返信フォーム

始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 投稿者:楓蜜 投稿日:2016/02/24(Wed) 09:32 No.17183
始めて投稿させていただきます。 オーストラリア在住で今夏の盛りが終わった頃ですが、日中は30度を越す日がまだまだあります。 季節が日本と逆なのでちょっと分かりにくかったらごめんなさい。
3ヶ月半程前に長男の卒業式のコサージュ用に始めて胡蝶蘭を購入し、花が落ちてからも時々水をあげていれば来年も花が咲くと知ってからは、来年の次男の卒業式にも同じ花でコサージュをと思いネットで調べながらお世話していました。 
購入の際は水苔だったのですが、胡蝶蘭に詳しいという友人からの勧めで花が落ちた後バークで植え替えをしたのが3週間程まえです。ブヨブヨに腐ってしまった根が多くありましたが、元気な根も少し残っていました。
 
花が落ちる少し前から家のエアコンが壊れてしまい、室内の温度や湿度がそれまでと比べてかなり変わったのも何か影響があるのかもしれませんが、現在はエアコンが治って室内が異常に暑くなったりすることはありません。

一週間程前にバークに白カビがついているように見えるのが気になって、カビが大きく広がらないようにカビがついているバークを取り替えようと先ほど株を取り出してみましたところ、3週間前に植え替えた時にかろうじて緑だった根はもう無く、白くなった根はブヨブヨがスカスカ状態だったので、中の芯だけ残したのが写真の状態です。 

私は植物を育てるのが極度に苦手なのですが、胡蝶蘭はお花が長くさいてくれて手間いらずな印象だったので購入しました。来年まで株を持たせる為にあまりお金がかかるようでしたら、新しい株を卒業式の前にあらたに購入する方が安いので、いろいろ薬を買ったりするのはちょっと躊躇しているケチンボです。自分で育てたお花で卒業式のコサージュを作れたらどんなに素敵かなぁとは思うのですけどね。 

株はもう1つありまして、そちらも多分同じような状態だと思われますがこちらはまだバークから出していません。 いずれ、そちらの写真も見て頂きたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。


添付:17183.jpg (11KB)
もう1つの株です。 白い花でした。  - 楓蜜 2016/02/24(Wed) 12:59 No.17184
こちらはまだポリポットから出していません。 葉は4枚有り、一番下の葉はちょっとしなっとしています。 下から2番目の葉は少し傷があり縦長に丸まっていますが厚さもありしっかりしています。

もう1つの株です。 白い花でした。  - 楓蜜 2016/02/24(Wed) 13:02 No.17185
一部が元気そうに見える根もあるような。。

もう1つの株です。 白い花でした。  - 楓蜜 2016/02/24(Wed) 13:09 No.17187
最後の水やりは10日程前です。 エアコンが無い数日の間はポットの中が水滴で曇ったようになっている事が有りました。 写真は現在の様子です。

もう1つの株です。 白い花でした。  - 楓蜜 2016/02/24(Wed) 13:12 No.17188
バークから覗いている根は少しかわいた感じです。 

Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - ひろし@小南部 2016/02/24(Wed) 22:38 No.17189
葉が4枚あるほうはそのままで良いと思います。
オーストラリアと言っても大陸ですが緯度はどの程度、あるいはお住まいの都市の名を挙げていただければ気候区分の検討はつきますが、、、

それにしても純粋にコストのことだけ考えればその都度新しい花を花屋さんで買った方が絶対安いと思いますよ。花も選べるし、、、
胡蝶蘭も生き物なのでお世話をしなければなりません。ツボにはまれば、というか育てる環境が良ければ手間はあまりかからず毎年そこそこの花を見られますが、家庭では生産者温室のような環境はありませんし、お世話もどうしても生産者並みにはできませんから、生産者が咲かせたものと同じレベルは望むべくもありません。

胡蝶蘭は熱帯、亜熱帯の雨期と乾期のあるモンスーン気候帯の森林で樹上に着生して生活していますから根は雨の時以外は空気に触れています。雨期といっても毎日午後にスコールがある気候ですから濡れっぱなしということは無く胡蝶蘭の根は乾く時間が必要なので水の与えすぎが株を傷める原因となっていることは多いのです。バーク植えでも鉢皿に水を溜めていたりすれば根腐れは必定ですね。水を与えるときはポット内の空気が全部入れ替わるように、底孔から勢いよく水が流れ出るように与え、水を切ってから鉢皿に戻す水やりが必要です。
乾期にはいると葉の成長を止め花芽を出すものが多いです。特に白花はその傾向が強いです。

根の無くなった株は夜間に湿度の100%に近い環境にして葉の消耗を抑え発根を促すことが必要になりますが、、、
たとえばプラ鉢にバークを入れ根のない株載せて支柱を複数立てて株が動かないようにし、日中は明るい窓辺に置き、毎晩、大きめのクーラーボックスに納め濡れおしぼりを一緒に入れておくことを根の生えそろうまで続けるとか、ですね。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 日照効率 2016/02/25(Thu) 00:10 No.17190
なにか変です。新しい葉っぱが花が終わった後、出てきていますか? 今、夏なら新しい葉っぱが最低1-2枚出てきているはず。厳寒地でないのでしょうから、あとは日当たりと、水の管理くらいでうまく行くはずですけどね。胡蝶蘭の管理は言われるように簡単です。

Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 楓蜜 2016/02/25(Thu) 07:00 No.17191
ひろし@小南部さま、日照効率さま、 アドバイスありがとうございます。

住まいはブリスベンで、温暖湿潤気候区になるようです。 

>胡蝶蘭も生き物なのでお世話をしなければなりません
まさにこれでして、お世話すれば生き続けられるのにお世話しないでダメにしてしまうというのはどうしても抵抗がありまして、できる範囲で生かしてあげたいと思っています。

葉が4枚の鉢はバークから覗いている(表面に出ている)根がうっすらと白いので、カビかな? とも思うのですが、とりあえずこのままで様子を見ていて大丈夫ですかね。。

根の無い方の株は教えていただいたように夜間の湿度を100%に近い環境にしてみます。

花が終わった後、新しい葉っぱが出ているようには見えません。
しばらく様子を見た後ご報告に伺いますね。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 日照効率 2016/02/25(Thu) 09:20 No.17192
>花が終わった後、新しい葉っぱが出ているようには見えません。

それはおかしいですね、、、。日によく当てていますか? 夏なら、レースのカーテンなど適度に遮光が必要です。ランは日の光がもっとも重要です。日に当てれば、ふつうはカビは出てきにくい(日光消毒される)はずですけどね。不要な植え替えなどあまりいじりすぎると逆にランは死んでしまいます。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 楓蜜 2016/02/25(Thu) 21:45 No.17193
日照効率さま ありがとうございます。

大きな窓が部屋の2面にあるけれど直射日光が当たらない、とても明るいキッチンカウンターの上に置いています。
日に当ててはいけないと思っていました。 レースのカーテン越しに日光が当たる場所はあるのですが、カーテン越しでも日光があたるとかなり高温になるので日中は直射日光の当たる部屋は遮光カーテンを閉めています。弱っている欄ちゃん達には暑すぎないかと心配なのですが。。 

あるいは、屋根の開き具合を調節できる(http://himawari-resort.com/anex/resort-gardenroom このサイトの「ポーチスカイルーフ」というのと似ています。)パティオがあるのですが、そちらに出すのはどう思われますか? これから一週間の気温は日中最高が36度、夜の最低気温が21度です。 

根の無い方の株は先ほどクーラーバッグにおしぼりと一緒に入れました。

引き続きよろしくお願いします。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 日照効率 2016/02/25(Thu) 22:54 No.17194
夏は、50%−70%の遮光で、直接日に当てたほうがいいです。なぜなら、光合成がおもな栄養だからです。最高温度が36度というのが気になりますが、私の経験では27度までだったら、ほぼ0%遮光(ふつうのガラス越し)で夏でも大丈夫でした。ランの品種にもよると思います。他の条件の組み合わせは試したことがないので分かりません。

戸外で、遮光ネットを使って育てるやり方もあるようです。暑すぎて、葉やけを起こしてしまうのは極力避けます。わたしなら、クーラーを弱くつけっぱなしにして、レースのカーテン越しにおいて様子をみます。このときも葉っぱをさわって、熱くなりすぎてないか? をチェックします。

あと、鉢底には穴は開いていますよね? また、商品回転の遅い店でランを買うと、ドライフラワーのように枯死に近い状態になっていて、そのまま死んでしまったという経験があります。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - ひろし@小南部 2016/02/25(Thu) 23:28 No.17195
おそらく日照効率さんも心配しておいでの光線不足ですね。夏の気温湿度は高め、日光不足では元気になるのは害のある菌類ばかりです。

Brisbaneならオーストラリア東岸の中ほど、Queesland州ですから、冬もだいぶ暖かく海洋性の気候で蘭には過ごしやすい地域になるだろうと思いますが、夏はやはり暑いのでしょう。とはいっても胡蝶蘭は健康な状態で疲れてさえいなければ風通しが良く夜間25℃を切る環境条件では日中はかなりの暑さ(38度くらいまで)に耐えます。
庭付きの住宅で庭木があるのなら木漏れ日がちらちら当たるところにぶら下げておくなどすれば意外に夏越しが簡単かもしれません。吊り金具は工夫する必要がありますが。
あるいは住宅の南側の直射光線は当たらないけれども風通しが良く、泥の跳ねない犬走りなどあれば風は通ると思いますので
そのような場所においてみては?




Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 楓蜜 2016/02/26(Fri) 11:47 No.17197
日照効率さま、ひろし@小南部さま、ありがとうございます。

サンシャインステート(クイーンズランド州の愛称)に住んでいながら、日照不足とは全く思いもしませんでした。 今まではとても明るいけれど、夏場は日中はエアコンを付けっぱなしなので窓を開けない限りは風通しも殆どない場所に置いていました。 
4葉の株をパティオに出しました。 コの字型の家の凹部分がパティオですから良い感じの風と、早朝(暑くなる前)は少し直射日光が入って来ます。日差しが強い時は屋根のルーパーが閉じるのですが、日中は雨が降っていない限り完全に閉じることは無く、うっすらと影ができる程度なので、少しは日光が当たっていると思われます。

 庭に木漏れ日がちらちらあたる様な場所はあるのですが、今度は害虫が気になります。 害虫駆除会社の人に「虫を見たくなかったら家の外壁に沿った場所にある植物を撤去すべし」と言われた程虫の多さは半端ないです。 

お二人のアドバイスを参考に家の内外での日当り等を観察してよい設置場所を探してみようと思います。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 日照効率 2016/02/26(Fri) 21:32 No.17199
ひろしさん、フォローとコメントありがとうございます。確かに、風通しの良い戸外(もしくは室内)で木漏れ日に当てるのがエレガントで合理的ですね。

>日差しが強い時は屋根のルーパーが閉じるのですが、

これでは意味がありません。手動で操作できるのなら、50%−70%の遮光を目安に調節しましょう。風通しを良くすれば、エアコンなしでもぎりぎりOKかも。あと、ラン専用の栄養剤も必要です。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 日照効率 2016/02/26(Fri) 22:02 No.17200
>風通しを良くすれば、エアコンなしでもぎりぎりOKかも。

あ、50%−70%の遮光で自動車の室内のように温度が上がるということでしたら、駄目です。CAM植物なのでランは死んでしまいます。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 楓蜜 2016/02/27(Sat) 20:37 No.17201
午前中にカーテン越しの日光に当て、午後は遮光70%くらいに設定したパティオにおきました。ルーパー屋根のある屋外なので自動車の室内のように温度があがることはありません。パティオの気温はクーラーの効いている室内よりは高く、炎天下の屋外(天気予報の気温)よりは低いようです。

根の無い株を夜はクーラーバッグに入れておしぼりで保湿してますが、一日のうち何度も置き場所を変えることは問題ありませんか?

家にある蘭専用の栄養剤は水に溶かすタイプの物で、16Nー6Pー23Kとなっています。 


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 日照効率 2016/02/27(Sat) 21:33 No.17202
それで良いと思います。暑すぎないかどうかは常に気をつけて50%−70%の遮光で日に当ててください。もちろん、冬はもっと日に当てます。置き場所を変えるのは問題なし。日照以外についてはなるべくいじらないようにします。夏だと水遣りがすこし不足してるかも。ただ、新しい葉っぱが出てきていないのが気になります。気長に1年ほどは様子を見ましょう。

Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 日照効率 2016/02/27(Sat) 23:36 No.17203
うーん。でも70%遮光でもそのパティオでは室温は40度を超えませんか? 換気にもよります。ひろしさんは38度くらいまでと言われてますね。注意してください。

Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - ひろし@小南部 2016/02/28(Sun) 22:32 No.17210
根の無い株は置き場所を変えざるを得ませんが、根が回復するまでは仕方ありません。
私が30年前に初めて胡蝶蘭を栽培した時の冬の自宅の環境は明方3度Cという厳しい環境でしたので、夜間は毎晩発泡スチロールのトロ箱に入れて温度と湿度を保ち、朝暖房を入れて15度を超えてからトロ箱から取り出して窓際の明るい場所に置く、ということを3か月以上(何せ北緯40度を超える北国ですので)つづけましたが、花芽は何ともなく桜が咲くころ開花しましたよ。トロ箱内ではセントポーリアと同居でした。

肥料の成分を見て驚きました、なんともリン酸分Pの少ない、窒素とカリの多い配合ですのでどうしてかと思い、fertilizer 16N-6P-23Kで検索したら一発でSearles社のサイトに当たりましたが、、、こちらの製品はどれもみなリン酸分の配合が低く、窒素とカリはどんと高いようです。特にオーストラリア土着の植物に向くとされる製品はリン酸分がほとんど0に近い比率でした。
これはオーストラリアの土壌(カルシウムマグネシウム、アルミニウムの多い土壌で窒素とカリウムの効きの悪い土壌?と硬度の高い水?)によるものかな?なんて想像しましたが、それ以上のことはすぐにはわかりませんでした。ちなみに日本で洋ラン用の薄めて使う液肥は6N-6P-6Kです。もうひとつちなみに日本の土壌は植物にとっては天国みたいな肥沃な土壌なんです。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 楓蜜 2016/03/01(Tue) 06:18 No.17221
日照効率さま、ひろし@小南部さま ありがとうございます。

根が少ない方(葉が2枚)を毎晩クーラーバッグにおしぼりと入れて保湿していたせいか、一週間前こちらに始めて質問させていただいた時とほぼ同じ様子で葉に張りがあり元気に見えるのですが、葉が4枚の方が、あきらかに葉に元気がなくなってきました。 昨晩は葉4もクーラーバッグに入れて保湿してみました。 一番下の葉と2番目の縦に丸まっている葉はしんなりしてシワがあります。 一番上の葉は今のところ元気そうですが、残りの葉も薄くなった印象です。 気温は室内とパティオとの行き来きで20度〜32度程度で、外気がそれ以上になる際には室内に置いておく予定ですが、今のところその心配は無さそうです。

水やりはこの一週間で2度程、鉢の下から勢いよく出て来るようにあげて、よく水切りをしました。 夕方と、寝る前に葉の裏側と株の表面に霧吹きをしています。

肥料はあげていません。
ひろしさんのおっしゃる通り、Searles社の物です。 胡蝶蘭の取り扱いも多い、地元の園芸ショップでお店の方に相談して購入しましたが、その時はまだ花も咲いていて、根っこがこんなことになっているとは思いもしない時でした。

今のこの状態の株達にも肥料が必要ですか? 

2つの胡蝶蘭の株達ははペット化してきて、毎朝おはようと声をかけながらクーラーバッグから出し、移動する時も話しかけていまして、早く元気になって欲しい限りです。





Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 日照効率 2016/03/01(Tue) 07:38 No.17222
うーん。なんか変。
20-32度Cなんですね。真夏なら、20度は人間にもランにも寒すぎるような気が、、、。ランは死にはしないような気はしますけど、成長期なので25度以上くらいにしたいものです。肥料も普通は成長期にはあげます。

>水やりはこの一週間で2度程、鉢の下から勢いよく出て来るようにあげて、よく水切りをしました。 夕方と、寝る前に葉の裏側と株の表面に霧吹きをしています。

バークだとこれはやりすぎかも。私の感覚では、水遣りだけだとすると真夏で4−5日に1回くらいかな。植え込み剤表面は通常は乾いた状態が好ましい。水のやりすぎは厳禁です。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - ひろし@小南部 2016/03/01(Tue) 23:21 No.17223
長子の良くないときに施肥は禁物です。
胡蝶蘭に限らず着生ランをうまく育てるには根を健康に保つのがツボで根の調子が良い状態であればあとは雨風に当てておけば勝手に花が咲くものですが、、、
根を傷めてしまうと施肥はさらに根に負担となるので却って弱らせてしまいます。
与える水も問題があるのかも、、、硬水は嫌われます。
胡蝶蘭の原産地の雨はスコールの場合高い確率で雷雨で、雨には微量の硝酸分を含む他二酸化炭素も取り込んで弱酸性であることが多いのです。カルシウムやマグネウム、アルミニウムなどの金属イオンを含む可能性の高い川の水とは全く性質が異なります。
どんな水をお使いなんでしょうか?


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 楓蜜 2016/03/02(Wed) 08:23 No.17226
日照効率さま、ひろし@小南部さま、ありがとうございます。

昨日急に雨が降って、手動に切り替えていたルーパーが閉まらず蘭ちゃん達が雨に濡れてしまいました。 どうしたことかとこちらに勉強に来たら既にお二人から更なるアドバイスが。。。 いつも迅速はお返事ありがとうございます。

夜の外気温は20度くらいになります。 これでは寒すぎるのですね。夜もパティオでクーラーバッグに入れている日もありました。これからは夜は室内で過ごしてもらうことにします。

水は、何も考えずに水道水をあげていました。 以前水の硬度がきわめて高い(400mg/L)地域に長い事住んでいたので、そこと比べたら水はかなり柔らかいと思っていたのですが、今調べたらブリスベンも硬水の様です。 石鹸は泡立つし、蛇口にカルシウム溜まらないんですけどねぇ。。

我が家には雨水を貯める大きなタンクがあります。 庭のスプリンクラーや一部のトイレと繋がっているのですが、タンクの脇に蛇口もありますので、これからはそちらの水の方が水道水と比べたら格段に良いでしょうね。

水やりの頻度がいまいちわかりません。4−5日に1回という目安以外に、例えば見て分かるとか触ってわかるように方法があったら教えていただけませんか? よろしくお願いします。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 楓蜜 2016/03/02(Wed) 08:29 No.17227
ブリスベンの水の成分表を見つけました。 参考までに・・・

https://www.aquasafe.com.au/skin/frontend/default/theme202k/media/pdf/Brisbane-Water-Quality-Analysis.pdf 



Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 楓蜜 2016/03/02(Wed) 09:14 No.17228
雨水の成分のグラブも見つけました。 P20〜21がブリスベンです。 
https://publications.csiro.au/rpr/download?pid=csiro:EP125581&dsid=DS4


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 日照効率 2016/03/02(Wed) 18:54 No.17229
>気温は室内とパティオとの行き来きで20度〜32度程度で

この言葉は「平均気温」が室内20からパティオ32度だと思いました。20度が最低気温だとは思わなかったし、まえのこととちょっと話が違いますね。みずやりは難しいです。ひろしさんが何か知っているかもしれません。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - ひろし@小南部 2016/03/03(Thu) 12:29 No.17231
ご紹介のサイトの成分表によると、水はかなりカルシウム、カリウムを含んだ硬度の高いアルカリ性に傾いた(pH8近い)水ですね。日本の水道水ではまずないことです。普通に飲用にすすにもフィルターは必需だろうと思いますがお使いですか?

硬度の高い水で希釈すると窒素分の効きは悪いので液肥も窒素含有比率が高いのかもそれにしてもカリウムPotassimが高いにも関わらずK比も高いのはよく分からないのですがカルシウムがカリウムの吸収を阻害することはあるのでやはり硬度の主役であるカルシウムが多いのが肥料全体の効きを悪くしているのかも、、、

雨水にも意外に硝酸分が少ないです。雷雨が少ないのでしょうか?この成分の雨だと日本の雨ほどの肥効は無いですね。
それにしても、日本は雨も雪も植物の味方ですが、ヨーロッパもオーストラリアもそうではないようです。

日中最高32度で夜20度なら胡蝶蘭にとって快適の範囲です。最高が20度なら低すぎますが、、、

水やりは、軟水にするために一度煮沸して湯冷ましにしたものをペットボトルに入れてよく空気を混ぜるようにshakeしたものを与えると良いです。できればアルミケトルではなくて鉄瓶が、カルシウムの回収と鉄イオンの補給に良いのですが。鉄瓶は簡単には手に入らないでしょうから、ケトルに鉄の塊、あるいは比較的純度の高い鉄鉱石の塊でもケトルに入れて湯冷ましを作ると鉄イオン効果が期待できるのでなお良いのですが。
葉が成長しているときなら水は切らさないほうが良いのですが葉が成長していない場合は、また根の伸長を期待するばあいにも水やりは植え込み材料がすっかり乾いてから次の水やりをした方が入でしょう。



Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - パース 2016/03/03(Thu) 23:30 No.17233
楓蜜様の蘭が手遅れになる前にと思い、先ほどから投稿しようと試みていますが禁止ワードのエラーが出て投稿できませんので
メールさせて頂きますね。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 楓蜜 2016/03/04(Fri) 09:54 No.17236
ブリスベンの水道水はびっくりするほど不味いです。 我が家ではセラミックウォーターフィルターを使っていて、昨夜はこのお水をスプレーしました。

水はやはり軟水が良いのですね。 セラミックウォーターフィルターを通した後の水の成分がわからないので、とりあえずは水を買って来ようと思います。
鉄瓶はないですが、鉄鍋はあるのでそれも試してみたいです。

水やりについて
>水やりは植え込み材料がすっかり乾いてから次の水やりをした方が入でしょう。

というのは、水に浸すとバークは焦げ茶から黒に近い色になりますが、完全にからからに薄い茶色になるまで乾いてからということでしょうか? 


パースさまメールありがとうございました。
オーストラリアにお住まい経験がおありとの事で、アドバイス大変参考になりました。 またユーチューブ動画もご紹介頂きありがとうございます。
パースさまがご紹介してくださったセミウォーターカルチャー、とても興味があります。 もう少し詳しく調べてみます。

4葉ちゃんは葉がかなりシワシワよれよれになってきました(涙) 


皆さん、本当にありがとうございます。
引き続き、思いついたことがあったらアドバイスいただけるとありがたいです。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - ひろし@小南部 2016/03/04(Fri) 21:23 No.17237
飲んでまずい水は植物にとっても良くないです。
植物もミネラルは必要ですが過剰なミネラルは根の活動を抑制します。あまりミネラル分を含まない、空気を溶かし込んだ微酸性の水が胡蝶蘭には適しています。
セラミックフィルターと言っても、タンク入口で使うような大容量をろ過するものはゴミや浮遊物を防ぐだけの目の粗いフィルターを使うでしょうし、料理用のキッチンのタップ付近につけるものは目の細かい微生物をろ過できるものまであるでしょうからね。

雨水タンクがあるのなら植物にはその方が良いでしょうね。それでも意外に塩分を含んでたり、カルシウムマグネシウムなどのミネラル分も多いです。天気は東からくるんですかね。日本では天気は偏西風に乗っかって西からくるんですが、、、。
現在の天気を見たら東南東の風のようですからやはり海からくるんですね。スコールには雷がつきものですが、雷雨には微量の硝酸が良い具合に含まれ植物の肥料になるのですが、、、

すっかり乾いてから、といのはバークの色が薄く見えるまで待ってから、と考えてください。


新葉発見! - 楓蜜 2016/03/05(Sat) 21:44 No.17239
ひろし@小南部さま 水やりについてアドバイスくださってありがとうございます。
ここ数日は毎日雨がちょっとだけ降っています。 どんな雨かによって成分が違うんですね。 貯水タンクの中の雨水の成分がわからないので、とりあえずは市販のスプリングウォーター(軟水)を昨日から使い始めました。

四ツ葉ちゃんをセミウォーターカルチャーにしようかと思いながら観察していたら、小さい小さい新葉が見えました! バークの小さいカスが葉っぱの上にあったので、それを爪楊枝で取り除いたら見えました。 
しっかりした根も表面に出ているので、葉が弱っているのは新しい葉のせいかなと思って、取りあえずそのままにしています。
根無しの三つ葉ちゃん(葉が2枚と書いてしまったこともありましたが3枚です)をガラス容器に移し、セミウォーターカルチャーに挑戦してみることにしました。 三つ葉ちゃんももしかしたらごくごく初期の新葉が出て来ているかもです。






Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - ひろし@小南部 2016/03/05(Sat) 23:31 No.17240
セミウォータカルチャーなるものがどんなものか詳しくは存じ上げませんが、言葉から受ける印象からすれば、「胡蝶蘭の根は空気と触れ合う時間が無ければ生きていけない」という原則から離れるように思うのですが、、、
たとえば根の先端だけを水に浸かるようにして根の大部分は空中に露出させておくなどの方法であれば可能かもしれませんが、いわゆるハイドロカルチャーは無理です。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 楓蜜 2016/03/06(Sun) 16:00 No.17248
セミウォーターカルチャーは胡蝶蘭の根の一部を2日間軟水に浸し、その後5日間は根を乾かすというのを繰り返す育て方です。 水に浸す間もクラウン部(株のお尻にあたる部分、根が出て来るところ)は水に触れないようにします。
youtubeで semi water culture orchidと検索していただけると動画が沢山出て来ます。 
リンクは禁止文字が含まれているようで貼付けることができません。

根の全くない胡蝶蘭を根が出るまで限定でクラウン部も水に浸して成功している方の動画もありました。

こちらの掲示板と皆さんから頂いたアドバイスを参考に私なりに頑張ってみます。 なんらかの結果が出たところで報告に伺います。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - ひろし@小南部 2016/03/07(Mon) 13:50 No.17254
そういうことであれば理解できます。
胡蝶蘭の根は空気に触れる時間が不可欠ですので、
いわゆるハイドロカルチャーは不可能です。
でも、家庭で手抜きで栽培しようという場合は素焼き鉢にミズゴケ植えが水管理面では一番手間がかからないんですがね、、、


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 日照効率 2016/03/07(Mon) 20:09 No.17257
新しい葉っぱが出てきたとのことで良かったです。

私は、個人的には、クーラーボックスでの保湿は勧めません。なぜなら、ランはCO2を夜取り込み光合成するCAM植物であるからです。密閉しておくと、CO2不足になることがあり、もっとも大事な光合成が阻害されます。私なら開放系で、葉水、みずやりで調整しますね。

セミウォーターカルチャーは面白いですね。名古屋の方がやっているのを読んだことがあります。個人的にはあまりすすめませんけど、結果をお聞きしてみたい気もします。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - ひろし@小南部 2016/03/07(Mon) 23:21 No.17260
クーラーボックス中でも空気の対流というか分子のブラウン運動はあるので、CO2の吸収に支障をきたすことはありません。
私が30年以上前に最初に咲かせた胡蝶蘭とセントポーリアは一冬中、夜は発泡スチロールのトロ箱に密閉して保温保湿して開花させました。セントポーリアはトロ箱内での開花、胡蝶蘭のほうはトロ箱内で花芽が少しずつ伸び桜の咲くころ(そのころは密閉してませんでしたが)開花したのです。夜間しかガス交換できない胡蝶蘭でも何らの障害はありませんでした。成長期ではないというのも+に作用したかもしれませんが。

ちなみに空気分子のブラウン運動の活発さは温度に比例します。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - 日照効率 2016/03/08(Tue) 02:53 No.17261
ひろしさん、たぶん、CO2のブラウン運動ではなく濃度ということになると思うのですが。 CO2施肥という言葉が聞かれます。

ちょっと調べてみましたが、
http://www.co2science.org/articles/V5/N24/B2.php
が出てきました。最終的には、生育にCO2濃度は大事かもといいながら、生育自体を調べていないので厳密には分かりませんね。これ以上調べる気にはなりません。

楓蜜さん
何度か書いていますが、いじりすぎは良くありません。1度植え替えて、短期間で取り出した時点で、私はすでにいじりすぎと思っています。個人的にはあまりすすめません、というのはそういう意味もあります。しかし、セミウォーターカルチャーをすでに始められたのなら、うまく行くといいですね。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - ひろし@小南部 2016/03/09(Wed) 22:35 No.17274
空気構成分子のブラウン運動のことです。
密閉で対流が人肌に感じられる空気の動きが無くても空気を構成している分子N2、O2、H2O、Ar、CO2、など気体の分子は空中に静止しているのではなくて飛び回っています。風が無くても気孔を開けてさえいればガス交換は可能です。胡蝶蘭はCAM植物なので、自分の細胞液に飛び込んできたCO2を溶かし込んで有機酸の状態で蓄えますが、限度があってそんなに多量には取り込めません。ですから成長も他の植物に比べると緩慢なのですが、濃度の心配があるのなら、私がセントポーリアを一緒に入れたように他の普通の光合成(C3光合成)をする植物を一緒に入れておくと、通常の植物は夜間は呼吸によりCO2を排出しますから濃度も維持できます。


ウォーターカルチャー - 楓蜜 2016/06/23(Thu) 09:15 No.17663
ご無沙汰してます。

パースさんに教えていただいたウォーターカルチャー、その後インターネットの情報を頼りに自分なりに継続してきましたところ、このたび二株とも花芽が付きましたのでお知らせに伺いました。

新しい根がどんどん出て、下方に水を求めて伸びるものと、上方に空気を求めて伸びるものとはっきり分かれていく様子が全て丸見えですので見ていて楽しいです。

結局は二日浸水の五日乾燥というセミウォーターカルチャーでは無く、その道の詳しい方達からの助言により、根の1/4程が常に浸水している状態のフルウォーターカルチャーという方法で育てています。

葉っぱが二枚以上しわしわだった時は胡蝶蘭の入っているガラス容器を大きなバケツ(4リットル入りのアイスクリームの容器)に水を2センチ程入れておいておきました。 一番したの葉がしわしわになって黄色くなって落ちる事はありましたが、葉が落ちれば新しい葉が生まれてくれて、今は全ての葉が元気いっぱいです。


ウォーターカルチャー - 楓蜜 2016/06/23(Thu) 09:19 No.17664
健康な根が全く無くなってしまったこの子もこんなに元気です。

元気になって来た様子を確認した後はほぼ放置でして、時々根っこを洗ってあげていますが、この子の根もそろそろ洗った方がいいですね。


Re: 始めての胡蝶蘭 何がなんだか。。。 - ひろし小南部 2016/06/24(Fri) 23:44 No.17669
開花が待ち遠しいですね。
胡蝶蘭のウォータカルチャーについては私には何の知見も持ちませんのでコメントする立場ではありませんが。


開花始まりました! - 楓蜜 2016/08/11(Thu) 16:33 No.17762
元気な根が皆無になってから半年経たずの開花は全く想像していませんでした。
別々の時期に花付きで購入したものですが、どうやら一緒に咲いてくれそうです。 

グラスの中は雨水、夕方以降は時々スプリングウォーターで葉水あげていました。


おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File(jpgかgif)
暗証キー (英数字で8文字以内、内容修正時使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色