4613011
胡蝶蘭のいろいろ掲示板 園芸相談、胡蝶蘭自慢など
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File(jpgかgif)
暗証キー (英数字で8文字以内、内容修正時使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

胡蝶蘭の根が… 投稿者:山本加奈子 投稿日:2019/05/23(Thu) 13:28 No.21577   
胡蝶蘭を4月にいただき、花が終わりましたので、5月13日に植え替えをしました。22日に水苔が乾いたので水を与えました。
先日気付いたのですが、茎がおかしいです。
病気でしょうか?
今のところ、葉も根も緑で元気そうです。


Re: 胡蝶蘭の根が… - ひろし@小南部 2019/05/24(Fri) 00:12 No.21581
茎の一部(添付図赤線内)にカビ性の病気の症状が現れています。これが茎内部からの症状(フザリウムによるもの)であれば既に致命的である恐れがありますが、表面からの雑菌によるものであれば、黒く変色した部分の表面を軽くナイフで削いでベンレートをペースト状に濃く溶いたものを筆で塗布しておけば助かる可能性が高いです。
このまま放置しておけば原因が雑菌でも病巣が広がって根をさせる健全な部分が無くなりますから、フザリウムでないことをいのりつつ殺菌剤塗布を試みてください。

それと、木になるのが植え替えたとのことですが、化粧鉢にミズゴケで植えつけられているように見えますが、それでは水管理が困難なものになると思います。化粧鉢を使いたい場合はバークで、ミズゴケで植えつけたい場合は素焼き鉢を使用してください。


Re: 胡蝶蘭の根が… - 山本加奈子 2019/05/24(Fri) 06:43 No.21582
ありがとうございます。
早速、買いに行きます♪
素焼きがいたことはわかってましたが、化粧鉢で育てたくて化粧鉢にしていました。
近所のホームセンターには大きなバークしかなかったので、洋ラン用の土?そんなのでも大丈夫でしょうか?


Re: 胡蝶蘭の根が… - ひろし@小南部 2019/05/24(Fri) 18:58 No.21584
洋ラン用土は中粒の軽石に少量のバーク、少量のココヤシチップを加えたものだろうと思います。シンビジウムにはお勧めできますが胡蝶蘭用にはその逆の配合、60%以上のバーク+ココヤシチップに40%未満の軽石が適します。
ジャストサイズの化粧鉢には洋ランバーク(商品名ネオソフロン中粒)100%が一番良いのですが、大きな化粧鉢を使いたい場合には中粒の軽石を1/3くらいの比率で混ぜてご使用ください。


Re: 胡蝶蘭の根が… - 山本加奈子 2019/05/24(Fri) 22:25 No.21587
丁寧にありがとうござます。
探してみます♪
化粧鉢の中は、ポリポットは必要でしょうか?
直植えで大丈夫ですか?
今は、もともと3株植えてあったので、そのままにしています
あと、水苔育ちからバークに帰ると良くない?枯れる?とかの記事を見たことがありますが、今よりはバークにした方がいいですよね?



Re: 胡蝶蘭の根が… - ひろし@小南部 2019/05/26(Sun) 00:50 No.21591
ミズゴケ育ちのものをバークに替えたときに稀に拒否反応を起こす個体はあります。私35年の胡蝶蘭栽培暦があり20年の相談経験がありますが、実際に経験したことが1例、相談を受けた方で1例、計2例だけですので、ほとんど問題が無い場合が多いと考えています。
ところで化粧鉢にはまだミズゴケポリポットのまま三株収めてあるのでしょうか?、もともと別個にポリポットだけで育てられて、開花時期がたまたまぴったりあったものを出荷時に寄せ植えしたものです。その状態で育成しているわけではありません。
また三株寄せ植え用化粧鉢はおそらく径が25cmはあるでしょうから大きすぎるので直植えには不適です。一株ずつ径13〜15cm、くらいのプラ鉢か化粧鉢にバーク単用で、最大でも径20cmくらいのプラ鉢か化粧鉢にバーク+軽石で植え込むか、あるいはミズゴケを使いたいなら必ず素焼き鉢12cmか13.5cm径のものを使ってください。、


Re: 胡蝶蘭の根が… - 山本加奈子 2019/05/26(Sun) 07:54 No.21594
お返事ありがとうございます。
早速ネオソフロン探し回りました!
大きな化粧鉢にもらった時と同様に3株、ポリポットに水苔で植えてました
株にストレスをかけるけど、6株全部をネオソフロンで植え替えました
やはり、5月13日に植え替えた時より根腐れが進んでいました。
改めて処理して、元気な株はポリポットにネオソフロンで植え替えました。そこに少しマグアンプを15粒ほど入れました。

質問していた株については根がなくなって軸だけになってしまいました
昨晩は、念のため、針金に吊るし、葉水をしてビニール袋で過ごしました
以前どなたかに回答しておられたのをみて1円玉くらいの穴を6個くらいあけました
もう一株も軸が黒いので、同じようにして過ごしました
今日ベンレートが届くので筆で塗りますね

再度質問なのですが、最初に質問した軸だけ株は根が出るまでビニール袋入院した方がいいですか?
昨日発覚した、もう一株の方は根がたくさんあるのですが、ベンレートを軸に塗ったあとどのくらいで植え替えたらいいでしょうか?

ネオソフロンに変えたら、水遣りは乾いたかどうかはどのように判断したらいいですか?
水苔のように指を入れるわけにもいかず…

よろしくお願いいたします



Re: 胡蝶蘭の根が… - 山本加奈子 2019/05/26(Sun) 07:55 No.21595
2枚目です


Re: 胡蝶蘭の根が… - 山本加奈子 2019/05/26(Sun) 07:59 No.21596
3枚目


Re: 胡蝶蘭の根が… - 山本加奈子 2019/05/26(Sun) 08:00 No.21597
4枚目


Re: 胡蝶蘭の根が… - 山本加奈子 2019/05/26(Sun) 08:01 No.21598
5枚目


Re: 胡蝶蘭の根が… - 山本加奈子 2019/05/26(Sun) 08:04 No.21599
今までは、水苔+ポリポットで化粧鉢に 3株、納めていました
今は、ネオソフロン+ポリポットで化粧鉢に3株入れ直しました。


Re: 胡蝶蘭の根が… - ひろし@小南部 2019/05/26(Sun) 22:28 No.21600
ベンレート塗布が必要な株で根のある株は塗布後直ちに植え付け可能です。水やりについてですが、ポリポットに植えなおしたのですからバークを目視できますね。空隙部分が乾くのは観察できると思いますので空隙部分の表面に乾く様子が見えたら水遣りします。バーク一個一個が湿るように、たっぷり掛け流し、底穴から勢いよく流れ出るように与えます。この底穴から勢いよく流れ出る水遣りが重要なのは、このときにポット内部の空気も入れ替わるからです。葉が成長をはじめたらこの水遣りの仕方で乾くのを待たず毎日与えてかまいません。空気が入れ替わり続ければ根腐れはしません。

ポリポットでミズゴケ植えというのは、一般家庭では乾くのを待つ間に根が窒息して根腐れします。山本さんの場合も乾きを見ながら水を与えたのに根腐れが進んだわけですよね?

生産者の理想的環境でなら毎日水を与えても空気の入れ替わる水の与え方をしますので根腐れしないんですが。

素焼き鉢でミズゴケ植えすれば素焼き鉢が水を吸い上げ続けるのでミズゴケ内部に負圧が生じて新しい空気が流入続けるので根腐れしないのです。

化粧鉢にこだわりがあるようなので、バーク植えをお勧めしましたが、個人的には、一般家庭で手抜き管理をしながら胡蝶蘭を知るには素焼き鉢にミズゴケで一株ずつ植えつける方法が一番だと考えてます。

根の全くなくなった株はポリ袋に入院させるのが良いのですが、つり方には工夫が必要です。病斑のある根無し株の画像でご説明しますと、病斑は赤楕円部分に殺菌剤を塗布しますが、新たな根の出る部分は緑斜線を施した部分です。この根の出る部分を圧迫なさらないように吊り下げてください。



Re: 胡蝶蘭の根が… - 山本加奈子 2019/05/28(Tue) 00:07 No.21601
お返事ありがとうございます。
へぇーって納得しながら読ませてもらいました。
とてもわかりやすく、勉強になります。
どこを調べても書いてなかった情報をありがとうございました。

葉が成長するまでは乾きを見ながら水をあげてみます♪
やはり植え替え後1週間は水は上げない方がいいでしょうか?
質問ばかりでごめんなさい。
バークだと毎日でもいいとは、知りませんでした。
乾くまで待つより毎日の方が初心者の私には楽かもしれません。

根のある株はすぐ植えつけました♪
根のない方も画像付きの説明とてもわかりやすかったです♪

早く回復してくれるたらと思います。


Re: 胡蝶蘭の根が… - ひろし@小南部 2019/05/28(Tue) 01:02 No.21602
そうですね。植え替え後に一度乾かすのは、植え替え時に傷つけた根の傷を乾かすためです。傷はいったん乾かせば塞がるのでその傷から腐敗が始まるのを妨げるからです。根を傷めない鉢増しなどの場合にはいったん乾かす必要はありません。
毎日水遣りOKなのは葉の成長期に入ってからです。水需要があまりないのに湿りが強いと根腐れの原因になることがあるからです。


Re: 胡蝶蘭の根が… - 山本加奈子 2019/05/29(Wed) 14:38 No.21604
なるほど!

根を乾かせば塞がる!
その情報もたくさん検索しましたがなかったので嬉しいです♪
病気予防に乾いてからっていう原理はわかるんですが、ちゃんとした理由がわかれば、納得できるし、管理もしやすいです♪
ほんとに勉強になります。
ありがとうございます
この6株を10年枯らさずに育ててみたいので、また色々わからないことは質問させていただいてもいいですか?
現状、今回はポットの中の根もしっかり乾いて、このままうまく行けばいいなってところです♪


見事なラン 投稿者:日照効率 投稿日:2019/05/29(Wed) 13:22 No.21603   
見事なランをみつけました。
The Most Beautiful Orchids in the World
でグーグルで動画を検索すると、トップにヒットすると思います。

葉の周りが変色 投稿者:ミケ 投稿日:2019/05/17(Fri) 12:04 No.21561   
はじめまして。
去年の3月頃から育てている、胡蝶蘭の葉の周りが色が抜けたような黄色っぽい白色に変色してしまい、理由が分からず、困っています。
昨年は5月から9月まで、ベランダで直射日光に当たらないように遮光して、置いていました。
10月から今年の4月下旬までは室内におき、4月下旬からベランダに置き始めたところ、GWあけに、葉の周りが変色していることに気づきました。
去年とは、少し遮光の仕方をかえたので、遮光がうまくできていないのでしょうか?
それとも、水不足や病気や害虫も考えられるのでしょうか?
どうしたらよいのか悩んでいるので、相談させてください。


Re: 葉の周りが変色 - ミケ 2019/05/17(Fri) 12:21 No.21562
他の胡蝶蘭も同じ症状なので、写真追加で投稿しました。
理由や解決方法をご教授頂きたく、何卒、宜しくお願い致します。



Re: 葉の周りが変色 - ひろし@小南部 2019/05/17(Fri) 23:27 No.21563
病気や害虫の線はないでしょう。
昨シーズンの栽培において遮光しすぎて光の量が足りなかったのではないでしょうか? 昨年3月からの栽培であれば、栽培がうまく行けば昨年秋遅くには花芽が上がって今年3月4月頃には開花が見られたはずですが、開花しましたか?

光不足の状態では葉緑体の数を増やせないので葉緑体の密度が薄い状態なのだろうと思います。葉緑体はエネルギーの元なので、少ないのは良いことではありません。
もともと葉の周縁部は葉緑体の分布は薄いのですが、ベランダに出してやや強めの光線を与えることによって、紫外線防衛反応で黄色のフラボノイド色素を増やした結果黄色みがつよくなり、特に周縁部では葉緑素にフラボノイドの黄色が勝ってしまった結果だろうと思います。

4月下旬から光線の量が増えたといっても日焼けしているわけではないので、今の状態の光の与え方が適正であるといえます。また強めの遮光をすれば、おそらく周縁の黄色が目立たなくなるとは思いますが、それでは本末転倒です。
今年は少ない葉緑体にめいっぱい働いてもらって今年新たに出る葉には十分な葉緑体を持ってもらうしかありませんね。

また葉が成長し始めたら葉緑体の成分である窒素と微量要素のマグネシウムが入った肥料(お勧めはハイポネックスハイグレード洋ラン様液肥)を適正に与えると良いでしょう。「開花促進用」には窒素分が入ってないので成長期に与えるには不向きですよ。


Re: 葉の周りが変色 - ミケ 2019/05/18(Sat) 12:28 No.21564
ご返信ありがとうございます。

詳しい解説で、初心者の私にも、とてもわかりやすかったです。
確かに、去年はかなり遮光してしまった気がします。
そして、20鉢近くある中で、開花したのは3鉢だけでした。

ベランダは東南向きで、朝10:30位まで、直射日光があたる状態なので、どのくらい遮光したらよいか分からず、迷走中です。

100均の遮光ネット(遮光率80%)ですと、1枚だけ(写真@)だと、朝10:30位まで、かなり葉に光があたっているように感じて、2枚重ね(写真A)でも、少し光があたっているように感じます。
しかし、10:30以降、直射日光が当たらないので、暗い感じになります。。。
白い布などで遮光した方が良いのでしょうか?

重ねての質問になり恐縮ですが、どのようなもので、どの位、遮光するとよいか、ご教授頂けると、幸いです。
宜しくお願い致します。


Re: 葉の周りが変色 - ミケ 2019/05/18(Sat) 12:32 No.21565
写真@


Re: 葉の周りが変色 - ミケ 2019/05/18(Sat) 12:34 No.21566
写真A


Re: 葉の周りが変色 - ひろし@小南部 2019/05/18(Sat) 18:55 No.21567
だいぶ暗くしていたんですね。葉は緑がきれいだったでしょうけれど、花を咲かせるだけの光合成が出来なかったのも当然でしょうね。なかで3鉢開花したのならその3鉢はかなり暗さに耐える個体ですから、なかでは日当たりの悪い場所においておくことは可能です。

遮光ネットが遮光率80%だというなら、出来るだけ一重のまま日光にあててください。経験上、葉の温度が人間の体温より上がると(風呂の温度以上)葉焼けの危険がありますが、多少暖かい程度(38度まで)なら葉焼けの危険はありません。10時半以降に陰になるならそれ以降はネットを取り去りたいくらいです。
そうして強めの光にあてると葉は、白花品種は黄色みが強くなり、ピンク花品種は赤みが強くなります。フラボノイドやアントシアニンで紫外線対策をすることによるものですが、このような色素が増えると病気に対する抵抗力も上がるのでむしろ歓迎すべきことなのです。


Re: 葉の周りが変色 - ミケ 2019/05/18(Sat) 20:38 No.21568
丁寧なご説明ありがとうございます。
すごく勉強になりました!
明日からは、遮光ネット1重にし、家にいる休日は直射日光があたらない時間は、遮光ネットをとるようにしてみます。
本当にありがとうございました。


Re: 葉の周りが変色 - 日照効率 2019/05/20(Mon) 00:21 No.21569
直射日光が斑点状に葉に当たるのは問題ありません。野生の状態でもそうだと思います。太陽の方が動いていくからです。問題は温度で42度くらいまでは良いような気がします。種にもよる。

わたしなら、遮光ネットを買いなおして、葉の温度が上がり過ぎないで、最小限の遮光率のネットを検討します。


Re: 葉の周りが変色 - ミケ 2019/05/20(Mon) 19:51 No.21570
日照効率さん、ご返信ありがとうございます。
『葉の温度が上がり過ぎないで、最小限の遮光率のネット』探してみようと思います。
参考までに、遮光率はどの位で、何色の物がオススメ等ありましたら、教えて頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。


Re: 葉の周りが変色 - ひろし@小南部 2019/05/20(Mon) 21:18 No.21571
ミケさんの株は暗い環境に1年以上置かれていたわけですから、いきなり理想の明るさにしてしまうとやはり葉焼けの危険があります。もうあと一月で夏至、これから7月20日までは一年でもっとも太陽光線が強い時期ですから、80%遮光で当面OKですよ。
夏至前後一ヶ月5月20日ごろから7月20日ごろまでは直射光は10時半の時点でも5万ルクスはあるはずで80%遮光しても1万ルクスですから、大方の胡蝶蘭にはMAXで、それ以上になると長時間は無理というレベルです。まあ、10時半までですから長時間にはならないわけではありますが、まずは安全運転でスタートしましょう。


Re: 葉の周りが変色 - ミケ 2019/05/20(Mon) 22:32 No.21572
ひろし@小南部さん、ご返信ありがとうございます。
詳しくて、わかりやすい説明で、とても安心しました。
安全運転でスタートしてみます!


Re: 葉の周りが変色 - 日照効率 2019/05/20(Mon) 23:50 No.21573
具体的には分かりません。回りとの温度との兼ね合いになるので。蘭 遮光率 でサーチするといろいろな説がありますね。目に付いたのは、

Amazon | 遮光ネット 2Mx2M 市松模様 50% 黒 通気の良い蘭用遮光ネット ...
https://www.amazon.co.jp/遮光ネット...通気の良い蘭用遮光ネット.../B004OPHEF6

市松模様ですので風通しがよく、木もれ日のようにメリハリのある日かげを作ります。 遮光率は50%です。 2枚重ねにすると遮光率は75%になります。 数々の園芸書でもおなじみ。 森の木漏れ日に似た半日陰を作り出す、ランなど陰性植物専用の遮光資材です。


Re: 葉の周りが変色 - ミケ 2019/05/21(Tue) 21:59 No.21575
日照効率さん、ご返信ありがとうございます。
Amazonのサイトみてみました。
蘭用遮光ネットの存在を知らなかったので、参考になりました。
ありがとうございます!


Re: 葉の周りが変色 - ひろし@小南部 2019/05/23(Thu) 23:42 No.21578
新たな遮光ネットを買う必要は現時点ではないと思います。暗い環境で育った葉ですから慣れるまで今年いっぱいくらいは80%遮光でOKですよ。
また、私は市松遮光がこの株に必ずしも適するとは思いません。暗い環境で慣らされた葉は明暗のメリハリはむしろ無いほうが無難です。


葉の白い模様。ご教授下さいm(__... 投稿者:ミミアン 投稿日:2019/05/12(Sun) 16:05 No.21554   
初めて投稿致します。お世話になりますm(__)m

今年の世界らん展で咲いた状態から購入したミディです。
オーキッドタンブラーという、ある蘭園さんが特許を取られた一か月に一回水を変えるだけで他は何もする必要がないという鉢を初めて購入しました。

買った当初から少し葉に、白い模様があり(コップを洗った後に、布巾でよくふかないで放置した時にコップに水滴の後が残るような模様)、気になっていましたが、
それがすごく増えてきたので、病気や害虫を疑い始めております。
画像は最近の葉の状態の画像です。
ご必要な場合は購入当時の画像も撮っておりますのでアップ致します。
初心者で必要な説明事項か分からずの質問で恐れ入りますが、何かしら対応や必要な薬剤等で改善する方法がありましたらご教授頂けますでしょうか。
何卒宜しくお願い申し上げます。


Re: 葉の白い模様。ご教授下さい... - ひろし@小南部 2019/05/12(Sun) 19:51 No.21555
オーキッドタンブラーについてはなんの知見も持ちませんのでコメントできませんが、葉の白い模様については水垢だと思います。病気や害虫の気配は感じません。

葉水を与えられているのではありませんか?その葉水の水道水成分と葉からの微量の分泌物の残滓のように見えます。
いちど食器用中性洗剤(表示成分にPG[プロピレングリコール]を含まないもの)2000倍液と脱脂綿などで洗ってみてください。それでかなり落ちるのではないかと思います。
洗浄後は清水ですすいでください。


Re: 葉の白い模様。ご教授下さい... - ミミアン 2019/05/12(Sun) 23:03 No.21556
早々のご返信を誠に有難う存じます。
葉水は2月に購入後一度も霧吹きも含めてしておりません。
購入時は白い模様が僅かだったのですが、かなり画像の様に広範囲に増えたもので気になりましたが、
頂きました洗浄作業をしてみます。
初心者で恐縮ですが、葉を清水で直接すすぐという解釈でよろしいでしょうか。それとも脱脂綿で拭くような事でしょうか。
度々を恐れ入ります。


Re: 葉の白い模様。ご教授下さい... - ひろし@小南部 2019/05/12(Sun) 23:49 No.21557
葉水を与えていないとのことですが、ひょっとして置き場が調理場の近くとか、風呂場の脱衣所とか水蒸気の影響のある場所ですか?葉の分泌物だけでこのようなリングスポット状のものが増えるというのは理解し難いです。
すすぎは水道水など(出来れば25度程度の冷たくない水)で直接、葉全体を洗い流してください。


改めてお伺いします 投稿者:しー 投稿日:2014/04/30(Wed) 08:19 No.11351   
お世話になります。
昨年から株分けした3鉢について色々こちらでアドバイス頂いて
なんとか育ててます。
以前のスレッドが消えたようなので、新しく書かせて頂きます。

1月10日と1月末くらいから開花はじめた2鉢は今も
満開で枯れる気配がありません。
3月から2週に1度、4月半ばからは10日に1度水やりをしてます。

夏に咲くよりも季節がよくて長持ちすると思ってましたが、
世話をしながら花軸をよく見ていなかったようで、気づいたら
花がいびつに6つついている鉢の、花軸の先端が曲がって伸び、
そこに蕾が4つついてます。一番大きいのが1センチほど。
もう1鉢は、花のついている手前の節から別の芽が出てきました。

花が落ちる前に蕾がまたつくことがあるのですね。
蕾が成長して咲きそうなら、それが落ちるまでこの鉢は肥料は
お預けでしょうか。
また、新たに花芽が伸びている鉢も、今の花が落ちた時に蕾がなければ
花軸は切ってよいのでしょうか。

残る1鉢(昨年夏に最初にきれいに咲いた鉢)からは、4月半ばに花芽が
出てきて今は7センチくらいですので、
うまく光を当てて肥料をあげようと思っていますが。

こまごま申し訳ありませんが、またお教えください。

Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/04/30(Wed) 12:07 No.11353
一時葉にしわが寄っていた株たちですね。葉のしわは回復しましたでしょうか。
花は長持ちしているようですね、そしてまだ花を咲かせるつもりでいるようなのは、やはり、正月休みのときのあまりうまくいかなかった「強制休眠」でロスした分を取り戻そうという魂胆なんでしょうか。いずれにしても株の元気がないと追加で花を咲かせようとはしないはずですから、株は元気なんだろうと解釈します。
新たな花軸を伸ばしている場合、前の花軸は切り落とした方が良いでしょう。

ミズゴケ植えなら施肥は不要、というところですが、バーク植えの場合施肥0はちょっと不安ですからリン酸分が多くて窒素分の少ないもの市販の一般花もの用5:10:5などをごくうすめの3000倍程度で水やり替わりに与えた方が良いかもしれません。


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/05/07(Wed) 13:59 No.11381
返信ありがとうございます。

葉は、一時期は床面に葉が付くほどでしたが、
冬の暖房時期を過ぎてから生き返り、今は一番下の葉も下から10センチほど上でピンとしており、
昨年4月の植替え後、葉が落ちたのは3鉢で1枚のみです。

4月に入ってから株が目に見えて上に伸び出したので、、
そのタイミングで、水やりと共に、乾いて細くなってきた大量の根も、1度に2、3本を守って切りました。
その後、思っていたほど新しい根が出てこないのですが、一部新しいものも付きはじめ
株や葉、花は元気そうに見えます。

6つの花の下方に新たについてしまった蕾(5つ目も出現)は、開花した場合、
花軸は非常に格好悪いことになりそうですが、それもまたどうなるか楽しみです。

花がついていても、弱めの肥料はこの時期必要なのですね。
固形のプロミックが一般の花用があるので、以前のように少し砕いて置いてみます。
活性剤は今は使える場面はないのでしょうか。


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/05/07(Wed) 14:35 No.11382
やはり元気なんですね。元気で何よりです。
例のプロミックですね。時期的に今なら問題ないでしょう。

活性剤というものの中味が問題です。メネデール(二価鉄イオン剤)は邪魔にならないのは確かですが、元気の良い時には与えても効果が感じられないです。
その他のものについて私は知見がないのでコメントすることができませんが、成長促進作用のあるものは花芽を葉芽に化けさせる恐れが強いですから注意が必要です。挿しておくタイプの活性剤は着生ランには使用しないほうが良いです。


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/05/16(Fri) 15:36 No.11579
お世話になっています。

プロミックを砕き、一鉢に2粒程度置くようにしました。
メネデールは植替えの際は非常に重宝しましたが、効果がないのでしたらやめておきます。

急に元の花芽が伸びて蕾がついた鉢が、最初の花が咲きました。
すぐ上の花と重なっていますが、写真の一番下の花が今回新しく咲いた分です。一番上の花は1月末に咲いてますから、本当に燃費がいいです。
いびつに曲がって伸びてますが、その下にも5、6個蕾がついてますので、どうなっていくか楽しみです。



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/05/16(Fri) 16:03 No.11580
いや、それにしても長持ちなうえにまだ咲かせるつもりなんですね。元気でなにより。
そういえば拙宅でも白の大輪の一鉢が今頃咲き始めたのがあるのです。私は株任せにして植え替えとかは株の都合に合わせてますので、同じ化粧鉢からばらしたものでも次第に株の個性が出てきて同じ環境においているのに花期が同調しなくなってしまいました。


経過報告です。 - しー 2014/06/03(Tue) 13:27 No.11897
こんにちは。
胡蝶蘭たちは元気に我が道を行ってます。

確かに3鉢一緒の時は同時に咲いていたのに、
昨年4月の株分け後、夏に蕾をつけたのは1鉢のみ、
残る2鉢は冬の蕾ではらはらしたのに、アピールか
蕾を大量につけ、予想に反してしっかり開花させてます。

この鉢の追加花のサイズは、1月に咲いた花の1.5倍以上はあり、
新たな蕾は11個、うち5個はひどく重なりながらも咲きましたが
既に軸がかなりしなっていて、支えをうまくたてられません。
下から持ち上げるようなものが必要でしょうか。



経過報告です。 - しー 2014/06/03(Tue) 14:08 No.11898
こちらは前の花軸とは分かれて花芽がついたので、良かったと
思いましたが、微妙な形で前方へ伸びてます。
付け根が固くて軌道修正できずでした。
こちらの鉢の方が先に開花した(1月10日)ので、
追加分とのタイムラグが大きいです。

残りの1鉢は普通に花芽が成長してます。



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/06/03(Tue) 14:42 No.11899
どの株も元気でなによりですが、それにしてもずいぶん長持ちする上に追加のつぼみもこれだけあるとなると、しーさんの管理、環境維持がよほど快適なんですね。
確かにこのまま咲かせるとなると高さのある程度ある台に載せないと床に花がついてしまいそうですね。花軸はある程度固まってしまっているでしょうから、持ち上げるといっても限界がありそうですし、、、やはり飾り台とかスタンドくらいしか私も思い浮かびません。

今花芽が成長中となれば、今年の葉を出す期間を残せるかどうかなのですが、葉の枚数が十分であれば、植え替えの心配も今年はしなくてよさそうですし、しっかり夏〜秋に花を楽しんでも良いように思います。


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/06/03(Tue) 21:00 No.11908
環境はオフィス任せですので、ただ合っているのだと思います。
朝日だけ少し入る良い場所に置いて、直射はあてていません。

なるほど、花の重みでポキッとということはないのですね…
下にまではつかないと思うのですが、よい方法を考えます。
支柱を直す度に下の根を挿し続けてしまい、かわいそうでもあるので。

葉の成長、そうですよね。昨年の夏は葉や根や株が成長しました。
ただ、今開花中の2鉢は、年末に花芽と一緒に新葉を1枚ずつ
出したので、それほどいきいきはしてませんが、
7枚と8枚は一応あります。


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/06/04(Wed) 21:02 No.11928
たしかに、環境が良ければ胡蝶蘭を咲かせるのは難しくはないですね。でも、そんな環境でも、死なせてしまう方は実は多いのですよ。たとえば年末年始の扱いについては私の案では必ずしも成功したとは言えないものでしたが、その「年末年始対策が必要ではないか」という気遣い、「暖房なしでどうなるか?」という想像力がなければ、「出社してみたら凍害でだめにした」という結果になっていた可能性はあったのです。

葉が7枚、8枚のレベルであれば3枚を消耗したとしても4枚以上残りますからまだ安全圏ですができれば9月半ばまでには花軸を切り取ってしまいたいですね。もちろんそれ以前でもOKですが。


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/06/18(Wed) 15:13 No.12951
その後の経過です。

花だくさんの鉢は、1月開花組6つに追加組が8つで14個開花中。
残る蕾は3つです。花の重みを緩和させるために、差した支柱を
折り曲げて、軸の曲がったところを下から押し上げるように
したところ、葉にもぶつからず、良い感じです。
全部咲くか、楽しみです。



Re: 改めてお伺いします - しー 2014/06/18(Wed) 15:49 No.12954
こちらの写真は、先に4つ咲いていた鉢ですが、
ちょうど5ヶ月後の6月10日から一気に花が枯れ始め、
この鉢は軸が別に伸びてましたので
すぐに切り(中央に切り口があります)、
その後追加組が一気に3つ開花しました。
以前の写真の4輪とは別の追加組です。

この鉢も、正常成長の後ろの鉢もそうですが、
軸が下にしなだれてくれず、
窓ガラスを突き破るように前方へ伸びてバランス悪く不恰好です。
光の当て方も調整は効かないですし、
どうしてこんななんでしょう。
長期間頑張ってるので、形まで求めるのは
酷だと、傷だらけの軸を見ると思いますが。

昨年の7月に開花した時は、花持ちは3ヶ月位でしたし、
今回は冬からの余力で頑張ってるので、
9月末までには花軸は落とせるかと思ってます。
葉や根が成長できる時間が少しはほしいです。



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/06/18(Wed) 18:06 No.12963
それにしてもしーさんの胡蝶蘭は元気そのものですね。ほおっておけばいつまでも咲いているのではないかと思えるほど。

花軸が上向きのままのものは。長い支柱の先端を逆Jの形にして元の支柱に添わせる形で追加して、先の柔らかい部分を少しずつ下に誘導するくらいしかないように思います。

光が斜め上からくる一般家庭では向光性の強い個体の花軸の誘導はかなり難しいですね。私も常に同様の問題を抱えていまして、大輪で10輪以上つくような花軸だと置き場に困る事態ですので、上に述べた方法でお茶を濁しております。

中小輪以下は勝手に咲かせればそれなりの形になるのですが。貰い物というか押し付けられた大輪寄せ植えのバラした株が最近増えて場所をとるのでやりくりが大変です。


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/06/18(Wed) 19:05 No.12971
そうですね。
軸が分かれていた株の古い花は急に枯れましたが、元の軸が伸びて
花を追加した株は、先端の蕾や花まで水を運んでいるわけですから、
それらを咲かせる限りは、1月組の花も枯れないんですねえ。

あまりの花の長持ち+増加ぶりに職場の人も驚いてます。
個人的に思うのは、水はやはりあまりあげなくてよいですね。
冬の暖房による乾燥と低温への対処法はつかめてませんが。

前に伸びる意欲がすごくて、週明けは先端がガラスに
激突していました。
これ以上は日の差す方角に向けて後ろに下げられないので、
日差しに対して垂直に置くか、窓辺から離します。

軸は非常に固くて、既にくの字に曲がってますので、
下手に誘導すると下向きのコの字になって胡蝶蘭らしく
なくなりそうですし、花が咲いたら自然に垂れてくれるかも
しれませんが、支柱を使って少し工夫してみます。


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/06/18(Wed) 21:15 No.12980
光が強い場合そんなにぐんぐん伸びようとはしないのですが、一年で一番太陽高度の上がる夏至直前のこの頃は太陽高度が高すぎて、庇にさえぎられて間接光線しか入らないのでむしろ春分の頃より暗くなっていると思います。極端なたとえですが、もやしの原理です。花軸の先端は光線を求めて窓に向かって突進するというわけですね。

Re: 改めてお伺いします - しー 2014/06/26(Thu) 19:07 No.13142
窓ガラスを活用し、窓に軸の先端を下向きに押し付けて無理やり下向きにしました。
週末含めて3日そのままにしておいたところ、先端の柔らかい軸は素直に下を向いてくれました。
よかったよかったと、1日普通に戻したらそこから曲線を描いて上に伸びてしまったため(横向きのS字のように)、再び窓ガラスに押し付けています。
当然蕾もいくつかぶつかっているので、あまりよろしくないでしょうか。。。

花だくさんの鉢は、15個目が開花し蕾はあと2つ。
軸が分かれて出てきた鉢は、11個のつぼみのうち5つ開花中。
唯一正常な鉢は、今年11個蕾をつけて1つ目が開花。ですが、なぜか冬からがんばっている2つに比べて明らかに花が小さいです…



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/06/26(Thu) 21:07 No.13144
ぶつけるとかの打撃だとつぼみが枯死する可能性が高いのですが、ただ単純に遮られただけであれば、あるいはつぼみは無傷で開花できるかもしれませんね。それでも開花するときには遮るものがない状態にもっていかねばなりませんね。

正常な鉢の花が小さいということですが、第1花ですよね。一応の開花状態になってから花弁はさらに伸びて一回り大きくなりますが、それでも小さいのでしょうか?ちょっと様子を見てください。


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/07/02(Wed) 20:15 No.13207
こんばんは。

窓を利用して花軸を押し曲げる技はうまくなりました。
先端の方が柔らかくて蕾も固いので、先端を強めに下向きに押し付けて途中の蕾は直接窓に当たらないようにすれば、急な成長も妨げすにすみます。

1月からの花が落ちてから別軸から蕾が咲いた鉢は7つ開花、蕾はあと4つ。ですが、実は別軸の付け根が私が色々やったせいか、体力の限界か、乾燥して裂けかけて今にも折れそうです…頑張ってくれてはいますが。
6月から正常に咲いた鉢は追い付いてきて3つ開花、蕾はあと8つですが、こちらには脇芽というのでしょうか、蕾が4つついたのが伸びていますが、そのままにしています。
花だくさんの鉢は16個開花中で、もうすぐ最後の蕾が開きます。

正常な鉢の花が小さい件、開花後一週間ほどで大きくなりました。花だくさんの鉢の追加花は特大ですが、別軸に追加花が咲いた鉢は花が小ぶりです。正常な鉢(変な言い方ですね、皆頑張って咲いてるのに) の花はその中間という感じです。

ちなみにいままで気にしませんでしたが、花の裏側は開花後しばらくは淡い紫色です。時間がたつと色はあせますが、これはどんな名前がありますか?


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/07/02(Wed) 22:56 No.13208
とにかく、長命な花たちであることに私もびっくりですよ。管理も適切であることと環境に恵まれたこと、体力のある株であったことなど、条件がそろったことによるのでしょうけね。

ギフト用の白大輪の胡蝶蘭の多くは花の(正確にはがく片の)裏は淡いピンク紫(マゼンタ)色を帯びます。これは過去にマゼンタ花が交配されたことに起因するもので、株自体はマゼンタ色の色素であるアントシアニンを作れるのです。けれども、おそらく受粉のためには白花でなければ花粉を媒介する目当ての昆虫を呼べない、という事情のある血統のほうが強いために開花すると少なくとも正面は純白になる必要があるから、なのだろうと想像しています。
白は夜間にもっとも目立つ色彩ですから、花粉を媒介するのは夜訪れる昆虫である可能性が高いように思います。

ギフト用白花大輪は実は多くは名無しです。ラベルがついていても胡蝶蘭としか書いてないものがほとんどではないでしょうか。
胡蝶蘭は古くからギフト用に量産されてきましたが、昔は胡蝶蘭のクローン培養の技術が確立されておらず、また優良花どうしの交配なら、実生でもはずれが少ないこともあって、素性がわからなくても見目麗しければ交配親にしてしまうという時代があったようです。いまならクローンで優良花が増やせますが、その当時の交配で名無しだけれども花弁が大きくて丸い花が現在ではクローン増殖されてフラスコ苗として生産者に供給されています。そのため白の大輪で血統書(RHS登録交配名)を持っている花は意外に少ないのです。
名のあるラン園では血統書付の白大輪を生産している場合がありますが、価格もそれなりに高価だと思います。
近年増えてきたマゼンタピンクの大輪や白弁赤リップ大輪などの比較的新しい交配種はRHS登録名称付も増えてきているようですが。

白花大輪の胡蝶蘭で交配名がついているものがあったらじっくり観察してみてください。交配名はアルファベット使いで、まず属名のPhalaenopsis(Phal.と略記する場合がある)その後の大文字でスタートするのが交配種名です。その中でも優良な個体には個体名として' 'で括られた名称をもつものもあります。学名の例はミディのピンク花ですがPhalaenopsis Beauty Sheena 'Rin Rin'というぐあい。
原種の場合はイタリック(斜体)で表記し、属名のあとの種小名は小文字スタートです。



Re: 改めてお伺いします - しー 2014/07/03(Thu) 12:40 No.13211
いただいた際の表示がどうだったか忘れてしまいましたし、うちの胡蝶蘭は名無しだったのかもしれませんね。
でも、きれいで元気なのでそれでよいです。

花だくさんが全部開花したので、写真つけます。
あまりかわりばえしませんが写ってない後ろ側も含めて17つです。貫禄を感じます。



Re: 改めてお伺いします - しー 2014/07/03(Thu) 12:58 No.13213
1月からの4つが枯れてから、追加花が別軸から咲いてる小ぶりな花の鉢がです。花のつきかたはきれいでいいのですが、前に伸びているのを修正しきれず、軸は乾燥してとれそうなので、できるだけ触らないようにしてます。。


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/07/03(Thu) 13:03 No.13214
こちらは矯正下向きに成功した、春から花芽を出した正常な鉢です。脇目が花を邪魔してますが、にぎやかな感じに育ってます。

3鉢とも、ないよりは良い程度に考えてる、砕いたプロミックのお陰もきっとありますね。
いつもアドバイスありがとうございます。



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/07/03(Thu) 13:35 No.13215
画像UPありがとうございます。
端正な美しい白大輪ですよね。この花に血統書がないのが不思議なくらいの花容です。
きっと砕いたプロミックの魔法です。


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/07/04(Fri) 18:57 No.13230
こんばんは。

花だくさんの鉢は全て開花したので、これから一気に枯れると思うのですが、最後まで花を楽しんでから軸を切った方がよいですか? もっと早い方が良いでしょうか。

今日、軸を刺激しないように水やりをしていましたら、1月から咲いている2鉢とも、わずかに中央から新葉の気配が見えてます。いつも気づいたら葉が出ていたので、こんなに早く見たのは初めてですが、花が終われば葉の成長期ですが、今は一応休止期(には見えませんが)とはいえ、少しの休みもなく頑張るものなんですね…
時期的に葉の成長時間はあるのであまり急がないでよいでしょうか。

ケチってプロミックしかあげていないのも申し訳なくなってきたのですが、元気なのでよいでしょうか。



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/07/04(Fri) 21:08 No.13234
新葉が見え始めてるのですか?水やりをちょっと増やして、ごく薄めの液肥を(4000倍くらいで)与えて様子を見たいところです。通常花軸が元気でいるうちは、なかなか新葉を出すに至らないものですが、これだけたくさんの花を咲かせているにもかかわらず葉が動き始めるのはよほど元気なんですね、、、、
水やりの量を増やしたり、施肥をするとそれが刺激となって自ら花をやめてしまう(萎れさせる)こともあります。もうずいぶんな期間開花し続けているわけですから、その手もありかな、、、


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/07/08(Tue) 12:32 No.13241
はい、まだ気配程度ですが、葉だとは思います。

あと、花だくさんは今日になって、上から3番目の花が枯れ始めました。多分このあとは一気に枯れると思うのですが、無理に肥料やりをしなくて大丈夫そうです。
軸が今にも取れそうな方は、一気に開花を急いでいるように見えますが、蕾はあと2つです。

さすがに液肥を買って来ようと思います。

こちらは花だくさんの新葉の気配です。



Re: 改めてお伺いします - しー 2014/07/08(Tue) 12:43 No.13242
こちらが軸がもげそうな方の、新葉の気配です。形が少し変ですが。


Re: 改めてお伺いします - hiroshi@小南部 2014/07/08(Tue) 21:38 No.13247
明らかに新葉ですね。成長期に入ったと考えてOKですよ。
二枚目の形が変なのは、新葉の先端がナメクジたダンゴムシに食われたのかもしれません。ナメクジやカタツムリは這後に粘液の乾いたものが残るのでわかりますが、ダンゴムシのほうは跡が残りません。


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/07/09(Wed) 15:18 No.13250
ダンゴムシですか… 家ならありえますが、胡蝶蘭たちは一昨年の9月以降、外気に触れたこともなく、オフィスには蚊一匹いなくて、何の微生物も加わってはいないのですが、ずっと株にいるのでしょうか。
ちなみに葉の形が変な株は全ての葉の先端が裂けていて、もうひとつは丸いので、元の性質も関係あるのかも知れません。
もう少し成長して、花も落ちたら、液肥(6:6:6がよいのでしたでしょうか)を与えて様子をみようと思います。
3鉢がにぎやかなのも終わるので集合写真です。ごちゃごちゃですが、皆のびのびしてます。



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/07/09(Wed) 23:08 No.13252
そうですね。葉の裂けは株の個性である可能性もあります。
仮にダンゴムシがいたとしてもナメクジほどの被害はありませんから忘れていてもよさそうですね。
肥料は洋ランの場合成長期に与えるのですから窒素分が多いもののほうが効率よく感じられるかもしれませんが、窒素過多は軟弱になるのでバランスよい配合の6:6:6がベストです。


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/07/16(Wed) 13:12 No.13276
こんにちは。
花だくさんは、3つ花が枯れましたが、予想に反して残る14個は変わらず元気です。枯れるまでは残そうと思ってます。

添付の、別軸から追加の花が咲いた鉢は、11個全部開花しました。後ろの鉢は、順調に開花してきています。
液肥はまだあげてませんが、今週末に6:6:6の液肥を買って、花を切り落としたタイミングで、4000倍にしてあげるつもりです。



Re: 改めてお伺いします - しー 2014/07/16(Wed) 13:13 No.13277
新葉も2、3センチに成長しています。
やはり形が変ですが、ダンゴ虫か奇形かでしょうか。



Re: 改めてお伺いします - hiroshi@小南部 2014/07/17(Thu) 14:25 No.13279
形が変なのは奇形ではなくて何者かによる食害と思いますが、成長とともに目立たなくなります。食害したものがナメクジであればまだ被害を受ける可能性はありますが、ダンゴムシ、ワラジムシの類であれば、芽出しのほんのわずかの極く柔らかい時期ですので、この程度になると心配はいりません。

Re: 改めてお伺いします - しー 2014/07/17(Thu) 18:41 No.13280
この環境でも、何かがいるということなんですね…
葉は大丈夫そうですが、一度消毒でもしたほうがよいのでしょうか。

以前に軸を切るのは9月までにはという話がありましたが、花がすぐに枯れそうもなく、でも新葉も既に成長し始めているなら、液肥やりを急ぐことなく、それぞれの鉢の花が落ちてからでよいですか?
また、置いているプロミックはできるだけ取り除きますか?

水不足で甘くなるトマトのように、栄養がないせいで貪欲に成長しているということはないですね…


Re: 改めてお伺いします - hiroshi@小南部 2014/07/17(Thu) 21:56 No.13281
むしろ、ごく薄めの3000〜4000倍で施肥してみてはいかがでしょう。葉が伸びているのであれば多少とも窒素分は必要です。バーク植えの場合、ミズゴケ植えの場合と違って肥料分がほとんどないので与えないと窒素不足の惧れがあります。
プロミックのかけらもそのままでOK、手をかけることはないです。
施肥によって葉の伸びが本格化すれば、株自ら花を切り上げるかもしれませんが。


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/07/22(Tue) 11:52 No.13299
お世話になってます。
週末にハイポネックスの原液を買いに行ったところ、6:6:6がなく6:10:5しかありませんでした。以前は確かにあったと思うのですが。また、0.12:0.2:0.1という感じのストレートタイプが主流になっていていくつかありましたが、6:6:6にあたるものはなく、唯一近かったのはプロミックの液体で野菜向け?の6:6:6+マグネシウム?というものでした。
買って来なかったのですが、満開のものは花も落ちず、脇芽についた蕾も開花して新葉も4センチ程に成長していたので、まだ大丈夫かと思いますが、やはりおすすめの6:6:6がよいですか?そうであれば、他から入手しようと思います。


Re: 改めてお伺いします - hiroshi@小南部 2014/07/25(Fri) 17:49 No.13308
6:10:5のようにリン酸分を突出させた肥料は地生の草花用です。基本的に胡蝶蘭は葉の成長期に施肥するものなので、突出したリン酸は不要で、三要素がバランスよく配合されたものがベターです。
野菜向けがバランスが良いのでそれでもかまいません。
マグネシウムは葉緑素に不可欠のミネラルなので入っていても邪魔になることはありません。もちろん洋ラン用6:6:6にも微量要素として配合されています。マグネシウム成分の銘記があるのはバーク植えの元肥に使われるマグアンプくらいのものですが。
ストレートタイプは根が弱い着生蘭には向いてないと私は思います。


Re: 改めてお伺いします ... - しー 2014/07/28(Mon) 10:55 No.13329
ストレートタイプは良くないと、いつもおっしゃっているのを拝見してましたが、正しい比率のものを最終的に同じ濃度であげれば同じことだと考えてました。
都内の店では見つけられず、近くに大型ホームセンターもないのでネット注文にします。
ハイポネックスのハイグレードタイプに野菜・ハーブ用と洋らん用があり(いずれも6:6:6)、野菜・ハーブ用は美味しさのためにアミノ酸が入っているようです。今は他に花もないですが、野菜を育てることは無さそうなので、洋らん用を購入すれば良いですね。
1月末から咲いていた6輪は先週枯れましたが、追加組は造花のごとくの状態で、花の数が多いため今の方が盛りのようです。
葉の成長に施肥が必要と分かってますが、施肥で萎えさせるのが忍びなく、ノロノロしてます。


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/07/28(Mon) 22:01 No.13335
洋ラン用は三要素のバランスが良いので、洋ラン以外にもほとんどの植物に使って差し支えない、使いやすい肥料ですよ。私は観葉植物にも使っています。

Re: 改めてお伺いします - しー 2014/07/29(Tue) 12:29 No.13338
ありがとうございます。
洋らん用を注文しました、10日以内には入手できそうです。
添付は、4月に別軸が伸びた鉢です。軸は折れそうでも頑張っていて、葉は5センチくらいに成長しました。



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/07/29(Tue) 22:05 No.13343
巨大輪ですね、、、見事な花です。
お世話も適切なのでしょうけれど、株たちも強健な個体なのだろうと思います。長いこと付き合えると思いますよ。


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/08/04(Mon) 19:34 No.13374
こんばんは。
6月末から咲き出した正常な鉢の蕾が全部開きました。正常と言っても、脇芽に咲いた5個を加えて16個重なりあってるので、正常とも言えませんが。一番下の葉が黄色くしわしわになって、確実に落ちそうです。
こちらは、このままいくと花は9月まで持ちそうですが、花が終わってからの施肥でよいですか?



Re: 改めてお伺いします - しー 2014/08/04(Mon) 19:43 No.13376
前回、大輪だと誉めていただいた写真ですが、すみません、写真の取り方がいけないようで、大きく見えますが追加分ですし、一番小ぶりです。
こちらの方が、花のつきかたはヒドイですが、かなり大きいです。
どちらも暑さにも負けず、花に変化なく、新葉は10センチ位になりました。
液肥がまだないこともあり施肥はまだですが、花が枯れないですね…



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/08/05(Tue) 09:33 No.13378
下葉が黄変して枯れこむのは寿命ですからやむをえません。
株の消耗が心配である場合は、花を切り花にして花軸を切り取ってしまうと良いのですが、葉の枚数が多い時は、健全な葉が6枚以上ある場合は心配しなくてもよいのですが、4枚以下の場合は早めに花軸を切りとって、成長モードへの切り替えを促した方がよいですね。
開花中でも葉が伸びている個体については葉に合わせて施肥してください。窒素肥料の供給〜葉の成長促進〜によって花を終わらせる個体は多いので、施肥とともに花が萎れ始める場合が多いです。


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/08/05(Tue) 21:08 No.13386
アドバイスいつもありがとうございます。
新葉の出ていない鉢は、最初から葉が変で正常な葉は片側2枚、逆側に3枚で、3枚の方にキズだらけのハーフサイズと、その3分の1程度のが1枚ずつです。2枚側にプラスもうすぐ枯れそうなのがあるので、元気なのは5枚+小さい2枚。辛うじて合格でしょうか。もう少し花を楽しんでみます。
新葉の鉢は、ひとつは7枚に新葉、もうひとつは8枚に新葉なので、葉の数的には大丈夫ですが、肥料が届いたら4000倍であげることにします。


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/08/11(Mon) 23:07 No.13420
こんばんは。
肥料が手に入り、金曜に新葉のある2鉢に4000倍にしてあげました。かなり僅かな濃度ですね。週が明けても今のところ花に変化ありません。本来の2000倍で施肥する時期の目安はいつくらいでしょう。
根はかなり上に生えてきますね、花軸も結構上から出ていると改めて気づきました。

新葉のない鉢は、週末を過ぎたら、枯れかけていた下の葉が、栄養分を全て使い果たしてぺらぺらになりました、あと少しで取れます。



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/08/12(Tue) 10:51 No.13421
たしかに仰せのごとく株はかなりせりあがってきてますね。
胡蝶蘭はバルブを作らない単茎性ですので、葉を養分貯蔵庫としても兼用しているのですが、葉が古くなり光合成能力が亜ちてきたものから貯蔵用分をすべて回収して花は新根、新葉に回すので正常な株の枯葉は薄く小さくしぼんで抜けがらだけになってから離層で切り離しとなります。
病気の葉の場合は養分の回収どころではないので早々に離層が働きますが。


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/08/19(Tue) 20:59 No.13484
こんばんは、いつもお世話になってます。
8日以来、新葉の鉢には4000倍の液肥をあげてます。
あげて直ぐに、小ぶりで花の並びが綺麗だった鉢の全ての花が
少し萎れ始めました。
肥料のせいだと思ったのですが、もう一鉢はいまだに元気です。
とにかく昨日は写真のようになったので、根本から切り、久しぶりに小さな鉢になりました。
軸が分岐して伸び、追加の蕾がたくさんついたために
裂けて取れそうだった付け根がかなり乾燥し、切った際にはほろりと取れるたほどだったので、水分等も行き届かなかったからかと考えてます。

これで、この鉢は2000倍で施肥してよいかと思うのですが、まだ
花がシャッキリしている鉢も、新葉なく花が咲いてる鉢も、
同じく施肥したほうがよいですね?



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/08/20(Wed) 11:52 No.13488
施肥で萎れ始めることは多いのですが、これだけ一斉に萎れる姿は初めて拝見しました。4000倍程度ではびくともしない場合もままあるのですが、個体差、感受性の差とともにやはり花軸の付け根の状態に因るところが大きかったのでしょうね。
肥料はいきなり倍の濃度にするのではなく次の施肥は3000倍程度とし、異常ないか確認しながら2000倍まで濃くしたほうが良いでしょう。
花を終わらせても成長モードに切り替えたければ薄め4000倍で一度施肥してみると良いでしょう。花を咲かせ続けたければ施肥は控えた方が良いのですが。


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/08/20(Wed) 16:38 No.13492
そうなんですね。私も付け根が限界だった気はします。
もう一鉢は3回施肥しても、まさにびくともしてません。
ですので、この鉢は4000倍ならあげ続けても大丈夫そうです。
徐々に濃度をあげるのですね。

新葉のない、正常開花の鉢は施肥なしで元気ですが、以前のアドバイスで花軸を切るリミットは9月でしたから、8月末には全ての鉢に4000→3000倍で施肥(水やり)しようと思います。

今の時期は水を多めにあげるようですが、水やりはずっと一週間に一度で、バークなので少ししか吸収しませんが、とりあえずは元気なのでこのままやってみます。

写真は今の3鉢、左が普通の鉢、右奥がびくともしない鉢、手前げが小さくなった鉢です。新葉は育ってます。



Re: 改めてお伺いします - しー 2014/09/01(Mon) 12:35 No.13585



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/09/01(Mon) 14:17 No.13586
新葉の伸長中の鉢は液肥を与え続けるで良いわけですが、開花中で新葉のない鉢の場合、根にも注意してみてください。根が伸長集であれば液肥を4000倍程度で与えてみる手はあると思います。根が伸長中の場合で花軸をカットできれば問題なく4000倍液肥を与えて構いません。
根も伸長していない場合は液肥を与えるのは考え物です。その場合は、まず花軸をカットしてその後少なくとも10日できれば2週間おいてから与え始めるとよいと思います。


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/09/03(Wed) 11:39 No.13590
ありがとうございます。新葉のある鉢については安心しました。
新葉のない鉢ですが、多分根は伸長していないと思います。
冬に古くて汚れた根を少しずつ切り、そこにくっついたような感じに多分夏前に伸びた部分はあります。ただ、新葉のある鉢のように、根の先2センチ位が透き通った緑色で先端が少し赤くて、鉛筆の先のように細くなってはいません。
白緑で勢いのないぽそんとした感じです。この鉢は元から根が少なく株も細めで葉も奇形だったり小さいのですが、花だけは唯一正常時期に咲き、株分け後2回咲いてます。
ということで、成長期ではないので花を切ってからの施肥が良さそうですね?今月下旬からの施肥になるので、今週末にも花軸を切ろうと思います。


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/09/04(Thu) 18:57 No.13597
葉も根も伸長のない株はやはり花軸切除が手順だと思います。そうしないと成長モードへの切り替えができないのでしょう。
成長休止しているときに施肥するのは根を疲れさせるだけで良いことはありません。


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/09/18(Thu) 10:28 No.13699
こんにちは。

9月8日に新葉のない鉢の花軸を切りました。
鉢には変化なく、今週末から液肥をあげてみます。
胡蝶蘭は切り花も長持ちするんですね。

新葉があって花も残っている鉢は、相変わらずです。太い根も生えて、葉(立ってるのが新葉)も大きくなったので、花も残してますが…
他の2鉢の根はあまり成長してませんが、元気そうです。



Re: 改めてお伺いします - しー 2014/09/18(Thu) 10:30 No.13700
切り花はペットボトルに上手く収まりました。


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/09/21(Sun) 22:19 No.13724
施肥をしてみて新葉の反応があると良いのですが、、、ちょっと夏の暑さの割には涼しくなるのが早い気がするので気がかりです。

Re: 改めてお伺いします - しー 2014/09/24(Wed) 10:34 No.13736
いつもお世話になってます。

多くの胡蝶蘭が外で育てられていますが、ここは窓も開かないオフィスなので、朝晩の涼しさがどのくらい響いてるかはわからないですが、日中は夏からずっと23〜25℃位です。

それで、先週末に1鉢は気づいていたのですが、出張と祝日を挟んで今日見たら、3鉢とも新葉の気配があります。
花を残している鉢も先日花が枯れた鉢も2つめの葉で、新葉の出ていなかった正常サイクルの鉢にも出てきました。こちらには元気な根も下から出てきつつあります。
新葉のなかった鉢にはまだ一度しかあげてませんが、肥料の効果なんですね。今はどの鉢にも3000倍であげてます。

なかなかほっとする時間がないですが、10月までは液肥をあげながら様子を見たいと思います。


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/09/24(Wed) 11:04 No.13738
そうですね。新葉は少なくとも1枚、できれば3枚くらいはほしいですから、オフィスであることを良いことにもう少し期間成長期をつづけられるようにしたいですね。

Re: 改めてお伺いします - しー 2014/09/25(Thu) 10:15 No.13747
一年に3枚も新葉が出ることもあるんですね。

質問なのですが、今は問題なく3000倍の液肥をあげてますが、2000倍にした方がよいですか?
あと、葉も根も成長してるからと残している花軸ですが、新しい葉のためには、さすがに切るべきでしょうか?


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/09/26(Fri) 09:15 No.13755
一年に3枚はかなり勢いのある株で成長時期のスタートが早い場合ですね。一般家庭の手抜き栽培では2枚が普通でしょう。

問題なく育っているときに管理方法は変えないほうが良いですのでそのまま3000倍を継続のほうが良いと思います。
花軸は切り取った方が葉と根の成長は良くなると思います。


Re: 改めてお伺いします - しー 2014/11/17(Mon) 21:45 No.14104
大変ご無沙汰しています。
3鉢は元気で、右の鉢は、葉がまた奇形か虫に食われた感じで出てきましたが、成長するとあまり気にならなくなりました。上の鉢の新葉は大きくて20センチ、下の鉢は一番小さくて12センチ位です。



Re: 改めてお伺いします - しー 2014/11/17(Mon) 22:14 No.14106
液肥のおかげか鉛筆ほどの太さで30センチくらいの根も出てきました。
室温は日中20〜23℃くらい、朝晩は窓辺なので15℃くらいまで下がってるかもしれません。3000倍の液肥を週1、11月からは10日に1度あげてます。
肥料はそろそろ止め時でしょうか。今年は蕾の心配をしなくて良いので安心ですが、まだ小さい葉もあるので、水加減も迷います。



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2014/11/18(Tue) 14:02 No.14112
相変わらず株は元気そうですね。安心してみていられます。
たしかに時期的に微妙ですが、伸びている葉もあるのでもうちょい施肥を続けても良いと思います。葉が伸びているうちは成長中ですから、、、とはいっても最低気温が15度を割るくらいになるとそんなに成長できるものではありませんので、施肥も控えたほうが良いのも事実ですから、温度環境に注意しながら個別に株と相談しながらきめてください。


ご無沙汰しています - しー 2015/01/30(Fri) 20:35 No.15243
大変ご無沙汰してしまっております。
3鉢は相変わらず元気で、9連休も問題なく年を越しました。成長が遅かった新葉も1月にはすっかり完成し、花芽も蕾もないので管理も気楽です。
液肥は、暖かかったこともあって12月頭まであげていましたが、その後は水だけを10日に1度ほど、日中窓際で22度くらい、夜間は部屋の中央に置いてます。

自分の書き込みを見てみると、昨年は春から水を10日に1度にしたようで、冬はもっと水を控えていたのかもしれませんが、水分過多でもなく、葉もしわしわしてないので、特に問題はなさそうです。水や液肥効果なのか、いまだに成長期のような先端がとがって瑞々しい元気な根がいくつか出ています。

読み返してみると、前回の花の時期は、2鉢が一昨年の12月に蕾がついて1月から9月まで開花し、もう1鉢は4月に花芽が出て、一緒に秋まで開花していたのですが、次に花芽が出てくる時期というのは、いつぐらいと想定できるものでしょうか?
また、かなり株が高くなって傾いていますが、株分けしたのが2013年の春なので、今年はこのままでよいでしょうか?


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2015/01/30(Fri) 22:00 No.15245
しーさんの栽培環境のためなのか、あるいはお手持ちの株の個性なのかもわかりませんが、花期がすごく長かったり、花時に関係なく葉が伸びたりするので、私はいまだにそれらの成長開花のリズムがピンとこないのです。つまりいつ成長期なのか、いつ休眠するのかわからないので、つぎにいつ花芽ができるかについてもちょっと予測をつけることができません。

原則論としてはこういうことなのですが、、、

花芽は通常一枚の葉の付け根にできる芽が成熟してできるものですから、新たな葉が一枚できれば新たな花芽ができる可能性があります。多くの場合成長期に葉を2枚から3枚増やしますからアマビリス系の場合のように乾期になると花芽を成長させる系統では増えた葉の数だけの花芽ができる可能性があるのです。
けれども通常はその一つくらいは潜芽としてとって起き、万一成長点喪失があった場合には脇芽として成長点回復用に備えておくものです。

とまあ、原則はこうなんですが、、、先にも述べましたようにちょっとわからないです。

仰せのように株はかなり高くなっていますがこの程度ならあと1シーズンは大丈夫だろうと思います。


Re: 改めてお伺いします - しー 2015/02/15(Sun) 14:36 No.15376
ひろし様、いつもありがとうございます。
元気であることは確かだけど、ちょっと個性的過ぎる株なのですね。普通の贈答用の鉢ですから、成長がヘンなのは環境のせいだろうと思っています。
添付は先週の鉢で、見た目変わりはなく、芽も出てません。
根っこが大量ですが元気なので、古い根をいつ切ろうかと考えてます。施肥は、花芽がなければ、時期的には暖かくなったらしてよいのでしょうか。



Re: 改めてお伺いします - 8月の子 2015/02/15(Sun) 23:16 No.15383
引き上げます。

私は、個人的に観賞するのであれば、根の整理は必要ないと思います。

私が育てている物は、もっと鉢から根が出ていますよ。

肥料は、気温が15℃以上を保てるようになったら、私は、与えています。

ひろしさん、どうでしょうか?


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2015/02/16(Mon) 09:04 No.15384
8月の子さん。いつもご協力ありがとうございます。

私も根の整理は必要ないというか、根が死んでしまうまではしないほうが良いと思います。胡蝶蘭は樹上着生ですから、多くの根が空気にさらされているのが自然です。添付画像で判断する限り、根の「暴れ方」は8月の子さん指摘のごとくかなり「おとなしい」ほうです。元気な年を経た株は根がかなり暴れるものです。

市販の胡蝶蘭はみな若い株ですね。だから節間がつまり、丈も低く、根の露出も少ない状態で、生産者の管理技術でたくさんの花をつけさせて販売されるのですがその後はそれと同じ状態を維持することは実際上できないことです。
例えるなら、人間でいえば18歳の体型を30歳になっても40歳になっても維持できるかどうか、ということです。

施肥は私の基準では葉の成長が見え始めた時からです。最低気温は15度以上が目安ではありますが。耐冷性も個体差がありますから多少それより低い場合でも成長を始めたら、ということです。これには異論もあって、成長できる温度環境になったら成長が始まった確認ができなくても薄目で施肥を始めるという考え方があります。そうすると葉の成長を促進することができるというわけです。葉の成長が確認できてからのほうが安全ではあるのですが、成長期間が短くなる短所があるかもしれないとは思います。


Re: 改めてお伺いします - しー 2015/02/16(Mon) 20:20 No.15387
8月の子様、ひろし様、ありがとうございます。
太くて生きて自立してる根はそのままにしますが、鉢を動かす度に鉢の底で踏んでしまい、バキバキに折れている(芯だけつながっている)根が、今年もかなりあります。昨年ほどしおれてないので、枯れきってる感じはないのですが、これらは出来たら切りたいとは思うのですが。
根と言えば、白い鉢の底は穴が大きく、底から出た根が逆側に入る形で底面にくっつく形で出ていますが、最近、両方とも出ている部分が黒くなり腐った感じで柔らかくなっています。皿にたまった水に当たることがあるせいかもしれませんが、まん中部分だけで両脇は正常です。特に切らずに放置して大丈夫でしょうか。

写真の右奥の 鉢から、新葉が見え始めました。いつも奇形の葉が出る鉢ですが、10枚目の葉です。残る2鉢は10枚と6(+小さい葉が2)ですが、変化はありません。最低気温は15度くらいかと思うので、3月に入ったら様子を見て施肥してみたいと思います。



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2015/02/17(Tue) 10:05 No.15390
胡蝶蘭の根はいわゆる根の活動をする維管束(導管篩管)とその保護層(皮層)の二重構造になっていて根の機能の根幹である水分を吸い上げる作用はほとんどただの構造物である(生きてはいない)導管が行っています。ですから保護層が切れていてもその先が生きているなら根は機能しているということをご理解ください。導管は多糖体であるセルローズでできたパイプで、木材と同じ構造物です。セルローズのパイプは生きていはいないので保護層がなくなってもセルルローズを分解する菌が繁茂し始めるまでは機能します。セルローズを分解できる菌は、森林生のものがほとんどでランの周囲にはあまり多くなく、実は意外な期間根として機能しています。ですので見た目が悪くても働いている状態ですから、死んだものとしては扱わないことです。
実際胡蝶蘭の根を観察すると生きた根の中間部分の保護層が腐っていてもその先の根の先端が成長中という場合すらありますね。腐った部分だけ除去すればよいのですが、、、
それでも保護層が無い分、フザリウム(セルローズでできた導管に菌糸を広げる)などの病気感染のリスクは高まりますから、除去した方が良いという考え方もあります。
この相談コーナーを受け持ってみてフザリウム症の多いことに驚きました。40年に及ぶ栽培歴でカトレヤ類で一例経験しただけの稀な病気だというのが私的な経験なんですが、寄せ植え胡蝶蘭にはかかりやすい病気なんですね。フザリウム症予防のためには露出した芯だけの根は取り去ったほうが良いわけですが寄せ植えから脱して時間を経過したものは心配しなくて良いのだろうと考えています。


Re: 改めてお伺いします - しー 2015/04/02(Thu) 19:14 No.15597
いつも丁寧なアドバイスをありがとうございます。
底の根の一部が黒くぶよぶよしていたのは、それが増殖していく様子もなくとどまっているので、受け皿に水がたまらないようには注意をしてそのままにしています。特に変わりはなく元気そうです。
新葉の成長は遅く、やっと5センチほどですが、茶色の鉢からも新葉の気配が見えてきました。
花芽は出てませんので、心配は少ないです。最低気温も安定してきたので、3月は結局あげなかった液肥をそろそろあげようと思います。
古い根っこは、人目につくところにあることもあって、社内の者は美しくないと考える面もありますが、茶色く枯れ果てて新たな根が1度も出ていない部分以外は、今年の冬はあまり根がやせ細らなかったので、このままにしておくことにします。


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2015/04/02(Thu) 20:37 No.15598
その後も経過は順調のようですね。

ふだん温帯地生植物に囲まれていますから「根が露出しているのは、不自然だ」したがって「美的でない」という感覚があるのは仕方がないのですが、着生蘭は生態が異なるので「根が露出しているのは自然なこと」であるという理解をいただきたいものですね。
ギフト鉢づくりにおいても根はかくしてしまいますから、、、腐らなくても良い根まで無理に化粧鉢に押し込まれて腐ってしまったり、、、胡蝶蘭に限らず着生蘭の栽培家が増えれば、そのような認識も徐々に普及していくのではないか、なんて思うのですが。


Re: 改めてお伺いします - しー 2015/04/28(Tue) 18:37 No.15735
いつもお世話になっております。

根については、半分枯れてい見た目もよくないということに加えて、少々不気味という感覚のようです…
中がスカスカで枯れきっている部分の根については、中心の線のような部分はそのままにして、周囲は手でほぐして取り除くようにしました。

3鉢のうち2鉢から花芽が出てきました。1つは花芽が曲がっているのできちんと伸びるのかまだわかりません。
昨年は、一昨年末の花芽対応から、結局夏過ぎまで花に振り回されていたので、しばらくは安心でしたが、今年は夏前に開花するようです。
液肥4000倍は4月から3回程度あげただけですが、2鉢は新葉も成長中なので施肥はつづけてよいでしょうか。花芽が葉芽に化けるという内容を時々見ますし、施肥してから花芽がついたのは初めてなので、念のためお伺いしたいと思います。


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2015/04/30(Thu) 08:47 No.15737
胡蝶蘭の根はある程度の割合で空中にはみ出るものです。枯れてすかすかになったも部分はこまめに切除するとしても、全く空中に出ないという状態はほとんどないですから、、、
個人の感じ方というのは説得でどうかなるものでもないですが、慣れが解決してくれることを祈ります。

スカスカになった部分の先にまだ生きた保護層があればべつですが、その先に生きた部分が無ければ切除で構いませんよ。

葉が成長中であれば施肥してOKですが、薄目を心掛けてください。4000倍であれば花芽にたいしてもなんの問題もないでしょう。


Re: 改めてお伺いします - しー 2015/05/02(Sat) 12:29 No.15744
ありがとうございます。施肥はこのまま続けるようにします。

中心の線のような部分だけ残して周りを取り除いた2本の古い根、写ってますが、生きてる部分はないので切ります。また、中央の茶色い部分の根はずっと枯れたままですので、こちらも切ってみます。

花芽は、最初輪になって先端が中に隠れた形で出てきましたが、無事に伸びてきました。あと、写真ではとても見にくいのですが、前回の花軸を切り落としたすぐ上の節の中央を割ってもう1つ芽のようなものが出てきました。形と場所的に根ではない気がしますが、もし花軸なら2本ということもあるのですね。



Re: 改めてお伺いします - しー 2015/05/02(Sat) 14:17 No.15745
ありがとうございます。施肥はこのまま続けるようにします。

古い中心の線だけ残して周りを取り除いた部分、写ってますが、生きてる部分はないので切ります。また、中央の茶色い部分はずっと枯れてますので、こちらも切ってみます。

花芽は、最初輪になって先端が中に隠れた形で出てきましたが、無事に伸びてきました。あと、見にくいのですが、前回の花軸を切り落としたすぐ上の節の中央を割ってもう1つ芽のようなものが出てきました。形と場所的に根ではない気がしますが、もし花軸なら2本ということもあるのですね。



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2015/05/02(Sat) 22:23 No.15746
そうですね、生きた部分が無い場合は切り落としてOKです。
中央を割ったというものが添付の赤丸内のもののことであればこれは花芽ではないと思います。胡蝶蘭の潜芽(花芽または脇芽になれる芽)は両側に出る葉の中心脈の付け根にありますから葉の中脈の直下からでるのが普通で、私はいまだかつて例外をみたことはありません。
根であれば潜芽とは違いどの方位からでも出ますからこれは根ではないでしょうか?通常の根の出始めのような根冠/成長点のような光沢がないのであれば出掛けて止まったものかもしれません。


Re: 改めてお伺いします - しー 2015/05/15(Fri) 13:11 No.15790
お世話になっています。

おっしゃるように、根でした…
ここにお世話になって2年ほどですが、教えていただいた多くの知識のおかげで、以前に比べて当たり前のように判断できることは増えているのですが、忘れてしまっていることもあって、すみません。
初めて花芽が出た時に、葉の中脈の直下から出るということを伺い、それでまずは判断したのを思い出しました。
2鉢はそれぞれ1本の花芽が順調に伸びています。また、勘違いした根以外にも、かなり高い位置から根があちこち出始めました。3年目になる来年の春には植替えをした方がよいのかもしれないですね。

胡蝶蘭とは関係ないのですが、オフィスにアジサイの鉢が1つあり、活性剤やプロミックスをあげても葉が出ては全て枯れるを繰り返し花も全く咲かない状態が1年半も続いていましたが、胡蝶蘭用ハイポネックス入りの水をついでにあげ出したところ、葉が枯れず成長し蕾まで付きました。
胡蝶蘭自体は水だけでも花が咲きましたが、やはり肥料の力は大きいのですね。


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2015/05/15(Fri) 22:05 No.15791
あれ、いま見直してみたら、申し訳ありません、赤○をつけた画像を添付していたつもりだったのに、添付を忘れていたようで、、、まあ、でも趣旨はご理解いただけたようですのでほっとしました。
胡蝶蘭はだんだん上に伸びて安定が悪くなるので時期が来たら植え替えで引き戻してやる必要がありますね。来春か再来年どもいいかもしれませんが、今年の葉の増え具合で判断なさるとよいでしょうね。

活性剤というアンプルを挿しておくタイプは、私見ですが。あまり役に立つことはないと思っています。微量要素やミネラルは植え替えなしだとだんだん不足していくわけですが、通常の園芸用土では根詰まりするくらいにならないと不足しません。根詰まりしたら植え替えますからね。根詰まりしても植え替えタイミングでないときの補助くらいにはなるでしょうけれど。

実は私の経験でもプロミックであまり効かない肥料だなと感じたことはあります。遅効性のものを鉢植えの基肥にするのであればおそらく役には立つのだろうと思いますが、追い肥として使うにはちょっとかったるいと思いました。その点薄めて与える液肥は、即効性ですので、肥料を与えるタイミングが重要な洋ランにはMUSTですが、鉢植えの花ものにもはっきり効果が現れます。
ことにアジサイのように新葉を伸ばしてその先端に花芽がつくタイプはリン酸が突出した「花もの用」より窒素とリン酸のバランスが良いものを薄めで回数多く与えたほうが確実に効果があります。葉の脇芽として花芽がつくシクラメンや枝の成長点の先につくマーガレットなどもそうですね。
これらの鉢物に意外に使いやすいのがハイポネックスの微粉6.5:6:19で水やり2回に一回の割で2000倍程度の薄さで与えると花が切れません。ただこれなぜかカリが突出して多いので室内に置く(光線不足気味の)観葉植物には非常に良い液肥なんですがセントポーリアに使うと葉がごわごわに固くもろくなるので使わないほうが良い、というしろものです。
6:6:6の洋ラン用は何に使っても問題が出ることはないのでどれか一つというときには洋ラン用ですね。


Re: 改めてお伺いします - しー 2015/05/16(Sat) 12:55 No.15792
お世話になってます。
差すタイプの活性剤はお安く売られているので、私もあまり効果がないだろうと勝手に考えています。
活性剤とはメネデールのことで、園芸店で強く推されたのと、実際にこのおかげで植え替え後の胡蝶蘭が元気に育ったので、信頼してます。
固形のプロミックは、無いよりましのアドバイスで砕い乗せてましたが、液肥をケチった2年目までこれだけで綺麗に開花しましたから、この魔法も結構信じてるんです(^^)

ですが、頂き物のアジサイは、お世話担当の後輩が水やりを忘れたり週末を越すだけで、度々干からびるという少々可哀想な目にも合わせていましたし、家族はアジサイは丈夫でいくらでも花は咲くなどど言うので、メネデールもプロミックも効果ないのは、元々あまり強い株ではないか弱りきってしまったかと考えていました。

洋らん用の液肥の方が、他の鉢植えの花にも効果が高いとは素人は考えないです。ランを育てていなければ、無難に花用を選ぶと思います。しかも何に使っても支障がないというのも良いですね、また1つ勉強になりました。ありがとうございます。


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2015/05/16(Sat) 22:36 No.15793
メネデールならはっきり効果がありますね。
二価鉄イオンが成分で代謝を回復させます。植え替え時に使うと効果的ですが、生育が順調な時に使ってもその場合は効果が見えないですけどね。

プロミックでも効果があったのはなるほど言われてみれば、すごい数の花と開花期間でしたね。
ミズゴケと違ってまったく肥料っ気のないバークの場合、マグアンプを混ぜるのは行われていますがプロミックを砕いて入れてみようと考えたことはありませんでしたが、、、バーク植えの株が5株あるので今度試してみます。

メネデールは高価なのが唯一の欠点と思います。鉄瓶で湯沸しして、湯冷ましを作れば、多少の鉄イオンは溶出しているはずなので、鉄瓶湯冷ましに空気を巻き込むスプレーで与えれば似たような効果は期待できるはずですが。南部人ですので鉄瓶は家にあるのですが、でも面倒なので植え替え時にはやはりメネデールを使います。ミズゴケを少量のメネデール液でスプレーで湿らせながら適度にミズゴケが戻った状態で絞らずに植えつけます。


Re: 改めてお伺いします - しー 2015/05/24(Sun) 20:13 No.15854
アジサイは小さな花を咲かせ始めました。ピーチ姫という名前と鮮やかなピンクだった花は、ブルーに変化しましたが。

そんなことを言っている間に、肝心の胡蝶蘭の新芽を可哀想な目に合わせてしまいました。これまでの感覚で支柱を使って伸びる方向をコントロールしたところ、節のすぐ上の柔らかい所をくくったのが無茶だったようで、折れてしまいました…
無事な方の鉢は、節からもう1つ芽が出て伸びそうですが、折れた方はそれもないので、このまま今年は終わってしまうでしょうか…
一番わさわさした鉢だったのですが、適当な慣れはいけないですね…


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2015/05/24(Sun) 20:33 No.15855
花芽を折る経験は、胡蝶蘭を栽培していて、経験してない方は素人か初心者ですよ。慣れてきたころ経験するのです。私だって2度や3度ではありません。
でも、胡蝶蘭の場合、普通は、輪数は少なくなりますが節から脇芽がでて開花する場合が多いです。

花芽折損で一番悔しかったのはシンビでした。丸くふっくらとした花芽が3つ上がってきて、苦手だったシンビもなんとか恰好がつくようになったとほくそえみながら支柱立てしていた時に、折っちゃったんです。2本の花軸でもまあ飾り映えは十分だったですがこれが3本だったらもっと豪華だったのに、、、もっと悔しいのはちゃんとリードが三つあるのにそれ以来2つしか花芽が上がらないのですから、恨まれてるのかな?なんて。


Re: 改めてお伺いします - しー 2015/05/27(Wed) 21:57 No.15881
お言葉ありがとうございます…
私はまさに素人で初心者だった訳ですが、出来れば経験したくはなかったですね。最初の年の、手荒い扱いにもびくともしなかったので、気遣いに欠けてきていたかもしれないです。
折れた花芽は皮1枚でつながっており、しのびなくて残してますが、復活するはずもなくしおれたワラビのようになってきたので、取り除いて様子をみたいと思います。


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2015/05/28(Thu) 22:11 No.15892
しーさんはもう少なくとも初心者ではないですよ。
脇花芽を期待しましょう。


Re: 改めてお伺いします - しー 2015/06/10(Wed) 07:44 No.15920
ひろし様、いつもありがとうございます。
可哀想なことをしたと反省していたら、胡蝶蘭は蓄えの出口をさっさと作り、脇花芽らしいものが伸びてきました!
ちゃんと伸びて咲けるのか微妙な形状ですが、見守りたいと思います。



Re: 改めてお伺いします - しー 2015/06/10(Wed) 07:54 No.15921
そして順調なもう一鉢ですが、今回は脇花芽?があり、さらに、前も別の鉢がそうでしたが新葉が出始めてしまいました…
液肥は4000倍なら支障ないということでしたから、このまま週に一度の液肥入り水やりを続ければよいでしょうか?



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2015/06/10(Wed) 09:16 No.15922
しーさんのお手持ちの株はどれも驚くほどの強健ですね。
花芽をつくりつつ成長もしようというのですから尋常な強さではないです。環境も胡蝶蘭には良いようですし管理するしーさんにも天賦のものがありはしないかと思えるくらい。

葉が成長中には花軸が成長中でも極薄目の液肥ならOKですから仰せのごとくになさってください。


Re: 改めてお伺いします - しー 2015/06/10(Wed) 20:44 No.15923
ひろし@小南部様、いつも励ましていただきありがとうございます。
やはり元が強い株だというのが一番ですが、室内ということと水をあげ過ぎないことでマイナス要素は減っていると思います。
葉が成長しきれば、蕾や花が咲いている間は液肥もストップした方がよいのでしたよね。
折れた茎から伸びている花芽が、本当に成長して花が咲くのか若干の不安と興味をもって観察していきます。
また、ご報告いたします。


花が咲きました - しー 2015/07/01(Wed) 19:17 No.16011
いつもお世話になっております。
蕾のついている鉢の最初の花が昨日朝咲きました。軸には他に10個の蕾、分かれた軸にも5つほど蕾があります。
そして私が無情にも折った花芽から伸びた芽も、付け根は微妙ですが(接続部分が少なくて重みに耐えられなさそうな)元気に伸びています。そしてこの鉢も新葉が出てきました。
今は花芽がなく、いつも花期がずれるもう1鉢も新葉だけ出てきました。葉が成長する時期なのですね。
4000倍の液肥を1週間に1回程度あげており、ちょっと水が足りなさそうな感じもしますが、とりあえずは花も葉も問題なさそうです。


花が咲きました - しー 2015/07/01(Wed) 19:28 No.16012
昨日の写真です。
奥が芽を折ってしまった鉢、小さな新葉が見えますでしょうか。こちらは自力で花軸が下降してくれていますが、軸はコの字になりそうなイビツさです。
手前の鉢の花軸の誘導はいつものとおり適当ですか、どうしても前方上部を向くので、窓ガラスに当てて強制的に下を向かせてます。



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2015/07/03(Fri) 21:27 No.16023
順調に新葉が動き出したのですね。花軸が折れたのも新葉の展開を促進した可能性があります。ということは折れた花軸の脇芽の花はちょっと手抜きになりますね。、株の意志を尊重するなら早めに切り花にして新葉の成長に集中させた方が良いのかも、、、

まあ、順調なときは株任せでも一向に構わないので、株の好きにさせといても問題は無いと思いますが。


Re: 改めてお伺いします - しー 2015/10/10(Sat) 17:11 No.16469
いつも大変お世話になっております。
ご無沙汰しておりますが、7月に最初のつぼみが開花した鉢は、軸が2つに分かれてあわせて16個の花が咲きましたが、9月下旬から徐々に枯れ出し、先週末には軸を切って残った花を花瓶に挿しています。
3ヶ月弱は持ちましたが短かった気がして、昨年の書き込みを見てみたら、途中で花芽を追加したとはいえ、1月から秋まで開花していたからですね。
私が花芽を折ってしまった鉢は、健気に後から伸ばした花芽から11個程度ですが花が咲き、まだ開花中です。
今年の夏は花が咲かなかったもう1鉢は、7月から出てきた新葉に続いて、先月末からもう1つ葉が出てきました。
開花中の鉢と新葉が出ている鉢は、新しい根っこも少し出ています。

花のない2鉢には薄い液肥をまたあげ始めましたが11月くらいまでは大丈夫でしょうか?
また花軸を切った鉢は、開花中に一番下の葉2枚が徐々に枯れ出し、超薄いぺらぺらになるまで栄養を使い果たして枯れ落ちました。それでも葉は9枚ありますが、今の一番下の葉がまた黄色くなってきました。この鉢だけ新しい根も出てこないで少し弱っているような気もしますが、液肥をあげるくらいでよいでしょうか。


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2015/10/11(Sun) 17:20 No.16472
紙のように薄くなって落葉するのは寿命によるものですが、生育の良い株ほど同じ年に出た同期の葉が一斉に寿命を迎える傾向もあるので、それではないかな?と思います。これが枯れてもまだ八枚の葉があるのであればそんなに心配いらないと思います。新葉が出るまで休ませてあげればよいだろうと思います。根も新葉も伸びていないのであれば施肥はしないほうが良いでしょう。

ご無沙汰してます。 - しー 2016/04/27(Wed) 19:41 No.17547
昨年10月より、大変ご無沙汰しております。
その間、3鉢には変わりありませんでした。
変わりないというのは、初めて冬に1鉢も花芽が出ず、葉はすこぶる元気で一枚も枯れず、根の成長は少なかったですが1鉢から秋に出た新葉が少しずつ成長していた以外、静でした。
花芽がなかったので気も楽で、またご相談しなくてはならないことも起きなかったのですが、最近少し動きがありました。

3鉢のうち、秋に新葉が出なかった2鉢から新葉が出てきました。そして、秋冬に新葉が育った1鉢と、今新葉が出てきた2鉢のうちの1鉢から、花芽が出てきてます。この鉢は下の葉が1枚枯れて落ちそうです。また1鉢が花芽と新葉が同時になりました。
これから、昨年11月末まであげていた液肥を再開しようと思いますが、実は軸がかなり高くなっていたので、本当は植え替えをするべきかご相談したかったのですが、時期を逃したでしょうか。
また、植え替えるにしても、下まで葉がついていてあまり変わらない気もしてます。このままでよいでしょうか。
20日も前の写真ですが添付します。右前が秋に新葉が伸びた鉢、茶色の鉢が花芽と新葉が成長中です。




Re: 改めてお伺いします - さいくる 2016/04/27(Wed) 20:32 No.17548
こんなに立派な株でも冬に花芽が出ない事もあるんですね。
初心者なのですが、葉っぱがたくさんですごい立派に見えます。
うらやましい><


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2016/04/28(Thu) 09:20 No.17554
今まで長いこと、季節外れに咲いてましたから、この冬は「ちょっと一休み」したのは無理ないですが、しーさんのお手持ちの株は白大輪の栽培常識を打ち砕くような成長/開花の仕方で、まるでプルケリマの血の濃いいわゆるドリティス交配ピンクのミディ種のようなので、一般論でのお答えは難しいです。

植え替えるのであれば花芽は切除されたほうが良いでしょう。
根を傷めない「鉢増し」であれば花芽温存のまま可能ですが。

花芽がない株の植え替えは今でも問題なくできます。

葉が成長中のものは花芽の有無にかかわらず施肥したほうが下葉の損耗も比較的少なく抑えられます。


Re: 改めてお伺いします - しー 2016/04/28(Thu) 23:11 No.17555
ひろし@小南部様、早速にありがとうございます。
そうですね、予測できないと何度もおっしゃっていただいてるので、気温と花芽、葉、根の状態で考えるしかないと思ってます。
でも昨年の投稿を見返したら、1年前の今日、「2鉢から花芽が出てきた」と書いてます。一応、彼らなりの規則性があるみたいです(笑)
昨年、株が高くなって不安定になるので、植え替えて「引き上げてあげる」とよいと書いていただいたのですが、引き上げるとはどういう意味でしょうか。バーグの際まで葉があるので下の葉をとらない限り株の高さは変わらない気がして、すみませんご教示いただけたら幸いです。
ちなみに倒れるほどには傾いてもいないのと、せっかくついた花芽を切るのはしのびないので、今年もそのままにしようと思いますが…。
今日の写真です。撮影後枯れた葉を引っ張ったらすぽっと取れました。

さいくる様、ありがとうございます。
変な時期に変な風に開花するのではらはらすることが多いですが、この半年は静かな観葉植物でした…
暑すぎず寒すぎず、そして水をあまりあげないとこんな風に元気でいてくれます。



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2016/05/01(Sun) 23:00 No.17566
引き上げるではなくて「引き下げる」が私の意図したことですが、、、要は下葉が落ちて根の出る位置も高くなり次第に安定が悪くなるので植え替えのたびに、古い死んだ根しかない機能していない根の下部を切断してその分深植えして、、、、
ということなんですが、葉が落ちてなければ引き下げようもないので株が高くなる、というか大きくなり、不安定になっていくのは仕方ないというか当然ですね。安定の良い陶器の鉢カバー内に詰め物など工夫して安定を計るくらいしかないと思います。


Re: 改めてお伺いします - しー 2016/05/14(Sat) 19:33 No.17605
ひろし@小南部様、ありがとうございます。
それで理解いたしました、引き下げるということですね。
縁まで葉があると言いましたが、一鉢はそうですが、花芽のない鉢は一番下の葉からバークまで3センチくらい高さがあります。
本当は取り出して根を除いて、深く植える方が良いのですよね…
同じサイズの鉢で良いでしょうか。
ただ、根の切断をうまくできずに傷めたらと少し心配で、来年まで持ち越そうかとも思います。

こちらが1週間前の花芽のない鉢です。



Re: 改めてお伺いします - しー 2016/05/14(Sat) 23:05 No.17606
葉と花芽の両方出てる鉢、花芽だけの鉢です。
今はもう少し伸びてますが、やはり葉も花芽もある方は葉の成長が遅いです。この一年成長が少なかった根も急に出てきました。



Re: 改めてお伺いします - しー 2016/05/14(Sat) 23:12 No.17607
3枚目です。


Re: 改めてお伺いします - しー 2016/10/05(Wed) 21:19 No.19753
いつもお世話になっています。

その後、7月から3鉢のうち2鉢に花が咲き、今も開花中です。
夏に咲いたので、あまり長持ちはしないかと思っていましたが
今年の天候不順のせいか、まだ花はもっています。
もう1鉢は、新葉が夏にぐっと大きくなりました。

ぱっと見は十分元気なのですが、株分けをしてから3年目で
株がかなりせりあがってきているのに加え、少し弱ってるように感じる面もあります。
花軸が以前よりも長く伸び、うまく誘導しなかったこともあって不安定に前方に延びてしまいました。
また、葉の状態が以前に比べると元気がないように見えます。
昨年1枚しか落葉しなかったこともあるのかもしれませんが。

・花のない鉢の葉は10枚は元気ですが、1枚は葉がかりかりになって9月に落ち、
もう1枚も葉先が変色してますが、全部で11枚。
この鉢に1週間前から新葉が出てきました。これは一番元気そうです。

・2花軸で開花中の鉢は、本来一番しっかりしている株なのですが
下の左右2枚ずつ4枚が、少し柔らかく7月から下にでろんと垂れ下がっており、
一番下の2枚は葉先から徐々に黄色くなり、1枚は9月末にかりかりで落葉。
元気のない3枚以外、もう1枚も葉先が黄色く、葉は全て合わせて11枚。
そして恒例の、開花中に9月はじめに12枚目の新葉が出て今は5センチくらい。

・1本の花軸で開花中の鉢は、夏前に1枚葉が落ち、その後下の2枚が黄色くなって徐々に退化中、
もう1枚も、葉先がすこし黄色いです。その他の7枚を入れて全部で10枚。
こちらも9月15日頃から11枚目の新葉出現、今は3センチくらい。

葉は、いずれも病気のような感じはありませんし、順当に枯れていっています。
高温や強い日差しなどの問題はないと思います。
液肥は全ての鉢に、4000倍で7〜10日間隔の水やりであげています。
ただ、夏の間ずっとこのように元気のない、あるいは黄色い葉があったことはないので、
何か改善したほうがよいことはあるでしょうか。
葉のためには花を切り落としたほうがよいかもしれませんが、一生懸命咲いているので
つい残したくなります。

今回弱っている葉が全部落ちると、表面から一番下の葉までかなりの高さになるので
さすがに、いつも勝手に自分で持ち越している植替えして引き下げる、というのをしなくてはと思うのですが
冬を越してから来年春でよいでしょうか。


Re: 改めてお伺いします - しー 2016/10/05(Wed) 23:15 No.19754
弱ってる葉がうまく写っていないのですが、最近の花のある2鉢です。



Re: 改めてお伺いします - 日照効率 2016/10/12(Wed) 18:24 No.19772
あれ? ひろしさんは?
私の個人的意見では、植え替えてから2−3年たっているなら植え替えが良いと思います。
立派にそだっているので、根っこが鉢にぎっしりと予想される場合は、鉢のサイズを1−2回り大きくします。
根っこは浮遊しているものを含めてすべて鉢に入れ込むように。
植え替えて調子が悪くなったという相談もあるので、3鉢のうちの1鉢、花のないほうから1鉢だけやって、2-3ヶ月様子をみるというのが慎重かもしれません。うまく行った場合のみ、植込み材は3つとも共通のロットを使います。

新葉が伸びているのならば、たぶん、花をつけたまま花のあるほうも植え替えしてもいいかもしれません。花は落ちるかもしれませんが。たぶん、オフィスの環境によって季節感がなくなっているのでしょうね。わたしも経験あります。

http://www.kochoransodatekata.com/152.htm
ユーチューブ コチョウランの植え替え【ガーデニング】hanagokoroGardenLife


Re: 改めてお伺いします - 日照効率 2016/10/12(Wed) 21:44 No.19774
さらに
(2)鉢増し、鉢上げだけをする。http://www.kochoransodatekata.com/154.htm
(3)何もしない。
というのもあります。とにかく引き抜いてみないと根の状況が分からないので難しい。(2)がベストの可能性もあります。
いずれにせよ、根っこの元気な部分は切らないと良いと思います。


Re: 改めてお伺いします - しー 2016/10/19(Wed) 21:17 No.19787
日照効率様、はじめまして。
アドバイスありがとうございます。
ひろし@小南部様、ご無沙汰していますが、お元気でしょうか。

2012年の9月にいただいた胡蝶蘭を2013年の春に株分けして開花が4回目なので、やはり植え替え時期だと思っています。
どれもかなり株が高くなっており、株が横を向いてしまっている鉢もあります。
想定外に毎年元気に咲いたのと、失敗したら…という不安があって、つい先送りにしておりました。

浮遊している根っこをすべて入れ込むというのが、バキバキ折って入れるのでしょうか?鉢上げだけというのも考えてみます。
花は7月中旬に咲いてから、また造花のごとく枯れる気配がありませんが、葉も根も元気に成長しているので、花も枯れるまでは持たせたいと思っています。
サイトを見ると植え替え時期は4月がよいようですが、葉が成長中の今のほうがよいのでしょうか。


Re: 改めてお伺いします - 日照効率 2016/10/19(Wed) 21:53 No.19788
>浮遊している根っこをすべて入れ込むというのが、バキバキ折って入れるのでしょうか?

いいえ。なるべく折らないでください。ケースによっては長い根が大きなループを描くようにして、少なくとも先端が入るように、私はしてますけどね。1−2本どうしても入らないのは放置。(2 鉢増し)+(1=普通の植え替え)が、理想です。

オフィスの環境によって新葉が冬も伸びるなら、もう冬とか関係ありませんので、いつでもよろしいかと思います。花のない1鉢から実験的に始めるのがお勧めです。花のあるほうは(2 鉢増し)のみがマイルドでいいかもしれません。

主幹がゴボウのように伸びているわけではなく逆ですので、背を低くしたいなら(2 鉢増し)+(1=普通の植え替え)となると思います。


胡蝶蘭の病気 - しー 2019/04/09(Tue) 19:51 No.21530
以前の投稿から2年以上経過し、大変ご無沙汰しています。
その後も3鉢は元気で、毎年花を咲かせたり咲かせない鉢があったりですが、私も慣れて大抵のことは気にならなくなり、こちらに伺うこともなく独断で管理してきました。
怖かった植替えも2年前にして問題なく、葉裏と根っこへの霧吹きを平日は毎日して、水はかなり控えめで2週間に1回程度、花のないときはいつも4000倍の液肥をあげています。

ただ、葉の付け根、根が出ているあたりが黒くなって途中の葉が落ちたり、茎が細くなってきて、根が枯れたり、正常ではなさそうな状態ではあります。
それでも今2株から花軸が伸びて蕾を付け出しましたが、考えて見ると昨年は葉が成長していた間も、根の数や鉛筆の芯のようなつややかな根がほとんどありませんでした。
リゾクトニア?などの病気にかかったまま生きているのでしょうか。これまで異常もなかったので、殺菌剤のようなものは使ったことがありません。
傾いて軸が細くなっていた株は、4月に植替えを考えていたら、こちらも花芽が1センチくらい出てきてしまいました。

そしてこの冬に、いただきもののピンク色の豪華な胡蝶蘭が加わったのですが、豪華な割に寄せ植えの状態がよくなく、早めに花軸を切って鉢から出したのですが、元気がなく鉢からは変なにおいも感じ、元気な厚い葉っぱのままどんどん落ちてしまい、茎の付け根からすっぽり落ちたものは付け根が真っ黒で、フザリウム症の写真と同じだったので、それだったようです。3株のうち2株がその状態で、1株はまだ生きていますが同じことになるのかもしれません。

別途写真を添付してご相談したいと思いますが、とり急ぎ、新入りピンクで2株がフザリウム症になっていた残りの1鉢は、何かできることはありますか?葉っぱ3枚、ポリポットの中の根は普通に見えますが、カビのようなにおいは感じます。
また、以前からの鉢で軸が傾いているものは、花芽が1センチ程度の状態であれば、今から植替えをしても問題ないでしょうか、この2点をお伺いできたらと思います。


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2019/04/09(Tue) 23:01 No.21531
ログを見て気付きましたが、私が不在にしていた期間がかなりありますね。その間日照効率さんに代わっていただいて事なきを得ていたようです。しーさんには失礼いたしました。日照効率さんには感謝申し上げます。

正常な状態ではなさそうな株たちは画像をUPいただきたいですね。

寄せ植えされていた株が二株がフザリウム症だったのであれば、同じ環境にあったもう一株も感染している可能性は高いです。
たぶん濡れ雑巾を腐らせたような匂いがあるのではないかと思います。この匂いを出す雑菌は直接の病気の原因ではありませんが、環境的に最悪の部類なので直ちにポットから取り出して水道水で洗います。その際死んだ根と薄茶色に変色して軟化が始まった根(フザリウムが進入した可能性があります)は切除し、規定倍率の倍濃度ほどの殺菌剤溶液に根と茎を10分ほど浸漬してから根を陰干しして乾かしてください。茎にフザリウムが進入する前ならこの処置でOKと思いますが、既に茎内に進入されていれば、この処置でも助けられない場合はあります。

花芽が出ている株は葉か根が成長中であれば出来ないことはないと思いますが、基本的にいじりたくないです。鉢増し程度の処置ならできるとは思いますが


胡蝶蘭の病気 - しー 2019/04/10(Wed) 09:30 No.21532
ひろし様、早速に返信ありがとうございます。
大変ご無沙汰しておりました。
後で写真アップさせていただきます!

ピンクの鉢ですが、花軸を落とした後はあまり水をあげていなかったせいか雑巾のようなにおいはしませんが、埃っぽいカビっぽい鼻がむずむずするような、ちょっとつんとくるような匂いです。ずっと気になっていてそのままだったので残りの1つも難しいかもしれません。そんな状態でも、葉っぱが元気で成長していくのが不思議ですね。
殺菌剤というのはこの場合、また他のものにも使えるようにと考えると何が適切でしょうか?殺菌剤が今はないのですが、とりあえず水だけで洗うのではなく、殺菌剤を買ってからの方がよいでしょうか?


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2019/04/10(Wed) 13:55 No.21533
処置は早いほうがよいので水道水での水洗い(出来れば20〜25度のぬるめの水で行ってください)だけでも先にしたほうがよいです。
殺菌剤は比較的低毒性で広い範囲の真菌類に有効なエムダイファー水和剤(一般名はマンネブ水和剤)をお勧めしたいのですが、この場面(ひょっとしたらフザリウム症?)では多少毒性は強いですが若干の浸透力があるベンレート水和剤(ベノミル水和剤)のほうが効果が強い可能性があります。ベンレートを使う場合マスク(と出来ればゴーグルも)をお使いになることをお勧めします。


胡蝶蘭の写真 - しー 2019/04/10(Wed) 16:13 No.21534
承知しました。
まずはぬるめの水で水洗いし、いったん乾かすようにします。ベンレート水和剤というのはなかなか強力な薬ですね。

写真が大きすぎて貼り付けられずに遅くなってしまいました。
まずはピンクの鉢を2方向から撮ったものです。



胡蝶蘭の写真A - しー 2019/04/10(Wed) 16:16 No.21535
逆側からの写真です。
素人目には、根っこも含めて普通に見ます。



以前からの3鉢@ - しー 2019/04/10(Wed) 16:21 No.21536
一番怪しい鉢です。
根っこというか株がよろしくないのか、細くなって写真の奥側に向かってかなり傾いており、その割に葉もあってさらに花芽がついてしまったので、できれば植替えをしたいと思っていました。
写っていませんが、一番上の葉は15センチくらいで成長中です。



以前からの3鉢A - しー 2019/04/10(Wed) 16:29 No.21537
うまく見えないかもしれないのですが、この鉢も土台がかなり細くなっています。
この株は一番花軸が伸びていて、一番大きな蕾が1センチくらいになっています。この鉢だけ、先がつやつやしたペン先のような根っこが数本あります。
昨年、花軸の一つが丸まったまま出られず、その上から代わりの花軸が伸びて咲いたのですが、今年同じ位置からまた花軸が出ました。



以前からの3鉢B - しー 2019/04/10(Wed) 16:35 No.21538
こちらは、株自体は見た感じあまり問題はなさそうです。今は葉が一番多いですが、下の方の2、3枚は枯れ始めそうです。
花軸が最初の蕾が確認できるくらいまで伸びていますが、あまり太くなく、高さもそれほど出ず花の数も少なそうです。

この鉢は以前からあまり根の勢いがなく、つやつやした成長している根が今も全くありません。根っこについては、他の鉢も昨年あまり成長しなかった印象です。



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2019/04/10(Wed) 19:17 No.21539
ピンクの株はやはりかなり怪しいです。添付図赤丸部分の黒く変色した部分の表皮の一部だけを薄く(ほんの0.1mmくらいの薄皮だけ)剥いてペースト状に濃く溶いたベンレートを塗布したいです。表皮を剥いた部分だけでなく黒く変色した部分前面に塗布して様子を見たいです。

以前からの鉢、たしかにどれも安定悪そうです。私の目からはBが一番危うくみえます。新しい根が無いのはおそらくですが植え込み材料が劣化しているのが原因のようですから、下の葉2〜3枚損耗させても新しい根を出させたいです。この株は花芽を没にする覚悟で新しいバークで植え替えたいですね。

株の安定のためには2周り大きくて深めの鉢を選び中粒のバークに軽石の中粒を2割くらい混ぜたもので植えつけてみたらいかがでしょう?底1/3は大粒の軽石で水はけと空気の流通をよくする工夫も必要です。鉢の縁を高めに残しておけば、多少競りあがっても植え込み材料を足すことで安定を確保できます。

@Aはひとまわりくらい大きな径で深めの鉢に底は大粒の軽石を1/4の高さまで充填したうえに現在の根鉢を出来るだけ崩さずに乗せ周囲を新しい中粒バークで充填するという手法が採れるのではないかと思います。根鉢を崩さなくても、花芽が没になる恐れはやはりありますが。






今後の対応について - しー 2019/04/11(Thu) 12:14 No.21540
ひろし様

早速にご丁寧に、本当にありがとうございますm(__)m

まずピンクですが、昨夜ポリポットの植込み材を全部出して、根をぬるま湯で洗い乾かしました。植込み材は大量の水苔が根の中にあり、下と外側に多少のバークが入っていました。今は写真の状態で、ベンレートは週末まで入手できないのですが、
・数日この乾いた状態で大丈夫ですか?葉裏に霧吹きなども不要でしょうか。

そして以前からの白3鉢ですが、Bが一番危ないとは・・・確かに根の状態は悪いのですが、株は安定して株の軸が唯一おかしくなく、葉の成長もちゃんとしてたので少し安心していました。
・3株とも、根を切るなどはしないが、おかしい古い根を除く程度でそのまま大きめの鉢に植え替えて植込み材を綺麗にしてあげる、という理解でよいでしょうか?
・花芽に良くないのであれば、大分伸びている鉢については花が咲き終わってから(おそらく8月頃)では遅いですか?
・@とAの株の付け根の状態は、ピンクと同じに見えます。@については、以前急に黒くなってそのために何枚か葉が落ちました。黒い部分をとにかく剥がし、今は葉に異常もないですが、その感じは残っています。こちらの株の付け根のあたりにもベンレートを塗った方がよいでしょうか。それをした場合、花芽の成長は難しいでしょうか。

そもそもなのですが、私は胡蝶蘭は元の環境と同じ状態にしてあげるのが良いと聞いたことがあって、最初に植え替えた時も2年前に植え変えた時も、水苔を根の周りにまいて、そしてバークを入れた鉢に入れていました。植替えの仕方としては正しくないでしょうが、最初の植替え時は問題なく、よく成長してくれました。今思うと、2回目の植替え時の植込み材がよくなかったかやり方が問題で、花は付けるものの根や株の状態が悪いのかもしれません。
・今後はやはり、水苔はなしでバークのみ、軽石とまぜる方がよいですね?

いつも長々とすみません。。



Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2019/04/11(Thu) 21:54 No.21541
病気の疑いのあるピンクの株は乾かしたままでかまいません。その際、空中湿度は高いほうがよいのですが、スプレーでぬらすのはよくありません。気体の水は歓迎ですが液体の水は害があります。
Bが一番問題というのは、新根が出てないということです。新根が出てないので今の根が老化すれば一気に葉を減らすことになります。

植え方として考え方の問題はあります。私は株を「元気で長生きさせ、毎年花を見たい」という姿勢で栽培しています。しーさんの植え替えの方法では水分が不足するというリスクは小さくなるものの、株の「新根を出そうという意欲」を減退させます。新根に対する投資をしない分葉や花に投資できますので、いったん株が出来たものとしては十分な葉の枚数と花数が得られるとは思いますが、新根がないので根の老化が始まると急速に株が弱ります。Bはその瀬戸際ということです。できれば葉の損耗が新根の増加につながることが望ましいので「疲れた植え込み材料ではなく新しい植え込み材料を欲しいのです」

ただ、芯にミズゴケが使ってあるのであれば、単なる「鉢増し」はお勧めできません。花が終わってからでもよいのできちんと芯のミズゴケをはずしてバークで植え替えてください。その場合は鉢サイズの拡大も軽石の混合も必要ないかもしれません。

@Aの株は現在見た目で病気はわかりませんでした。根の出方がまばらなのはやはり雑菌の繁殖があったのですね。もう折り合いがついたのなら、薬剤塗布は植え替え時だけでよいのでは?
やはり芯にミズゴケを使って周辺バークという植え方は湿度ならぬ水やりがデリケートになる分、病気になりやすいと思います。一斉防除可能な生産者さんなら問題ないでしょうけれど、出来るだけ薬剤を使いたくない家庭では、多少生育は遅くても病気にならない栽培法が良いのではないかと考えています。


ベンレートの使い方 - しー 2019/04/14(Sun) 22:38 No.21543
ひろし様 いつもありがとうございます。
ピンクは湿度高くできないのですが、そばに水を入れた容器を置きました。
ベンレートを買いました、写真を見ていただいた結果、根や茎を溶液に浸けるのではなく、ペースト状にして塗布ですね。刷毛もないので厚いゴム手袋で直接塗布してみます。
・塗布後も乾かしたままで、どのくらいしてからバークで植え替えたらよいでしょう?

白の3鉢についてもよくわかりましたし、色々合点がいきます。
@の鉢も新しい根がなく、@とBは鉢の裏から全く根が出てません。以前は必ずはみ出してきましたし、新根がわずかにあるAは鉢裏に根がしっかり出てます。
慣れて新根がでてこないことを見落としてました、ダメですね。私も「元気で長生きさせ、毎年花を見たい」と思ってます。

4年間は根を張り続け株は元気だったので、オフィスでは水苔が難しいとは思わないのですが、問題点がよく分かりましたし、2回目は水苔の質が原因だった気もします。ポリポットに入れれば根の状態も見えますし、今後はバークにします。

・花軸が伸びてる鉢は、翌春ではなく、花が終わってすぐ夏の植え替えで大丈夫ですか?
・傾いている@の鉢は、傾きがひどく新芽も1センチで葉も成長してるので今植え替えたいのですが、ベンレートを塗布した方がよいですか?そうすると花は望めないですか?


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2019/04/15(Mon) 17:59 No.21545
結構使える柔らかめの絵筆なんか100円ショップで手に入ります。ゴム手袋で直接では組織を余分に傷つけそうです。

新葉が伸びているのなら植え替えは可能です。ただし、今伸びている葉のサイズはやや小さめで止まる可能性が高いことをご承知ください。
花芽が伸びている株の植え替えは花後でOKです。


ベンレート塗りました - しー 2019/04/16(Tue) 11:45 No.21548
筆とは思い付きませんでした!
手持ちがなく、今回は綿棒で塗りました。
先ほど、濃度も適量も分からずですが、黒いところにしっかりと塗りました。

たくさん聞いてばかりで申し訳ありません、
根はすでにカピカピですが、まだしばらく根っこむき出しで乾かしていて大丈夫なのでしょうか? どのくらいしたらバークで植え替えできますか?
また、白の植え替える鉢は、今の状態のままベンレートを塗って、すぐに植え替えて大丈夫でしょうか?


Re: 改めてお伺いします - ひろし@小南部 2019/04/16(Tue) 13:32 No.21549
ピンク、白とも塗布した殺菌剤が乾いたら植え付け/植え替えOKです。

ベンレート塗りました - しー 2019/04/16(Tue) 16:51 No.21550
ひろし様

返信ありがとうございます。
ピンクは茎がもげることなく、もってくれています。
殺菌剤は乾いたので、明日には植え替えしたいと思います。
細々お伺いして申し訳ありませんでした。


寒さにやられてしまいました。 投稿者:ぽぱい 投稿日:2016/01/29(Fri) 18:52 No.17104   
はじめて投稿します。

先日の寒波のせいで、部屋に置いていた胡蝶蘭の葉が凍ってしまったようです(すぐそばに置いてある水槽の水が2ミリほどの厚さで凍っていました)。

月曜(25日)には葉もまだ緑色でしたが、だんだんと茶色に変色していき、本日(29日)現在は写真のような状態です。

昨年3月にいただいたもので、7月の下旬に花芽を根元から切り、12月には新しい花芽1つが5センチほど伸びてきていた状態でした。

この子がよみがえる可能性はあるのでしょうか。
よろしくお願いします。


Re: 寒さにやられてしまいました... - ぽぱい 2016/01/29(Fri) 18:53 No.17105
(画像その2)


Re: 寒さにやられてしまいました... - ぽぱい 2016/01/29(Fri) 18:57 No.17106
(画像その3)


Re: 寒さにやられてしまいました... - 日照効率 2016/01/29(Fri) 21:35 No.17107
もうだめかもしれませんけど、保温と昼間は日に当てることでよみがえる可能性はあるかもしれません。部屋の温度が0度以下というのは問題外です。

ここのサイトのお教えをコピペしておきます。

http://www.kochoransodatekata.com/112.htm
■温度
最低温度を15℃以上保てれば成長を続けます。18℃以上が理想です。日中は窓際でレースのカーテン越しに光を当てますが夜間は寒くなりますので家の中央に置きます。最低温度が15℃以下になる場合は、段ボールで全体を覆ったり、ホットカーペットなどで加温する必要があります。加温する場合、火事には充分注意してください。15℃以上が保てないとつぼみができてもそのまましおれることがあります。


Re: 寒さにやられてしまいました... - ひろし@小南部 2016/02/01(Mon) 16:27 No.17109
傍の水槽が結氷する気温では胡蝶蘭は耐えられないですね。
助かる確率はほとんどないと思いますが、だめもとで、あまり高温にならない場所(13℃〜18度程度)で様子を見てください。20度以上にすると腐敗が進みやすくなります。
水も与えないでください。


初めてご相談いたします。 投稿者:プップ 投稿日:2014/07/20(Sun) 12:47 No.13289   
初めまして、プップと申します。
胡蝶蘭を育てたく、いろいろ調べていると御社のHPにたどりつき、大変丁寧なご説明があり興味深く拝見しました。
つきましては、私もアドバイス頂けますと幸いです。

[胡蝶蘭の様子]
今年の5月上旬に会社にファレノプシスを頂き、7月に自宅に3本立てを3鉢持ち帰りました。
花はあと数輪残っているので、終わり次第花茎を切るつもりです。
3鉢ともバークにて透明なポリポットに植えられています。
@の写真の鉢ですが、2株はすでにお花が終わったので根元より花茎を切りました。葉が元気がある様に見えます。
AとBの写真の鉢のものは花茎を切って取りだした2株の状態は良くない様に見られます。うち1株は葉が一枚しか付いておりません。株のサイズもバラバラです。
Cの鉢のものは、会社のゴミ置き場によれよれになって捨ててあったものを拾ってきました。葉がずっと垂れ下がってしなびている様です。

[ご相談]
・@の鉢は花が終わり次第、花茎を切って化粧鉢から取り出し、1株ずつ育てるべきでしょうか。また、植え替えは必要でしょうか。
・AとBの鉢は葉が一枚しかない株と根がぎっしりになっている株は植え替えが必要でしょうか。また、花が付いている株は新しい葉が見えていますが、今後どうしたらよいでしょうか。
・Cの弱っている株たちの対応はどうしたらよいでしょうか。
・植え替えが必要な場合、バーク(プレサブ)は園芸店にて販売されている洋蘭用バーク(はなごころ等)とマグァンプKで良いでしょうか。また、透明なポリポットの再利用はやめた方が良いでしょうか。ポリポットの小さいものと大きいものが混在しております。

本日天候が良く、午前中にお水をあげました。植え替えが必要ならば数日中に行いたいと考えております。
お忙しいところ申し訳ございませんが、ご指導賜れますと幸いです。

@の写真添付いたします。

Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2014/07/20(Sun) 12:49 No.13290
失礼いたしました。
@の写真です。



Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2014/07/20(Sun) 12:50 No.13291
Aの写真です。


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2014/07/20(Sun) 12:51 No.13292
Bの写真です。
AとBで1鉢でした。



Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2014/07/20(Sun) 12:53 No.13293
Cの写真です。
捨てられていたのがかわいそうで、拾ってきました。



Re: 初めてご相談いたします。 - hiroshi@小南部 2014/07/21(Mon) 22:21 No.13296
連休中家を空けておりまして返信が遅れましたことお詫びします。
@は問題なさそうです。植え替えるとしても9月で秋風が吹いてからですね。
Aで花がついていて葉が成長を始めたものは、できれば花は切り花にして葉を伸ばさせることに集中させた方が良いです。植え替えは9月になって秋風が吹いてからのほうが良いでしょう。葉が切り取られているように見えますが、切り取らなければならなかったは何があったんでしょうね。
B葉が一枚のものは水やりをやめ一度乾かしてくださいその後9月までは葉水だけを夕方と就寝前に与え、ポット内は湿らせないようにしてください。そのうちに新根が出たり、新葉が出始めたら助かる可能性があるので、その時点で植え替えます。
Cそんな悪い状態には見えませんが、、、Bと同様に管理してください。植え替えも「成長を開始したら」で良いと思います。


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2014/07/22(Tue) 08:43 No.13298
お忙しいところお返事下さいましてありがとうございました。
全くの初心者で、いろいろ調べたのですが混乱してしまい。
ご指導頂けて本当に嬉しいです。
植え替えするなら9月ということですね。
Aは早速切花にいたしました。
葉水のやり方はこの掲示板やQ&Aに載っていたので、
勉強させていただきます。
もう一点疑問ができてしまいました。
新しい葉ですが小さい葉が4株から出ています。
そちらには、二回に一回液肥を与えるべきでしょうか。
お時間のある時にご指導賜われますと幸です。



Re: 初めてご相談いたします。 - hiroshi@小南部 2014/07/25(Fri) 17:50 No.13309
間に必ず水やりを挟んで薄めの薄めの液肥(3000倍以上で)を水やり替わりに与えると良いでしょう。

診断がむずかしいです。 - プップ 2014/07/27(Sun) 13:54 No.13320
ご指導ありがとうございます。
すぐにお礼が申しあげられずにすみませんでした。
というのも、元気だと思っていた化粧鉢から出していなかった株の下の葉が2枚、
黄色くなってしまい、この掲示板を読みあさったり、薬を買いに行ったりしておりました。
写真を添付いたします。
右にも黄色くなった葉がありました。


診断がむずかしいです。 - プップ 2014/07/27(Sun) 13:56 No.13321
Aの写真


診断がむずかしいです。 - プップ 2014/07/27(Sun) 13:58 No.13322
フザリウムかと思い、黄色い部分は切り取ってエムファイダーを塗りました。


診断がむずかしいです。 - プップ 2014/07/27(Sun) 14:15 No.13323
Aの株の処置は昨日の夜に行い、一緒に化粧鉢に入っていた他の2株には、
今朝、エムファイダーを株全体に霧吹きし、ポリポットにも与え、10分くらい浸しました。
この2株も葉が黄色くなってきている様に見えますが、他の処置が必要でしょうか。
この2株は水やりの頃でしたが、エムファイダーを与えただけで水やりはしておりません。

また、平日は昼間不在になるのでエアコンをつけておりますが、問題のAの株は他の株たちと一緒の部屋に置いても大丈夫でしょうか。
説明がわかりずらくて申し訳ございません。



Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2014/07/27(Sun) 21:27 No.13326
エムダイファーを処置されたということですが、発症したフザリウムは茎内部の病気なので効く殺菌剤がありません。けれども真菌(カビ)性の病気には効きますのでその予防効果として働くはずです。見た目はフザリウム症に見えません。またフザリウム症は根から感染する病気なので共通の鉢に寄せ植えなどされている場合を除きうつる心配はありませんから隔離しなくてもOKです。

Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2014/07/28(Mon) 18:29 No.13332
ありがとうございます!
フザリウムには見えないということと、隔離しなくて良いとのこと、
少し安心しました。
ですが、茎まで黄色になっていた株はフザリウム確定なのでしょうか。
見た目は葉が元気に見えるので処分する決心がつかず…


Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2014/07/28(Mon) 21:42 No.13333
茎まで黄色になった株はプップ さんの画像では見当たらないように思いますが、、、5枚目のAの画像のことでしょうか?
葉が黄色になって茎を取り囲んでいる葉の付け根がたしかに黄色になってますが、その葉を付け根ごと切除したのがその下の6枚目の画像と思ったのですが、フザリウムの確率は高くないように見えますが、、、?
前回お答えしたのは、
>フザリウムかと思い、黄色い部分は切り取ってエムファイダーを塗りました。
というプップさんのコメントに対しての「フザリウムだった場合に外から殺菌剤を塗布しても効果はない」事実を申し上げただけです。

表現が紛らわしかったかもしれませんが5枚目6枚目の画像は私には全くフザリウムには見えませんでしたから「けれどもカビ性の病気の予防効果はありますよ」と続けているのです。フザリウムになっってしまった株に他のカビの感染予防のお話は蛇足以外のなにものでもないですからね。


そうだったのですね。 - プップ 2014/07/29(Tue) 18:52 No.13340
失礼いたしました。
私のとんだ早とちりでした。
おっしゃるとおり、5枚目の写真の株をフザリウムと思い込み、黄色の部分を切り取った後が6枚目の写真です。
そして、7枚目の写真の株の葉も黄色がかっているから感染していたらどうしようと思って投稿した次第です。

良かった〜とは思いつつ、診断は難しいものだと感じました。
なんとか株たちが病気にならない様に育ててあげたいものです。




Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2014/07/29(Tue) 21:53 No.13341
私も言葉が足らなかったようで誤解を招いたものと思いますので気を付けます。
胡蝶蘭の生態を理解した上での通常の管理をし続けていれば病気にはそんなに罹るものではないです。ただ、病原菌類とのめぐりあわせや相性などもあって、絶対にかからないという保証はありません。
ある日突然発症することがあるのは人間の病気も同じですが、フザリウムや突発性の軟腐などを除けばエムダイファーなどの殺菌剤で処置できるものが多いので、早期発見を心掛けるべく、毎日株の様子を確認するのが良いですね。


勉強になります! - プップ 2014/07/30(Wed) 19:54 No.13347
エムダイファーなどで処置できるのもあるし、適切な管理で病気もそんなに罹らないとは。
胡蝶蘭の生態について勉強していこうと思います。
水やりでさえ手探りですが、観察は毎日しつづけます。
是非またご相談させてください。


管理のご相談 - プップ 2014/08/13(Wed) 00:02 No.13426
お世話になっております。
胡蝶蘭が我が家に来てから1カ月以上たちますが、どうも成長が遅いように感じています。
何を改善したら良いのかご指導下さい。

今までの管理を申しあげます。
・胡蝶蘭の置き場は、南向の部屋で窓から2m程離れた場所に置いてあります。日照不足かと思い、ここ2週間は朝の一時間は窓際の明るい場所に移動させています。(直射日光は当たりません)
・平日昼間は不在となる為、朝8時より16時くらいまでエアコンを付けております。
・温度は25℃〜30℃、湿度は60%〜70%(百均にて購入したものなので精度は不明です)
・リビングに置いてある為、夜の暗い時間が4時間以下な日も多くありました。ここ2週間は改善させるべく、夜は薄暗い場所に移動させるなどして、6時間以上は暗い時間を保っています。

あわせて写真を添付いたします。
どの写真か解りやすくする為、最初の投稿時から通算の番号で添付したいと思います。
よって次の写真はG〜とします。


管理のご相談 - プップ 2014/08/13(Wed) 00:15 No.13427
Gの写真です。

こちらは花茎を切ってから3〜5週間の株です。
3株とも新葉がでていますが、遅い気がするのですがこんなものでしょうか?小さい新葉に気づいてから3週間たっています。
一番右の株は、出ている葉が変形したまま成長が止まってしまい、更に新しい葉が見え始めました。
3株とも8月の3日から液肥をはじめております。
水やりはここ2週間は週に2回あげています。
根腐れが怖く、バークが乾いてから与えています。



管理のご相談 - プップ 2014/08/13(Wed) 00:21 No.13428
Hの写真です。

撮影の仕方が悪くわかりにくいですが、一番右の株は小さな新葉がでています。
一番右の株だけ8月10日に始めて液肥を与えました。
他の2株は新葉が見られないので、普通のお水をあげています。こちらは週1の水やりで、バークが完全に乾いてからです。



管理のご相談 - プップ 2014/08/13(Wed) 00:31 No.13429
Iの写真です。

こちらの3株は真ん中の葉が一枚の株と、以前に載せたCの写真のうち、葉が垂れていた2株です。最初のご相談の後から葉水にしています。
そのうち1株は葉が上向きになったので(一番左の株)8月10日より葉水をやめ、水やりに変えました。
この3株は全く新葉がみられません。


G〜Iの写真は全て8月10日に撮影したものです。
間違った管理をしているのかも判断できず、ご指導いただけますようお願い申し上げます。



Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2014/08/13(Wed) 14:31 No.13432
新しい環境に来て、それも会社からご自宅へと環境変化が激しかったのですから「死ななかっただけまし」と考えた方が良いくらいのものですし、かつ冷房でやっと30度未満を維持しているという酷暑環境ですから、「成長が遅い」としても已むをえませんね。

胡蝶蘭の自生環境、亜熱帯の山地で午前中は木漏れ日に当たり、午後序章気流で発生する雲の中となり、高い確率で夕立のような降雨があってその後涼風が吹く、という環境と比べてみてください。

秋の風とともに成長は回復できると思いますよ。

なお、バーク植えの場合、葉の成長している株にはバークが完全に乾いてから、よりはバークの空隙やポット内側に結露の水滴がなくなったら次の水やりで良いと思います。(3日に一遍くらいになるでしょうか?)水やりはできれば勢いのよいシャワーで与え、中の空気を入れ替える要領でしてください。成長の見られない株も、冷却という意味では同じような水やりの仕方で行ってください。
今全く成長の見られない株も酷暑から解放されれば新根や新葉の成長が期待できます。


管理のご相談 - プップ 2014/08/14(Thu) 08:32 No.13435
そうなのですね。
確かに環境の変化は大きかったと思います。
暑さには強いとも思い込んでいました。
水やりについては、シャワーを使うことができませんが、勢いよく空気を入れ替えるイメージで与えられる様にしていきたいです。
そして成長中のものは、乾く前の、水滴がなくなったらですね‼︎

胡蝶蘭自生環境のご説明の部分で、午後は夕立〜
とありますが、我が家の胡蝶蘭に夜に水やりをしてもOKののでしょうか?
今まで、あえて午前にあげていました。


Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2014/08/16(Sat) 11:14 No.13457
朝の水やりは平地の日光に強い地生の園芸植物には有効ですが、着生蘭や山野草の水やりは夕方が良いです。酷暑の期間中は株の冷却もかねて全体ずぶ濡れにするくらいの水やりをしてください。

国産の山野草もそうですが、山地産の植物は午前中の日光を好み午後は雲の下、霧のなかという環境になれています。朝の雨はないことなないでしょうが、山地では上昇気流で発生する雲の影響で午後には曇り、あるいは霧の中、あるいは降雨というパターンが多いのです。
で、山野草愛好家は「山野草は西日に弱い」という表現を使いますし、登山家は「早立ち、早着を心掛けるべし」という表現になるのです。


ありがとうございます。 - プップ 2014/08/17(Sun) 23:43 No.13470
夕方に水やりができるようにしていきたいです。
(夜になってしまうかもしれませんが)
今日、株を観察していたとこら、前にご相談した黄色に葉が変色した株(Eの写真)の一番下の葉が根元の方から黄色になりかけていたので、エムダイファーを塗って様子を見ようと思います。
その株は新葉が出ていないのに、バークが乾く前に間違えて水やりをしてしまったので、そのせいかもしれません。


ご相談させてください。 - プップ 2014/11/03(Mon) 17:23 No.14022
ご無沙汰しております。
改めてご相談させてください。

やっと全ての株から新葉が出たのでバークに2週間ほど前にバークに植替えをいたしました。
しかし、根を傷めるのが怖くて植え替えが揺るすぎたのか、ぐらぐら安定せず、傾いたりした為、1週間前に再度植替えをいたしました。
今度は、しっかりバークを押し込んだ為、根を傷めてしまった様です。茶色く枯れてしまった根が見える株があります。
2週間前に植換えした日から水やりはしておらず、夜に葉水を行っております。
室温は20度〜25度くらいでしょうか。
まだ最低気温が19度以下にはなっておりません。

Jの写真です。



ご相談させてください。 - プップ 2014/11/03(Mon) 17:25 No.14023
Kの写真です。




ご相談させてください。 - プップ 2014/11/03(Mon) 17:26 No.14024
Lの写真です。


ご相談させてください。 - プップ 2014/11/03(Mon) 17:39 No.14025
Mの写真です。

Mの写真はLの写真の右の株の葉です。
黄色にまだら模様が出ているのが気になります。病気でしょうか。

本日より水あげを開始するつもりです。

全8株ですが、植替え前より葉が元気がなくなりました。今後の対処方をご教示ください。





ご相談させてください。 - プップ 2014/11/04(Tue) 08:32 No.14026
もう一点。

新葉は出たのですが、新根は我が家に来たときから既に出ていた一株以外、一本も出てきませんでした。(もしかしたら、これは根かも⁉︎というのはありましたが、本当に小さいまま成長しなかった株はあります)
何か問題ありますでしょうか…


Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2014/11/04(Tue) 14:54 No.14027
根に損傷の疑いがある場合、水やりを控えますが、当然のことながら葉の水不足症状が出ます。それで元気がないということになるわけですが、あまり気にしないこと。対処法は消耗を防ぐために毎日夕食後と就寝前に葉裏中心に葉水を与えるくらいです。

新根は乾かし気味にしないと出さないことがあるのですが、出かけたけれども成長が止まったという場合は植え込み材料を嫌ったとも考えられます。
最初にお答えすべきことを忘れていたようなんで申し訳ないのですが、バークは品質がピンキリで、あく抜き不十分のものや発酵の仕方によっては根が嫌って成長できない場合があります。ランに共生菌はつきものなのですがあくの成分や他の菌類の存在を共生菌がきらって根の成長点でトラブルを起こすことがあるのです。
今後の根の発生状況いかんによってはまた植え替えしなけr場ならない場合もあるかもしれませんので観察を続けてください。


ご相談させてください - プップ 2014/11/05(Wed) 08:38 No.14029
ご返答ありがとうございます。

水苔の方が管理が難しそうに感じ、バークなら根腐れしにくいのかと安易に考えていました。
バークは「数年間堆積し発酵させ〜タンニンや塩分を含まない〜」と記載があるものを選んだのですが…

観察を続けます。やはり植替えが必要だと判断するのはどのような場合でしょうか⁉︎


Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2014/11/05(Wed) 22:21 No.14033
バークがなんの木の樹皮を原材料にしているのかわかりませんが、樹皮には通常フェノール化合物(ポリフェノール類)を多量に含みます。タンニンはその一種で、水溶性ではあるのですが意外に溶出しにくいので長く残留することが多いのです。
バークにしてもココヤシチップにしても水に一晩つけておいて水が茶色になるようであればタンニンが溶出していると考えられます。
あともう一つの要因は雑菌です。植え付け直前に植え込み材料を殺菌剤溶液につけておくとか、煮沸消毒するとかして殺菌しておけば根の成長停止を防げる可能性があります。

再度植え替えは来春で良いでしょう。吸水不足で葉が垂れてくるなどの症状が重篤であれば緊急に植え替えする必要がありますが、新根が全くでなくても葉水励行で冬越しは可能と思います。温度湿度環境が良くなってからの植え替えがベターです。


ご相談させてください。 - プップ 2014/11/07(Fri) 13:41 No.14036
そうなのですね。
4日前に水あげしましたが、葉の症状は悪化してなさそうです。

これから初めての冬を迎えるので、温度対策や水やりなどを考えていきたいと思います。
夜の葉水は水やりとは関係なく毎日、春まで行うのがよいでしょうか。


Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2014/11/10(Mon) 11:42 No.14044
葉水の必要性は置かれた環境によります。
生育順調な場合日本海側など湿度のあまり下がらない場所では必要ないばあいもあります。関東地方などの雪の無い地方で空っ風の吹く地域では湿度は下がりますので必須ですね。加湿装置の無いスチーム暖房などの効いたオフィスビルでも必須となります。
また根の不足で吸水不足気味のばあいは湿度如何にかかわらず葉水をしたほうが良いです。


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2014/11/11(Tue) 08:41 No.14047
ありがとうございます!
となると…
我が家では葉水の必要性がありそうです。
(根も心配ですし)
現在の部屋の湿度60〜70%を保っておりますが、
地域は埼玉県で冬場は乾燥します。
毎年、風邪予防に加湿器を使用して60%を目指していました。
今年は胡蝶蘭の為にも、せめて人がいる時間帯は湿度を高めにしていこうと思います。



Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2014/11/11(Tue) 09:34 No.14048
そうですね。喉粘膜の保護のためにも夜間60%は欲しいです。
そうすれば胡蝶蘭へは夕食後の葉水やり一度で良いでしょう。


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2015/02/05(Thu) 18:19 No.15293
お世話になっております。
またアドバイスお願いいたします。

花芽が一向にでてきません。
何故か、2株が12月くらいから新根が出て、他の2株からは12月.1月から新葉が出て(ほとんど成長していませんが)、他の株は11月くらいから出てきた新葉が大きくなったかな⁉︎くらいです。
温度は最低12〜15度、最高16〜19度くらいでしょうか。
湿度は40〜70ほどかと…
気温が低いので水やりはカラカラになってから。
葉水をさぼってしまっていたので反省しています。

今年、花芽は出ないのでしょうか…。


Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2015/02/06(Fri) 20:48 No.15300
ちょっと花芽が遅れているだけではないかな?
最低気温12度から15度くらいというのはほとんど問題にならない程度ですが、最高気温が20度を超えないので株の充実に滞りが出ているのかもしれません。3月に入ってから花芽を出す場合もありますから、あきらめるのはまだ早いです。

最低気温もそんな低いというほどのものではありませんから、水やりは乾いたら、で結構です。カラカラにまでする必要はないと思います。10度を切ることがあるのであればカラカラにしなければなりませんが。
水やり頻度をちょっとだけ上げて様子を見てください。

冬至を過ぎて葯ひと月半ですからそろそろ太陽高度が上がり始め日差しが強くなりますのでガラス越し直射光が入る場合は日焼けに注意する必要が出てきます。




Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2015/02/09(Mon) 00:01 No.15312
ありがとうございます。
今のところ10度を下回ったことはないので、早速水やりをしました。
次回から乾いたらにしようと思います。
日光はカーテン越しにあたる様な場所に置いていたはずが、日が高くなってきた為、直接当たらなくなっています。
置き場所をずらす必要があるかもしれません。
ちなみに、雪の日や特に寒い日などは、低温になるのを避ける為カーテンを開けずに外出しておりますが(週に1回くらい)良くないでしょうか。
特に寒くなる日にカーテンを開けて外出してしまうと、10度を下回ってしまうと思います。


Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2015/02/09(Mon) 09:20 No.15313
日中のやや低温、遮光による光線不足が原因なんでしょうか。

植物の生理として夜間光の無い時、より昼間光のある時のほうが温度が上がることが望ましいですから日中光が当たってかつ温度が保てる工夫をしたいところです。

ポリプロピレン製乳白透明の衣装ケースに納めて光のある窓際に置いておくという方法が考えられます。光の強さによっては密閉だと蒸れてしまう可能性があるので、少し隙間を開けておくなどの微調整が必要となります。


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2015/02/09(Mon) 13:37 No.15315
衣装ケースとは思いもつきませんでした!
確かに、帰宅後の夜間の方が温度が高い日も多くありそうですし。
現在、8株あるので、納まるケースをなんとか見つけられれば。
休日にでも探してみようと思います!


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2015/02/19(Thu) 08:40 No.15392
ご報告が遅くなりました。

その後、胡蝶蘭の置場を床の上から変更し、台の様な物の上へ。
夜間は部屋奥で、朝から昼間は窓際へ移動し、レースカーテン越し日光が当たる様にしました。
朝の最低温度と夜帰宅時の温度は15度です。
朝と夜の暖房時は20度で、昼前の温度はよくわかっていません。

衣装ケースを探して一店舗目、ポリプロピレンの深さがあるタイプが在庫切れで購入出来ず、急遽ニ店舗目で購入したケースは素材の記載がないのですが、プラのマークがあるので、プラかもしれません。
昨日の外の最高気温の予報が5度でしたが、厚手カーテンを開けてケースにキツキツ収納し窓際へ。
入りきらなかった2株は部屋の奥の方へ。
帰宅時の温度は、どちらも13度でした。

こんなものでしょうか?


Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2015/02/20(Fri) 12:02 No.15393
「プラ表記」ですかポリエチレンPEか塩化ビニルPVCでしょうかね?
衣装ケースに使われるプラスチック素材はほとんどがポリプロピレンPPです。稀に高密度ポリエチレンHDPEが使われる場合がありますが見た目での区別は難しいですね。透明度や強度はPPのほうが高いです。PPもHDPEも燃焼性は良く、溶けながらきれいに燃え、ビニル(塩化ビニルPVC)とは異なりダイオキシンなど有害物質を出しません。

使う側にとって、また廃棄や資源として再利用する際にも「プラ」表記だけではどのように分別して良いかわからないので、「プラ」表記は問題があると私は常々思っているのです。唯一しっかり区別されているのがポリエチレンテレフタレートPETで、これは積極的に再利用されていますね。
皆さんが区別しない、(できない?)低密度ポリエチレンLDPEとビニールPVCは取り扱いが厳密に異なるべきなのに区別されず「プラ」なんです。
あ、つい胡蝶蘭ではないことに時間を費やしました。

帰宅時の部屋の温度は陽光がなくなってからでしょうから一旦上がった温度が室温と同じまで下がったのではないでしょうか?明るい環境で何度まで上がった(あるいは期待したほど上がらなかった)かを確認するためには実際日中温度を確認するか、あるいは最高最低温度計で確認するしかないですね。
休みの日にでも出勤時と同じようにして昼間にチェックするのが手軽かもしれません。


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2015/02/20(Fri) 17:48 No.15394
いつもありがとうございます。
購入した衣装ケースは透明度は高いのですが、厚さが薄いので効果が不安です。
やはり実際に測ってみるべきですよね。
休日も外出しているか、窓をあけて掃除してるかなので、最高最低温度計を探してみようと思います。

置き場を床から台の上にしたことで、最低温度は上がっているように思います。
衣装ケースは狭い空間な為、葉が重なってしまったりしますが、日中は必ず入れると考えてよいでしょうか。


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2015/02/21(Sat) 10:36 No.15395
今日は天気が良いので、測ってみると現在21度です。
衣装ケースには入れていません。
午前の方が暖かいのでこれが今日の最高気温だと思われます。
観察すると、また新しい小さい小さい葉が出てきていました…。


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2015/02/21(Sat) 10:45 No.15396
失礼いたしました。
21度は最高気温(大気)ではなく、最高温度(室内の胡蝶蘭付近)のことです。


Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2015/02/21(Sat) 18:06 No.15397
透明度が高くて薄い、ですか。
透明度が高い順にアクリルPMMA、ポリカーボネートPC、ポリスチレンGPPS、塩化ビニルPVCとなり、PPやHDPEはせいぜい乳白透明ですから、普通に考えればPVCでしょうかね。断熱性は薄い分PP製に比べれば悪くなりますね。透明度が高い分放熱も早いです。またPVCには可塑剤などの添加物が咥えられる場合があり、それらがすこしずつ空中に放出される場合があるので、衣料品にも植物にもあまり勧められないんですが、、、PP製が最も安心です。

衣装ケースに入れるのは保温のためです。冬季、出勤される場合暖房を落としますから日中気温が低く、帰宅されてから暖房を入れると夜間温度のほうが高いという昼夜逆転現象になり、植物の生理には良くないのです。その後就寝時にまた暖房を切れば夜間の低温はOKなんですが昼間の低温は避けたい、そこでいくらかでも熱が籠るように、乳白透明の衣装ケースに入れて置くのが良い、ということなんですが、

衣装ケースに入れずに21度であれば入れなくてもOKではあると思います。天気や外気温の変化で変動はあるでしょうから必要ないとは思いませんが。


Re: 初めてご相談いたします。 - プップ 2016/04/12(Tue) 19:40 No.17460
ご無沙汰しております。
以前、何度もご相談させていただきました。
その節はありがとうございました。
経過を報告させていただきます。

昨年、住居の引越を機に、東向きのバルコニーに胡蝶蘭たちを5月〜9月まで出しておいたところ、根と葉が沢山出てきました。
今年の1月から花が咲きはじめ、遅く咲いた花はまだ綺麗に咲いています。
花数は5〜6輪ずつと少なめですが、3ヶ月近く長く楽しめているので満足しています。
ただ、引越の際に倒してしまったり、根が沢山出たり株が傾いたりで安定していないので、植え替えが必要かと思われます。
また根を大量に傷めてしまいそうなのが悩みです。

次も咲いて欲しいな、もう少し花数増えないかな〜と欲が出ています。
写真を載せられず申し訳ございませんが、無事に咲きましたの報告です。



Re: 初めてご相談いたします。 - ひろし@小南部 2016/04/12(Tue) 20:40 No.17462
ご自分で咲かせた花を楽しめてよかったですね。
一度咲かせることができれば、何年でも続けて咲かせられるようにできると思います。楽しんでください。


対処方法を教えてください。 投稿者:かず 投稿日:2019/01/20(Sun) 14:36 No.21395   
初めまして。昨年頂いた胡蝶蘭のなのですが、6月頃に花が枯れた後に3鉢に分け、正月あたりから、写真のように、葉に元気がなくなってきました。(折れている葉は、移動時に誤って折ってしまったものです。)3鉢共しおれてきているので、ネットで育て方を見ても病気なのか、寒さの影響なのか、具体的な対処方法がよくわかりません。また、写真の水苔には白色のカビが生えています。どうしたらいいか困っていますので、教えていただけると助かります。保管場所は玄関(北向き)です。他の2鉢の写真も送った方がいいでしょうか?宜しくお願いします。

Re: 対処方法を教えてください。 - ひろし@小南部 2019/01/20(Sun) 17:33 No.21396
鉢が大きくてミズゴケが乾かないので根が弱ったのが葉の萎れの原因だろうと思います。カビも湿りが常態化している現われでしょうね。胡蝶蘭など樹上着生蘭の根は濡れる乾くを繰り返す必要があるのです。

秋初めまでは気温が高くまた成長期でもあるので、水が多少多めでもそんなに障害が出ないのですが、成長休止期にはいる秋の半ばからは根の機能も衰えるので水を制限する必要があるのですが、鉢が大きいと乾きが遅くなるので、水のやりすぎと同じ結果になりがちです。加えて、根が濡れたまま12度以下の低温に毎晩あたると根腐れがはじまります。

根腐れが進むと葉の水不足状態が始まるので葉が萎れ始めます。そうすると、水遣り不足と誤解されることが多く、さらに水を与えられる場合が多いので根腐れがますます進行するというパターンが実に多いのです。

最低気温15度を確保できる環境なら、至急、根をチェック、整理したうえで小さめの鉢に植え替えたいところです。
冬の置き場所が北向き玄関では気温が不安ですね。できれば暖房のしっかり入る居間の南向き窓辺が良いと思いますが、、、

他の二鉢も同じ環境なのであれば程度の差こそあれ同じような状態になりつつあるのではと思いますが、手間でなければ画像をアップください。


Re: 対処方法を教えてください。 - かず 2019/01/20(Sun) 19:49 No.21397
ひろしさん、アドバイスありがとうございます。年末に、葉が弱ったように見えたので、素人判断で大きな鉢へ植え替えたのが、よくなかったのですね。残り2鉢は、6月に植え替えた鉢のままですが、画像も送りますので、再度、ご指導をお願いします。


Re: 対処方法を教えてください。 - かず 2019/01/20(Sun) 19:50 No.21398
もう一つの写真です。


Re: 対処方法を教えてください。 - ひろし@小南部 2019/01/20(Sun) 22:28 No.21399
あと二鉢もいずれも「素焼鉢ではない」透湿性の無い/悪い、化粧鉢/駄温鉢でサイズもかなり大きいので、これらの鉢でミズゴケで植えたのではミズゴケがなかなか乾かず、根が空気不足の上体になり働きが低下、最悪の場合は根腐れになってしまいます。
透湿性の無い鉢で植える場合はミズゴケより水持ちの悪いバークやココヤシチップで植えると乾きやすくなり水遣りは容易になります。またバークやココヤシチップで植えた場合の水遣りは鉢全体に水が回るようにたっぷり、底穴から勢い良く流れ出すように与えて水と同時にバーク/チップの隙間に新しい空気を供給することで根腐れを起こしにくくします。

樹上着生蘭の根の生理は温帯産地生植物の根と異なり、空気も水と同様に必要なので、濡れることと乾く(新鮮な空気に触れる)ことが交互に必要であることをご理解いただきたいと思います。

3鉢とも人間が快適な最低気温15度以上の環境を用意したうえで小さめ(4〜4.5号くらい)の素焼鉢に植え替えるか、鉢はそのままでも植え込み材料を洋ランバークの中粒に植え替えるかしたほうがよいだろうと思います。


Re: 対処方法を教えてください。 - かず 2019/01/20(Sun) 22:53 No.21400
ひろしさん、アドバイスありがとうございます。あとの2鉢は陶器製なのですが、素焼きではない(透湿性が悪い)のかもしれません。まずは、寒さ対策として、リビングへ入れました。どの鉢も洋ランバーク材をメインに入れて水苔は上にかぶせた状態なのですが、今度、小さめの素焼鉢へ変えてみます。小さめの鉢へ植え替えるときの注意点がありましたら、教えてください。バーク材、水苔は新しくした方がいいでしょうか?

Re: 対処方法を教えてください。 - ひろし@小南部 2019/01/20(Sun) 23:27 No.21401
あれ、ミズゴケは化粧なんですか? 直ちにミズゴケは剥がしてください。バークの乾き具合が悪くなり、バークのメリットがなくなります。
暖かい場所に移したのなら、あとは表面のミズゴケを剥がしただけでまず様子をみてください。


Re: 対処方法を教えてください。 - かず 2019/01/21(Mon) 21:50 No.21404
ひろしさん、アドバイスありがとうございます。早速、水苔を取り除きました。根が見えすぎるくらいの鉢はバークの在庫がないので、少し水苔を残しました。それでも、少し根が見えるくらいの状態ですが、大丈夫でしょうか?バークを追加して根が見えないようにした方がいいでしょうか?水苔の厚さは鉢によって異なりますが、バークの上に2〜6センチくらいの厚さで入れていました。最初の写真の鉢が一番厚めの6センチくらいで、他の2鉢よりも水苔の湿り具合が多かったです。鉢は変えておりませんが、これで、暫く様子を見ようと思います。

Re: 対処方法を教えてください。 - ひろし@小南部 2019/01/21(Mon) 22:21 No.21405
根が空中に露出するのを恐れる必要はありません。何度でも申し上げますが、露出のデメリットより中の根の湿ったままの時間が長いデメリットのほうが影響が大きいのですから、ミズゴケは取り除いてください。成長休止期には根は乾いている時間が長くても株が弱ることは無いのです。

Re: 対処方法を教えてください。 - かず 2019/01/21(Mon) 22:48 No.21407
ひろしさん、アドバイスありがとうございます。水苔を取り除いて、様子を見ます。返信すべきところ間違ってしまい、失礼しました。

Re: 対処方法を教えてください。 - かず 2019/01/23(Wed) 22:49 No.21409
ひろしさん、大きな鉢へ植え替えた時に乗せた水苔は取り除いたのですが、元々の小さい鉢に入っていたときの根の周りには水苔がびっしり巻かれており、ここが今も湿ったままです。この巻いてある水苔をはがしたのですが、それで良かったでしょうか?参考に、一鉢の写真を載せます。


Re: 対処方法を教えてください。 - ひろし@小南部 2019/01/24(Thu) 21:51 No.21410
なんとミズゴケ植えだったものを大きな鉢に植えるときにミズゴケの根鉢はそのままで周囲にバークを入れて「植え替え」たのでしたか・・・。これではまともに育ちません。
2号ポットくらいの小さな苗を3.5号ポットにするときのように中心のミズゴケが小さなときには殆ど弊害が出ないのですが、3.5号のミズゴケの根鉢の周囲をバークにしたのでは「適正な水遣り」は非常に困難なものになります。

根鉢のなかの根も根腐れと根腐れ寸前のようですから、出来れば古いミズゴケは取り除いて、新しいミズゴケで素焼き3.5号鉢に植えつけるか、4号プラ鉢にバーク小粒で植えつけるかのどちらかでしょう。


Re: 対処方法を教えてください。 - かず 2019/01/24(Thu) 23:01 No.21411
ひろしさん、アドバイスありがとうございます。古い水苔を取り除いて、素焼きの鉢へ植えつけることにします。

Re: 対処方法を教えてください。 - かず 2019/01/26(Sat) 14:06 No.21412
ひろしさん、今日昼前に、素焼きの鉢に植えつけました。葉に黒い斑点ができてきており、ひどい葉は切り取りました。斑点の少ない葉はそのままにしていますが、治るでしょうか?薬が必要でしょうか?植え付け後の写真を載せますので、アドバイスをお願いします。植え付ける前に黒い根は切りましたが、黄色の根はある程度残しました。


Re: 対処方法を教えてください。 - かず 2019/01/26(Sat) 14:07 No.21413
2個目です。


Re: 対処方法を教えてください。 - かず 2019/01/26(Sat) 14:09 No.21414
3個目です。


Re: 対処方法を教えてください。 - かず 2019/01/26(Sat) 14:12 No.21415
黒色の斑点の写真です。代表例です。


Re: 対処方法を教えてください。 - かず 2019/01/26(Sat) 14:15 No.21416
植え付け状況と黒い斑点の対処方法について、アドバイスを宜しくお願いします。

Re: 対処方法を教えてください。 - かず 2019/01/26(Sat) 17:50 No.21417
追加で質問ですが、ひどい葉は切り落としたと書きましたが、切り口に何か塗った方がいいのでしょうか?キッチンハイターを塗ってもいいと書いてあるものがありましたが、いかがでしょうか?今は塗っておりませんが、塗らなくてもいいのでしょうか?

Re: 対処方法を教えてください。 - ひろし@小南部 2019/01/26(Sat) 21:25 No.21418
植え付けはこれでOKと思いますが、葉の状態はあまり良くないですね。「明るさが十分でなかった」「寒かった」のでしょうから、これからは保温(出来れば最高22度、最低17度くらい)と夜間保湿(70%以上)に努めてください。

黒い斑点はカビ性の病気ですので葉の両面から殺菌剤ペーストを塗布することをお勧めします。ベンレート、あるいはエムダイファーなど殺菌剤(粉末の水和剤)の粉末適量を水を含ませた筆で練ってペースト状にしたものを患部やその周囲、切断面に塗布しておくのがラン栽培家の常套手段です
キッチンハイターの主成分は次亜塩素酸塩です。成分からいって有効性はあるだろうとは思いますが私自身使ったことが無いので副作用なしに使えるかどうか、また効果についてのコメントはできません。
これから胡蝶蘭と付き合っていこうというのであれば、エムダイファーとかベンレートなどの園芸殺菌剤をつかっていただいたほうが無難であると思います。


Re: 対処方法を教えてください。 - かず 2019/01/26(Sat) 21:40 No.21419
ひろしさん、アドバイスありがとうございます。紹介していただいた薬を準備して、使ってみます。

Re: 対処方法を教えてください。 - かず 2019/02/07(Thu) 22:27 No.21420
こんばんは。1/27に薬を塗って、別な部屋に移して、様子を見ていたのですが、昨日、1本の一番上の葉が落ちていました。植え替えて水やりしていなかったので、水が不足していると思い、今朝、それぞれの鉢に少しだけ水やりを行いました。現在、写真のような状況です。2枚目と3枚目は同じ鉢の写真で一番下の葉が黄色になりつつあります。一番上の葉が落ちていた鉢は、2枚目の右側の鉢で、現在の一番上の葉の黒い斑点が大きくなっています。どのような処置をするのがいいでしょうか?


Re: 対処方法を教えてください。 - かず 2019/02/07(Thu) 22:28 No.21421
2枚目の写真です。


Re: 対処方法を教えてください。 - かず 2019/02/07(Thu) 22:29 No.21422
3枚目の写真です。


Re: 対処方法を教えてください。 - ひろし@小南部 2019/02/09(Sat) 01:02 No.21423
寒さと光線不足が響いて抵抗力が無くなっていたのですね。通常であれば殺菌剤両面塗布で有効な場合がほとんどなのですが。
病変部が拡大している箇所は、病変部を切り抜いて葉に孔を空ける手術が最も効果的です。よく切れるクラフトナイフで病変部が残らないように健全な部分をすこしつけた状態で切り抜き、切り口には殺菌剤ペーストを塗布するのがベストです。

水不足が葉の脱落の直接の原因にはなりません。病気に犯された部分が重篤であったか、面積が大きかった葉が脱落したのだろうと思います。
水を与えたのなら最低気温15度以上(できれば17度以上)を確保できるようにしてください。


Re: 対処方法を教えてください。 - ひろし@小南部 2019/02/09(Sat) 01:17 No.21424
画像再確認してみましたが、だいぶ変色部が大きくなってますね。いまから処置してもこの葉を救えるかどうか難しいかもしれませんが、手をかけるとしたら
案@添付図の赤楕円をくりぬき、切断面とオレンジ色にはさまれた変色部の裏表に殺菌剤ペーストを塗るか、



Re: 対処方法を教えてください。 - ひろし@小南部 2019/02/09(Sat) 01:25 No.21425
案A図の赤線のように変色部は全部切り取ってしまうか、
ですね。
どちらの場合も手をかけた甲斐なく葉が脱落する可能性も低くないですが。



Re: 対処方法を教えてください。 - かず 2019/02/11(Mon) 11:58 No.21426
ひろしさん、アドバイスありがとうございます。連絡が遅くなりましたが、場所移動による寒さが影響したのかもしれません。アドバイスをいただいた2/9に場所をリビングへ戻すとともに、案Aで様子を見ていますが、気になる点として、この鉢の水苔から上に出ている根を見ると枯れてきている根があります。また、水苔表面も乾燥していますが、葉が緑色であれば、水やりは不要でしょうか?アドバイスを宜しくお願いします。

Re: 対処方法を教えてください。 - ひろし@小南部 2019/02/13(Wed) 18:13 No.21427
葉が被害を受ける温度環境であれば根にも被害はあるのが普通なので、低温によるものである可能性がありますね。
弱っているときに水を与えるのは害があることのほうが多いです。着生蘭は多少しわがよるくらいは環境が改善すればもとどおりになります。しわが進行しても病気の症状が止まったのを確認してから水遣りしないと、弱らせる結果になりがちです。水は現時点では与えないほうが無難と思います。


Re: 対処方法を教えてください。 - かず 2019/02/13(Wed) 22:27 No.21428
ひろしさん、アドバイスありがとうございます。このサイトが閲覧できない状況でしたので、今朝、少し水やりしてしまいました。水苔の表面ではじかれたように見えたので、内部への浸透は少ないと思っており、これで、暫く様子を見ます。

無題 投稿者:かず 投稿日:2019/01/21(Mon) 22:46 No.21406   
ひろしさん、アドバイスありがとうございます。水苔を取り除いて、様子を見ます。

胡蝶蘭 投稿者:るりこ 投稿日:2019/01/18(Fri) 16:17 No.21393   
花が咲きましたありがとう御座いました。

Re: 胡蝶蘭 - ひろし@小南部 2019/01/18(Fri) 23:03 No.21394
まずは開花、おめでとうございます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note - 胡蝶蘭の愛華園芸 ※姉妹サイト - 胡蝶蘭育て方ナビ -