしたのがいけなかったのでしょうかね??(バーク植えは、ミズゴケの件がありそのままにしております。)
それから、今日も気温は30度以上で熱く様子見をしておりました。夕方見たところ根の方は湿っていました。葉(裏)にはたっぷり霧吹きで吹きかけました。ヽ(*´∀`)ノ


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/02(Mon) 09:56 No.11869
あれ、勘違いしてました。
6:6:6ならバーク植えの場合2000倍でOKと思います。
倍率の算出方法はバーク植えの場合でNPKのそれぞれの数値を足して(18ですね)これに00を付け加えたものがスタート時の希釈倍率の下限、これ以上濃くしないで、という数値ですから2000倍を目安とすればよい、ということです。
成長最盛期ならその倍の濃度1000倍(900倍が下限)ということになります。
仮に6:10:5なら数値の計は21で2100倍が下限、多少の安全を見て2200倍とするという考えです。

花軸は現段階でも切除した方が株のためには良いかと思います。

ミズゴケ植えは根腐れしやすいという印象を皆様持たれているのには驚きなんですが(逆で弱った株を再生させるにはバークより数段優れている)、胡蝶蘭が着生蘭であることを理解せずに、さらに、開花している時期は成長休眠期なんですが、生態を理解されない方々は、地生の草花と同じように水を与えるから根が弱り、根腐れとなったり、病気に感染したりするののです。バークの場合、そんな水やりでも水持ちの悪さが幸いしてなんとか生き延びているという話なんですがね。
植え込み材料がなんであるかを問わず、「生き延びていはいるが弱っている」、この状態がフザリウムはびこる最大の理由だと思います。

30℃は暑いですね。葉に触れて熱く感じるようであれば葉焼けの惧れがあります。胡蝶蘭はCAM植物ですので、日中は気孔を閉じており、蒸散による自己冷却ができません。冷却は周囲の空気の流れに頼るしかない、効率の良くない空冷ですから蒸れないように注意が必要です。
根も高温には強くなく、熱のこもりやすいプラ鉢にバーク植えの場合、レース越しでも鉢に直射光が当たらないように工夫したほうが良いのです。
素焼き鉢表面からの水の蒸散による根の冷却が可能な素焼き鉢にミズゴケで植えていれば、あまり気にしなくてよいのですが。


ひろしさん、ありがとうございま... - トミー 2014/06/02(Mon) 20:35 No.11878
いつもコメントいただきありがとうございます。
液肥は2000倍からスタートの件、了解しました。
初歩的な質問ばかりですが、もう一つ液肥の与え方で質問があります。バーク植えの場合ですが、液肥はどのように与えるのですか?例えば、@茎下を中心に液肥を流して下からチョロチョロ出るくらいで良いでしょうか?Aそれともジャブジャブ溢れる位に与えた方が良いのでしょうか?B水遣りは液肥を与えた場合必要ですか?(その場合には水遣り後、液肥を与える形になりますよね。)
C花軸の切断は2〜3CMくらい残すことで良いでしょうか?
D次回は是非、ミズゴケ植えを育ててみたいと思っております。(今年は、バーク植えで育てて見ます。)
E現在、以前にご照会しました緑色のネットを利用して外で育てています。その上には、カーポートがありますので多少遮光になっているかな??葉焼け等がないように様子を見ながらしています。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/03(Tue) 09:42 No.11895
バークはミズゴケと違い、水分を吸収するためには時間がかかる、というかかけ流しただけではほとんど吸水しません。バークとバークの接点に多少の毛細管現象がみられるだけです。成長休止期はそれでも足りるのですが、成長期に入るとそれでは間に合わなくなります。
乾ききったバークをある程度吸水させるためには、20分くらいは鉢皿に腰水状態で毛細管現象で吸水させる必要があります。

成長休止期から成長期の切り替えのスタート時のやり方としては、鉢皿に20分ほどためたままにしておいて、20分後にさらに一度上から灌水して、鉢皿を外しておくのがベストと思います。
次の灌水ですが、葉の成長がしっかり見えている場合の水やりは、バークが乾ききる前に、バークの色が乾いて変わる前に、ポット内面の空隙部にに結露が見られなくなったら与えれば、腰水の必要がありません。上からかけ流すだけです。

施肥も灌水もやり方は同じ、施肥は灌水時の水が薄めた液肥であるということだけの差です。

ミズゴケ植えの場合に薄めの液肥を与えるのは、鉢がどんどん水分を吸い上げて蒸散するのでミズゴケ内部の肥料分が濃縮されるためなのですが、ポリポットの場合そのような現象はないので実効性ある濃度で最初から与えてOKということです。

当然水やり/施肥の頻度はミズゴケ植えより上がると思いますが素焼き鉢にミズゴケ植えと違って、灌水/施肥のときしか空気の入れ替えがないことを考えれば頻度が高まるのは空気の入れ替えも同時にするということで必要なことだといえます。

空気入れ替えの要素があるのですから、与え方はAです。施肥は灌水を兼ねます。灌水した後で薄めた液肥では安全には違いないですが効果が薄くなります。
花軸の切断はできるだけ短くですが、鋏の刃の背が葉や茎を傷つけない範囲でしてください。

成長の思わしくない株は素焼き鉢にミズゴケ植えで試してみてください。
カーポートの屋根はたいていポリカーボネイト製ですが、透明だと思っても15%くらいの遮光率はあるはずです。カーポートならクルマの塗装の紫外線焼けを軽減するためにUVカット着色(スモーク/ブラウン系が多い)してあるものもあり、場合によってはそのままでちょうど良いくらいの遮光率になっている場合もあります。
カーポートのメーカーがわかって仕様がわかれば遮光率がどれほどかわかる場合もありますが、、、
そのような紫外線カーカット仕様のポート屋根の下では紫外線が効率よくカットされすぎて、植物が紫外線カットのための色素づくりを怠って花の色がぼやける心配もあり得るのですが。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - トミー 2014/06/03(Tue) 21:14 No.11910
ひろしさん、大変詳しくご説明していただき誠にありがとうございます。今週末(週中は、仕事で忙しく帰宅も7時過ぎで日も落ちていますので、葉に霧吹きをするのみです。)に是非バークを吸水してみます。液肥を上からジャブジャブかけて鉢の受け皿に貯まるまでして20分程度置いておきます。その後再度、上から灌水しますね。ひろしさんのおっしゃる通り、なんか乾きが早い気がしていました。ひょっとすると1週間に2回ぐらい本当は灌水が必要なのかもしてませんね。この時期は・・・・。よーく、根の色を観察し乾きすぎないように注意が必要ですね。自分で見た感じですが、お外の胡蝶蘭の葉っぱ
は硬くピントはっている感じです。できれば明日に花軸の切断しようかと思っておりますが、・・・週末の液肥やりとは特段関係ないでしょうか?(日数が近すぎるとか??、植え替えすると3〜4週間は液肥等は与えないことと言われますよね。)
カーポートの屋根の件も重ねて情報提供ありがとうございました。カタログを調べましたが遮光率とは出ておらず、UVカットにはなっているようです。このまま様子を見ます。
最後に、ミズゴケ植えの方が良さそうですね。今思い出したのですが、ミズゴケにも使用期限があるのですか??この前使用したミズゴケは、いつか分からないですが、両親のところに置いてあったみずごけを使用したものですから・・・。


ひろしさん、おはようございます... - トミー 2014/06/04(Wed) 05:51 No.11915
今朝、出勤前に花茎を切断しましたよ〜。
ところで、バークの植木鉢を壁に引っ掛けてお外に出していますが風というか揺られて少しですがバークが下に落ちています。形状からして落ちやすいのはわかりますが・・・。(表面的ですが少なくなっているような??)さて、バークは追加で与えても良いのでしょうか??ミズゴケであればこのようなことはないですよね。(=しっかり押し込んでいますので・・・)


梅雨に入りました。 - トミー 2014/06/04(Wed) 20:36 No.11924
当地(東海地方)も本日梅雨に入りました。これから、☂が続きうっとおしい日々が続きますが、胡蝶蘭を育てていく上でアドバイスをお願いします。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/04(Wed) 20:46 No.11925
吊鉢にするなら、やはりミズゴケが良いですね。
揺れても、さかさまにしても大丈夫ですから。

ミズゴケの良しあしは見ただけではわかりにくいですね。
まず、ミズゴケの種類にもよりますが、太くて長いものの比率が高いものが良いものですが、乾燥しきっているように見えても弾力のある、新しいものが良いのです。
同じ産地の同じグレードのものでも古くなるとぱさぱさになり細かな屑が増え、長いものでも痩せますし、切れ切れになりやすくなります。
できれば在庫回転の良い店で買うことをお勧めします。購入して5年もおいておけばもう植え込み材料としては使わないほうが良いくらいに劣化しているでしょうね。封を切って開けたものを長いこと放置しておくと乾いているようでもかび臭くなります。カビも悪影響のないカビもたくさんあるのですが、病原性のものが紛れ込む確率も高くなりますから封を切って1年以上放置しないようにしましょう。


いい湯だな。 - トミー 2014/06/07(Sat) 11:45 No.12060
ひろしさん、こんにちは。本日始めて液肥を与えました。(写真その1)杓の中に液肥を入れて腰水状態にしました。そうしたら、何か胡蝶蘭がいい気分になっているように思えて、思わず”いい湯だな。”って言葉が出てきました。写真その1の上部には若い葉がピンと伸びています。(2週間くらい前は弱々しい感じでヒョロヒョロと伸びていましたが・・・)。写真その2、その3も小さいですが若葉が出ました。嬉しいです。少しずつ成長が見られることで育てがいを感じています。言い忘れましたが液肥は2000倍でスタートしました。液肥は来週も与えた方が良いででょうか?(それともバークの乾き具合=水やりのタイミングで与えた方が良いでしょうか。その際もしかすると1週間待たずに与えることになることもありますが・・・。)液肥と水やりのタイミングをお教えください。



いい湯だな。 - トミー 2014/06/07(Sat) 11:46 No.12062
写真その2 若葉その2です。


いい湯だな。 - トミー 2014/06/07(Sat) 11:48 No.12063
写真その3 若葉その3です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/07(Sat) 19:56 No.12086
施肥と施肥の間に一回普通の水やりを挟んだほうが良いです。

施肥(2000倍)の次は水やり、その次は施肥2000倍、その次は水やり、、、というペースで施肥、水やり交互にしていきます。葉の成長が佳境にはいったら1000倍までは濃くできますが、水やりと交互という原則は当分守った方が良いです。



いい湯だな。その2 - トミー 2014/06/07(Sat) 21:02 No.12087
ひろしさん、了解しました。次回はバークの乾き具合や根の乾き具合を見ながら水やりをします。ところで、バークの湿り具合ですが、20分も液肥(水)につけると持続がすごいですね。今まで上からジャブジャブと水やりをしていましたがこんなに湿り具合が持続するとは・・・・。ビックリです。これで根も深緑色が以前よりも継続するものと思います。

1週間ぶりです。 - トミー 2014/06/14(Sat) 08:35 No.12584
ひろしさん、1週間ぶりです。
我が家の胡蝶蘭は元気に育っております。写真1は、水が足りないですよね。本日1週間ぶりに水遣りをしました。約1分弱水遣りをしました。それで根がやっと深緑色になりましたよ。写真2は、ビニールポットがパンパンと張っている感じですがこのままで良いでしょうか?(植え替える必要がありますか?)写真その3は、新根、新茎どちらでしょうか?



1週間ぶりです。 - トミー 2014/06/14(Sat) 08:36 No.12585
写真その2です。


1週間ぶりです。 - トミー 2014/06/14(Sat) 08:37 No.12586
写真その3です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/14(Sat) 12:30 No.12610
その2は確かに根の張りが良いですね。一回り大きなプラポットに鉢増し(根鉢をあまり崩さす、周囲に新しいバークを詰める)したいところです。1もそろそろ、というか鉢内に回らず外に出ているので同様に鉢増しで露出している根はポット内に収められたら収めることにしてはいかがでしょうか?
その3は根だと思います。


こんな感じ??になりました。 - トミー 2014/06/15(Sun) 06:14 No.12684
早速、一回り大きなプラポットに植え替えしました。透明なプラポットでこんな大きなものは市販されていませんでしたので、前回のミズゴケの胡蝶蘭でいただいたものを流用しました。もう一つ根が露出しているのも植え替えしたいのですが、大きさを確認(持ち歩き)するために使用しないでもう少し持っていたいと思っております。これ以上の大きさになると透明プラポットはあるのかな?? ところで、鉢の底にバークを少し詰めたら上がすこし出てしまいました。現状の根の状態でその周りにバークを詰めましたが、なかなか詰にくいですね。少ししか詰められませんでした。気持ち分くらいです。でも、胡蝶蘭自体は大きなプラポットで喜んでいることを期待したいです。左のプラは、今まで使用していたものですが、写真では大きさの比較はできませんよね。(透明プラはインターネットで販売されていますよね・・・)


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/15(Sun) 18:16 No.12718
透明ポットはネット検索すれば出てきます。
主に生産者向けなのでロットが100個と大きいのがたまに傷、ですが。半透明プラ鉢なら10個/1ロットでOKのようです。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/16(Mon) 10:28 No.12770
上げます

本日液肥を与えました。 - トミー 2014/06/21(Sat) 10:24 No.13097
こんにちは。
本日液肥を与えました。写真1は、前回根が外に出ていた鉢ですが鉢のサイズアップをして根をポットの中に入れました。気が付いたらまた、葉っぱが出ていますね。嬉しいです。写真2も新葉が成長しています。ところで、写真2の新根が出てきていますが、新根が出るとその下の葉は次第に枯れる運命なのでしょうか?また新根は先端が少し茶色い色をしていますが、その部分は手などで触れないほうが良いのでしょうか?写真3・4も順調に育っていると思います。さて写真5ですが一番下の葉ですが、葉の張りがなくこれはこれから萎んでいくのでしょうか??様子見ですね。それと私の胡蝶蘭も少しですが葉が切れている鉢があります。接着剤の件、参考になります。いろいろな方が掲示板にアップされていますので本当に助かります。最後の写真は、今日は降水確率も20〜30%で酸性雨は期待していないのですが、いつもの遮光ネットから移動させました。プチ遠足???。しかしながら、期待も外れて日が差してきて急遽元の遮光ネットに戻しました。トホホ・・・・。



写真その2 - トミー 2014/06/21(Sat) 10:26 No.13098
写真その2です


写真その3 - トミー 2014/06/21(Sat) 10:27 No.13099
写真その3です


写真その4 - トミー 2014/06/21(Sat) 10:28 No.13100
写真その4です


写真その5 - トミー 2014/06/21(Sat) 10:29 No.13101
写真その5です


写真その6 - トミー 2014/06/21(Sat) 10:30 No.13102
写真その6です


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/21(Sat) 22:25 No.13105
その2、その3、その4とも元気ですね。
新根は時として生きている葉の上からも出ますが、これは胡蝶蘭の持っている性質ですから如何ともしがたいです。お察しのように根の下になる葉は早晩寿命がくる葉の場合が多いのは事実です。けれども個体によっては上部から根が出た後も1年以上枯れ落ちずにいる場合もありますから、あきらめるのは早いです。とはいえ、新葉がどんどん出ている場合の一番下の葉の寿命がくるのは致し方がないことと考えた方が良いのも事実です。
5の画像ですが、画像が全体に小さいので葉の質感があまりつかめないので、寿命が近づいているのかどうかの判断はこの画像からは私にはできないです。こんなに小さくなくてもUPできますからこの3倍くらいのピクセル数でお願いします。できれば全体像もUPください。

接着剤の件は実は本欄でお問い合わせいただいた方から助言を求められて逆に教えてもらったものです。我が家には猫もいるしそそっかしい人間(私)もいますので棚から鉢を落とすことはままあることなので、使用実績はかなりできましたが、今まで薬害は一度も出ていません。


追加でアップします。 - トミー 2014/06/22(Sun) 07:21 No.13106
前回の写真その5のピクセル数を900にしまして再度掲示します。(前回まで300でしていました。)また、全体像をお送りしますね。真ん中の葉は見ての通りガチガチの硬さですが、両側の下の葉っぱと左の葉っぱが柔らかいというか・・・。前回の写真に取った葉っぱは因みに左の一番したの葉です。昨日は日中は雨が降らずじまいでしたが、昨夜から今朝にかけて雨がしとしと降っています。そんなに多くない雨です(雨水を貯める桶(漬物桶を流用)に5CM程度増えた位と思っております。今朝は雨が降っている中で撮影しました。


追加でアップします。 - トミー 2014/06/22(Sun) 07:27 No.13107
全体像です。雨の中で胡蝶蘭も喜んでいるかな?。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/22(Sun) 22:46 No.13116
拡大されて画像を見ての判断です(このくらいになると葉の表情も読めます)が葉のはりがないといってもそんなにすぐに寿命になる状態ではないですよ。
少なくとも今年の秋まではしっかり働くと思います。


少し安心しました。 - トミー 2014/06/22(Sun) 23:46 No.13117
ひろしさん。ありがとうございます。このまま可愛がっていきます。また、1週間後に進捗状況をご報告しますね。追伸:ところで花茎は、いつごろでてくるのでしょうか?少し気が早いですね。では、失礼します。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/23(Mon) 13:50 No.13122
花茎が上がるのは、成長が止まってから1〜2か月経過したあたりです。晩秋から初冬にかけてが多いですね。


了解しました。 - トミー 2014/06/23(Mon) 21:30 No.13125
我が家の胡蝶蘭も今年花茎ができますでしょうかね。(可能性はありますか?)その前に、害虫と冬場を超えないといけませんね。まだまだ難関がありそうですね。今後もアドバイスをよろしくお願いします。(毎晩、霧吹きをかけているおやじです・・・。)

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/23(Mon) 22:06 No.13126
胡蝶蘭は葉が4枚あれば開花可能です。ですから可能性は高いですよ。夏越ししてからの話ですが。

昨晩から雨が・・・ - トミー 2014/06/28(Sat) 06:37 No.13151
予想的中。雨が降るものと思い、昨晩から外に出して置きました。これで本日の水遣りは終了。本日も雨状態が続くものと思いますのでこのまま外に出しておきます。この時期、新葉・新根の成長が著しいですよね。嬉しい限りです。それから、開花は葉は4枚でOKとのこと了解です。夏越し対策についても教えてくださいね。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/06/30(Mon) 10:33 No.13172
夏の高めの気温は仕方ないのですが、戸外の空気の流れのあるところであれば夏越しは容易です。家の北側戸外など直射光が当たらず(当たっても朝日だけ)風雨の当たるところが一番良いと思います。ハンギングにしておけばナメクジやダンゴムシの被害もほとんど受けませんね。

雨の季節かな。 - トミー 2014/07/03(Thu) 22:27 No.13219
当地中部地方も本日から3日間曇りのち雨が続く天気予報で本日は、昼前からのしとしと雨でした。そのため、出勤前に雨に晒そうと思い胡蝶蘭の鉢を外に出しました。ところで、胡蝶蘭の育ちにとっては自然体が一番良いと思っており3日間雨であってもそのまま晒して置いて良いですよね。また質問があります。@酸性雨と液肥とでは酸性雨の方が胡蝶蘭にとって良いのでしょうか?(雨が降らなければ今週末に液肥を与えようと思っておりましたが、液肥を与えるのは来週に引き伸ばした方が良いでしょうか?)

初めまして - ru(^^)mi 2014/07/03(Thu) 22:53 No.13220
ru(^^)miと申します。
毎日、よくお世話されているようですね。私も初めての事で毎日、せっせと観察しております。お互いに頑張りましょう!


こちらこそ - トミー 2014/07/04(Fri) 05:28 No.13221
ru(^^)miさん、私も駆け出しの胡蝶蘭初心者です。今後もよろしくお願いします。ru(^^)miさんの掲載記事も十分に参考になりかつ楽しみに見ております。ひろし先生に感謝です。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/07/04(Fri) 09:23 No.13222
雨であれば3日間雨に濡れた状態でもOKです。
えーち今は梅雨前線の雨ですね。通常の梅雨であればそんなに雷雲が発生しないので硝酸濃度はほとんどないのですが、今年の梅雨の気圧配置はちょっと変だし、先日は首都圏で降雹がありましたから意外に活発な上昇気流もありそうで雷もありそうですよね。
落雷がなくても空中の雲同士の放電でも窒素酸化物ができますから水滴に溶ければ硝酸となり、これが降ってくれば窒素肥料となります。
おまけに最近では中国起源の二酸化硫黄なども含まれます(水に溶けて亜硫酸)から制菌成分まで入っているということで根腐れも起こしにくい。ただ濡らしっぱなしは根が楽をするので根の成長は悪くなりがちですから長雨に当てるのは避けたいですね。
雨に一度当てたら施肥一回分の半分くらいの肥効はあるでしょから次の施肥をいつもの施肥より濃度を下げて4000倍にするとかの配慮はした方が良いでしょう。


お邪魔します - ru(^^)mi 2014/07/04(Fri) 18:20 No.13226
概ね、3日間も続けて雨に打たれて良いのですね。根腐れの心配と成長の阻害、親心が尽きません。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - トミー 2014/07/04(Fri) 21:01 No.13233
今朝、雨の予想と思っておりましたら、東の空から日が差してきましたのでこれはと思い、車庫の中に入れて出勤。帰宅途中にまたぱらぱらと雨が再開しましたので今夜もお外に出しました。隠居の身であれば十分に可愛がれるのですが・・・。自分では程よい湿り気ではないかと思っております。(実際に1週間で水遣りは1回程度ですので普段は足らないのかも・・・)やはり、胡蝶蘭にとって雨は適量であれば効果が大きいということ了解しました。また、液肥の濃度調整の件も了解しました。(コメントを見るまでは、雨は液肥と同じくらい効果があり、液肥を与えることを1回お休みするくらいかなと考えておりました。)
ru(^^)mi さん、本当にそうですね。成長過程を見ていると可愛いいですよね。明日は週末、時間がありますので少し観察してみたいと思います。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/07/09(Wed) 23:19 No.13254
胡蝶蘭の根は乾かさないといけないのではなくて酸素呼吸をできる時間がないといけないという表現が正しいのです。雨水には酸素も多量に溶け込んでいるので雨だとOKです。バークの中粒のように隙間の多い植え込み材料だと水道水でも勢いよく与えれば隙間部分で空気が新鮮なものに入れ替わるので、根腐れのリスクは低いものです。水が滞留すると雑菌も増えますし、ろくな結果にはならないのですが。

ワイルドだぜ! - トミー 2014/07/12(Sat) 11:00 No.13260
ほぼ1週間ぶりです。前回報告しました雨水に当てましたところ結構どろこんこのように葉っぱがなりました。野生化しているといった感じでしょうか???。多少の泥はつけておいても良いですよね。さて、当地は台風の影響は横を通ったという感じで影響がなかったのですが、心配して胡蝶蘭の鉢を全て掲示板の写真のように玄関の靴箱に引っ掛けて対応しました(過保護ですよね)。本日、週末で久しぶりに液肥の水遣りをしました。雨水を先週もらっていますので若干ですが薄めでやりました。そんなところ根も1本の根から枝分かれしていました。初めてでしたので写真撮影。これもワイルドかな?。
みなさんのところ台風の影響はなかったですか?無事でしたら幸いです。



ワイルドだぜ!その2 - トミー 2014/07/12(Sat) 11:02 No.13261
栄養が良すぎるのかな??


凄い! - ru(^^)mi 2014/07/12(Sat) 11:56 No.13262
13261の根は凄いですね!1本の根に新しい根がこんなに沢山付くんですね。私は10鉢管理してますが、こんな根はありません。目視できない鉢の中はこんな感じかも知れませんが。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - hiroshi@小南部 2014/07/12(Sat) 17:44 No.13264
熱帯雨林の泥だったら問題ないのですが(貧栄養で雑菌も少ないないので)、日本の土壌の泥は有機物に富んで富栄養なので雑菌も多いですから、できれば洗い流しておいたほうが良いですよ。
一本の根からこんなに脇根を出すのは珍しいですね。根の成長を促す環境ホルモンでも雨に溶け込んでいたのでしょうかね。


2週間ぶりです。 - トミー 2014/07/26(Sat) 10:51 No.13311
みなさん、ご無沙汰しております。
2週間ぶりです。目新しいご報告もなくアップできずにいました。(良くもなく悪くもないことはいい事ですかね?)さて、当方の5鉢は、著しい成長も見られませんがなんとか成長しているのかなって感じです。新葉がまだまだ生えてきていますね。葉っぱの数も増えてきたようです。本日液肥入の水やりををしました。(最近、暑いですので1週間に2回(水曜日と週末)に水やりを実施しています。←回数は少ないですか?)それから、本日2鉢の鉢替えを実施しました。園芸業者出荷時のポリ鉢ではパンパンになり、新根がポリをやぶって出ていました。(当方では、鉢を引っ掛けるために鉢自体をもう1つポリの中に入れておりますので、そこから出さないと根の状況がわかりません。=前回等の写真を参照してください。)この夏の時期に気をつけなければいけない点をアドバイス願います。では、みなさん暑いですのでお体ご自愛を・・・・。



2週間ぶりです。 - トミー 2014/07/26(Sat) 10:53 No.13312
2鉢目です。

2週間ぶりです。 - トミー 2014/07/26(Sat) 10:54 No.13313
もう1回、2鉢目です。ごめんなさい。


2週間ぶりです。 - トミー 2014/07/26(Sat) 10:55 No.13314
3鉢目です。


2週間ぶりです。 - トミー 2014/07/26(Sat) 10:58 No.13315
4鉢目です。バージョンアップした鉢です。この鉢いっぱいまで成長して欲しいです。(これが一番大きな鉢だった気がしますが・・・・)


2週間ぶりです。 - トミー 2014/07/26(Sat) 11:01 No.13316
最後の5鉢目です。ひろしさん、掲示板の記事をそろそろ分割した方がよいですか?(返信のまま続けて良いですか?)


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - hiroshi@小南部 2014/07/26(Sat) 20:26 No.13317
画像があまりおおきくないので肝心の根の状態はわかりにくいのですが、、、葉の状態で見れば何も問題なさそうです。むしろ気になったのは「鉢替え」です。根が成長中ならできないことはないのですが高温期ですので傷から腐れが入りやすい傾向があるので、できれば根をいじるのは避けたい時期でもあるのです。元気な株であれば気にするほどのことでもないのかもしれませんが。

新規のコメントを探すのにたくさんスクロールしなければならないですが、栽培状況の全体像がつかめるのでそのまま返信でお願いしたいです。


頑張ってます。 - トミー 2014/08/01(Fri) 06:23 No.13351
写真をご覧ください。(わかりますか、中央の蛙です。)
本日朝、発見しました。周りにはいっぱいいるのですが、こんな所まで登ってきたみたいです。(高さ1M強あります。)また、斜めにもかかわらずへばりついています。朝の一コマでした。



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/08/01(Fri) 11:39 No.13352
アマガエルなんでしょうね。アマガエルがたくさんいるということは、かつて田んぼだった場所とかの湿度の高い場所なんでしょうかね、、、それで風通しが良くて間接光線で明るい場所なら胡蝶蘭は良く育つはず、、、
私の親戚の家で田んぼを埋め立てた場所に建てた住宅では夏になると玄関の引き戸の垂直な面に何匹ものアマガエルがへばりついていることがあります。ガラス戸なので照明が漏れて虫が集まるのでその虫を待ち構えているわけなんですが、、、かわいいですね。


液肥与えました。 - トミー 2014/08/02(Sat) 08:30 No.13354
本日、朝液肥を与えました。先日植え替え(そのまま根をくずざす入れたものですが・・・)2鉢アップします。一番小ぶりの胡蝶蘭ですが、やっと新芽が出てきました。根の水分の吸収も遅いのかな?幾分か湿っていた感じです。鉢ごとに特徴がありますので一筋縄ではいけませんね。それと前回の続きですが別の鉢にまた蛙がこちらを見て様子を伺っていましたので随分接近しても逃げずパチリと撮りました。水遣りのため蛙さんには少しの間退いていただいました。(水遣り後鉢を吊るしもどしたところ戻って来ていました。)蛙さん邪魔してごめんね。


液肥与えました。 - トミー 2014/08/02(Sat) 08:31 No.13355
鉢その2です。


液肥与えました。 - トミー 2014/08/02(Sat) 08:33 No.13356
可愛いですね。


液肥与えました。 - トミー 2014/08/02(Sat) 08:35 No.13357
何もしないから睨まないで、蛙さん。(邪魔しましたね)ごめんなさいね、退かして。「戻ってきたことに感謝しているトミーでした。」


いつもの居場所バージョンアップ... - トミー 2014/08/03(Sun) 17:48 No.13360
いつも吊るされてバークがポロポロ落ちて気になっていましたが、やっと平台が安く見つかり購入。これで鉢が落ちることの心配もありません。今回、多肉植物、他植物、玉ねぎと同居。まだまだスペースありますね。これからまた胡蝶蘭の鉢を増やそうかな。企んでいるトミーでした。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/08/04(Mon) 18:13 No.13372
その後の生育は順調ですね。わたしもほんちょっとサボテンをやってますが、コチョウランとサボテンておなじCAM植物なんですが、取り合わせて栽培するあいてとしては相性があまりよくないですね。

玉ねぎは芽が出てしまうのでは?


地べたに鎮座?? - トミー 2014/08/09(Sat) 10:04 No.13403
こんにちは。ビニールポットを吊るしているのではなく置くようになって下部はどっかりと安定してきた感じがしております。今日は雨のため、水遣りはせずにそのままお外に出しました。葉っぱも根も順調に育っているようです。でも ru(^^)miさんのアップを見ていると羨ましい限りです。 僕のところは次期はどうかなって思っております。ところで、質問です。今のプラポットも今後パンパンになってくると思いますが、古い根(茶色い死んだ根)もありますのである時期に根の整理が必要ですよね。また教えてください。PS:写真後方に写っているのは、枝豆の苗と長ネギです。趣味で家庭菜園をしています。枝前とビール良いですね。食べるのが待ち遠しいトミーでした。台風接近中、皆様お気を付けください。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/08/09(Sat) 20:33 No.13406
成長はいまのところ順調のようですね。
雨の中地べたにべた置きするとナメクジやダンゴムシの侵入の惧れが高い気がします。ポット内に居つかれると厄介ですからやはり吊蜂のほうが安全なんですが、、、


おじゃまします - ru(^^)mi 2014/08/10(Sun) 08:23 No.13407
こんにちは。こちらは台風がかなり逸れてくれたので殆んど影響はありません。今は小雨が降ってるくらいです。
4月末に植え替えをして素焼きに移し代え、水や水肥の与え方を学習したくらいで観察を続け、たまたま花芽がでただけです。勿論、ひろしさんの教えが無かったら戸惑っていたと思います。ただ今迄結果的に良かったんだと思える事は、風通し。陽当たり。は、コンクリートスラブの上ながら恵まれていたような気がします。
やはり、開花が本来の時期ではないので、花茎の背丈が足りない?まだ開花してませんが小振りな花になる気がしています。
ほぼ毎日、これから先どうしたらいいのか?悩んでおります。転ばぬ先の杖が出来たら良いのですが。真冬が心配でなりません。
トミーさん、お互いに頑張りましょう!


了解しました。 - トミー 2014/08/10(Sun) 08:27 No.13408
地べたからの害虫の侵入もありとのこと。では、カーポートの端から以前に使っていた吊鉢用の道具を使いますね。(因みに今回は台風の影響で雨が強く2〜3時間程度で引っ込めました。)今朝、鉢の様子を見に行ったら鉢受けに蟻んこがいました。1.5M程度の高さのパイプラックまで登ってきたのだなと関心すると同時に胡蝶蘭には蟻にとって美味しいものがあるのでしょうかね。(それとも、昨日の地べたの時に蟻さんが登ってきたのかな??)蟻は有害ですか??

Re: おじゃまします。 - トミー 2014/08/10(Sun) 08:37 No.13409
ru(^^)mi さん、コメントありがとうございます。台風は隣の県で避難警告が出ています。(当地中部地区です)雨・風も少しづつですが強くなってきてます。本日は外出を控えるつもりです。ところで、貴殿の胡蝶蘭にとって風通し・日当たり・育成環境等すべて整った感じですね。先を走っている先輩としてこれからもコメントを見させて頂きます。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/08/11(Mon) 15:16 No.13417
蟻は非常に計算高い昆虫で、何か得になるものがなければ集まりませんが、アブラムシを養うタイプでなければ無害と考えてよいです。樹木や多くの植物は葉を食害するチョウやガの幼虫が嫌う蟻のために葉にも蜜腺を用意して積極的に蟻をあつめます。それでも集団で食害するガの幼虫にはかなわないのですが。

大変です。 - トミー 2014/08/16(Sat) 06:39 No.13453
今朝、液肥を与えようと思い見たら、若葉が、食べられていました。誰だ食べたのは。何かすることは有りますか?(昔、よく空に揚げたゲーラカイト(凧)の目玉のようです。) 追伸:今も液肥(6:6:6)を2000倍で与えていますが引き続き濃度は同じで良いでしょうか?


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/08/16(Sat) 10:59 No.13455
まだ葉が2つ折りの時に食われたんですね。この食痕はダンゴムシ・ワラジムシのものではないですね。ナメクジでもない、、、まてよ、、、穴の周囲が黒くなっていることから部分的に雑菌が繁殖して貫通してしまったあるいは濃い薬剤やアルカリでの細胞の壊死があった。可能性も0ではないですね。その場合でも折り合いはついたようですからこれから広がる恐れはないでしょうけれど。

念のため、貫通孔周囲に殺菌剤を塗布しておけばよろしいのではないかと思います。

葉の成長期ですから施肥濃度はOKと思います。


まあまあかな。 - トミー 2014/08/30(Sat) 10:11 No.13574
随分アップしませんでしたので、下の方にいましたが、週末になりアップします。まあまあの育ちですかね。ところで、写真1:張りが強いのか真ん中から裂けていますね。葉先等の裂けはよく見るのですが・・・・。写真2:前回アップしました葉が食べられていた?その後です。状況的には良さそうです。いつ家の胡蝶蘭は花茎が出るかな?楽しみにしていますよ〜。


写真2 - トミー 2014/08/30(Sat) 10:13 No.13575
写真2です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/08/31(Sun) 17:44 No.13579
展開当初に被害に遭った葉もその後は順調に育ったようでほとおしました。
裂けた葉の断裂面は白く乾いていますし、とくに問題はないでしょう。
花軸が見えるのは通常は葉の成長が止まって一休みに入ってからのケースが多いです。


出てきましたよ。ru(^^)mi さん - トミー 2014/09/13(Sat) 10:22 No.13643
みなさん、こん**は。ご無沙汰しております。胡蝶蘭も私個人も元気??可もなく不可もなくという感じでしょうか。さて、当地においても朝晩涼しくなりました。葉・根への水遣りも雨振りの具合とかを見ながら止めたりしています。本日、久しぶりに根への水遣りを実施しました。根の色を見ていても真夏ほど乾いていないですね。さて私の胡蝶蘭の現況をアップします。数日前に気がついていたのですが、一番下の葉が落葉しました。病気ではなさそう??取り敢えず、写真を2枚(その物と落ちた後の茎の部分)撮りました。その他の胡蝶蘭は元気ですね。葉が大きな胡蝶蘭は鉢が安定せずに倒れますので支柱から引っ張っています。もう少しこのままの状況(外に出す)ことで良いと思いますが、今後どのような気候になりましたらどうしたらよいかアドバイスください。(尚、当地も寒くなりますので今のラック(写真にもありますが)ここにビニールを巻いてビニールハウスもどきを作ろうかと思っております。-家内は蘭を家に入れると家の中が狭くなるのでと申しております・・・))PS:ru(^^)mi さんメールありがとうございました。順調に育っていますね。私も花が咲くことを夢見てがんばります。



その2 - トミー 2014/09/13(Sat) 10:27 No.13646
落葉した箇所です。


胡蝶蘭その1 - トミー 2014/09/13(Sat) 10:29 No.13647
その1です。


胡蝶蘭その2 - トミー 2014/09/13(Sat) 10:30 No.13648
その2です。


胡蝶蘭その3 - トミー 2014/09/13(Sat) 10:31 No.13649
その3です。


胡蝶蘭その4 - トミー 2014/09/13(Sat) 10:32 No.13650
その4です。


胡蝶蘭その5 - トミー 2014/09/13(Sat) 10:33 No.13651
その5です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/09/13(Sat) 21:51 No.13657
落葉は薄くなってしわしわになってのもののようですから心配はいらないと思います。
他の株も元気そうですよ。

冬寒くなるとのことですが、お住まいはどのあたりなんでしょうか?


ひろしさん。返事ありがとうござ... - トミー 2014/09/14(Sun) 11:01 No.13666
当地(愛知県)でも西の方で、岐阜県・三重県との県境です。この地は、伊吹おろしとか・養老山脈からの冷たい風が吹いてきます。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/09/14(Sun) 21:10 No.13668
大垣のちょっと南側ということでしょうか、、、東海道新幹線の冬の難所、関ヶ原にも近いんですね。積雪のない名古屋をでてからほんのちょっとで積雪はおろか吹雪の関ヶ原越えとなって驚いたことがあります。
うむ、だとするとハウスには加温設備が不可欠ですね。関ヶ原は風の通り道でもあるので降雪も多いのでしょうけれど養老あたりなら伊吹おろしにしても養老おろしにしても山越えの風ですから日差しはマシなんだろうと思いますがビニルを複層にしても断熱効果はたかが知れてます。


ru(^^)mi さん 、羨ましい限りで... - トミー 2014/09/15(Mon) 07:19 No.13675
最低気温20℃。いい環境ですね。胡蝶蘭を育てるには。それからひろしさん、15℃位までが外で育てられる件、了解しました。加温設備とはどのようなものでしょうか?また、お教えください。因みに家の中でも真冬ですと朝起きる時の気温は一桁台となっていることもあります。寒いですよ。ところでひろしさんのお住まいも東北地方で保温設備をお持ちなんでしょうね。

こんにちは。 - ru(^^)mi 2014/09/15(Mon) 09:43 No.13676
お邪魔します。そうなんです。今日の最高気温は28℃まで。こちらは九州、福岡県なのでそちらに比べれば少し暖かい?緯度はさほど変わらない気がますが、気温はその土地が日本海側、大平洋側か。山の麓か海の近くかなどで随分変わってきますもんね。
私も5月から始めてますので、胡蝶蘭にとっての冬の厳しさを知りません。夏は、寒いのが嫌いなのでクーラーは使いません。扇風機です。冬はカーペットと電気ストーブです。電気ストーブはよほど寒くないと使ってないので胡蝶蘭にとっては過酷な、冬になりそうです。
今は会社に胡蝶蘭を置いてますが、暖かいのか寒いのか全く解らない常態ですし、自宅も私が過ごしていない部屋以外はかなり寒いと思います。
そろそろ、どこの場所で冬をやり過ごすか決めなくてはなりません。最低最高温度計の購入をして準備をしなくてはなりません。
これからいろんな知恵を、ひろしさんにお訪ねしようと思ってはいますが、場所や資金面など悩む事が多いです。10鉢もあること。欲張ってしまったことも今となっては悩みの種です。
トミーさんはどんな場所で育てる予定ですか?


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/09/16(Tue) 18:56 No.13688
私は4年前に自宅を新築するときに住宅の一部に2坪ほどの専用の栽培室を作り照明はタイマーで入り切りが自動です。床暖房ですがこちらは全自動というわけにはいかないので、一定温度に保つのであれば自動運転は可能なのですが、昼は温度が上がり、夜は温度が下がる環境を自動運転は難しいので、床暖温水の温度と流量をその日の天候と予想最低気温から決めて調整しています。
熱容量が大きくなるようにコンクリートスラブを厚く東、南、西の採光で窓は二重ガラス、天井は断熱材入り、換気は常時換気扇を回しています。外気温がマイナス10度でも明け方最低気温+10℃になるような調整ができます。
高断熱住宅の一部で北側の壁が熱容量が大きい設計としているので熱安定が良いのですが、、、
戸外でビニルだけの外気との遮断だけであれば、どの程度の熱量のストーブがいるのかは外気温との相談になるでしょうが、小型のストーブをつけっぱなしにするくらいの発熱量が必要でしょうね。電熱ではとても間に合わないでしょう。ご近所にある農家のビニルハウスが参考になるとは思いますが、胡蝶蘭でなくても愛知県東部にはラン農家があるはずです。
30鉢はそこらだったら絶対に家の中で冬越しさせるほうが良いと思いますが、、、


ru(^^)miさん、ひろしさんコメン... - トミー 2014/09/17(Wed) 22:50 No.13697
まずもって、お外で育てると設備も大がかりになり費用も掛かりますね。もう一度、家の中で育てられるように家内に交渉する必要があります。家で育てる場合、例えばダンボールの中にタオルを引きつめて保温し、日中は縁側でカーテン越しに日を当てるようにすることをしようかと思っております。また、時間があれば近隣の花屋さんに行き育て方を聞いてみてもよいかなと思っております。冬越しは難関だー。ではまた。

こんばんは - トミー 2014/09/18(Thu) 21:31 No.13702
私の帰宅時の家内との一コマ。
いつも帰宅時に霧吹きを持って玄関で待っている家内から、
「お父さん大変、猫が棚の上に登ったみたいで、胡蝶蘭の鉢が倒れていたよ。様子を見て」
自分「猫が登ったの?へー」「大丈夫そうだよ」
家内「いつも家庭菜園を荒らしている猫だと思うよ。黒猫」
自分「へー。何の理由で登ったのかな?」猫も好む胡蝶蘭でした。
   明日の朝、再度様子を見てみようと思っています。
一応、家族同様に気にされている胡蝶蘭でした・・・・。


これで冬越え出来るかな? - トミー 2014/09/21(Sun) 10:31 No.13718
今朝早朝に車に乗ってたまたま外気温を見たら17度でした。そろそろ冬越え支度かなと思い、本日は特段何も予定がないので、少し考えてみました。2段のワゴンを手に入れましたのでプラスチック棚を取り付けて、先日電子レンジを購入した際のダンボールを活用しました。上蓋はまた検討しなければなりませんが・・・・。ローコスト対応です。本日夜からこのような状況ですね。(室内の縁側に置き、夜は上からダンボールごと覆うようにし、朝から晩まではダンボールを取り外し日光浴という感じでしょうか。)また、みなさまアドバイスをください。


これで冬越えできるかな?その2 - トミー 2014/09/21(Sun) 10:34 No.13719
ダンボールで覆った感じです。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/09/21(Sun) 22:13 No.13722
なかなか良いアイデアと思いますが、、、内部に最高最低温度計を入れておいてチェックしながら、最低10度が近づいたら段ボールの上にさらにプチプチを張り付けるとかの対策も必要になるかもしれません。
北国は寒いので住宅は高断熱にするのが常識ですが、西日本では夏の過ごしやすさを優先して断熱はあまり考えない設計がおおいのですね。拙宅の栽培室の朝の最低気温も窓の一部を夜も開けておいて加温なしで17度くらいまで下がっています。窓を閉め切ればおそらくまだ20度を割らないでしょう。


昨日の一コマ - トミー 2014/09/24(Wed) 22:59 No.13744
最高最低温度計を探しに農業専門J●、他ホームセンターに行きましたが見つからず、インターネットで探そうと思い帰宅。その前に最高最低温度計って何?検索したところ「そうか、特に最低気温が重要なんだな。」今回元来の水銀を利用した温度計の仕組みも理解しました。家には温度計が有ります、最高最低はわからないけどそのまま使うかな。そんなことを家内に話をしたら一言「息子のめざまし時計に付いているよ、最高最低温度計(しかも昨日分もわかるとのこと)」トホホ、そのまま息子にこの冬は借りるかな?日常のことですが日々勉強です。ではまた。

Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/09/26(Fri) 09:25 No.13756
そういえば最近は水銀の最高最低温度計はあまり見かけませんね。私が長年使っているものは、ムシのリセットボタンがバカになってしまって戻せなくなっているので。今は単なる温度計となっています。
最低気温は暖房開始前の早朝に何度あるかを見ることができればよい(そのときの気温がほとんど最低気温と一致するとみなせる)ので今の私には最低気温のチェックは必要ないのですが、冬期間一シーズンは計測しておきたいですね。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - トミー 2014/09/26(Fri) 22:21 No.13762
みなさん、こんばんはです。ひろしさんコメントありがとうございます。”虫”(小片)という言葉も勉強しましたよ。(^-^)。さて、今週は、台風が来て去った影響もあり元の気温に持った感じでした。その為、冬支度をしたのですが2・3日使用し逆戻りで元の外の位置に3日間ほどいます。寒くなければ外で育てます。

初めまして おじゃまします。 - kimura 2014/10/05(Sun) 14:32 No.13818
みなさんの投稿を参考に育てています。凄く助かります。
質問ですお願いいたします。窓際で育てています。最低気温が20度を割らないのに花芽が8鉢から出てきました。大輪の白、ピンクです、どうしてでしょうか、6月に植え替えしました。おねがいします。
青森県陸奥湾沿い


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/10/06(Mon) 09:28 No.13827
kimuraさんの質問への回答は新規スレッドのほうにあります。

みなさん、こん●●わ。 - トミー 2014/10/11(Sat) 09:01 No.13871
ひろしさん、他みなさんこん●●わです。現況報告です。5鉢の胡蝶蘭へ今朝液肥を与えました。液肥は1週間に1回与えております。その際の写真です。当地の気温を毎日測定しております。お外では、朝5時で17C(数週間前に比べて少し温かい気がしております。台風等の影響ですかね。)室内では、縁側で夜は育てております。約22から24C前後になっております。朝、外に出して出勤、夜は帰宅時間により私もしくは家内が部屋に入れております。(家内も胡蝶蘭の育成に協力してもらっています。)夜には霧吹きの水遣りも忘れずにしております。手製の気温測定を2つ用意しました。子供の学校の理科の実験等で使ったものですが、お外と室内と設置してその時の気温がわかるようにしております。洋蘭用のバークもぼろぼろと落ちるので減ったところは、本日追加しておきました。当面はこのままで良いでしょうか?最後にこれから大型台風が襲来します。みなさま、どうぞお気を付けてください。当方でも前回同様に遮光ネット(緑)を取り外そうかと思っております。


写真その2 - トミー 2014/10/11(Sat) 09:03 No.13872
写真その2です。


写真その3 - トミー 2014/10/11(Sat) 09:04 No.13873
写真その3です。


写真その4 - トミー 2014/10/11(Sat) 09:05 No.13874
写真その4です。


写真その5 - トミー 2014/10/11(Sat) 09:06 No.13875
写真その5です。


おまけです。 - トミー 2014/10/11(Sat) 09:08 No.13876
気温計です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/10/13(Mon) 21:53 No.13889
胡蝶蘭はどれも元気そうですが、ちょっと気になったのは夜屋内22〜24度、朝昼屋外で17〜?度では昼夜逆転の温度となってませんでしょうか。できれば明け方最低気温15度日中24度、夜間17度くらいが胡蝶蘭の生理にはよいのですが、、、

教えてください。 - トミー 2014/10/18(Sat) 16:50 No.13932
ひろしさん、これって、これって。もしかして。少しドキドキ。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/10/18(Sat) 21:33 No.13935
トミーさんの画像いつも小さいので目の悪い私はちょっと苦労します。根には見えないですから花芽である可能性が高いですが、、、画像が小さいので確信は、もてないです。

花芽のアップです。 - トミー 2014/10/25(Sat) 08:45 No.13972
そろそろ当地も朝8時過ぎ頃でないと15℃まで気温が上がらなくなりました。このような状況で朝外出しをしてもよろしいでしょうか?日中は最高で22℃前後となります。



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/10/25(Sat) 21:21 No.13976
日中22度まで上がるなら明方12度くらいでもなんら問題はないですよ。

お早うございます。親バカです。 - トミー 2014/11/02(Sun) 08:22 No.14015
みなさん、ご無沙汰しております。
先週木曜日から夜の外気温も最低14度をキープするほど暖かくなっており、外で夜を過ごしています。(また金曜日から当地も雨が振り酸性雨を浴びています。)本日、雨が上がりましたので、写真を撮りました。写真1:全体像です。外に出ている根も深緑色になりました。水分たっぷりです。写真2:前回から少し成長しました。2刀流(花芽が2つ)になりました。(((o(*゜▽゜*)o)))写真3:一番小さい株です、何か花芽のような??もう少し様子見です。はしゃぎすぎのトミーでした。



お早うございます。親バカです。... - トミー 2014/11/02(Sun) 08:24 No.14016
写真その2です。


お早うございます。親バカです。... - トミー 2014/11/02(Sun) 08:26 No.14017
写真その3です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/11/03(Mon) 15:32 No.14020
花芽の発生が見られる時期になりましたね。我が家でもトップバッターのアマビリスの花芽を確認しました。夏まで咲かせた株の多くはまだ葉の成長期ですのでまだなのですが。
さて無事に年越しさせて開花させるまだ、まだだいぶ間がありますが、花軸の成長は楽しみですね。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - トミー 2014/11/17(Mon) 06:51 No.14081
当地でも少しづつ寒くなりましたが、みなさんお体大丈夫でしょうか?
お外での最高気温が15度になりましたので先週からお家で過ごしております。お家でも朝5時ごろで気温が15度前後まで下がってきております。日中、日差しがあると17度〜18度に最近なっております。もう少しすると、ダンボールのカバーが必要になります。それ以上寒くなると、どうしようかなと思いながら過ごしております。(当分は寝室に置くことも考えております。)さて、花芽は少しづつですが順調??に成長していると思います。一気に伸びないので・・・・。只今、私の育てている胡蝶蘭も5鉢の内、4鉢は花芽があります。このまま成長してくれることを期待したいです。


寒くなりました。 - トミー 2014/11/21(Fri) 21:22 No.14261
ひろしさん、こんばんはです。
花芽が日光の方に向いているように見えますが、鉢の
向きは度々変えたほうが良いのでしょうか?(もしくは
鉢の置き場所を変えてほうが良いですか?=ある鉢は日光がよく当たります。別の鉢は日当たりが悪いです。)


近況報告です。 - トミー 2014/11/22(Sat) 11:52 No.14294
今朝の胡蝶蘭の様子です。午前9事前後外気温10度、内気温17度、現在日差しが当たっており日中20度超えです。本日も液肥を与えました。そろそろ液肥を与えることを止める時期でしょうか? 写真その1:たいぶ花芽も大きくなってきたでしょ。(写真右側です。)


近況報告です。 - トミー 2014/11/22(Sat) 11:53 No.14295
写真その2   まだちいさい花芽です。


近況報告です。 - トミー 2014/11/22(Sat) 11:58 No.14296
写真その3  葉茎の左右が花芽です。二刀流ですね。


近況報告 - トミー 2014/11/22(Sat) 12:02 No.14298
写真その4  葉茎の右側下から4枚芽のところに少し出ています。


近況報告です。 - トミー 2014/11/22(Sat) 12:04 No.14299
写真その5 3CM位の大きさです。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/11/22(Sat) 22:01 No.14389
順調に花芽が育っているようですね。
新葉がまだ成葉の半分に達していませんので、最低気温が15度以上を確保できる間は薄めの施肥はしたほうがよいかと思います。
成長集の葉が2/3を超えたら施肥はやめてください。


ひろしさん、教えてください。 - トミー 2014/12/11(Thu) 20:24 No.15114
ご無沙汰しております、ひろしさん。
突然ですが、写真の胡蝶蘭ですが水をやりすぎたようです。
(前から少し乾きが遅い胡蝶蘭だなと思っていたのですが・・・)どのようにしたら良いでしょうか。現在の状況を記載しておきます。全ての胡蝶蘭に対し、一週間に1回根に水遣りをしております。また水遣を実施した日を除き、霧吹きで葉に水遣りをしております。以上 取り急ぎよろしくお願いします。



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/12/12(Fri) 22:07 No.15118
低温期になると根の活動は低下するのが普通ですが、この株に関していえば大きめの成長点が根の先端に見えますので活動中だったのだろうと思うのですが、それでも吸水が悪かったということなのですね?
それにしても、全体像が見えないまま、この画像だけを頼りにどうするか決めるのは難しいです。が、根腐れ気味なのであれば直ちにポリポットから抜いて植え込み材料をざっと外して、新聞紙の上にでも広げて陰干しします。それでとりあえず根腐れの進行は止められると思います。
その後は根を空のやや大きめの鉢に入れ軽石とバークの50/50のもので(微塵を洗い流してから乾かして使います)根を傷めないように充填して(この場合詰め込まないこと)鉢の周囲を軽くとんとん叩いて落ち着かせ、あとは通常の水やりはせずに葉裏中心の葉水と植え込み材料表面だけが湿る程度の水やりで冬を越させてから春に本格的な植え替えをすることにしたら良いのではないかと思います。


Re: ひろしさん、教えてください... - トミー 2014/12/12(Fri) 22:47 No.15119
ありがとうございます。このままもう少し様子を見ます。因みに、胡蝶蘭を育てている環境は気温13度〜17度くらいです。では、また。

近況報告です。 - トミー 2014/12/27(Sat) 20:01 No.15155
ご無沙汰です。今年もあと数日となりました。当地も朝方0度前後となっております。随分、雪の被害が各地でありますが、風邪等引いていませんか。ご自愛下さい。さて、当方の胡蝶蘭も随分成長しました。水遣りも根の様子を見ながらしております。質問があります。施肥はそろそろやめることでよいでしょうか?また、花茎については何か支えが必要ですか?このままでもよいでしょうか?現状は垂れ下がるようなことは無いです。


近況報告です。 - トミー 2014/12/27(Sat) 20:02 No.15156
写真その2です。


近況報告です。 - トミー 2014/12/27(Sat) 20:03 No.15157
写真その3です。


近況報告です。 - トミー 2014/12/27(Sat) 20:04 No.15158
写真その4です。


近況報告です。 - トミー 2014/12/27(Sat) 20:05 No.15159
写真その5です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/12/27(Sat) 20:41 No.15160
葉の成長が一段落して、花芽が上がったら施肥はやめた方が良いですから、成長中の葉があってそれが成葉のまだ半分以下のサイズである場合を除き、施肥は止めてください。
花軸が上長せずに横を向きたがる場合はまず上方に誘導するように支柱が必要ですが、順調に上長している場合はまだ支柱はいらないです。最初のつぼみがはっきり見え始めるころには逆J型の支柱を用意しましょう。


ひろしさん、見捨てないで下さい... - トミー 2014/12/30(Tue) 20:58 No.15167
突然、過激な言葉で申し訳ございません。
今年は、私のような出来の悪い生徒を暖かくご指導いただきありがとうございました。来年には、是非開花できればと切に願っております。来年もよろしくお願いします。では、よい年を迎えてください。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2014/12/31(Wed) 18:20 No.15169
「冬来たりなば春遠からじ」と申します。
もうちょっとで春、開花が見られます。
来年もがんばりましょう。


今年もよろしくお願いします。 - トミー 2015/01/24(Sat) 19:38 No.15209
ひろしさん、こんばんは。
今年もよろしくお願いします。
随分成長しましたよ。



今年もよろしくお願いします。 - トミー 2015/01/24(Sat) 19:40 No.15210
写真その2
ちよっと成長が遅いです・・・・。



今年もよろしくお願いします。 - トミー 2015/01/24(Sat) 19:41 No.15211
写真その3


今年もよろしくお願いします。 - トミー 2015/01/24(Sat) 19:43 No.15212
写真その4


今年もよろしくお願いします。 - トミー 2015/01/24(Sat) 19:44 No.15213
写真その5
最後の写真です。
これは、つぼみもあります。



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/01/25(Sun) 16:19 No.15216
越冬は順調のようですね。開花が楽しみです。

花軸の伸び方は品種差のうえに個体差もありますから、ゆっくりのもの早いものがあってばらつくのは自然のことです。
最低気温12〜15度、昼間気温18〜23度くらいの環境だと寒さに強いアマビリス系の品種の成熟が早い傾向があります。


待ち遠しいです。 - トミー 2015/02/24(Tue) 18:50 No.15400
ひろしさん、ご無沙汰しております。
我が家の胡蝶蘭も元気に育っております。(小梅サイズです)
先週、背面にあるお雛様を出しました。
3月3日には間に合わないかもしれませんね。



待ち遠しいです。 - トミー 2015/02/24(Tue) 18:53 No.15401
写真その2
その1は室内用の移動用棚の上部の写真です。
その2は、下部の写真です。花茎が随分伸びて
上の棚に触りそうです。



待ち遠しいです。 - トミー 2015/02/24(Tue) 18:54 No.15402
写真その3
棚を上から撮影しました。(つぼみの
様子がわかると思います。)



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/02/24(Tue) 21:03 No.15403
うーん、あと10日くらいかな、、、
3月3日には間に合わないかもしれませんが、、、待ち遠しいですね。

俗説ではお雛様は娘さんの行き遅れを懸念して3月4日にはしまい込むものとされていますが、、、本来が旧暦3月3日(今年の暦では4月21日)に行われる「桃の節句」なのですから神経質になるものでもないですが。


やりました!!。ご連絡です - トミー 2015/03/01(Sun) 18:03 No.15449
ひろしさん、咲きました我が家の胡蝶蘭が開花しました。一号です。嬉しいです。子供のように騒いでいるトミーでした。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/03/02(Mon) 09:28 No.15453
開花おめでとう!
この一年の丹精が報われましたね。私も少しはお役に立てたと思えば嬉しいです。
ひな祭りにも間に合いましたし、、、


引き続きご指導をお願いします。 - トミー 2015/03/02(Mon) 20:52 No.15469
ひろしさん、コメントありがとうございます。
ひろしさんのアドバイスのお蔭です。ありがとうございます。
2年目となりますが、引き続きよろしくお願いします。


近況報告です。 - トミー 2015/04/12(Sun) 07:10 No.15670
ひろしさん、おはようございます。ご無沙汰しております。
さて、我が家の胡蝶蘭も元気に蕾が開いてきております。毎日、室温を気にしています。(日中はおひさまが当たると20度前後で、夜は15度前後です。)2〜3日に1度霧吹きで水遣りをしており、2週間に1度くらいで根に水遣り(じゃぶじゃぶと・・・)しております。さて、今頃気づいたのですが、支柱を立てる時期を逃した気がしております。ちょっと横向きかな。って感じです。まあ、初めてなので・・・。まだ、時期的には早いかなって思いますが、今のバークからミズゴケへの切替(不要ですか?)や根の剪定??等々をまたご教授してください。当面は、花の鑑賞ですね。



近況報告です。 - トミー 2015/04/12(Sun) 07:12 No.15671
その2です


近況報告です。 - トミー 2015/04/12(Sun) 07:13 No.15672
その3です。


近況報告です。 - トミー 2015/04/12(Sun) 07:14 No.15673
その4です。


近況報告です。 - トミー 2015/04/12(Sun) 07:24 No.15674
その5です。
追加でコメントです。
我が家の胡蝶蘭は、昨年の会社設立記念でお客さまより多数頂いたものの内、10鉢弱頂いてきたものですが、咲いた胡蝶蘭は、我が家のみでした。会社の中で少し自慢しております。また、家内が咲いた胡蝶蘭を見て、家内のコマーシャル(デイケアーサービス)の利用者さんにお見せできれば、利用者さんも花を見て喜ぶのではと言っておりました。お貸し出ししようかと思っております。ではまた。



Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/04/12(Sun) 23:03 No.15679
とにかくも咲かせられて良かったです、私も少しはお役に立てたかと思うと嬉しいです。

支柱立てって意外に難しかったりします。特に家庭での栽培は光が斜め上からしか来ませんので、、、全天光を利用できる生産者温室と違いますので、花軸は上に上がらず窓の方向に伸びますので一旦それを上に矯正なんてことを試みると、、、折っちゃうんですよね。
私も何本か花軸を折った後斜上する花軸をわずかに上に持ち上げる程度の緩めのアーチで花を咲かせています。場所をちょっととりますが飾り方の工夫で何とかしてます。

植え替えは、株が高くなってぐらついていたり、ミズゴケがぼそぼそになって来たりしたら植え替えねばなりませんが、生育が順調でも株が安定していれば植え替えないほうが良い場合もあります。植え替えの要、不要は個別に判断する必要があります。これも慣れてくれば見ただけで判断できるようになりますよ。

ギフト寄せ植えの胡蝶蘭を次の年に咲かせられるかどうかは、管理方法もさることながら、払い下げられたときに化粧鉢の中でどの程度の傷み具合であるのかにも大きく左右されます。つまり運/不運の要素もだいぶあるわけで、その部分では確率の問題でもあるわけですが、また咲かせた株がここにあるという事実はやはり自慢できると思いますよ。
普通の草花しか知らない方がギフト胡蝶蘭を咲かせられる確率はほとんど無いという程度に低いですからね。化粧鉢から取り出さず、通常の草花のように水やりしてればほぼ確実に全滅が待っているわけですから、、、


現況です。 - トミー 2015/08/01(Sat) 07:11 No.16212
ひろしさん、ご無沙汰です。
当地も非常に暑くなっております。
さて、7月上旬より我が家の胡蝶蘭をお外に出しました。
(以前に掲載しました鉄パイプラックの上です。)
今回は、少し日焼け??のように黄色になっており
心配ですのでご意見を伺いたく掲載しました。(一部の
葉には、白い斑点もあります。)
また、最後の写真はフザリウム菌ですかね。対処方法を
お教えください。(葉先を見えると老化のようにシワシワ
になっているようにも見えます。)
また、いつごろから液肥を当てえた方が良いですか?



現況です。 - トミー 2015/08/01(Sat) 07:13 No.16213
写真その2


現況です。 - トミー 2015/08/01(Sat) 07:14 No.16214
写真その3


現況です。 - トミー 2015/08/01(Sat) 07:15 No.16215
写真その4です。


現況です。 - トミー 2015/08/01(Sat) 07:16 No.16216
写真その5です。これが一番気になります。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/08/01(Sat) 09:42 No.16217
日焼けだと思います。

最後の画像も日焼けで死んだ組織に雑菌が繁殖したものと思います。日焼けした部分とその周囲にエムダイファー、ビスダイセン、ベンレートのいずれかを濃く溶いたものを葉の両側から塗布しておけば、最後の画像のような雑菌の繁殖は防げますので、至急対処をお願いします。

添付図AとBは切除、C部分は殺菌剤両面塗布でOKと思います。 

最後の画像のようになってしまったものは黒く腐った部分の他黄変した部分は切除して、切除した断面と周囲に同様に殺菌剤を塗布しておく必要があります。



ひろしさん、アドバイスありがと... - トミー 2015/08/01(Sat) 18:28 No.16220
ひろしさん、エムダイファーを購入し、先程(18:00すぎ、しかしながら気温36C越え)、処置しました。
今更ながらお教えください。
@エムダイファーの水溶液を1リットル作成しました。当溶液はどの程度の頻度で塗ることで良いでしょうか?(例えば数回とか、●●の状況になるまでとか・・・)
A余った水溶液のエムダイファーは保管しておき次回に使用することで良いでしょうか?(保管期限ってありますか?)
B塗布とはどの程度ですか?(綿棒で付ける程度ですか?)今回当方では、入れ物からどぼどぼと流しました。
C最後に、胡蝶蘭の黄色の葉は、完治?するとどのように変わるのでしょうか?(目に見えてわかるのでしょうか?)


ひろしさん、アドバイスありがと... - トミー 2015/08/01(Sat) 18:48 No.16221
追加の質問です。
D黄色い葉の胡蝶蘭は他の胡蝶蘭と隔離したほうが良いでしょうか?


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/08/01(Sat) 21:06 No.16222
それほど神経質にならなくても良いとは思いますが、隔離しておけば万一の備えにはなりますね。

1週間後です。 - トミー 2015/08/08(Sat) 12:48 No.16264
ひろしさん、1週間後の状況です。
何とか無事のように見えます。
水遣り後、エムダイファーを塗布しておきました。



1週間後です。 - トミー 2015/08/08(Sat) 12:49 No.16265
その2です。


1週間後です。 - トミー 2015/08/08(Sat) 12:50 No.16266
その3です。


1週間後です。 - トミー 2015/08/08(Sat) 12:52 No.16267
その4です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2015/08/10(Mon) 09:06 No.16269
なんとか大丈夫そうですね。
とはいっても最後から2番目の画像の中心部の色が濃くなっている部分はくりぬいてしまった方が良いかも、、、
そして再度殺菌剤を両面塗布しておいたほうが良いと思います。


今年もよろしくお願いします。 - トミー 2016/01/09(Sat) 10:15 No.17067
ひろしさん、ご無沙汰しております。今年もよろしくお願いします。我が家の胡蝶蘭5鉢も元気に育っております。今のとこと4鉢花芽が出てきております。現在当地も徐々に寒くなってきており夜は寝室で一緒に寝ております。さて、本日水遣りをした時、発見しました。(当たり前のことでしたらすみません)茎の右側、根の上に花芽が出ています。このような事もあるのですね。写真撮りました。では、また。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - ひろし@小南部 2016/01/09(Sat) 20:20 No.17069
花芽は葉の付け根に通常一個つきます。ですから花芽の出る場所は葉の位置関係で決まっています。対して根は全方向に発生しますから、上下に重なるのはそんなに珍しいことでもないですね。
葉一枚ごとに花芽ができるというわけですが必ずしも全部が花芽(あるいは脇芽)として伸び始めるわけではなく、全く動きを見せずに潜んだままでいることも多いですね。成長点に異常が遭ったりするとこの潜芽は花芽ではなくて脇芽となって葉を広げ、新たな成長点を作り出す役目をすることもあります。

通常の状態で、花芽として伸び始めるのは葉の光合成によって葉のついている部分の茎が成熟してからですので葉が出てから1〜2年後の乾期が始まってから(日本の気候になぞらえると、冬が始まってから)ですから、やはりこの冬のスタートは遅かったという事でしょうね。

私も開花を心待ちにしていますので開花したらまた報告ください。


長〜いことご無沙汰しております... - トミー 2016/10/09(Sun) 10:06 No.19757
ひろしさん、
随分ご無沙汰しております。
胡蝶蘭(5鉢)は元気に育っております。
当地(愛知)も最低気温が15度となり
そろそろ胡蝶蘭を家に入れる時期が来ました。
更に、高芽が出ました。このままで良いので
しょうか?またご教授ください。



長〜いことご無沙汰しております... - トミー 2016/10/09(Sun) 10:10 No.19758
その2
全体の写真です。



対処方法等お教えください。 - トミー 2017/03/01(Wed) 06:14 No.20104
ご無沙汰しております。
我が家の胡蝶蘭5鉢ですが、お送りした写真のようになっております。どうしたら良いでしょうか?対処方法をお教えください。写真1・・・最初にアザのような黒点が3箇所ありましたので、切ってしまいました。その後の状況です。(私見ですが)本来、下からでている葉っぱから枯れて(黄色)になってくると思っておりますが・・・・。写真2・・・写真1ほどではないですが一応アップしております。



対処方法等をお教えください。 - トミー 2017/03/01(Wed) 06:15 No.20105
写真2です。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - nanasi 2017/03/16(Thu) 03:58 No.20144
トミーさん、こんにちは。

最初にアザのような黒点が3箇所あり、葉を途中から切除、その後黄変した葉はどうなったのでしょうか。茶色く縮んで剥離しないでしょうか。

自然落葉は、一番下から起こるとは限らず、何らかの障害があったり、栄養の蓄積できる量が少なくなった葉(携帯の畜電池のように、蓄積と放出の効率がわるくなった葉≒古い葉)から落葉するように思います。


Re: ミズゴケを剥がしてみました... - トミー 2017/03/18(Sat) 15:41 No.20149
nanasiさん、はじめまして。アドバイス有難うございます。
アップ後、事態を重く受け止めて黄変が進行しましたのでその葉は根元から取ってしまいエムダイファーを塗りました。同じ鉢の下の葉も同様になったので半分ほど切断したままです。黄変したのですが仰る通り萎んできております。そのまま様子見しておりました。安心しました。


9022 - グッチスーパーコピー 2017/10/19(Thu) 17:30 No.20966 ホームページ
初めての利用(しかも質屋さん)でしたが、とても信頼のできるショップさんだと思います。
梱包がとても丁寧(他の方もおっしゃっていましたが、緩衝材を留めてあるテープの端を折り返して開封しやすくしてある点)、一筆箋の手書きメッセージの同封など、細やかな心配りが感じられます。本物証明書も同封され、安心しました。
また利用したいと思います。ありがとうございました。


追加説明 投稿者:菜の花 投稿日:2017/10/18(Wed) 19:49 No.20960   
状況説明を追加いたします。
友人から引き取った時点での胡蝶蘭は葉が5〜6枚あり、色も青々としていましたが、私が育てている間に葉が少なくなり、色も黄緑色になってくるものが多いです。
夏に1〜2枚新葉が出ますが、それ以上に下から葉が枯れてきますので、段々葉が少なくなってしまいます。
それでも毎年健気にほぼ全部の株が花芽を付けますし、夏と冬2回花が咲く株もあります。
咲かせすぎかな…とは思ったのですが、胡蝶蘭のやりたいように任せていました。
任せすぎだったのでしょうか…?

追加写真 投稿者:菜の花 投稿日:2017/10/17(Tue) 13:56 No.20956   
写真追加します。葉が2枚花芽1本、枯れかかった株です。

追加写真 投稿者:菜の花 投稿日:2017/10/17(Tue) 13:55 No.20955   
写真追加します。葉が2枚花芽2本です。

30 Line: Kaitookjing 投稿者:JamesApaws 投稿日:2017/10/17(Tue) 00:21 No.20953 ホームページ   
3 30 .
- | 0% 6 .
<a href=https://share.724.co.th/insure/a/motor/AM00063001><u><b> 1 </b></u></a>

! - 1 , 2+ , 3+ , 3 20 ... 30 rabbit finance Prakuntook Line “Line” “” 0% 12 | Tescolotus
1 2 . 3 -
25 .
! - 20 1 2+ 3+ ...
2+


<a href=https://www.facebook.com/prakuntook><u><b> 1 pantip</b></u></a>

- .. 1 () 15,800 (Car Insurance) (Car insurance) .
- 20 !!! .
1 1, 2+, 3+ .
1 > 1 1 , ,,,,.
| auntysafe.com/tag/
...
- SILKSPAN - SILKSPAN
. ; 20 ... 1
(...) . . 1. . 1.1 ...
1 2+ 3+ .
2+ 1
1 pantip

<a href=https://share.724.co.th/insure/a/motor/AM00063001><u><b> </b></u></a>

花後の手入れ 投稿者:さつき 投稿日:2017/10/08(Sun) 16:02 No.20937   
初めまして。8月中旬、3株の寄せ植えになった胡蝶蘭を頂きました。長い間花が付いて楽しませて貰ったのですが先日とうとう花が全部落ちたので茎を切り落としました。そこで初めて気がついたのですが、1株の下葉が黄色く枯れて落ち、次の葉もみるみるうちに黄色に、その次の葉も少し黄色っぽくなってきています。その異変のあった葉いずれにも黒い斑点が一つだけ出ていました。これはやはり病気でしょうか。今後の手入れはどうすれば良いでしょうか。

Re: 花後の手入れ - ひろし@小南部 2017/10/09(Mon) 00:01 No.20938
黄色くなって枯れ落ちた葉、すべてに「いま黄色になりかけている葉にあるような黒点があった」のですね。いま黄色になりかけている葉はその黒点を中心に黄化が始まっているように見えます。なので、この黒点はかなり進行の早い病原菌の繁殖点であると推定され得ますが、これはかなり奇妙なことなのです。
3枚の葉それぞれ独立に同じ病原菌に感染するのは偶然にしてもありえないほど確率低いので、この黒点は原因ではなくてむしろこの株が感染した病気の進行途上の症状なのだろうと思います。フザリウム症である恐れがありますね。
であれば、薬剤の処置よりなにより、これからなすべきことは寄せ植えの化粧鉢からそれぞれの株(ポリポット植)を取り出して、一株一株、個別の管理にするのが最優先です。そうしないとこの病気発症した株以外の二株にも感染する確率が高いからです。

まず3株をばらばらにしたうえで、この病気の株の処置ですがポットから株を抜き出して植え込み材料を落して茎と根を確認します。
黄変して脱落した葉の付け根が茎(花軸ではありません、葉や根の出出ている部分が茎です。花のつく軸が茎のように見えますこれは茎ではなくて花序の中心軸にすぎません)を取り囲んでいますがそれをはぎ取ってください。
そのはぎ取った部分がよく見えるような画像と根の付け根のアップ画像をを掲載いただけませんでしょうか?


Re: 花後の手入れ - さつき 2017/10/10(Tue) 11:33 No.20940
早速のご回答ありがとうございました。
写真を添付しますので見てください。



Re: 花後の手入れ - さつき 2017/10/10(Tue) 11:34 No.20941
反対側です


Re: 花後の手入れ - さつき 2017/10/10(Tue) 11:42 No.20942
そして処理を進めていて初めて気がついたのですが黄変しかかっている葉の次の葉も裏側に黒点が!無事なのは一番上の葉1枚だけでした、、、


Re: 花後の手入れ - ひろし@小南部 2017/10/10(Tue) 22:29 No.20944
病気には違いないですが、これまでなんども相談を受けた茎内部の病気のフザリウム症とは症状が異なります。症状はことなるものの結果は下の葉から上の葉へ黄変脱落が連続するという結果は同じです。これまで見てきたフザリウム症は茎全周が侵されるので根も基部から褐変していくのですが、アップ頂いた画像を拝見しても、一見して根の色彩は変化していないので戸惑います。けれどもそれらの根の成長点は萎んでいるようなので、結局はこれらの根も正常な機能は果たせず枯死するのだろうという推測は出来ます。

となると、今後の処置はすべて「だめでもともと」の処置でしかありませんが、対症療法で、葉の黒点部から葉の基部にかけての葉裏、葉表の両面にベンレート殺菌剤のペーストを塗布、その葉の基部以下茎の前面にベンレートペーストを塗布したうえで植えつけずにつりさげて置き、様子を見ます。3日後くらいから毎日夕方と就寝前に葉裏と根に霧水を与えます。

運が良ければ病気の進行が止まるかもしれません。


Re: 花後の手入れ - さつき 2017/10/11(Wed) 17:38 No.20945
丁寧なご回答ありがとうございます。ベンレートペースト塗りました。あとご指導いただいた通りやってみます。
後の健康な2株はそのままバークで植え付けてよろしいか?
とは言え、根の状態は先の病気の株と変わらないように見えます。殺菌してから植えた方が良いでしょうか?一応エムダイファーとオーソサイドは買ってきました。



Re: 花後の手入れ - ひろし@小南部 2017/10/11(Wed) 20:33 No.20946
そうですね。殺菌処理してからのほうがよろしいでしょう。
苗などの植えつけ前の浸漬殺菌にはオーソサイドがよく利用されますが、私はラン菌と共生している胡蝶蘭などのラン類には私自身が利用しているエムダイファーが効きは若干弱いのかもしれませんがその後の生育は普通に良いのでエムダイファーの方をお薦めします。
ペースト塗布する場合は能書きの倍率無視ですが、浸漬殺菌の場合は標準的な倍率500倍で使います。2gの分包を1リットルの水に溶かせば500倍です。できれば25℃くらいの冷たくない水で溶かしその溶液に15〜20分ほど浸漬します。
午前10時から11時ごろまでに行うと葉の気孔は閉じてますので葉ごと浸漬できて病気予防には効果的です。
一リットルの溶液では全体を浸漬しにくいですがその場合は半面15分づつとしても良いでしょう。浸漬時間は30分を越えないようにしてください。


Re: 花後の手入れ - さつき 2017/10/11(Wed) 22:33 No.20947
ありがとうございます。エムダイファーで浸漬してみます。
その後は乾かしてから植えたらいいですか?植えた後の管理はどうしたらいいでしょうか。一から十まで何度もお尋ねしてすみません。


Re: 花後の手入れ - ひろし@小南部 2017/10/12(Thu) 22:57 No.20949
薬剤浸漬後は乾かす必要ありませんが、植えつける場合ミズゴケでは固く絞った状態のものを使ってください。バークでは乾いた状態のバークで植えつけてください。

Re: 花後の手入れ - さつき 2017/10/15(Sun) 13:50 No.20951
ありがとうございます。健康な2株は乾いたバークで植え付けました。病気の1株は吊り下げたまま昨日から霧水を与えています。こちらはいつ頃鉢植えにしたら良いでしょうか?今のところは葉の黄変は止まっているように見えます。

Re: 花後の手入れ - ひろし@小南部 2017/10/15(Sun) 23:32 No.20952
あ、申し忘れてしまいました。殺菌処理した後は丸一日陰干ししてから普通に植えつけするか、そのまま植えつける場合はバークは乾いたものを使い、その後の水やりは丸一日待ってから行います。要は殺菌剤を水で洗い流さないのがポイントなのですが、霧水も殺菌剤を薄めてしまうのでやらないほうが良いのです。
霧水を与えてしまった今の状態からの作業は、そのまま普通にバークで植えつけてから再度500倍の殺菌剤で潅水し、その後の潅水はバークが完全に乾いてからという手順にすればよいでしょう。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note - 胡蝶蘭の愛華園芸 ※姉妹サイト - 胡蝶蘭育て方ナビ -