4768623
胡蝶蘭のいろいろ掲示板 園芸相談、胡蝶蘭自慢など
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File(jpgかgif)
暗証キー (英数字で8文字以内、内容修正時使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

葉の周りが黄色くなっています 投稿者:わかば 投稿日:2020/06/08(Mon) 19:17 No.21811   
初めまして、花をいらったこともないのに、一昨年の5月植え替えられた胡蝶蘭の1鉢を、お世話する事になり素焼き鉢に白いカビが気になり、今年の5月プラ鉢にバーグで1人で植え替えをしましたが、最近去年でた葉の周りが黄色くなっているのに気が付きました、水のやり過ぎですか、日光に当たり過ぎたのでしょうか教えて下さい。また葉の点々も気になるのですが、病気でしょうか教えて下さい。

Re: 葉の周りが黄色くなっていま... - わかば 2020/06/08(Mon) 19:26 No.21812
写真を忘れましたので添付します。


Re: 葉の周りが黄色くなっていま... - ひろし@小南部 2020/06/08(Mon) 20:09 No.21813
葉の周囲は葉肉が薄くなっていて葉緑体のある細胞が少ない割には透明な保護層が厚いので緑の色素が少ないのです。その後強めの光に当たって紫外線から身を守るための黄色系色素が保護層にも廻るので、黄色みが強くなるので目立つのです。
葉の点々は打痕です。このように白っぽく乾いた傷は特に何もしなくても大丈夫。植替えのときにあちこちぶつけませんでしたか?
左の下の葉は過去に葉焼けしたのでしょうかね。

全体として現在の状態に特に問題はないように見えます。


Re: 葉の周りが黄色くなっていま... - わかば 2020/06/09(Tue) 10:39 No.21814
ありがとうございます。安心しました。他の2鉢は根腐れしたらしく私の胡蝶蘭だけが生き残っています。花を咲かせて欲しいと思っています。またわからないことがあったらご相談よろしくお願いします。

Re: 葉の周りが黄色くなっていま... - わかば 2020/07/05(Sun) 09:31 No.21820
今日は再びの相談です、鉢を渡された最初に成長点に水がかからないようにと聞いていたので、これまで水をやった後外に出して夕方に玄関に入れていましたが、2年間いろんな情報を得て植え替えをしてからはザルにひもをつけて木にぶら下げていましたが、水やりの時にジョウロにあたり鉢を落としてしまい、それから木の根元においていました。昨日玄関先において見ると沢山のアリが鉢内にうじゃうじゃいました。びっくりして払いのけたり、つぶしたりしました、アリで根をやられてしまいますね、もう一度新しいバークを使って植え替えをした方がいいですね。アリの通り道に置いたみたいです、また冬はリビングに置くので、家の中にアリが上がると嫌ですし。それと鉢と一緒に固形肥料を渡されたので、植え替えた後固形肥料を入れていますが、液体のほうがいいのですか?ご指導よろしくお願いします。



芸術学部 投稿者:芸術学部 投稿日:2020/07/03(Fri) 21:44 No.21819 ホームページ   

ミニ胡蝶蘭の葉が黄色に変色 投稿者:halhal 投稿日:2020/06/04(Thu) 16:43 No.21802   
はじめまして。
春先より育てているミニ胡蝶蘭の葉が黄色に変色してしまいました。最初は葉の色が薄くなったとは思っていたのですが…花芽も成長していたので様子を見ていました。黄色くなった葉が2枚ほど落ちていまい、小さなつぼみも黄色く枯れてとれていまいました。暖かくなり外に出していたので直射日光があったかもしてません。原因と対処方法がわからず困っています。


Re: ミニ胡蝶蘭の葉が黄色に変色 - ひろし@小南部 2020/06/05(Fri) 00:32 No.21803
葉焼けではないようです。
おそらく、ですが。添付図の赤丸印付近から茎に病菌が入り込んだ可能性があります。右側の葉2枚が付け根側から黄変色が始まっています。
対処の仕方は消極策と積極策があります。いずれも殺菌剤を使いますが、この場合ベンレート水和剤を少量の水で練ってペースト状にした薬剤を筆で塗布するのですが、その前段階の処理方法によります。
@このままなんの前処理もせず、赤丸内および付近の茎全周に薬剤ペーストを塗布する。
これだけで症状が止まる(黄変した葉はそのうち脱落するでしょうけれど、他に症状が進まない状態)のであればこれが正解ですが・・・



Re: ミニ胡蝶蘭の葉が黄色に変色 - ひろし@小南部 2020/06/05(Fri) 00:56 No.21804
今の段階でここまで必要かどうかは私にも確信は持てないのですが、
A積極策は黄変した葉(図X印)を切除、茎を囲んでいる葉の付け根も茎から剥がして(かなり外科手術的なものなのでよく切れるメスかクラフトナイフが必要)茎の状態を確認し黒変があればその表面の薄皮の一部を薄く削いで薬剤ペーストを塗布し、さらに周囲にも塗布します。
茎の黒変が葉2枚分だけにとどまっていない場合、もう一枚の葉△印と花軸△印も切除してする必要があるかも知れません。

@の処置で様子を見て止まらないようだったらAという段階を踏むのが正解かもしれませんんが・・・
私が疑っているのがフザリウム症で、この病状が茎全周に広がれば手遅れになるので処置が早いに越したことはないのですが。



Re: ミニ胡蝶蘭の葉が黄色に変色 - ひろし@小南部 2020/06/05(Fri) 00:59 No.21805
申し訳ないです。対面の△印が葉2枚にかかっていますが、切除の必要があるかもしれないのは下の葉一枚です。

Re: ミニ胡蝶蘭の葉が黄色に変色 - halhal 2020/06/05(Fri) 14:04 No.21807
こんにちは。
丁寧な説明ありがとうございます。早速、葉の切除をしました。茎は奥の方まで変色しています。花軸も2本とも下側が黒く変色していましたので、削っていったら中心まで変色していました。ベンレート水和剤を塗布しましたので様子を見てみます。



Re: ミニ胡蝶蘭の葉が黄色に変色 - ひろし@小南部 2020/06/05(Fri) 18:00 No.21808
予想したより病巣が大きいです。間に合うかどうかの瀬戸際です。添付画像のX印花軸も基部をえぐるように切除してみてください。その上で再度薬剤ペーストを塗布してください。

病巣が茎の半分を越えていなければなんとか病巣から上部の茎葉も生存は可能と思いますが、越えているようだと、仮に殺菌できたとしても侵された組織はもとにもどりませんから、根の連絡を断たれ給水を維持出来なくて上部の葉がつぎつぎ脱落してしまう恐れがあります。その場合でも、下部の葉は残せそうですが、これらの葉に生きた潜芽が残っていればよいのですが。



Re: ミニ胡蝶蘭の葉が黄色に変色 - halhal 2020/06/05(Fri) 19:29 No.21809
こんばんは。もう一つの花軸も切除した方がいいでしょうか?状態としては同じような感じです。上部の葉もかなり黄色くなっています。


Re: ミニ胡蝶蘭の葉が黄色に変色 - ひろし@小南部 2020/06/05(Fri) 22:31 No.21810
黄変が始まれば止まりません。その葉ともう一本の花軸も諦めて切除し葉の付け根も剥きとって茎の様子を確認し黒変部に殺菌剤を塗布しておくべきでしょう。


葉がまだらに 投稿者:siro 投稿日:2015/08/03(Mon) 20:52 No.16230   
こんばんは。
本日一日で葉が変色してしまったのですが、ご相談に乗っていただきたく。
写真のようにまだらになってしまいました。
モザイク病でしょうか?
この胡蝶蘭は処分しなければいけないでしょうか…。

環境は、北側の直射日光の当たらない明るいベランダ、川風が時折吹きます。
最高温度36.8度、最低温度28.7度。
最高湿度68%、最低湿度38%。
 
植え込み材は使用しておりません。
プラスチックの箱に、裸で入っており、夜に葉水と根が乾いていると根にシリンジし、底に少し水が残るようにしてあります。
翌夜になると今時分の季節、根は完全に乾いておりますので、葉水とシリンジの繰り返しで育てています。
 
肥料は1リットルの水に、直に鉢に刺すタイプのボトルの液肥を5ml程いれています。
肥料のURを直接記入するのは躊躇われますので、検索で「カインズ 活力液 洋ラン用」と検索するとヒットする肥料です。
 
3株に見えますが、子株が2つ付いているタイプで一つです。
今年2月に購入、花が5本か6本立ちでした。
多花で、子株が出やすいタイプの品種のようです。


Re: 葉がまだらに - siro 2015/08/03(Mon) 20:55 No.16231
品種です。
黄色に朱色のリップ、花弁に朱色がわずかに入る花色です。



Re: 葉がまだらに - siro 2015/08/03(Mon) 20:58 No.16232
根のコンディションです。
水をやった後になっています。



Re: 葉がまだらに - siro 2015/08/03(Mon) 21:17 No.16233
まずなぜ植え込み材を使用していないかなのですが、
試行錯誤した結果、私の場合植え込み材を使わない方が生存率が高いからです。
今まで散々枯らしてきました。
 
なぜか私が育てると、ミズゴケ植えは大体フザリウムになってしまいます。
多分水のやり過ぎかと…。
また、極端に弱った株はこの状態にするとかなりの確率でV字回復します。
根をいったん完全に乾しきっており、また植え込み材がないせいで病原菌が繁殖しづらく、病気の進行が遅くなり、株自身の体力で直せるようになっているんだと思うのですが。
 
植え込み材を使用しなければ、目で直接根が乾いているか目視できるためにこのようにしており、第一目標は株の生存で、花をつけることは二の次です。
この状態にしても花を咲かせることは確認しています。
また、冬はこの状態の方が部屋に格納するのに省スペースで済みます。


Re: 葉がまだらに - ひろし@小南部 2015/08/04(Tue) 09:58 No.16236
印象としてはウィルス性の黄斑病かも。
台湾のSOGO Teamのクローンか実生からの育成なのだろうと思いますが東京オーキッドショーでの購入なんでしょうか?個体名の代わりにフラスコナンバーのような記号がついているので実生の可能性のほうが高そうです。

現在では旧ドリティス属DoritisはPhalaenopsis属にまとめられましたのでDoritaenopsisという属名は無くなりましたから
Phalaenopsis Sogo GotrisがRHSによる正式名称です。

ドリティスのみならず片親の片親がやはりミニのPhal. equestrisで、株立ち傾向はこれらミニ原種の血のなせる業でしょう。

台湾は胡蝶蘭の新交配種の育成が盛んでつぎつぎに新交配種が生産されていますが、ウィルス性黄斑病の発生も多い様に聞き及んでいます。

黄斑病ウィルスは症状が劇症ではないらしく、それだけに発見が遅れ、蔓延しやすい面もあるのかもしれません。花の異常もあまり表れないようで、育てかたによってはほとんど症状がなくなるという報告もあるようです。
http://www2.ezbbs.net/cgi/bbs?id=phal-section&dd=07&p=4

植え込み材料無しの栽培方法については私は全然経験がありませんのでコメントする立場にはありません。

お使いの活力剤も成分比など不明ですのでコメントしようがないです。



Re: 葉がまだらに - siro 2015/08/04(Tue) 10:39 No.16237
ご指摘の通り2015年の世界らん展(東京ドーム)で買い求めました。
台大蘭園さんだったと思います。
 
胡蝶蘭、カトレヤ、オンシジューム、ミルトニアなど、30株ほど同場所で育てておりますが、他にうつさないように廃棄が無難でしょうか。
花が一斉に咲くさまは見事だったので少し惜しいですが。
 
胡蝶蘭は原種(プルケリマ・バー・アキニー)もあり、蘭展まで出向いてようやく手に入れたので病気をうつしたくありません。
 
今現在は私の南側の部屋に隔離してあります。


Re: 葉がまだらに - siro 2015/08/04(Tue) 20:16 No.16238
さらに病状が進行したみたいです。
ここまで一気に進行するのは初めて見ました。
今まで病気になって枯れた蘭は、様子がおかしくなってから数週間かかって駄目になったのですが。



Re: 葉がまだらに - 日照効率 2015/08/04(Tue) 20:59 No.16239
ド素人です。
可能性は低いかもしれないのですが、もし、ウイルスなどによる病気ではないなら、実験的にはもともとの買ったときの環境に戻すのがよいかもしれません。同一の植え込み材を使う。植え込み材なしの条件しか興味なしということであれば、不可でしょうが。

ちなみに(ある程度)透明の鉢を使えば、根っこの状態や濡れ具合は観察可能ですよね。あまりに症状の進行がはやすぎで、手遅れかもしれませんが。


Re: 葉がまだらに - siro 2015/08/04(Tue) 23:14 No.16240
元はミズゴケ植えでした。
ミズゴケ&素焼きの鉢に植え替えることは可能です。
カトレヤはミズゴケ&素焼きで管理しておりますので、新品の素焼きの鉢、ミズゴケの在庫はあります。
 
また、会社の大輪系胡蝶蘭は半数はミズゴケ&素焼きで植えています。
会社は乾燥している(冬は40〜50%の湿度)なのでいけているのかもしれません。
ただ、もう手遅れかも…。


Re: 葉がまだらに - 日照効率 2015/08/05(Wed) 00:14 No.16242
それでは、それで実験的に試してみたらいかがでしょう? だめでもともとで。まだ根っこと新葉はとても良い状態なので惜しいですよね。私ならバークを使いますが。私はミズゴケ嫌いです。ただ、ウイルス性で可能性もあるので、他のランに感染しないように十分に注意する必要はあるでしょう。また、ひろしさんの言われるように、ウイルス性であってもそれで症状が和らぐ可能性もわずかながらあるかも。

Re: 葉がまだらに - ひろし@小南部 2015/08/10(Mon) 09:15 No.16270
日照効率さんフォローありがとうございます。
私は手抜き栽培できる「ミズゴケ+素焼き鉢派」なんですが。昔のろくにあく抜きもしていないバークの質の悪さに辟易したことがあるのといまだに粗悪なものがあるのに見分けがつきにくいので見ればわかるミズゴケを選んじゃいます。

症状はやはりウィルス性黄斑病のスポットタイプに思えますので隔離が無難と思います。


胡蝶蘭初心者です。 投稿者:さるくちゃん 投稿日:2019/11/21(Thu) 15:55 No.21706   
はじめまして。
胡蝶蘭の育て方を検索してこちらにたどり着きました。
ご指導よろしくお願いします。

昨年お祝いでいただいた胡蝶蘭。
育て方も知らずに約1年水やりをして過ごしていました。
3本のうち1本生き延びてくれて新葉、新根が出始め、どのように対処するべきか分からずオロオロしています。
左側の葉2、3枚目の間と裏側にも手前に見えている新根と同じものが合計4本出始めました。

窓辺薄カーテン越し置き(10時〜14時頃日差し差し込む)
水やり:水道水(常温)、寒い時期はぬるま湯 1ヶ月に一度
たまに葉っぱを濡れティッシュでふいています

このままの状態で大丈夫でしょうか?
新しいバーク、容器に変えたほうがいいですか?
栄養剤などあげたほうがいいのでしょうか?
このまま成長していけば来年、再来年には花芽が出るでしょうか…。
よろしくお願いします。


Re: 胡蝶蘭初心者です。 - ひろし@小南部 2019/11/21(Thu) 21:17 No.21707
見た目元気そうです。
白大輪の花ですが新葉や新根の成長点の色彩からすれば、花弁裏に薄ピンク紫色の入る個体だろうと思います。純白のものよりは育てやすくはなっていると思います。

新葉が展開しはじめ、新根が出始めていますから、この個体はいま成長期にはいった状態ですね。
成長期に入った今は、今後最低気温15度以上を保てる環境なのであれば、植替えは可能です。半周り大きなプラ鉢にバークM粒単用で植え替えますが、既存の生き根は出来るだけ残し一番下の葉の付け根が隠れるくらいの深さに植え込みます。
ポットから抜いたら、死んだ根を整理し、植え込み材料をざっと落とし(離れにくいものはそのままでOK)新しい鉢に据え、一番下の葉の付け根が鉢の縁より1cm低い状態になるように根をできるだけ鉢の外周に配置した後、根の隙間に根気良くバークを充填していきます。
こうすれば充填に時間がかかるものの、根を殆どいためずにすみますので、いわゆる適期はずれの今植え替える場合に最も有効な方法です。

置き場は現状でOK。

成長中の温度管理は最低気温15度以上(できれば18度以上)最高気温25度〜30度程度、夜間湿度60%以上を目指してください。

水遣りは植え込み材料が完全に乾く前に与えます。与え方は掛け流しで底穴から勢い良く流れ出るように与え、水きりしてから鉢皿に戻します。鉢皿には水を溜めておかないようにしてください。

水遣り2回に一回の割で施肥しますが、肥料は水に薄めて与えるタイプ以外は使えません。いまお手持ちのものはありますか?なければハイポネックス洋蘭用(N:P:K=6:6:6)をお使いになることをお勧めします。3000倍(0.5ccの原液を1500ccに薄める)で水遣りの要領で(掛け流し余分が底穴から勢い良く流れ出るように)与えます。

現在成長中の葉の成長が止まったら、水遣りのタイミングを「完全に乾いてから」にします。最高気温を20度以下にし最低気温は15度程度に下げてやれば花芽ができ、来春開花は十分に可能ですね。


Re: 胡蝶蘭初心者です。 - さるくちゃん 2019/11/22(Fri) 12:33 No.21709
お花を育てたことがないので何一つ分からず不安でした。
分かりやすく教えていただきありがとうございます。
成長点の色彩で花色が変わるんですね!(他の方の胡蝶蘭の新根の色と違うのでダメなのかと思いました)
成長期、元気そうというコメントを頂き安心しました。

現在の外気温、最高18最低12。室温14〜16度。湿度50%。2週間もすれば10度前後になります。
簡易温室(発泡スチロールの下箱にいれ、大きめのビニールで覆い、湯たんぽ保温)対処できるでしょうか…。

植え替えの仕方、肥料等、的確な指示をありがとうございます。
さっそく週末、必要な材料を買い揃えてお世話します。
来春開花してくれることを目標に、まずは植え替え含め環境を整えてあげようと思います。
お忙しいところありがとうございました。


Re: 胡蝶蘭初心者です。 - ひろし@小南部 2019/11/22(Fri) 17:49 No.21710
発泡スチロールの箱にビニル(あるいはポリエチレン)シートを掛け、湯たんぽ保温というのは良いアイデアです。必ずしも本当の湯たんぽでなくても2リットルPETボトルでもOK。湿度を維持するため鉢皿に水を張って、水の蒸散面積を増やすためにタオルを乗せたものを同居させておくと良いと思います。スチロールのトロ箱はできるだけ大きなもの(内部の空気の量が出来るだけ多く確保できるもの)が良いです。

Re: 胡蝶蘭初心者です。 - さるくちゃん 2019/12/06(Fri) 12:32 No.21718
アドバイスありがとうございます。
初歩的な質問にも丁寧に答えてくださり本当にありがとうございます。

教えてもらった植え替えをできる範囲で実行してみました。
下の葉2枚はだいぶん張りがなくなってきましたが、新葉・新根・新芽ともに成長しています。
成長といっても低気温、低湿度のせいか少しずつ。
植え替え後の水やり、1回目(一週間後にぬるま湯)、2回目(4日後に液肥入り)
葉水を多めにしましたが、バークがカラカラに乾いて気になったので4日目の朝に水やりしました。

【外気温】 最高15度 最低7度
【室 温】 14〜16度 湿度50% 窓辺カーテン越し

◎簡易温室(湯たんぽ、濡れタオル) 18度 湿度80%
 明け方には 14度 湿度55% になります。

【明け方】部屋をあたためて、葉水、カーテン越しに置く
【夕 方】葉水、温室へ(湯たんぽ・濡れタオルなし)、部屋が温まったらリビングへ。
【寝る前】葉水、温室へ(湯たんぽ・濡れタオル)

これから気温が下がるので、お花は二の次で、胡蝶蘭がダメにならないように気をつけたいと思います。
また何かありましたらご相談させてください。よろしくお願いします。



Re: 胡蝶蘭初心者です。 - ひろし@小南部 2019/12/06(Fri) 19:31 No.21719
昼間から夕方の気温14〜16度なんでしょうか?昼間は20度くらい欲しいです。
簡易温室の夜間は良いコンディションだと思いますが。


Re: 胡蝶蘭初心者です。 - さるくちゃん 2019/12/07(Sat) 19:39 No.21720
天気がいい日は日差しがあるので20度前後あります。
今日は天気が良かったのでちょっと外で日光浴させてたら一部、葉焼けしたみたいです(泣)
やっぱりカーテン越しに置いときます。
夜は引き続き葉水と温室でやってみます。


Re: 胡蝶蘭初心者です。 - ひろし@小南部 2019/12/07(Sat) 21:27 No.21721
普段強めの光線に慣らしていれば今の時期(冬至2週間前)最も太陽光が弱いので少しの時間なら葉焼けすることはないのですが(我が家では紫外線カットガラス〜可視光線透過率約75%〜越し)100%で長時間はやはり危険です。晴の日はガラス越し、あるいはさらにレースカーテン越しが無難です。

Re: 胡蝶蘭初心者です。 - さるくちゃん 2019/12/24(Tue) 13:01 No.21723
お世話になっています。
暇を見つけては過去の投稿を拝見しています。

葉焼けや新葉、新根の成長点に触れることがNGなど反省、勉強しています。知らずに新根を触っていたので5本のうち3本が成長止まってしまいました。
経過報告をしようと思っていた矢先、胡蝶蘭の鉢をひっくり返してしまいました。泣。とにかく急いで元に戻さなきゃで、根の状態を写真とるのを忘れました。

◎植え替え後の根腐れはないと思います。
1本、肌色ぽい根が気になりましたが、しっかりめでぶよぶよではなかったです。

◎根の途中から新根が2個ほど成長し始めていました。

◎中のバーグは多少の湿り気あり。(液肥6日目です)

◎倒してキャッチした時は、新根・新芽に触れていないと思います。たぶん。

今朝〜明日朝あたりに潅水するつもりでしたが、1週間、葉水のみのほうがいいですか?

環境は以前の状態で、ハンドタオルを2重にしてくるんだホッカイロを鉢の下に敷いています。寒くなってきたので昼間も簡易温室にいれ、蒸れないように少し空気の逃げ道を開けています。
天気の良い日は24度くらいまであがるみたいです。最低はいまのところ15度くらい。朝晩の葉水、夜は加湿した温室で90%(明け方に55%くらいになります)


Re: 胡蝶蘭初心者です。 - ひろし@小南部 2019/12/24(Tue) 22:53 No.21726
床に「ガシャン!」と落とした場合は、衝撃(G〜重力加速度)のために、成長が止まったり、組織の一部が機能不全になったりする場合があり、その恐れがある場合は、水遣りは控え、葉水も中止して1週間ほど様子を見ます。その後特段の変化がなければ通常管理に戻してOKなんですが。

柔らかくキャッチして、見た目の外傷が無いのなら、その心配はないでしょうから普通に植え戻しますが、やはり植え戻しの後ということで一旦乾かします。葉水はあたえてOKです。

ちょっと気になったのが
>ハンドタオルを2重にしてくるんだホッカイロを鉢の下に敷いています
タオルが蒔いてあるとはいえ鉢の直下に触れているのはよくありません。さらにダンボール2重くらいを間にして鉢の温度が高くなりすぎないように(めやすは室温+5度以内)したほうが良いです。


Re: 胡蝶蘭初心者です。 - さるくちゃん 2019/12/25(Wed) 13:27 No.21727
ありがとうございます。ダンボール2重にしたものを挟めてその下にホッカイロおいてみます。
幸い?ソファの背クッションにあたり、バークをぶちまけながら180度回転、ひざ掛け毛布の上に着地と同時に葉をキャッチ(逆さま着地)した感じです。1週間ほど葉水で様子見、年末に潅水します。
昨年は最低室温が7℃くらいまで下がった記憶が…。11月末に頂きお花は半年ほど楽しみ、いつの間にか新葉が成長していたので大丈夫なのかな〜と思いますが。。せっかく新芽がついてくれたので引き続き勉強しながらお世話していきたいと思います。
ひろしさんに出会えて良かったです。今後も色々とお聞きしたい事があるかと思うのでよろしくお願いします。良いお年をお過ごしくださいませ。



Re: 胡蝶蘭初心者です。 - さるくちゃん 2020/05/01(Fri) 17:10 No.21786
ご無沙汰しています。コロナで大変な状況ですが体調などいかがでしょうか。初めてご相談してからほぼ半年となりますが、ようやく、ひとつ綺麗なお花が咲いてくれました!!葉焼けで一枚大きな葉は失いましたが、蕾も数える限り11個ついてます。ひろし様のおかげです。本当にありがとうございます。満開になったらまた投稿したいと思います。


Re: 胡蝶蘭初心者です。 - ひろし@小南部 2020/05/01(Fri) 23:13 No.21787
開花おめでとうございます。いろいろ苦労なされたと思いますが、そのかいがありましたね。
初花は開いたばかりで、まだ花弁やセパルは伸びきっていませんからまだ花は大きくなります。11輪全部開花できれば、生産者レベルの開花輪数ですから立派に育った証拠ですね。
自慢できますよ。是非また満開をみせてください。


Re: 胡蝶蘭初心者です。 - さるくちゃん 2020/06/04(Thu) 13:18 No.21801
こんにちは。約1ヶ月で10輪咲きました。つぼみは残り4つ。6月中には全て開花すると思います。(本体9輪・1節 枝分かれ5輪)
今後は株を休ませるためには近いうちに切ったほうがいいでしょうか。植え替えは昨年にしたので、来春に植え替えしようと思います。
ひろし様の指導のもと初心者ながら沢山の綺麗な花が咲いてくれて嬉しいです。癒やされています。ありがとうございました。



ワラジムシ 投稿者:なろのすけ 投稿日:2020/05/28(Thu) 21:04 No.21796   
はじめまして。胡蝶蘭を育てて7年ほどでしょうか。フンに気付いてワラジムシを駆除(逃がした)したのですが、その後もっと細かいフンが鉢をどかすと落ちています。小さい小さいワラジムシを発見しました。一匹ではないと思います。表面と鉢底にベニカXファインスプレーを少しかけてみましたが、効果はあるものでしょうか。花は元気で咲き始めています。花が終わったら植え替えしますが、その時に完全に駆除できる方法などありますでしょうか。どうぞよろしくお願い致します。

Re: ワラジムシ - ひろし@小南部 2020/05/28(Thu) 23:42 No.21797
この質問を答えるには私は適していないので、他を当たったほうが良いです。強いて応えるとなると・・・

私の考えでは、ワラジムシを完全に駆除するのは簡単ではないと思います。駆除してもまたどこからか現れて居つくのです。餌になる枯れ葉とか腐食したミズゴケなどをできるだけ鉢の周囲におかないことで予防するしかないと思います。

ところで、食害などの実害はありますか?
私の栽培室にもワラジムシはかなり潜んでいます。ナメクジはつぼみや新根の成長点を好んで食害するので見つけ次第本来の住処に追放してますが、ワラジムシに被害を受けた記憶はありません。彼らの好みは腐りかけの植物質や柔らかい果実です。偶然捕らえることになったものは本来の住処である庭に追放はしてますが、特に害もないのであまり気にしてません。

・・・ので、この質問に応えるには私は不適ですね。


Re: ワラジムシ - なろのすけ 2020/05/30(Sat) 07:30 No.21798
ご回答ありがとうございました。
ベニカXファインスプレーは効果が見られなかったので、園芸店に相談してみようと思います。


Re: ワラジムシ - なろのすけ 2020/05/31(Sun) 15:43 No.21799
ベニカXファインスプレー効果出てきました。鉢底にスプレーして様子を見ると、2〜3匹出てきます。これを繰り返し、こまめに駆除しようと思います。以前カイガラムシにやられたこともあり、その時も根気強く一つ一つ駆除しました。とても大変だったことを思い出します。完全に駆除できたので、今回も諦めずに頑張ってみます!以上、ご報告でした。


Re: ワラジムシ - ひろし@小南部 2020/06/01(Mon) 01:38 No.21800
ワラジムシにベニカXファインスプレーが有効であることの結果報告をくださいましてありがとうございます。

なんとか元気にしたくて 投稿者:させ 投稿日:2015/05/14(Thu) 10:11 No.15784   
初めてご相談させて頂きます。。
昨年11月に職場の開店祝いに胡蝶蘭の鉢植えを頂きました。
白い大きな花の鉢とピンク色の花の鉢です。
しかし知識のあるスタッフが誰もいなかった為、花が終わった後も当番制で水やりだけは続けていたものの休憩室の隅に追いやられてほぼ放置の状態でした。
そして先週土曜日になって「邪魔だしどうしようもないからもう処分しよう」ということに決まりました。
…が改めて見ると、小さな新しい葉がついている株や葉がついてないにもかかわらず新しい蕾を付けている株まであったのです。
それを見たら急に処分するのがいたたまれなくなって、2鉢とも自宅に持ち帰ってきました。
しかし全く知識がない私はこれをどうしたらいいのかも分からずとりあえずネットでいろいろ検索して、こちらの掲示版にたどり着いた次第です。
とても丁寧なやり取りを拝見して、ひょっとしたら今からでも助けてあげられる株があるのでは…と一縷の望みをもってのご相談です。
長くなってしまいますが現状は以下の通りです。
【白い胡蝶蘭】
 ・鉢の中に透明ポットが3つ入ってい ました。根には水苔が巻いてあったのですがポットの中は水浸しのような状態でした。
  3株中1株は完全に枯れていたので処分しましたが1株は葉が2枚、もう一株は2枚の葉のその上に小さい新しい葉が伸びかけています。
  全ての水苔を取り除きましたが黒くぶよぶよになっている根があり、触ると剥がれてしまったので同じような部分は全部取ってしまいました。
  ただ芯(?)のように固く細いひげ根のようなものはまだついたままになっています。
  先程確認したら白いと思っていた残りの根は半分くらいは緑色をしていました。
  残したままだった花茎も全て根元から3pくらいのところでカットしました。
  
【ピンク色の胡蝶蘭】
 ・こちらも透明ポットが3つ 入っていて1株は完全に枯れていました。
  1株は花茎に蕾が3つついていて一つは先の方が開きそうな感じです。ですが葉が1枚もついておらず、根も全体に白っぽい感じで緑色の根は
  根元に数本のみです。
  もう1株は葉が4枚ついていて、こちらは2本の花茎に4つずつ蕾がついています。
  花のある時には植え替えをしないという説明も見ましたがこちらの根もかなり湿気でふやけた感じがあり、気になってポットから取り出してしまいました。
  白い花の株との違いはポットの中は水苔ではなく茶色いチップのようなもの(バーク?)が入っていました。
  
こんな状態からでもできることはありますでしょうか。よろしくお願い致します。
※写真は、最初の2枚が白、後の2枚がピンクの胡蝶蘭です。


Re: なんとか元気にしたくて - させ 2015/05/14(Thu) 10:13 No.15785
上の写真と、こちらが白です。


Re: なんとか元気にしたくて - させ 2015/05/14(Thu) 10:14 No.15786
ピンクの胡蝶蘭です。


Re: なんとか元気にしたくて - させ 2015/05/14(Thu) 10:15 No.15787
葉がある方の、ピンクです。

以上です。



Re: なんとか元気にしたくて - ひろし@小南部 2015/05/14(Thu) 14:09 No.15788
写真の順にコメントいたします。

一枚目:適切に植え替えれば、おそらく問題なく生存できるでしょう。根の芯はそのままでも結構です。新しい素焼き鉢にミズゴケで植えつければ良いでしょう。

二枚目:これは下の葉が枯れ落ちた原因によってはフザリウムによるものであれば手遅れかもしれませんが、フザリウムでなければ1枚目の株同様の処置で生存する可能性は高いです。

根で空気に触れていた部分が大きかったものは腐らずに残っていますが、胡蝶蘭の根は空気を好みます。植え付けは深すぎないようにしてください。新根は茎(葉がついている株の中心)の空気に触れている部分から出ます。ですから深植えすると新根が出そびれてしまうことがあいます。新根は茎から伸び始めてその後ミズゴケ内に潜り込む場合が多いですが、空中を泳ぎ続ける根も出てきますが無理やりミズゴケに押し込んではいけません。

三枚目:葉がなくなってしまえば生存は難しいです。葉がなくなっても葉を咲かせることがありますが、文字通り「死に花を咲かせる」ことになります。ポリポットにもとのようにバークでを株を据えて、そのまま死に花を見届けてあげてください。

葉が4枚花軸が2本のこの株は素焼き鉢にミズゴケで植えつけてください。花軸は2本のうち一本は切り落としたほうが良いでしょう。本当なら両方切り落としたほうが株の生存を確実にできるのですが、ピンク色の株はもともと強健なものが多く、かつ劣悪な環境でこの状態にあった個体ですから、この株の体力は当てにできると思います。


Re: なんとか元気にしたくて - させ 2015/05/16(Sat) 23:10 No.15794
早速のアドバイスありがとうございます。
水苔を20分くらいぬるま湯に浸してから固めに絞り、素焼鉢に植えてみました。
…が水浸しだったポットから出して1週間、放置しすぎたせいか他の原因か葉の様子が心配な株がありましたので再度ご相談させて下さい。



Re: なんとか元気にしたくて - させ 2015/05/16(Sat) 23:17 No.15795
1枚目の写真は白い花の株の一つですが、2枚ある葉のうち1枚の中央部分が黒っぽくなってちょうどそこでペタンと垂れ下がってしまいます。裏から支えて葉にも霧吹で水をあげましたが病気でしょうか…
そして2枚目・3枚目の写真は花軸が2本残ってて体力がありそうと言って頂いたピンクの花の株ですが、下2枚の葉が少し黄色くなっていてさらにそのすぐ上の1枚が全体に小さい点々が浮き上がったようなおかしなことに…そして一番上の葉の根元が少し白っぽくなって支えきれなくなったのか倒れてしまいます。
切り取ってしまったほうがいいのでしょうか?



Re: なんとか元気にしたくて - させ 2015/05/16(Sat) 23:20 No.15796
ピンクの株の全体写真です。


Re: なんとか元気にしたくて - させ 2015/05/16(Sat) 23:25 No.15797
同じ株の1番上の葉の根元部分です。
(持ち上げた状態で写真を撮りましたがこの部分で折れ曲がって倒れてしまっています)



Re: なんとか元気にしたくて - ひろし@小南部 2015/05/17(Sun) 22:17 No.15800
放置され、胡蝶蘭の経験の無い方が、一般の地生の草花と同じように水やり、あるいはいい加減な水やりされていた期間がちょっと長すぎたのかもしれません。2番目の株は「光線不足の期間が長かったかな」という印象もあります。体力ありそうに見えてやはりかなり消耗していたようですね。

胡蝶蘭は一週間放置した程度ではそれが原因で傷むことはありません。逆に一週間水浸しだと後遺症は限りなく出る恐れがあります。
さてこの葉の中央の壊疽状の症状は何らかのカビ類による病気でしょう。おそらく株が元気な時はおとなしくしていたのでしょうけれど、株が弱って抵抗力がなくなったため一気に繁殖して病原性をあらわにしたものでしょう。このような日和見菌は数限りなくあります。
処置としては、ダイセン系の殺菌剤(エムダイファー、ビスダイセンなど)の殺菌剤(水和剤、粉末です)を袋から鉢皿などに小袋の1/4量ほど取り出し、小筆に水を含ませて練ります、そのまま患部前面に裏表から塗布します。これで拡大が止まればOKなんですが、稀に耐性菌がいて効かない場合がありますがその時は成り行きを見守るしかありません。

二枚目の下の葉の症状は私は経験がないのと、菌やウィルスによるものとも思えないので「そのまま放置してください」というしかありません。

新葉(一番上葉)の根元はこれも日和見菌の仕業のようですが腐敗したようです。ちょっと引っ張って取れるようであれば取り去って、殺菌剤を塗布しておく程度しか方策はありません。取れない場合は殺菌剤塗布で間に合うかもしれませんが、、、

霧吹きで水を与えるのは良いのですが、葉裏だけにしていただいて、このように新葉の出てくるくぼみに水をため込んでおくと日和見菌に恰好の繁殖条件を作ってしまうので、てっぺんのくぼみには水をためるのは胡蝶蘭では厳禁なんですが、かつてそうされたいたようですね。新葉の間に水を溜めこんでおいてよいのはパイナップル科の着生種と観葉植物のドラセナ・マッサンゲアナ(幸福の木)くらいです。

胡蝶蘭は普通の地生植物とは生き方が違いますから、その生き方を知らずには適切な管理法を習得できないのです。生き方を知らずにハウツーだけ覚えるとなると3年や4年はかかるでしょう。

これまで何度も同じことを回答しながら書いてきましたが、
胡蝶蘭は雨期と乾期のある熱帯、亜熱帯で樹上に着生しています。
雨期の時には葉を成長させ、枚数を増やします。胡蝶蘭は他の多くのラン科植物とことなり養分をためておく偽球茎(一般にバルブと言われます)が無いので葉に養分を蓄えますから胡蝶蘭の体力は普通には、葉の枚数で測れます。

雨期とはいっても雨が降り続くのではなく、毎日午後に夕立があるようなもので、その間ずぶ濡れになりますが夕立の後は風も出て、すぐ乾いてしまいます。胡蝶蘭の根は成長期と言えどもずぶ濡れの時間はそんなに長くはなく、むしろ空気にさらされている時間が長いのです。空気にさらされている時間がないと根は呼吸できずに窒息死してしまうのですが、これが水浸しによる根腐れの要因です。夕立は時として雷を伴いますがその場合には雨水に微量の硝酸分が含まれ、これが肥料となりますから施肥は極薄目を水やり2回に1回程度与えると良いわけです。
乾期になると気温も若干下がり、降雨がほとんどなくなります。あっても少量で雷雨は望めませんから水は控えめ施肥はしないということになりますね。この間胡蝶蘭は成長を休止、根の活動も低下しますが、この間に花芽を出し、花芽を伸長させ、開花するのですが、これは成長ではありません。葉に蓄えた養分だけで花を賄いますから、いかに花芽が伸長していようと施肥はできませんし水やりも極く控えめ、死なない程度に、です。

ところが花芽が伸びていると一般地生植物の場合には肥料分も水分も必要なので、その時期に水やり施肥するものですよね。それで胡蝶蘭の生き方を知らない方々が水やりしすぎて根を窒息死させることになるわけですが、これがギフト胡蝶蘭の致死率が異常に高い理由なんです。

胡蝶蘭の生き方に合わせて管理する方法を会得すれば毎年開花を楽しむのは難しくありません。むしろ、最低気温さえ確保できれば、もっとも咲かせやすい、もっとも簡単な蘭だと言えるくらいなんですが。


その後のご報告と・・・ - させ 2016/02/14(Sun) 15:23 No.17137
ご無沙汰しております。
昨年5月にご相談させて頂いたままお礼のご報告もせず申し訳ありませんでした。

その後、葉の残っていなかった1株はやはり枯れてしまいましたが残り3株はなんとか頑張っています!

しかも生き残ったピンクの株についてはその後葉が2枚に減ってしまいましたが2月には再び7つも花を咲かせてくれました!!



その後のご報告と…(2) - させ 2016/02/14(Sun) 16:32 No.17138
白の2株は下の方の葉が数枚枯れてしまいましたが入れ替わるように新しく元気な葉と根が増えてきました。
今までほとんど植物を育てたことがなかったので自信がなかったのですが、「あ、伸びた根が苔までに届いた!」「新しい葉が見えてきた!!」と毎晩観察するのが楽しくなってしまいました。
こちらに相談して本当に良かったです。

今は5日に1回程度水苔がカリカリになったら水やりをしていますが他に気を付けることはありますか?
(増えているのは根と葉だけで茎のようなものはありませんが、昨年のあの状態からここまで復活しただけでも奇跡のようです)



その後のご報告と…(3) - させ 2016/02/14(Sun) 16:51 No.17139
ここから再びご相談です。
ピンクの株ですが、7つの花を咲かせてくれたあと「また蕾が!?」と思ったら今度は花茎の先に葉が出てきました。
これはどうしたら…と思いながらも根らしいものはまだなくて、職場で様子を見ていたのですがここにきて緊急事態が発生。

年末の掃除中に鉢を落としてしまったとのことでプラスチック鉢にそのまま移してあると報告があったのが数日たってからでした。(1週間程出張で留守してました)

再度素焼鉢を用意して水苔を足し、植え替えて今まで様子を見ていたのですが落下時に傷がついてしまったようでメインの葉2枚のうち1枚がどんどん黄色くなってきています。
もう1枚の葉も先の方は変色していますがとりあえず現状維持の状態で…
3枚めの新しい葉も3センチ大に出てきたところで、これも特に枯れてくる様子はありません。
花茎の先の新しい葉芽(?)も運よく無事でした。
この場合このままもう少し様子をみていて大丈夫でしょうか?
それとも他にできることはあるでしょうか?

困ったときばかりすみませんがよろしくお願い致します。



Re: なんとか元気にしたくて - ひろし@小南部 2016/02/15(Mon) 11:18 No.17144
白の2株は順調に回復していますね。
おそらく今は葉の成長も一時休止状態で根の伸びも緩慢だと思います。暖かくなって葉の成長が再開するまでは、今の管理のままを続けてください。葉の成長が再開したら極薄目の液体肥料(N:P:K=6:6:6の3000倍)を水やり替わりに与え始めますが、今は与えないほうが無難と思います。

さてピンクの株ですが、花が終わった時点で花軸を株元近くで切り落としておくべきでしたが、高芽が出たということは、温度環境的に高めなのでしょうか?

ちょっと難しい状況です。
選択肢は2つですが結果はそれぞれに分岐があります。

選択肢@ このまま管理する
@A うまくいけば元株の成長点の葉と高芽の葉の両方を伸ばすことが出来るかもしれない。
@B 元株のこの状態であれば、株にも自主性というか自己保存本能があるので、高芽を出した以上は高芽のほうに掛けて、傷ついた元株を捨て、高芽更新で新しい株に生まれ変わろうとしているのかもしれない。この場合元株は枯れ、高芽が成長して根も出し、新たな株として生まれ変わる。
@C このまま共倒れになり、両方枯れてしまう。この確率も低くはない。

選択肢A 花軸を切り取り、高芽を見捨てる
AA 元株の成長点の葉が成長を再開し復活する
AB 高芽更新しようとしていたのにそれを妨げられて枯死する

選択肢のどちらをとっても賭けですね。分岐のどれが可能性が高いのか、正直なところ私にもわかりません。判断は難しいです。

ちなみに花軸を切った場合、成長途上の高芽を花軸を残して切り花を長持ちさせる溶液で水挿し状態にしておけば確率は高くはありませんが、成長を続けて植えつけられる程度までになる可能性は低いですが0ではありません。


変化がありました - させ 2016/04/10(Sun) 14:31 No.17453
こんにちは。前回ご相談させて頂いたピンクの株のその後です。
提案頂いた選択肢のうち「@このまま管理する」を選択しました。(元株と高芽両方助からないかなと欲張りました…)

今までと同じ管理を続けることにしましたが、黄色くなった元株の葉については途中で諦めカットしました。
その後しばらくは良くも悪くも変化がなかったのですが少し前から高芽の根本にちっちゃい膨らみが出てきたような…?
それが温かくなったからかここ数日でぐんぐん育ってきています。今日は写真のようにはっきりわかる根(?)のような状態のものが4つ確認できました。

この段階で提案頂いた選択肢@のAかBに可能性が繋がったと考えてよろしいでしょうか?
今後のお世話について再度ご助言お願い致します。




Re: なんとか元気にしたくて - ひろし@小南部 2016/04/10(Sun) 20:31 No.17455
すくなくとも@Bにはなれそうです。そのまま管理を継続してください。
高芽の根が5cm以上の長さのものができれば3本そろった段階で花軸を切りとって独立させることができます。


ピンク株高芽の現状です - させ 2016/04/24(Sun) 12:32 No.17526
こんにちは。
@−Bを目指していたピンク株の現状です。
前回ご報告した高芽の根本の4つの根らしきものですが、3つは1.5〜2pほどの根にすくすくと成長中です!目標の5p以上を目指して見守りたいと思います。

そして残りのひとつですが…茎のようです。ここからまた分岐して高芽が出るとかあるのでしょうか?このまま温存していいものかどうか…またまたご助言お願い致します。



ピンク株元株の現状です - させ 2016/04/24(Sun) 12:39 No.17527
そして同じ株の元株ですが…
新しい葉が出てきました!!これで一番難しいかと思っていた@−Aクリアできるかも??




白株その1です - させ 2016/04/24(Sun) 12:44 No.17528
白株についてもご報告です。
こちらは特に大きな変化は見られませんがちょっとずつ根が長くなっている気は…します。



白株その2です - させ 2016/04/24(Sun) 12:56 No.17529
こちらの白株の根は伸び方が不思議なことになってます。
一番下の葉より上から根が出てきたのですが、これがひたすら上に向かって伸びてます…(まるで茎みたい)更に今日見たら、そのすぐ横にも5oくらいですが新しくまた根らしきものが見えてきました。

ピンク株、白株いずれもまだ5日に1回程度の水やりのみですがそろそろ前に教えて頂いた液体肥料(N:P:K=6:6:6の3000倍)を用意した方がいいでしょうか?その場合今の水やりのペースで毎回液体肥料に変える…ということになりますか?



Re: なんとか元気にしたくて - ひろし@小南部 2016/04/25(Mon) 10:06 No.17537
芽に出たのは花芽ですね。これは切除するしかないでしょう。

画像を見ての感想ですが、ちょっと全体に暗めで水やりが多めではないかな?

胡蝶蘭の根は普通背光性があるので光の来る方向とは逆向きに(光に流されるように)成長するものですが、光源が不明瞭で散光の場合はあらゆる方向に向かいます。光線が不足気味の場合が多いです。
地生植物の根はある程度の向重力性と向水性があるのですが、着生種の胡蝶蘭にはあてはまりません。


花芽でしたか・・・ - させ 2016/04/25(Mon) 13:52 No.17540
こんな状況でも花芽が出るってすごいですね…
とりあえず今回は花芽は消毒したハサミでカットすることにします。そしてノルマの根の長さ5pをクリアしたらまたご相談させて下さい。

そして「暗めで水やり多め?」の件です…
今植木鉢を置いている場所はマンション1F東向き出窓の棚部分です。窓はすりガラスなのでブラインドは常に上げたままにしていました。
これからの時期は一時的にでもベランダ(南向き)とか室外の方がいいのでしょうか?

そして「光の来る方向とは逆向きに成長する」ということ、今回教えて頂いて初めて知りました。そして私が余計なことをしていたかも?と思い当たる点が…

素人考えでひまわりなどと同じように太陽の明るい方に成長していくと思い込んでいました。そのため元気に根が伸びると共に株が微妙に傾いてきた?と感じる度に鉢の向きをクルクル動かしてました。これもあらゆる方向に伸びる原因でしょうか。
水やりは様子を見ながら7〜10日おきに伸ばしてみます。


白株その1の現状 - させ 2016/05/24(Tue) 10:02 No.17622
前回のご相談から約1か月。再びアドバイス頂ければと思います。

白株その1は一番見た目の変化は少ないですが一番安定して葉や根は元気な気がします。今は7日に1回の水やりのみです。



白株その2の現状です - させ 2016/05/24(Tue) 10:10 No.17623
新しく出てきた茎…と思っていたもののうち1つは花芽だったようです!
すぐ上の葉を避けるようにカーブを描きながらすくすく伸びてます。今のうちから支柱とか添えた方がいいでしょうか?

こちらも7日に1回の水やりを継続しているのみです。


Re: なんとか元気にしたくて - させ 2016/05/24(Tue) 10:14 No.17624
白株その2の写真です


ピンク株の現状と…ご相談です - させ 2016/05/24(Tue) 10:21 No.17625
こちらも順調?に生き延びています。

元株に出てきた新しい葉も少しずつ育っています。そして新しい根になりそうな小さな突起も一つ見えてきました。

そして高芽の方ですが、前回ご相談後花芽は切り取りました。
新しい根は現在3本、すべて約4.5センチの長さになりました。独立目標の5センチまであと少し…です!
株分けの方法についてもまたご教授頂けますでしょうか。
よろしくお願い致します。



Re: なんとか元気にしたくて - ひろし小南部 2016/05/26(Thu) 23:41 No.17629
花芽の上がった株はそろそろ支柱を添わせたほうが良いでしょう。折れやすいので細心の注意が必要ですが。

高芽はそろそろ分離OKのようですね。分離させるとは言っても芽の茎を傷つけたくはないので
X花軸から高芽を切り離す、、、のではなく、
○高芽の出ている部分の花軸を少しだけ高芽につけたまま花軸を切り取ります。

花軸がほんのちょっと残った状態になりますがそのまま植えつけてOKです。


咲きました!! - させ 2016/07/10(Sun) 11:50 No.17695
前回ご報告分白株その2の花が無事咲きました!!
支柱は最初の花茎に添えてあったものを取ってあったので(貧乏性…)植物用テープで留めてみました(見栄えは今ひとつですが)
蕾も2つだけですが最初にご相談させて頂いて1年ちょっと、まさか自分で花を咲かせることができるとは思ってもいませんでした。本当にありがとうございます。
結局植替後一度も肥料をあげていません。次につなげるために今後のお世話が心配です…



白株その1の現状 - させ 2016/07/10(Sun) 12:00 No.17696
花茎は出ませんでしたが相変わらず葉と根はすくすくと伸びています。
元の根の途中から分岐するように新しい根が何本も増ているのですが、これがほとんど水苔の中に潜らず鉢の外へ気ままに伸びていくのは普通にあることでしょうか?
(前回と違って上方向に向かってはおらず鉢を包むような感じです)



ピンク株(高芽) - させ 2016/07/10(Sun) 12:13 No.17697
5月にご相談した後すぐにピンク株高芽の分離を実行しました。
4号鉢ではなんだか大きすぎる気がして気持ち小さめ3.5号鉢です。その後今まで枯れたりしないし葉も少し大きくなってる気がするので一応成功したと考えていいのでしょうか。
こちらも水やり以外肥料なし…です。



ピンク株(親株) - させ 2016/07/10(Sun) 12:24 No.17698
何度もダメかも…という分岐点を乗り越えてくれたピンク株の
親株もなんとか頑張ってます。
といっても当初あった葉はすべて落ちてしまい、残っているのがその後新しく出てきた小さい葉が3枚のみなので分離した高芽(子株)とどっちがどっちだか…ですね。
気になるのは新しい根になりそうな突起がいくつか出てきたのですがその後さっぱり成長がみられないことです。
やはりこちらも肥料がなくて栄養不足とかでしょうか?



Re: なんとか元気にしたくて - ひろし小南部 2016/07/13(Wed) 23:51 No.17703
まずは開花おめでとうございます。輪数はすくないですがご自分で咲かせた株は格別ですからね。株の次のことを考えると、なるべく早く切り花にして、葉の生長期間を出来るだけ長くとりたいですが。
花が咲かなかった株は生長中ですから、出来れば施肥してください。水やりは鉢外側の状態から適正に行われているように見受けられます。その水やり2回に1回洋ラン液肥3000倍を水やりがわりに与えます。
高めの分離はまずは成功とみてよいでしょう。葉が大きくなっているようならごくごく薄めの液肥5000倍程度で与えてみてください。葉の拡大もなく新葉も出ないようなら施肥はしないほうが良いですが。
根が伸びない元株夕方と就寝前のは水だけにしてミズゴケには水を与えず乾かしたままにして2週間様子見してください。伸び出した根が二つを越えて三つになったら普通の水やりに戻すことが出来ます。


病気の葉 投稿者:かおる 投稿日:2014/08/27(Wed) 01:50 No.13543   
胡蝶蘭の株をいくつか育てているのですが、一番大きくなってくれた株がどうやら様子がおかしいのです。
葉の裏がシミと言うか、見た目が少し汚く、
これは広がる一方です。が、かなり時間をかけて広がっていっています。そして最近一番したから2番目の葉が黄色に変色しました。
蘭の他にも育てている植物があり、ハダニやカイガラムシがいない環境ではないのでもしかして移ったのかもしれません。
この株を元気にする方法はありますか?


Re: 病気の葉 - かおる 2014/08/27(Wed) 01:52 No.13544
上からです


Re: 病気の葉 - かおる 2014/08/27(Wed) 01:54 No.13545
拡大です


Re: 病気の葉 - ひろし@小南部 2014/08/28(Thu) 11:21 No.13559
ハダニ被害の症状に思えます。薬剤を試す前に一度株を次の方法で洗滌してみてください。

台所用中性洗剤を2リットルの水に1ccを溶かし込んで泡立てた液をつくります。柔らかい布に浸して葉裏を中心に葉を丁寧に洗います。鉢に液が入っても構いません。

その後洗剤液を清水で洗い流します。鉢内に流れ込んだ洗剤液も洗い流すように灌水します。

簡単な作業ですが注意事項があります。

中世洗剤成分表示を確認して、PG(プロピレングリコール)が入っているものは使わないこと。薬害があります。

作業時間は午前10時から午後1時までの間に終えること。この時間帯ならほぼ確実に葉は気孔を閉じていますので界面活性剤による薬害のリスクは小さくなります。

洗滌作業で悪化は止められると思いますが被害を受けた部分は元には戻りません。

黄色になった葉は半分だけ葉元も変色しているので病気/寿命の判別がつけにくいのですが、黄色になった部分の縮み具合から病気のリスクは低いように思います。


Re: 病気の葉 - かおる 2014/09/21(Sun) 00:31 No.13715
ひろしさん、ありがとうございます。

コメントをいただいてから、早速アドバイス通りに葉っぱを拭きました。
ハダニさんは、いなくなってくれたようです(o^^o)
それにしても、少し気付くのが遅すぎたのか、三株ほどやられていました。他の株に移らなければいいのですが。。
黄色の葉の株はあのあと、またその下の葉が一枚黄色になり落ちました。
なんなんですかね…
寿命?にしては、一番したの一枚だけは残ったままです。
まずはこのまま様子を見てみます。


Re: 病気の葉 - ひろし@小南部 2014/09/21(Sun) 22:16 No.13723
育ちの悪い葉や虫害を受けた葉は光合成能力が通常の葉より劣るので、寿命は短くなる傾向があります。その残った葉はハダニ被害を受けなかったのでは?

白大輪の花の数について 投稿者:はりう 投稿日:2017/01/24(Tue) 16:38 No.20025   
お世話になります。

一昨年よりこの掲示板でひろしさんにいろいろと教えていただき順調に育って、そろそろ20株ぐらいが満開になりそうです。
ところが、白大輪の花が多くて8輪、他は6〜7輪しか蕾を付けませんでした。
昨年の春から夏にはかなり葉と根を成長させて、葉は7〜10枚あり、とても元気です。
昨年10月ごろから屋外で花芽を出し始め、それからは室内で日当たりの良い窓際に置いていますが、隣との関係で日照は5時間ぐらいです。
24時間エアコン&換気扇で室温は20〜26℃です。
この環境では花はこれぐらいしか付けないものですか?
もっとたくさん付けるにはどうすればよいでしょうか?


Re: 白大輪の花の数について - はりう 2017/01/24(Tue) 16:39 No.20026
6輪の写真追加


Re: 白大輪の花の数について - はりう 2017/01/31(Tue) 09:06 No.20037
nanasiさん、詳しいご指導ありがとうございます。
昨年の春から夏にかけては屋外で、陽の位置が高いので朝から日没までの十分な日照時間で75%遮光で育てました。成長期の水遣りは、ミズゴケ素焼き鉢は渇きが早いので早めに、ポリポッド&バークは中の湿り、曇り具合を見ながら行っていました。お陰で2〜4枚の葉を増やし、根もかなり増えて張りました。
花芽が出始めた10月中旬から最低気温が15℃を割り始めたので室内の南側窓際で25%遮光していますが、陽の位置が低くなって隣の二階家のために午後1時ごろからは陰ります。
換気扇とサーキュレーターは24時間回しています。
確かに最低気温は22℃ぐらいが平均かもしれませんが、それは花芽成長期には高すぎなのでしょうかね?
おっしゃるように育てている白大輪は昨年の秋に咲いていたもの以外は全部、色物やミディーも前回の開花から1年経つものはほとんど咲きましたので、これで良しとするべきなのかもしれませんね^^楽しんで鑑賞します。
でも咲けば咲いたでまた次の欲が出るもの!来年に向けてますます精進してたくさんの花を咲かせたいと思っていますので、今後ともご指導のほど、よろしくお願いいたします。

先日nanasiさんからのご指導があって拝見しましたが、それに返信しようとしたら禁止用語かなにかでうまく送信が出来ず、今日再度見たらnanasiさんからの返信が削除されていました。
改めてnanasiさん、ありがとうございます。



花芽と植え替え 投稿者:じゅん 投稿日:2018/05/04(Fri) 22:07 No.21147   
時々相談させていただいています。いただいて13年たつ株です。毎年5〜6個花が咲きます。葉はだいたい3枚です。花が咲いたらすぐに切って、2年に1度植え替えてきました。今年は植え替えの年です。しかし、今年は花が遅く、花芽は30cmくらい伸びていて、蕾も5個くらい付きそうなのですが、花が咲くにはまだ1月くらいかかりそうです。植え替えは花が終わってから(6月頃)で大丈夫でしょうか。よろしくお願いします。

Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/05/04(Fri) 23:17 No.21148
葉が3枚ですか、、、
毎年5〜6輪開花して葉一枚消耗、後植え替え新葉一枚展開、というパターンを繰り返しているのでしょうね。いっそ植え替えを来春まで延ばしたらいかがでしょう?消耗一枚新葉展開一枚なら3年間隔でも茎の間延びもさほどではなくミズゴケ植えの場合でもミズゴケは3年くらいは持つのが普通と思いますが。バークなら4年はOKと思います。
2年間隔の植え替えでは株が植え替えのストレスから開放されるとまた植え替えで、株が充実する期間が取れないのではないかと思います。

植え替えは6月でも最悪夏を過ぎた秋9月ごろでも可能ですが、この夏秋には新葉を出せず、秋の終わりの花芽も出せずというパターンになるかもしれません。
逆にピンクの花に多いプルケリマ交配の株なら花軸を伸ばしながらでも開花中でも新葉を伸ばそうとするかもしれませんが。


Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/05/05(Sat) 08:21 No.21149
私も、ひろしさんのいわれるように植え替えは控えたほうが良いと思います。写真がないのでなんともいえませんが、植え替えると葉が落ちることが多い。また、花軸を切り落とさないで最後の花まで咲かせるというやり方もあるようです。

Re: 花芽と植え替え - じゅん 2018/05/06(Sun) 00:21 No.21150
ありがとうございます。写真添付します。ご指摘の通り、毎年1枚新葉が出て、1枚落ちる、を繰り返し、3枚で落ち着いています。根がだいぶ上に上がってしまって、下からも出ているので植え替えた方がいいのかなあと思いました。もう1年いいでしょうか。


Re: 花芽と植え替え - じゅん 2018/05/06(Sun) 00:23 No.21151
もう1つ、ミディの「リトルジャムストライプ」についても教えてください。こちらは2014年にもらって、2016年に植え替えました。今、花が咲いています。こちらももう1年くらいそのままでいいでしょうか。よろしくお願いします。


Re: 花芽と植え替え - じゅん 2018/05/06(Sun) 00:25 No.21152
ミディの2枚目の写真です。よろしくお願いします。


Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/05/06(Sun) 01:02 No.21153
うーん。元気そうなので、いい状態と思いますが、これだと、あなたの言われるように、植え替えたほうがいいですね(花がが散った後)。鉢のサイズをあげてなるべくすべての根が植え込み剤に埋まるようにするといいでしょう。バークなら鉢のサイズをかなり増やしてもいいと思います。13年って、なんで葉が増えないのかな?研究してみてください。もしかしたら、13年、まったく鉢のサイズをあげていないのかな?何か盆栽をみているような。

二番目のやつはとくに問題なし。


Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/05/06(Sun) 01:16 No.21154
上部から植え込み材に突入している根がありますが、その突入部分が腐っているなら水のやりすぎです。写真からは確認できませんが。

Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/05/06(Sun) 22:40 No.21155
うむ、ちょっと前回の植え替え時の「引き戻し」が足らなかったようですね。植え替えないと安定不足の恐れがありますね。植え方で日照効率さんと見解を異にしますが、これだけ根が露出している場合、植え替えるとしても「引き戻し」に限度を設けるべきだと思います。
標準的には日照効率さん御指摘のごとく根の基部だけを露出させてあとはできるだけ植え込み材料に入れたほうがよいのですが(図の「標準」)今回だけはそれをすると露出してる部分の多い根が環境激変で調子を落とすと思います。それで今回は図の「今回」ぐらいで妥協しておいたほうが良いと思います。

葉が増えないのはおそらく環境でしょう。夜間空中湿度が不足気味(特に秋冬に)だと葉の寿命が短くなります。花芽伸張中、夜間湿度を保湿するために夕方と就寝前に葉水を与えるのが効果的です。
また成長期に葉が一枚だけというのはちょっと残念。水遣りと施肥の方法を再検討する必要があるかもしれません。


Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/05/08(Tue) 00:22 No.21156
あれ、肝心の図の添付落としてました。


Re: 花芽と植え替え - じゅん 2018/05/08(Tue) 22:40 No.21157
ありがとうございます。花が終わったら深くなり過ぎないように注意して植え替えたいと思います。鉢の大きさは?今、3.5号鉢なのですが、4号にしてもいいでしょうか。鉢は大きすぎない方がよい、と聞いたことがありますが、どう考えればいいですか。
葉の数と乾燥について・・・乾燥は大いに考えられます。気をつけてみます。
ミディはとても元気です。植え替えはもう1年まってもいいですか?よろしくお願いします。



Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/05/08(Tue) 23:48 No.21158
株の大きさとのバランスから言えば3.5号が最適のように思いますが、4号でも許容範囲でしょう。
ミディはあと一年持たせることは可能と思います。


Re: 花芽と植え替え - じゅん 2018/05/10(Thu) 23:57 No.21159
いろいろありがとうございました。花が終わったら植え替えたいと思います。またよろしくお願いします。

Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/05/12(Sat) 21:47 No.21160
胡蝶蘭 植え替え YOUTUBE  で検索すると、プロのやり方がのっています。
やはりほぼ、全部植え込んでいますね。ひろしさんの言い方だと、勘違いして、半分くらい根が埋まっていないで平気な人が出ます。今回は写真つきなので。
葉が少ないのは、おそらく植え方がまずいという可能性があります。バークならば、かなりサイズアップが可能でので空中に完全に舞っている根をなくすることができます。ミズゴケは私は使わないので知りませんが、サイズの制限があるとのことです。


Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/05/13(Sun) 01:16 No.21161
画像には標準(付け根だけ露出させ、あとは埋め込む)と今回(付け根から1/3を露出させる)と区別しましたが、それでも誤解されますかね?
空中に長い間あった根はミズゴケに埋め込んでもあまり機嫌よく働かないので、今回は特にこうしたほうが胡蝶蘭の生理にかなうけれども、標準的ではない方法をお勧めしましたが、日照効率さんの物言いは「それが間違いである」との認識をお持ちのようですね。
私がここで「個別」に相談を受ける場合「万人向け」に応えているわけではないのです。じゅんさんの現在の問題への対処を、「一般的な方法」と勘違いされる方が仮にいたとしてもそれは私の責任とは思いませんが、いかがですか?

YOUTUBEはもともと不特定多数の方が対象ですが、私のここの回答はじゅんさんだけにしているものです。それに根が半分露出していても胡蝶蘭は花をつけることが出来ます。これは私の経験からです。

胡蝶蘭の根が空中に舞うのは胡蝶蘭の生理です。たしかに品質の良いバークで植えつければ安いミズゴケに植えたものよりは、空中を舞う根は減りますがそれでもなくなりません。

バークで植え込めば、さらに軽石を混ぜるなどして水はけをよくすればかなりの大鉢まで育成可能であることは確かですが、栽培管理法は「素焼き鉢にミズゴケ植え、上限4.5号」とはかなり変わります。私も6号プラ鉢にバーク+軽石で2鉢やってますが、透明ポットではないので、水遣りのタイミングにいまだに迷うことがあります。素焼き鉢+ミズゴケ植えの場合に水遣りで悩むことがないのは大きなメリットです。


Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/05/13(Sun) 03:47 No.21162
ああ、今回は写真つきなので。と書きましたように問題ないとおもいます。前に、根の付け根から先端までが100%外に出ており、そういう外の根が全体の60%の根である、といっていた人がいました。いや、ひろしさんが言ったからとはいえないです。

この方のも、相当露出していますね。根の付け根から先端までが100%外に出ているのが見えるだけで4−5本。しかも立派な根。それ以外にも、根元がかなり露出している根もある。2年に1回植え替えているといわれているので、本人はだいたいの内外の比率を予想できるでしょう。

それと、根を空中にたくさん出すというのは、私の経験では水のやりすぎと想像したことがあります。昔、水をやりすぎていたころ、空中の根がたくさん出て、バークに入っていくのを嫌っているようでした。植え替えのとき、バーク内の根は10%、外の根は90%くらい。植え替えのとき、ほぼ95%埋めてしまいましたが、大丈夫でしたね。もちろん水遣りは控えています。


Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/05/13(Sun) 20:48 No.21163
私はどちらかといえば素焼き鉢にミズゴケで植えるのを好むのですが、それは「蘭の都合ではなくて私の都合」である部分が多いと考えています。「蘭がミズゴケを好む」という考えでは実はありません。大多数の個体にとってミズゴケは「我慢できる」存在なのだろうと思います。
あるときカトレヤの原種(といっても山採りではなく同一種の交配種ですが)をたまたま手に入った南米産のオスマンダで植えたことがありました。抜群の生育でしたが、植え替えが必要になったときにほぐすのが大変、植え替えに丸一日かかりました。オスマンダの入手難もあって今はミズゴケで我慢してもらってます。
植え替えた胡蝶蘭の新根がまるでミズゴケを嫌っているようにミズゴケにもぐろうとせず表面を這い、結局鉢の外にはみ出すこともよく経験することです。そんな個体にバークならよかろうかとバーク植えにしたところでも結果は同じ。そんな個体でも既存の根はミズゴケ内で伸びているので、私の結論は空中に漂う根はその個体にとって必要なのだという結論に達したのです。

セロジネ・インテルメディアをバーク植えしてますが根はバークにすんなりもぐるのですが、胡蝶蘭とセロジネの根はずいぶん違います。セロジネの根は細く、地生植物と大差無いのでおそらく樹皮についているコケや地衣類やシダ植物の根に潜り込んでいるのでしょう。


Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/05/14(Mon) 00:21 No.21164
確かに、ひろしさんご指摘のように、私の例は根が空中からバークへ突入しにくい株のような気がします。(同意)
ただ、私の例では90%空中にあった根をトータルで95%埋め込んでも大丈夫だったことから、「空中に漂う根はその個体にとって必要なのだ」というよりは、単に物理的に突入できないのではないかとも推測できます。(不同意)
YOUTUBEの例では、ほぼ、全部植え込んでいますので、これも空中に漂う根はその個体にとって必要ではない(場合が多い)ことを示唆します。


Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/05/14(Mon) 14:35 No.21165
YOUTUBEは資材販売業者であるプロトリーフさんによるものが主なものと思いますが、胡蝶蘭栽培に100%の正解はないと思います。私の大昔のホームセンターでの園芸担当の経験からいっても、演者は本当にランのことを理解して演じているのかな、というレベルのように私には見えますし。
私は私自身の経験と胡蝶蘭以外の着生蘭の栽培経験も加味して、胡蝶蘭の最適環境とは言えない、家庭での栽培では「こうすればよいだろう」と考えられる方法をここで回答しています。私は「胡蝶蘭の空中に漂う根にはその存在意義があるのだ」という信念があります。すくなくとも水遣り失敗による根腐れからは救われますから、保険をかけるくらいの意味はあることはお分かりでしょう。「事故など起こさないから保険などいらない」というのは「事実か事実でないか」とはレベルの異なる単なる「価値観の相違」です。
私は日照効率さんのご意見は「危ういもの」に見えますし、技量、経験の浅い方々にお勧めする方法では無いと思います。


Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/05/14(Mon) 16:30 No.21166
なるほど、ねぐされを起こしていることまでお考えだったということですね。もし空中の根:埋没した根=5(か、それ以上):5だったとしたら、ねぐされを起こしているだろうと思われ、ひろしさんの指導が正しいと思います。まあ、これは本人が判断できることかと思います。一方、「空中に漂う根はその個体にとって必要かどうか」はそれとは別の話であり不同意のままと認識します。

Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/05/14(Mon) 19:03 No.21167
>「空中に漂う根はその個体にとって必要かどうか」はそれとは別の話であり不同意のままと認識します。
了解しました。異なる意見であっても明白な反証がない以上、認めざるを得ませんね。私が「空中に漂う根がその個体にとって必要である」というのは感覚的なもので「証明できる」性質のものではありませんから。


Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/05/15(Tue) 18:31 No.21168
「空中に漂う根はその個体にとって必要かどうか」は細かいことを言えば検証はむずかしいのですが、「根を全部埋めて大丈夫か」は検証可能ですね。私は、技量はないのですが、今まで6鉢ほど植え替えや鉢ましを何回かしていて、単に無知なこともあって根を全部埋めました。全部大丈夫でした。今年は植え替えを予定しているのがあり、全部埋め込んでまた検証してみます。忘れてなかったら、ここへ書き込みます。

プロでも信用できないとのことですが、プロトリーフさんの画像に出ているおじさんはNHKにも出ていた園芸家というのをどこかで見かけたことがあります。

ご本人にお聞きしますが、前に植え替えたとき、埋め込まれた根はよく育っていましたか? 水のやりすぎということはありませんか? まだ読んでいたら、教えてください。


Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/05/15(Tue) 20:13 No.21169
「プロの園芸家」も中には食わせ物に遭遇したことがあります。ランではなくてセントポーリアでしたが、一般家庭での管理不可能な管理を要求し、「出来ないはずは無い。このような資材を買ってそろえれば良い」という高飛車な「先生」でした。結局自己流でセントポーリアを栽培してます。これも胡蝶蘭と同じく38年になります。胡蝶蘭、カトレヤ(37年)は育て方の本は読みましたが、本の中にも「これは違うだろう」というコメントはたまにありましたね。結局自己流のままです。

その後趣味で環境保全運動にも参加したことがありますが、「木を植えています」の某大先生は気候には合わせますが地質や地形は問題にせず「この気候の極相種」談義で多様な樹種「高木も低木も」混ぜて密植させるのですが一年以内に半数が死滅し、5年後には9割が死滅しているという体たらくなんですが、この大先生「信者」が多いですね。今でも新聞広告に載る某養蜂所とかイオンとか、、、単なる苗屋の商売にし、自分はおそらくコンサルタント料で利益をえているのでしょうが。


どうしましょう - じゅん 2018/06/24(Sun) 11:54 No.21173
こんにちは。いざ植え替えようと思ったら何だか難しいお話になっていました。そして、実際にやろうとしたら、根が固く、鉢の中にうまくおさまりそうにありません。実は、前回もこのような状況で、結局鉢に入れられず、かなり上に出た状態にしてしまったことを思い出しました。ひろしさんのアドバイスの「今回」まで入れられそうにありません。とりあえず今、水ごけに巻いていますが、どうするのがよいでしょうか。これまでと同じ大きさの鉢にぐいぐい入れ込んでよいでしょうか。


根の状態です - じゅん 2018/06/24(Sun) 11:56 No.21174
鉢の中はこんな感じでした。


何とかおさめました - じゅん 2018/06/24(Sun) 12:28 No.21175
しばらく根を水につけ、水ごけに巻いてから少し時間をおいてみました。だいぶ根がやわらかくなったので、とりあえず、鉢におさめました。やり直すと根に悪そうなのでこのまま様子を見ようと思いますがどうでしょうか。それとも今のうちにやり直した方がよいでしょうか。


Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/06/24(Sun) 18:06 No.21177
へえー。なかなか内部の根は良い状態のようですね。私はねぐされを懸念していましたが、そうではないようです。こればかりは、鉢から抜いて、写真を撮ってもらわないと分かりません。

たぶん、OKと思いますが、ひろしさんの認証が欲しいところです。
根が鉢の中にいっぱいのため、根が空中にも舞っている感じがします。次回は鉢のサイズをあげるといいとおもいますが、ミズゴケだと鉢のサイズに制限があるようです。私はミズゴケは使わないので、分かりません。

私はバークうえなので結構苦労しないで根を大き目の鉢に入れています。バークでもあまり極端に大き目の鉢だとダメなようです。


Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/06/25(Mon) 18:21 No.21178
次回のときの植え替えの話ですが、愛華園芸さんがやっているといわれていましたが、中心にみずごけ、外側にバークという植え方もあるそうです。私もやっていたことがありますが、割と良かった印象があります。これだと、鉢のサイズを2回りほど上げることができるので、植え替えも簡単です。(それでも根が多い場合は、植え込み材を多く使わないようにします。)

想像にすぎませんが、現在の状態だと内部の根が成長しすぎで、増殖に制限がかかり葉が増えないことが考えられ、上の方法でランはよりハッピーになるかもしれません。一方、13年育ててきていてこのままで良いという場合は、鉢のサイズはあまり上げない方が良いかもしれません。何かいじめて育てる盆栽を連想します。


Re: 花芽と植え替え - じゅん 2018/06/25(Mon) 19:43 No.21179
ありがとうございます。大きさを制限したいと思っているわけではありませんし、いじめるつもりは全くなくて、できたらハッピーにしてあげたいと思います。大きい鉢はあまりよくないというのを聞いたことがあったので、これまでほとんど鉢の大きさを変えてきていないというだけで。でもそれで窮屈な感じになっているのなら今からでも大きくしたいくらいです。どうしてあげるのがいいでしょうか?

Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/06/25(Mon) 20:55 No.21180
ひろしさんのいわれるように鉢のサイズがサイズアップして4号(??)以上だと、ミズゴケではダメで、バークになるでしょう。

わたしは、鉢増しといって1年後くらいに2周りくらい大きな鉢に中心にみずごけ(これまでのものをすっぽり取り出しあまり崩さない)、外側にバークつめるという形がいいかと思います。すぐにでもやりたいなら、鉢のサイズがサイズアップして4号以上になるならば、バーク植えになりますね(中心に現在のミズゴケを持ち込んでも良い)。前者のほうが、ランにはかなりやさしいと思います。容器はどんなプラスチックで構いません。底に大きめに穴を開けます。

13年間サイズアップしていないとなると、上の私の想像の通りかもしれません。


Re: 花芽と植え替え - ひろし@小南部 2018/06/25(Mon) 20:59 No.21181
返信がおそくなって申し訳ありません。
ほぼ「今回はこれで」という想定の仕上がりになっているように見えますのでOKと思います。

大きな鉢にすべきではないのは素焼き鉢にミズゴケ植えの場合です。バークで植えつける場合素焼き鉢+ミズゴケ植えのように「5号が限度」ということはなくなります。大柄な株の場合植え替えのたびに根を苦労して収める必要がなくなるのでバークでの植え替えが楽なのは日照効率さん御指摘のとおりですね。
但しミズゴケ育ちの株をバークに替えてうまく行かなかった例があり、(私個人の経験で一度と別の掲示板で相談を受けた例で一度)ミズゴケ植えに戻して回復したという例があるので、ミズゴケで育った個体はやはりミズゴケ植えすることをお勧めしています。「リスク覚悟で、楽なバーク植えを選ぶことが出来ますよ」とまでは言及してませんでしたが、リスク覚悟なら、ミズゴケからバークへの植え込み材料の変更もありですね。

バーク植えからミズゴケ植えにした例もあります。バーク育ちの3株寄せ植えだったピンクの大柄な個体のものをばらして5号プラ鉢+バーク植えを2鉢、比較研究のために1株を4.5号素焼き鉢にミズゴケ植えにして3年経過したものがあります。4.5号素焼き鉢にミズゴケで植え替えたものは植え替え時になかで一番弱そうな株だったせいもあるのか開花は毎年してますが、生育は停滞気味です。やはりバークで育った株は無理に素焼き+ミズゴケ植えに変えるべきではないですね。
生産者段階からバーク育ちだったためかバークで植え替えたほうが成育が良くさらに大きくなったので、昨年6号深鉢のバーク植えと、7号深鉢のバーク+軽石で植え替えました。生育はその後も順調です。

ちなみにこれも比較研究のため黄色の大輪大株を5号素焼きにバーク小粒で植え替えたものもありますが、良く乾くので水遣りが大変。
バークならプラ鉢が楽です。

品種での相性はあります。白大輪、アマビリスなど雨期乾期の比較的はっきりした原産地産の個体は「乾いたら水遣り」を厳密に守れるミズゴケ植えが比較的に楽、ピンク花の多いドリティス系は熱帯雨林気候に近い産地のものなので「乾いたら水遣り」はそんなに厳密に守らなくても、空気の入れ替えを兼ねた水遣りを守れば根腐れするリスクは低いのでバーク植え向きです。


Re: 花芽と植え替え - じゅん 2018/06/25(Mon) 22:50 No.21182
ありがとうございます。日照効率さんが書いてくださった、1年後くらいに鉢を大きくするということも視野に入れながら、とりあえずこのまま様子を見ようと思います。秋冬の空中湿度なども気をつけてみます。ありがとうございました。

Re: 花芽と植え替え - 日照効率 2018/06/27(Wed) 19:32 No.21183
上で書いた鉢増しをされるのなら、これまでの13年と根の多さを考慮すると直径にして3cmから4 cm(6cm?)のサイズアップが好ましいかもしれません。
あまり大きな鉢は良くないというのは正しいのですが、サイズアップをしてはいけないということではありません。おそらく質問者さんの誤解と思います。
ミズゴケとバークのダブル使いは、バークに根を順応させるのに良いと思います。根がバークが嫌いならバークの中に伸びていかないはずですが、それは起こりそうにない感じがします。かなり後になりますが、もしやったなら根がバーク内によく伸展しているかどうかを確認してください。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note - 胡蝶蘭の愛華園芸 ※姉妹サイト - 胡蝶蘭育て方ナビ -